心の闇とは何かを理解して、ぬぐい去る14の方法

心の闇とは何かを理解して、ぬぐい去る方法
多くの人が一度は心の闇を抱えた経験がありますよね。それを乗り越えられた人もいればまさにいま苦しんでいる人もいるのではないでしょうか。心の闇は、人に相談しにくい家族内の問題や健康問題、あるいはキャリアについての悩みやさまざまな人間関係の悩みが常態化した結果、陥ってしまうものです。

生きていく上で悩みはつきものですが、せっかくの一度きりの人生ですから、いろんなことがありながらも可能な限り楽しく幸せに過ごしたいものですよね。心の闇を抱えたままでいたい人なんていないはず。

そこで今回は、いま心の闇を抱え苦しんでいる方がそこから抜け出すために必要なこと、心の闇とは何かを理解して、ぬぐい去る方法についてお話しします。

心の闇とは?

心の闇とは?のイメージ
まずはじめに心の闇とは何か?についてお話しします。

心の闇とは何か?

心の闇から抜け出す方法を考える前に一度、心の闇とは何なのかを考えてみましょう。心の闇というのは多くの場合中長期的な悩みから派生するものと考えられています。

一時的で原因がはっきりしている悩みよりも、何が原因で何を改善したらすっきりするのか判然としない不安感を感じるタイプの悩みのほうが厄介ですよね。なかなか出口が見つからないのですから。だからこそ「闇」に迷い込んでしまうのです。

つまり、心の闇は出口も入口もない悩みにとりつかれた状態であるといえます。

ではこのことを踏まえ、その心の闇から抜け出すヒントを探っていきましょう。

 

心の闇を感じた見直してほしい6つの事

心の闇を感じた見直してほしい事のイメージ
では次は心の闇を感じてしまった時に見直してほしい幾つかの事柄についてお話ししましょう。

「恐れ」を感じる事は悪いことではありません

あなたはひょっとして、こんなことをお考えではありませんか?「心の中にこんな闇を飼っているなんて、自分はダメな人間だ」

いいえ、そんなことはありません。心の闇は誰しも持っているものです。今すぐ完全に消すことは難しいかもしれませんが、徐々にならそれは可能です。

あなたの中にある、「恐れ」をまずは許容してください。心の中に「恐れ」があることは、決して悪いことではないのです。ただ、それがそこにあって、それを恐れている自分がそこにいる、たったそれだけのことなのです。

 

「全て自分のせい」と抱え込む必要はないのかもしれません

よく、こんな方がいらっしゃいます。「あぁ、あの時自分がこうしていたら、あの人はあんな風にならなかったんじゃないか」「自分がこういう風に行動できていたら、あれはもっと良い結果になっていたんじゃないか」

最近無責任な人が増えている…という話も聞きますが、こんな風に責任感が強い人もたくさんいらっしゃいます。もしかするとあなたは責任感の強い人なのかもしれません。

確かに、あなたがその時そうできていたら、結果は違ったかもしれません。しかし、それは本当にあなたのせいでしょうか?いえ、「あなただけのせい」なのでしょうか?

私たちは全てのことを完璧にこなすことも、全ての人を救うことも出来ません。ですのであなたはまず、あなた自身を完璧に救うことから目標にしてみませんか?

そう、その責任感の強さは素晴らしいものです。ですが、もう少し自分を楽にしてあげても良いのです。

 

「ありのまま」を受け止めてみましょう

あなたは今の自分がお好きですか?もし「好きではない」としたらなんてもったいない!

いったいあなたの何がいけないというのでしょう?

