瞑想の意味を把握して、効果を最大限に引き出す9つの方法

瞑想の意味を把握して、効果を最大限に引き出す9つの方法
今、世界の果てで何が起こっているのか、世界でどんな出来事が起こっているのか、部屋に居ながら知ることができます。世界各地の人々と、TwitterやFacebookで話しかけることもできます。

写真や動画も見ることができます。みんなと繋がっているのです。そうです、いろんな媒体を通して、毎日溢れるように情報が飛び込んできます。インターネットが普及し、情報交換も仕事もスピードアップして心のゆとりも無くなってきました。

精神的なストレスから癒しと言う言葉がはやりました。こんな時代に、心を静めて精神を集中させる良い方法はないのでしょうか?

そんなことを思い、禅の世界の瞑想の意味について考えてみましょう。何か役に立つ意味があるかも知れません。

 

瞑想の意味を把握して、
効果を最大限に引き出す9つの方法

 



 

瞑想の意味を知ろう!


瞑想は、実は我々も知らず知らずのうちに日常で無意識に行っているものです。心身ともにリラックスした時に、ウトウトしていて雑念が消えてしかも意識があるという、とても気持ちの良い状態のことです。

「瞑」とは目をつぶることで、「想」とは想いを巡らせるという意味です。つまり、瞑想とは目をつぶって思いに耽る(ふける)ことです。科学的には脳波がアルファ波に変わる状態です。

同時に、脳内にエンドルフィンというホルモンが分泌されます。この脳内ホルモンは、ストレスを低減・解消する働きがあるのです。だから、リラックスして気持ちが良い感覚です。

起きているのでもなく眠っているのでもない状態です。瞑想は、誰でも意識すればできるものです。

 

瞑想状態とはどんな状態でしょうか?


瞑想状態とは、肉体が眠ったまま、意識が覚醒した状態にあることを意味します。これは、「変性意識」状態とも言います。

これに対して、肉体も意識も共に眠ってしまった状態が睡眠状態で、肉体も意識も共に覚醒している状態が活動状態で、普通に皆さんが生活している状態です。

仏教の世界では、仏像や仏画で座禅を組んで、目を半分閉じた状態(半眼)にしているのをご覧になったことがあると思います。この状態を半覚醒状態と言い、起きているのでもなく眠っているのでもない瞑想状態と言えます。

座禅では目を完全に閉じずに、無の境地で悟りを開くものですが、禅の世界にも瞑想状態があります。

 

有名人が瞑想を活用している意味は?


当初は、瞑想という行動は東洋的な神秘性を持ち、非科学的なものとして現実的に役に立たないと思われていました。しかし、心が乱れないように精神を集中することに役立つことが分かってきました。

そして、生活の中にうまく取り入れて成功を収めた有名人もいます。バスケットボールの神様とも言われるマイケル・ジョーダン氏は、試合で良い結果を出すために、瞑想法を活用して精神を集中させていたことは有名です。

さらに、アップルのスティーブ・ジョブズ氏やマイクロソフトのビルゲイツ氏、京セラの稲盛和男氏、サッカー日本代表の長谷部誠氏など、多数の大企業の経営者や著名人も取り入れて活躍しています。

 

瞑想による効果はあるのですか?


皆さんが何かの目的を持って生活している中で、物事になかなか集中できない時があります。試験勉強やいろんな競技でここ一番と言う勝負の時など、集中力を高めたいときにはどうすればよいのでしょうか?

人間は、無意識にいろいろなことを考えています。歩いていても「疲れたなあ」「腹が減ったなあ」「雨が降るかな」「明日は寒いかな」「電車は混んでるかな」など、無意識に浮かんできます。

何かを考えようと意識をしないことがらです。つまり、生きている限り無意識のうちに、勝手に脳が考えてしまうのです。これは、何かに意識を集中しようとするときに、集中力を妨害する原因になるのです。

静かに試験勉強をしたり、読書に夢中になっている時に、遠くでバイクの騒音が鳴ると「うるさいなあ」と思い集中力が切れます。つまり、外部の些細なことでたやすく邪魔されてしまうのです。

そこで、瞑想によって無意識を制御し、自分の意思や欲求を守り、本来の目的を達成するのです。瞑想の意味を簡潔に表現すると「自分の無意識な思考をコントロールして、周囲の情報に振り回されずに的確な判断を下し、行動することができるようになる」ことです。

 

瞑想するにはどうすればよいのですか?


では瞑想するにはどうすればよいのでしょうか?一般的な方法を説明します。

① 誰にも邪魔されないような静かな場所で楽に座ります。
② 静かに目を閉じて意識を呼吸に向けます。
③ 無意識に頭に浮かぶことを捨てていき、呼吸だけに意識を集中します。
④ 何も考えないように努力する。

何も考えずに呼吸に意識を傾けていると、呼吸にすら意識を向けなくてもいい瞬間が訪れます。この意味は、呼吸だけに集中した状態から、呼吸への集中を抜けば、無意識も意識もない状態に到達することです。

これが瞑想状態です。朝晩に10分~15分くらいで続けてください。ただ、興味本位だけで瞑想することは避けましょう。

 

瞑想の意味は仕事の効率が速くなること


瞑想状態に入ると、脳波はアルファ波を出します。アルファ波は心身がリラックスしながらも、何かに意識を集中できる状態です。

瞑想状態に入って何かに集中すると、たいへん効率が上がります。受験勉強や仕事などには大変効果があります。そして、処理のスピードも大きく伸びます。

 

瞑想すると、気持ちが穏やかになる


瞑想を習慣づけると、心が落ち着き気持ちが穏やかになります。気分が爽快になり、体が軽くなります。毎日が楽しくなり、生き生きしてきます。

周りの人に優しく接するようになります。あなた自身が変わったと自覚できます。

 

瞑想で注意する事


禅も同じですが、瞑想するときに時には「妄想」状態に陥ることが稀に起こります。何かに思い込みが激しくなる時があります。これは、瞑想の時に何かを求めて思い込むことがあるからです。

一番良いことは、何も求めないことです。瞑想を始める動機はいろいろありますが、瞑想には何も期待せずに、ひたすら無意識に努めてください。

 

瞑想の効果


瞑想は全ての人に素晴らしい恩恵をもたらす効果があります。瞑想は、見えないもので科学的には不思議なものと思われますが、近年になって大学や公的な研究機関でも瞑想についての科学的な効果の実証がなされてきました。

現在では、集中力を高めてビジネスや私生活に役立てている人が増え、瞑想の意味について疑う余地は無くなっています。

 

いかがでしたか?

多忙な毎日の生活の中で、なかなか集中できない場面があると思いますが、瞑想する習慣を作ってみてはいかがでしょう。

難しく考えずに、どんなところにいても、集中することができるように頑張ってみませんか?

 

まとめ

瞑想の意味を把握して、効果を最大限に引き出す9つの方法

・瞑想の意味を知ろう!
・瞑想状態とはどんな状態でしょうか?
・有名人が瞑想を活用している意味は?
・瞑想による効果はあるのですか?
・瞑想するにはどうすればよいのですか?
・瞑想の意味は仕事の効率が速くなること
・瞑想すると、気持ちが穏やかになる
・瞑想で注意する事
・瞑想の効果

2017年  アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『運命数診断』では、スピリチュアル鑑定師未来を知るための運命数を導き出し、あなたの未来を的確にアドバイスすると話題の星占術です。個別に作成してくれる1000文字を超える細かいメッセージであなたの運命を正しい道へと導いてくれます^^

運命を知りたい・変えたい方は≪期間限定0円≫なので是非お試しください!

仕切り線