潜在意識に働きかけて心身をリフレッシュする7つの瞑想法

潜在意識に働きかけて心身をリフレッシュする7つの瞑想法

日ごろの喧騒やストレスに苛まれ心もズタズタになっていませんか。そこから心の隙間に魔が入り込み病気になったり精神を病む方も出てきます。何より心身の健康を維持するにはストレスを貯めないで心を開放しリフレッシュすることです。

瞑想を正しく行えば潜在意識に働きかけ、さらにクリアになっていくので発想も豊かになり視野も広がり固定観念から解き放たれ、ひらめきが冴え発見や創造も容易になります。

瞑想には集中が必要ですので、難しいと思われる方は環境が整った教室に行かれることをおすすめします。一般に瞑想はYOGAの教室で行われています。また安易に深い瞑想をすることでは邪気が入り込むことがあります。

深く入って幽体離脱してしまう人がおられますので、その場合には他の魂が入り込みリフレッシュどころか肉体を乗っ取られて災いに見舞われると言う怖いケースにも発展しますのでしっかりした師の元で結界を張ってもらってから瞑想法で行うようお勧めします。

今回は、自分でする場合の、瞑想法をご紹介します。

 

潜在意識に働きかけて
心身をリフレッシュする7つの瞑想法

 



 

瞑想と潜在意識の関係を知りましょう


潜在意識とは自分では自覚ができないままに、でも無意識で言動に影響を与える意識です。直接言動に影響を与えているのは顕在意識で理性的である表層意識ともいわれるものです。

瞑想ではこの潜在意識を感じていきます。瞑想の終着点は潜在意識と顕在意識の同化ですが、これは恐らく悟りの深い人でも未到達であると言われていますし、できていれば神の心を持った人です。

ただし、自我の悪い意識ではなくクリアな善の意識に同化するということです。瞑想法はクリアな自分に近づく手段となります。

 

まず無になるのが良い瞑想法です


瞑想とは雑念を頭の中から無くし、まず無にする状態になることです。人は日ごろの喧騒やストレスから逃れて何も考えずに無になる時間が必要です。この時間を持つことで、心も体もリセットされリフレッシュするのです。

うまくリセットができない人は心が病んだり、ストレスの重圧から体もやむことになります。こうして瞑想でメンタル調整していくことは大事で、自分のために休息と同様に時間を作らなければいけません。

 

環境を整えましょう


瞑想する場所はあるでしょうか。潜在意識に働きかけるほどの深い瞑想をしたければ集中しなければなりません。集中力がすばらしく雑念や周囲の環境にもびくともしない方ならどこでもできるのでしょうが、これからはじめると言う方には難しいと思います。

雑念の入らない場所としては静かなところが適しています。騒音、電話や来客に邪魔をされてしまうと一気に集中が途切れてしまいます。ですから心が落ち着く環境に身をおくことで、BGMも効果があるのでヒーリングの瞑想に適したものを使いましょう。

 

座れる柔らかな体を作りましょう


瞑想をするには同じ姿勢をとり続けなければいけません。YOGAの行者は何時間も瞑想しますが全く体が痛くないので深い瞑想に入り無の状態を保てるのです。

そのために経絡体操やいろいろなポーズで筋肉や、関節の老廃物をためない、しなやかな体を保っているのです。瞑想法をはじめるにあたって難しいポーズは必要ありません。

しかし、第一チャクラが締めやすい蓮華座(れんげざ)のような座禅の姿勢をしたいときは下半身の関節から筋肉をほぐしてから座ることが必要です。屍のポーズでの瞑想法もいいのですが、眠ってしまっては潜在意識への働きかけはできませんので気をつけましょう。また服装はゆったりとした身体を締め付けないものが向いています。

 

腹式呼吸を体得しましょう


瞑想法では通常の軽い呼吸でいいのですが、丹田をしっかり意識しなければいけません。丹田はおへその下指3本の辺りにあります。ここには生命エネルギーを取り入れてためる場所があるのです。

空気中にある生命エネルギーの元「プラナ」を取り込んで丹田に集めることで元気が出てきたり脳が活性化します。瞑想はこの丹田がわからなければ効果も半減しますので丹田をしっかり意識するために腹式呼吸をすることが必要です。

 

瞑想法で無になりましょう


瞑想ではまず無になることとお伝えしましたが、なかなか無になることは難しいものです。集中です。目を軽く閉じて腹式呼吸をします。丹田がしっかり意識できたら自然呼吸にしていきます。

このときに次々と考えが浮かんでくると思います。たとえばさきほどの出来事、今日のおかず、この後何をしようかなど些細な日常のことまで思い浮かんできます。

あれこれ捉われそうになりますが、ここでその考えを払うイメージで、浮かんだ考えを横にどけて無視していきます。そうすると何も考えが出てこなくなり周囲の音も聞こえなくなり身体の感覚も感じなくなってきます。ここが潜在意識へのアクセスの前段階の無の状態です。

 

無の次は潜在意識の声に耳を傾けます


瞑想法で無の状態になったら、次の段階で今の日常の事ではない感情や声が聞こえたり感じたりできます。それはとってもポジティブな言葉や、癒し、いたわり、労いなどプラスのストロークをくれるニュアンスで働きかけてくれます。

この声こそが内なる声で深い深い潜在意識の中の真我の自分の声です。ここに触れると穏やかで平和な心になれるのです。これが瞑想の良さであり醍醐味です。

ここに到達し、この心地よさを感じられたら瞑想がやめられなくなるでしょう。日々のストレスから開放され本当の良い自分に出会いリフレッシュできるのです。

 

いかがでしたか?

瞑想法をするにあたっては身体を整え、リラックスできる服装と環境で行うことです。丹田を意識して深い呼吸から自然呼吸にしてしばらく集中すると無の状態になります。無の次に潜在意識にアクセスが始まります。

真我の自分との出会いです。これを体得してリラックス、リセット、リフレッシュできれば心身ともに健康になれ明るい毎日が送れることと思います。

 

まとめ

潜在意識に働きかけて心身をリフレッシュする7つの瞑想法

・ 瞑想と潜在意識の関係を知りましょう
・ まず無になるのが良い瞑想法です
・ 環境を整えましょう
・ 座れる柔らかな体を作りましょう
・ 腹式呼吸を体得しましょう
・ 瞑想法で無になりましょう
・ 無の次は潜在意識の声に耳を傾けます

2017年  アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『運命数診断』では、スピリチュアル鑑定師未来を知るための運命数を導き出し、あなたの未来を的確にアドバイスすると話題の星占術です。個別に作成してくれる1000文字を超える細かいメッセージであなたの運命を正しい道へと導いてくれます^^

運命を知りたい・変えたい方は≪期間限定0円≫なので是非お試しください!

仕切り線