  • 性格
  • 考え方
  • 容姿

いったいあなたの目指しているものは、どこにあるのでしょう。

一度、ありのままの「あなた自身」を受け止めてみてください。受け入れなくても構いません。許容できなくても良いのです。

今のあなた、そのままを「受け止めて」みてほしいのです。

あなたは、完璧を求めるあまり、ご自分の素晴らしさに気づいていないのかもしれません。「ありのままの自分」を受け止めることで、徐々にですが、ご自分の素晴らしさに気づくことができます。

さぁ、今晩からぜひ始めてみてください。あなた自身が、あなたの素晴らしさを受け止めることで、心の闇は薄れていきます。

 

あえて「いつもと違う」ことを意識してみましょう

人間は、知らず知らずのうちに言動・思考・嗜好が習慣化しているものです。ですから、あえて「いつもと違う」ことをしてみてください。

もし、あなたが心の闇にとても悩まされているのでしたら、これはとても重要です。なぜなら、心の闇を作り出す原因すら、習慣化している可能性があるからです。

ですので、思い切っていつもと違うことをしてみましょう。

  • いつもなら食べないものを食べる
  • いつもなら着ない色の服を着てみる
  • いつもなら行かないお店に行ってみる
  • いつもなら…

やってみて、どうでしたか?もし、強い不安を感じるようなら、それはやめておきましょう。少しでもワクワクしたのであれば、それは良い兆し。ぜひ、もっとトライしてみてください。

 

悩みを掘り下げることはやめましょう

悩みや不安感を抱えながら日々を過ごすはつらいですよね。なんとなく毎日が楽しくなくて友人と会っても好きな音楽を聴いても気分があがらない、こういう状況になってしまうとおそらく次にすることは、「どうしてこうなってしまったのだろう」「どうすればこの状態から抜け出せるのだろう」と考え始めることでしょう。

しかし、考えてどうにかなるのならば心の闇を抱えることはありません。考えてもどうもならないから闇にはまってしまうのです。ですので大切なのは悩みから離れることです。

仕事の人間関係で悩んでいるのならば休みを取る、夫婦生活が悩みのタネならば週末だけでも実家に帰ったり友人宅に泊まらせてもらったり、思い悩むのをいったんお休みして、生きづらさ・しんどさを感じるファクターから思い切って一度離れることをおすすめします。

 

最終手段だと思っていることがあれば、それを早い段階で実行しましょう

たとえば、転職、離婚、引っ越し、いずれも大きく環境を変えることになりますし勇気のいる一大決心ですよね。それこそ、本当に本当にどうしようもなくなったときの最終手段だと思っている方も多いでしょう。

特に仕事や婚姻関係、住む場所といった、生活基盤にかかわる大きな要素を変えるにはためらいも大きいかもしれません。

しかし、もう一度よく考えてみましょう。最終手段と思っていたことを実行してみてもこの世が終わるようなことは起きません。

おそらくは最悪の結果を想定してしまうがために一歩踏み出せないだけで、最悪の結果が起きる確率は最善の結果に転じる可能性と確率的には変わりません。

私たち人間は常に最善の選択をできるほど天才的な生き物ではないのですし、「逃げ道」だと考えている選択肢も立派なひとつの「道」としてみてください。

 

心の闇を取り除く為に行ってほしい14の方法

心の闇を取り除く為に行ってほしい方法のイメージ
ではここからは、あなたの中で生まれてしまった心の闇を取り除く方法についてお話しします。

 

猜疑心にとらわれた心を解放しましょう

心の闇を取り除く為に、もし自分は騙されているのではないか、目の前の人が自分に向けた笑顔には裏があるのではないか、ちらっと視線があったその人は自分について悪い噂を流しているのではないか…。

そんなふうに感じているのなら、猜疑心の塊は一度捨ててしまいましょう。

思い切って誰かに話してみてください。

それは疑惑の相手、本人でもかまいません。「騙してる?」「嘘をついている?」きっと相手は笑って否定する事でしょう。

「人との会話には心の闇をぬぐい去るパワーがあります。

気持ちの重さを言葉という形で一度外に解放してあげて心の荷物を軽くしてみてください。必ずや闇に光がさしてきます。

 

