負けない気持ちを持つ為に、心が強くなる9つのおまじない

負けない気持ちを持つ為に、心が強くなる9つのおまじない
私たちの日々の生活の中では、様々なことが起こりますよね。家庭、仕事、友人との関わり…時には嫌なこともあるでしょう。心が折れそうになることもあるかもしれません。

そんなとき、どんなふうに自分を励ませばいいのか。どうすれば暗い気分を引きずることなく、前を向くことができるのか。もっと楽な気持ちで生きるにはどうしたらいいのか。そこで今回は、日常の中に簡単に取り入れることのできる、心が強くなる9つのおまじないをお伝えします。

負けない気持ちを持つ為に
心が強くなる9つのおまじない

 

太陽の光を浴びる

朝起きたらまず、太陽の光を浴びましょう。太陽光は自律神経のバランスを整える働きがあります。また、太陽のパワーには浄化や生命力を活性化する力があるそうです。身体だけではなく、精神のバランスも整えられ、前向きな気持ちでいることができるのです。

毎朝太陽に向かって深呼吸を数回し、太陽のパワーを体中に取り込むイメージを持ちましょう。もし太陽が出ていなくても、目をつむって太陽をイメージするだけでも大丈夫ですよ!

 

深呼吸する

深呼吸をすると副交感神経優位になりリラックスできますが、同時に、深呼吸はとてもお手軽な瞑想でもあります。

一日10分でも構いません。渋滞でイライラしてしまう車中や、会社でトイレに行ったときでも良いんです。呼吸に集中することで「いまここ」にいることができ、新たな展開に抵抗することなく、受け止めることができるのです。

 

自分を褒める

今日、誰かのために何かをしましたか?例えば、家族にコーヒーを入れてあげた、苦手な同僚に笑顔で挨拶した、家の掃除を頑張った… など、なんでもいいのです。

それはできて当たり前のことではありません。あなただからできる、素晴らしいことなのです。そんな素晴らしいことを、どんな小さなことでもいいから見つけて、自分をたくさん褒めてあげてください。「よく頑張ったね」って。

 

目の前のことに心を込める

毎日同じことの繰り返しに疲れて、何かをしているとき、思考があっちこっちに行ってしまうことってありませんか?だけどそのことに意識を向けるだけで、劇的な違いが出てくるとしたらどうでしょう。

例えば料理も、「美味しくなぁれ」と心の中で唱えながら作ると本当に美味しくなる、なんて言いますよね。

他のどんなことも同じで、愛情をかけて掃除すれば綺麗になるし、物だって感謝の意識を向けて使えば長持ちしてくれます。心をこめてやった分だけ、自分にも同じだけの愛が返ってくるのです。

 

笑顔でいる

気分が落ち込んで、笑う気になんてなれないとき。そんなとき程、無理矢理にでも笑ってみましょう。声を出して、「わっはっは!」と。

最初は自分がバカみたいに思えるかもしれませんが、それでも続けてみてください。不思議なことに、そのうち本当に笑えてきます。そうしたらもう、悩みなんてどうでも良くなっています。

外では声を出して笑うとあやしい人になってしまうので、誰かと目が合ったり話をするときにニコニコと笑顔でいることを心がけましょう。“自分がなりたい自分を演じる”ことによって、それが現実になってくるのです。

 

「ありがとう」を10回言う

あなたは今日、何回「ありがとう」を言いましたか?まだ一度も言っていない人もいるかもしれませんね。「ありがとう」は、言った分だけ幸せになれる魔法の言葉です。

どんな小さなことでも良いので、「ありがとう」を言ってみてください。人に言うことに抵抗があれば、最初は物や動物に対してでも構いません。

 

アファメーションを使う

「引き寄せの法則」で、自分の望みを言葉にするのが「アファメーション」です。「私は毎日あらゆる面で良くなっている」が有名ですね。

コツは普遍的なことは現在形で、出来事などは完了形で言うことです。例えば「私は美しい」「私の病気は治った」という具合です。これは繰り返し行うことが有効です。

また、望みが現実になった具体的なイメージを持つ「ビジュアライゼーション」と同時に行うことで、効果が増すと考えられています。

 

その日一日の良かったことを思い出す

夜ベッドに入って、その日一日の中で良かったことを思い出しましょう。小さなことで構わないので、できるだけたくさん見つけてください。

例えば「朝ご飯が美味しかった」「乗り換えがスムーズにできた」「好きな人に会えた」…など。そして、最後にそれらのことに感謝してから眠りましょう。

これが習慣になれば、いかに自分がたくさんの幸せや奇跡を見落として生きているかがわかります。

 

なるようになると思う気持ちを持つ

ここまで8つの方法を紹介してきましたが、最後に紹介するのは「諦めること」です。物事はなるようになるのです。何かを変えようとどんなに頑張っても、変えられないこともあります。

こんな言い方をしたり「諦める」と言うと語感が悪いですが、じゃあ何もしなくていいのか、ということではありません。

自分ができることをしたら、あとは悪足掻きせず、ただ宇宙を信じて結果を待つのです。「人事を尽くして天命を待つ」、ですね。この「宇宙を信じておまかせする」という姿勢も大切なのです。

 

さて、ここまで紹介したおまじないを毎日意識して続けると、自分でもはっきりわかる変化が出てくると思います。ただ、無理はせず、やりたいと思うこと、楽しいと思えることをあなたのペースで行ってください。「楽しむ」、これもとても大切なことなのです。

負けない気持ちを持つ為に
心が強くなる9つのおまじない

・太陽の光を浴びる
・深呼吸する
・自分を褒める
・目の前のことに心を込める
・笑顔でいる
・「ありがとう」を10回
・アファメーション
・その日一日の良かったことを思い出す
・なるようになるという気持ちを持つ

あなたが不幸なのは、運気のせいかもしれません。

運気を良い方向に戻す運命の日があるって知ってましたか? 運命の日を知っているといないとでは人生に大きな変化が生じてしまうのです。

『マナ・タロット』では、神秘の力が宿るタロットであなたの運命日を鑑定して、最も幸せになる方法を分かりやすくアドバイスしてくれます。しかも、今なら、初回無料鑑定してもらえるんです。

より良い幸せに導かれたい方はコチラ


連記事