自己を肯定してあげましょう

どうせ自分なんて…そう思いがちなあなたは、きっと心の闇を抱えてしまっています。それは自己否定という名の闇です。

自己を肯定することは、実は簡単な訓練や習慣で身につけることができます。

毎日1回、自分のいいところを5つ、言葉に出してみましょう。

誰も聞いていないのですから、正直に、時には甘すぎる評価で構わないのです。その時、必ず「私は」と頭につけてください。

私は可愛い、私は歌がうまい、私は繊細だ、私は愛嬌がある、私は正しい…なんでもいいのです。5つ肯定して声に出してみましょう。

私たち日本人は謙遜を美徳とするところがありますから、こういったことには多少の抵抗を感じるかもしれません。

しかし、あなたの気持ちを軽くするため、その心の闇をぬぐい去るために、そろそろ殻を破る時です。その時、あなたの心には一筋の光が射し、重い気持ちはその重力を失っていくことでしょう。

 

孤独を必要以上に恐れるのはやめましょう

なぜ他人からの評判を気にするのでしょう。なぜ顔に無理矢理な笑顔をはりつけて、うなずいて見せるのでしょうか。きっとそれはあなたが孤独を恐れているからです。

では、自分の気持ちを押し殺してまで人に合わせ、仲間と集うことであなたの孤独は解消されますか?

いいえ、おそらく解消されないでしょう。それどころかさらに大きな孤独に苦しめられるかもしれません。

なぜならば無理な笑顔や無理だ同意は自分自身という唯一無二の味方さえも存在しなくなるからです。

ですので孤独を必要以上に恐れてはいけません。

自分自身という絶対的な味方さえいれば、あなたは決して孤独ではないはずです。顔をあげ、堂々と自分自身で居続けてください。そこに心の闇などつけいる隙はありません。

 

自信過剰にならないようにしましょう

これは今まで述べたことと相反するようにも聞こえますが、実はそうではありません。

自意識過剰になると「自分がどうありたいか」ではなく「自分は他から見てどうあるべきなのか」や「他から何を求められているのか」の思考がベースになってしまいます。

厳しいことを言いますが、他人はあなたをそう真剣には見ていません。ですからそんなに「他人から見た自分」にこだわる必要はないのです。

あなたはあなた。自然な姿のまま、あなた自身の人生を生きているのです。

自分自身を摩耗していくような言動は今すぐ断ち切ることをお勧めします。心の闇のカーテンを開け、外から覗いている人間などいないのだと自覚しましょう。

あなた自身をとりもどすことで、心の重さを感じなくなることでしょう。

 

失くしたものを数える必要はありません

失ったものは元には戻りません。失うことは悲しいでしょう。悔しいでしょう。しかし、どん底まで沈んだら、その次はジャンプです。勢いをつけて浮上するのみです。失くしたものを数えるより、これから手に入れるものを数えます。

心の中の闇が一番深く暗くなったら、そこからは明るさを求める方向に一気に力がはたらくのです。闇を抜け、心の重さを捨てる方法…それは失くしたものを数えないということです。

いつまでも嘆いていると心の闇はどこまでも深くなっていく一方です。

 

他人と自分を比べても何も良い事はありません

幼いころから「人間は平等です」と教えられて育つ私たちですが、実際のところ、人間は平等ではありません。しかしそれは嘆くことでもありません。自分に課された試練は自分が乗り越えていく。それだけです。

隣の人にどれだけのものが課されているのか、そんなことはどうでもいいことです。隣の人の人生は、あなたの人生ではありません。あなたは、あなたの荷物のことだけを考えましょう。

人と自分を比べ始めると心の闇はどんどん広がってしまいます。

 

頼れるものや使えるもに遠慮する必要はありません

「忙しい」という字は心を亡くすと書く…そういわれていますが、心を亡くすのはネガディブなことでしょうか。必ずしもそうではないのです。どうしても乗り越えられないほどのつらさを抱えてしまった時、あなたの心は緊急避難先として心を亡くすための忙しさを求めます。

ダイレクトな衝撃を受けずに済むように、時間というクッションを使うのです。

たとえば身内が亡くなったとき、近親者にとっては通夜から葬儀と忙しく過ごす日々が続き、その一番つらい数日間を忙しさに助けてもらいますよね。

心に抱えきれないほどの闇は、このように上手にやり過ごすことが賢明です。

そのためにはネガティブなことでもなんでも、使えるものはすべて使ってやろうという気持ちが大切です。

 

トラウマに囚われずその先へ踏み出しましょう

幼い時の親子関係や悲惨な体験がもとで何らかのトラウマを抱えてしまった人はいるでしょう。

しかし、何か壁にぶち当たった時、「私は○○のトラウマがあるからこうなってしかたがないんだ」という地点がゴールで良いのでしょうか。

トラウマがはっきりしているのなら、まずはそこを避けて通る知恵を持つことです。それでも向き合わなければならない場面では、自分のために、乗り越え、その先へ踏み出してみてはどうでしょう。自分が親に愛された記憶がないから子につらくあたってしまう。

その時は「トラウマだから」と立ち止まらず、トラウマを認識したうえで抗ってやるという気概をもつのです。心の闇の中でじっとしていては、これからの人生がずっと闇の中です。

気持ちを軽くするためには、あなた自身の意思による最初の一歩が肝心なのです。

 

体調を整える事はやはり何より大切です

朝、早く起き、三食きちんと食べ、夜はたっぷり眠る。現代人は忙しく、なかなかこういった規則正しい生活が送れるわけではありません。それでもあえて言います。

自分の体を労わってください。強く健康な肉体に、明るい精神は宿ります。

そして心の闇はそこに居座ることができず、あなたの中から逃げ出すことになるでしょう。栄養はサプリメントで取るのではなく、極力食事で取るよう心がけてください。

しっかり噛んで食べましょう。噛むという行為があなたの脳を刺激し、活性化させ、健全な心身を構築します。

強い心と肉体を得る事ができたなら、闇の存在する隙などなくなってしまう事でしょう。

 

動物や自然からの恩恵を受けましょう

自然や動物に関わることで、心の闇を癒すことが出来ます。実は、人間よりも遥かに意識レベルも高く、ヒーリング能力が高いのは、動物たちや植物です。

細やかな波動エネルギーを人間には感知しても、その理由までは分からないですが、動、植物たちの傍にいるだけで、光の作用のようにじっくり癒してくれるのです。

自然のパワーの中には、自然が根ずく大地に土があり癒しがありますよね。

例えば、その大地の恵みに温泉があります。心身を大地のパワーがみなぎる温泉に浸かることで、闇を暖かく洗い流してくれることに担ってくれるでしょう。

温泉が湧く所は波動が高く活性されています。

母なる地球の大地の息吹を感じつつ、地に足をつけるように、自分自身と向き合うゆっくりとしたひと時を過ごすのも良いかもしれません。

 

太陽の光を浴びて心身のエネルギーを高めましょう

心の闇の度合いにもよりますが、心がネガティブで蔓延している時には、自然と光を避けてしまう傾向があります。

例えば、内観して痛いところに意識をすると痛みがクローズアップするように余計に感じたりします。

痛みは闇と等しくそっとしておいて欲しいものなのかもしれません。しかし光の働きは、分け隔てなく闇に遍く光を与えるという働きがあります。

太陽の光を浴びると植物なら茎や葉が強くなりますよね、それと同じように人間なら骨も肌も丈夫になります。

ですのでやはり心身が健康である為には太陽は欠かせません。淀んだ気持ちもきっと太陽の光で浄化されますので、光を浴びて癒されましょう。

 

良い空気を取り入れて心身の循環を促しましょう

同じ空気でも新鮮な空気は身体を活性化させてくれます。

ですので汚れた空気を吸っていると、ストレスを抱えてしまったり、呼吸が浅くなってしまったりと何も良い事がありません。

例えば大自然の良い空気に触れると身体も喜んでたくさん吸いたくなりますよね。

深く吸って吐き出しの繰り返しをするだけで、頭がスッキリするのは誰しもが感じている事でしょう。

とはいえ、良い土地を探してよい空気を吸うのは大変ですので、毎朝の新しい澄んだ空気を取り入れるように心がけましょう。そうすることで、心の闇にも清々しい空気が癒してくれます。

そして、良い空気を吸い込む時には、心身の古いものを良いものに変換させて手放し、良いエネルギーを取り入れて満たしているイメージをする事で癒しにもなりますのでぜひ行ってみてください。

 

質の良い水で心身の淀みを解消しましょう。

水は、身体に欠かせない生命のエネルギーですよね。人間の身体の70~80%は水分で出来ています。

心の闇とは無縁だったりストレスを感じていない人でも、質の良い水を飲用することは大切で、古い体内の水分を外に排出させるための循環には必要不可欠ですよね。

綺麗な水を飲む事で、体内の浄化と循環が起きて心身ともに健康になります。

これは簡単で当たり前の事ではありますが、結構多くの人が忘れてしまっている事でもあります。

飲むものは、ジュースやアルコールや珈琲、健康茶などの水分ではなく、それらとは別に正真正銘の出来れば質の良い水をお勧め致します。

一般的には一日に2〜3リットル程度の水分を摂取する事が望ましいと言われていますが、飲み慣れていない人は、少しずつでも飲めるように心がけましょう。

 

ポジティブな言霊のシャワーを浴びましょう

肯定するということは、等身大の自分自身でいつも営むことが出来るので、無理も無くとても楽な方法です。

世の中には、無自覚に意地悪に人を見下す人も多くいますが、自分の幸せや価値観は、他人が決める権利もありません。何よりも、誰よりも自分自身が自分を認め受け入れることが大切です。

あなた自身が自己肯定した意識を持つことで、心の闇を恐れる感情がなくなっていきます。

ですので、自己を肯定するようなポジティブな一文章を書いていつも言葉に出して読みましょう。その言葉には、あなたを奮い立たせてくれるパワーがあります。

実は、普段、何気に使っている言葉にもパワーがあります。日本の言葉には、言霊と言い言葉の力がありますから、良い言葉を使うことで、その言葉のエネルギーを出したり良い引き寄せにもなるのです。

そして言葉のなかには『ありがとう』を入れましょう。

『ありがとうと』は、感謝であると同時に『在り我 問う』事なのです。少しずつ新しく変わり続けるにも、ぜひ行ってみてください。

 

さて、心の闇を抱えてしまうと、とたんに暗い人生になってしまったかのような錯覚に陥ります。まるで自分が悲劇のヒロインにでもなったかのようになりますが、そんなことはありません。みんな心に闇を抱えているものだからです。

それを表に出している出していないかの差なのです。その心の闇を取り除きたいと前向きに考えられているあなたはもう前に進んでいます。あとは、その心の闇をどうしていくかです。

今回お伝えした方法の中に一つでも自分に合うものがあれば、それをどんどん実行していきましょう。考えているだけではなく、自分だけが心の闇に支配されていると考えず、前向きにいきましょう

今日から不幸癖をなくし、顔をあげて暮らしてみませんか。闇は一気に晴れるものではありません。しかし必ずやあなた自身の高い意識がそこに灯りをともすことでしょう。

【質問】あなたのオーラは何色ですか?

98%の人が当たっていると実感!オーラの色で、現在・未来がわかります。


自分の資質・特異性などを知る事ができる『スピリチュアルオーラ診断』が大好評!

気になるオーラカラーを直感で選んで頂きアナタのオーラを正確にお知らせします。

これから起こる未来に必要な情報が、今なら期間限定≪無料診断≫でわかります。

登録者1万人以上の安心オーラ診断知りたい方は是非やってみて下さい。


連記事
タイトルとURLをコピーしました