潜在意識を使って自分とつながる!瞑想の効果を高める25のコツ

潜在意識を使って自分とつながる!瞑想の効果を高めるコツ
日ごろの喧騒やストレスに苛まれ心もズタズタになること、ありますよね。そこから心の隙間に魔が入り込み病気になったり精神を病む方も出てきます。何より心身の健康を維持するにはストレスを貯めないで心を開放しリフレッシュすることです。

それに最適なのが「瞑想」です。瞑想を正しく行えば潜在意識に働きかける事ができるので、思考がクリアになっていきます。ですので瞑想を続ける事によって発想も豊かになり視野も広がり固定観念から解き放たれ、ひらめきが冴え発見や創造も容易になっていくでしょう。

でも瞑想ってなんだか胡散臭そう・・・と感じる方もいるかもしれませんよね。しかし瞑想は特別な行為ではありません。

もともとは禅やヨーガの求道者の間でも長くなされてきた修養方法ですが、こころの安寧、落ち着きをとりもどす、インスピレーションを高めるなどのさまざまな良い効果が現れるため、ビジネスパーソンのなかに瞑想を取り入れている方も多いので、ぜひこれからお伝えする方法を実践してみてください。

そこで今回は潜在意識を使って瞑想の効果を高める方法についてお話しします。

潜在意識とはなにか?瞑想との関係について

瞑想で安定させるイメージ
瞑想を語るうえで切っても切り離せないのが潜在意識の存在です。

潜在意識とは自分では自覚ができないままに、でも無意識で言動に影響を与える意識の事です。直接言動に影響を与えているのは顕在意識で理性的である表層意識ともいわれるもので、瞑想で使う部分はいわゆる「無意識」の部分なのです。

瞑想の終着点は潜在意識と顕在意識の同化ですが、これは恐らく悟りの深い人でも未到達であると言われていますし、できていれば神の心を持った人です。

そのため、潜在意識を使った瞑想はどちらかというと「悪い意識」を取り除き「善い意識」と一体になっていく、というイメージが正しいでしょう。

ただし、自我の悪い意識ではなくクリアな善の意識に同化するということです。瞑想法はクリアな自分に近づく手段となります。

 

瞑想を行う為の下準備

イメージのイメージ
では次は、瞑想を行う前に必要な下準備についてお話しします。

瞑想を行いやすくする為に、心が落ち着く環境を選びましょう

まず、どこで瞑想するか選びましょう。どこででも構わないといえば構わないのですが、ご自分が落ち着ける場所があればそこで行ってください。室内で行うのであれば、すこし窓をあけて外気を入れることをお勧めします。

自然のたくさんある場所が理想ですが、街中ではなかなかそれはむずかしいですよね。公園などでは人目も気になると思いますし、そういったことのない場所を探してみてください。川べりなども個人的にはおすすめですが、自分の好みの自然がある場所を探すのが良いです。

好きな場所というのは、自分と環境との相性の合う場所でもありますので、瞑想が行いやすくななります。

 

無になる事で心身がリセットされると覚えておきましょう

瞑想とは雑念を頭の中から無くし、無の状態になることが基本です。人は日ごろの喧騒やストレスから逃れて何も考えずに無になる時間が必要です。この時間を持つことで、心も体もリセットされリフレッシュするのです。

うまくリセットができない人は心が病んだり、ストレスの重圧から身体に支障をきたしてしまったりもします。

ですので瞑想でメンタル調整していくことはとても大切大で、自分のために休息と同様に瞑想を行う時間をぜひ作っていきましょう。

 

瞑想に適した環境を整えましょう

瞑想する場所はあるでしょうか。潜在意識に働きかけるほどの深い瞑想をしたければ集中しなければなりません。

集中力がすばらしく雑念や周囲の環境にもびくともしない方ならどこでもできるかもしれませんが、これからはじめると言う方にはやはり少し難しいです。

ですので、瞑想に適した環境を整えましょう。雑念の入らない場所としては静かなところが適しています。

騒音、電話や来客に邪魔をされてしまうと一気に集中が途切れてしまいますので、心が落ち着く環境に身を置く準備をしておきましょう。

 

負荷なく座れる、柔らかな体を作っておきましょう

瞑想をするには同じ姿勢をとり続けなければいけません。YOGAの行者は何時間も瞑想しますが全く体が痛くないので深い瞑想に入り無の状態を保てるのです。

そのために経絡体操やいろいろなポーズで筋肉や、関節の老廃物をためない、しなやかな体を保っています。

ちなみに瞑想法をはじめるにあたって難しいポーズは必要ありません。とはいえ、第一チャクラが締めやすい蓮華座(れんげざ)のような座禅の姿勢をしたいときは下半身の関節から筋肉をほぐしてから座ることが必要ですよね。

屍のポーズ(仰向けで手足を広げて横になった状態)での瞑想法も良いのですが、眠ってしまっては潜在意識への働きかけはできませんので気をつけましょう。また服装はゆったりとした身体を締め付けないものが向いています。

 

より良い瞑想を行う為に、腹式呼吸を体得しましょう

通常の瞑想は通常の軽い呼吸で良いのですが、よりしっかりと瞑想を行うのであれば丹田をしっかり意識する必要があります。

丹田はおへその下指3本の辺りにあり、生命エネルギーを取り入れてためる場所です。

空気中にある生命エネルギーの元「プラナ」を取り込んで丹田に集めることで元気が出てきたり脳が活性化します。

より良い瞑想を行う為にはこの丹田を意識する事が大切ですので、前もって丹田を使った腹式呼吸を出来るようにしておきましょう。

 

※ 瞑想に適した呼吸法については以下の記事で詳しくお伝えしています。

 

環境調整に役立つCDやアプリを使うのもありです

『テレビの音や生活音が気になる』『周囲が工事などで騒がしい』など、いざやってみようと思っても自分の周囲から入ってくる音まで管理することはできませんよね。

また、『頭の中を空っぽにする』『集中する』のが難しいという方もいらっしゃるでしょう。そんなときは瞑想しやすいような環境音やヒーリングミュージックを収録したCDを聴きながら行うのも効果的です。

その時には周りの雑音に合わせて部屋で流す、イヤホンを使用するなど自身が心地よくなるようにうまく調整してください。

環境音以外にも『脳波を調整して集中しやすくする』または『緊張をほぐす』バイラルビートという音を出すものもありますし、ちょっと変わったところではお経やマントラのCDもしくはアプリなどもあります。

さらに便利なのは瞑想をナビゲーションしてくれるというもの。いろいろととりとめもなく考え事が浮かんできてしまうという方にはナビゲーション系は非常におすすめ。そのとおりに行うことを考えればよいのでその分集中しやすくなります。うまく活用してみてください。

 

潜在意識を使った正しい瞑想の行い方

瞑想で安らかなイメージ
では、ここからは実際に潜在意識を使った瞑想のやり方についてお伝えします。

瞑想を行う時の呼吸は『腹式呼吸』

瞑想において大事なのは呼吸です、腹式呼吸を心がけましょう。

ゆっくりと鼻から息を吸い、胸とお腹が空気でいっぱいになったと感じたところで少し止め、またゆっくりと鼻から吐き出します。

これが腹式呼吸になります。この方法だと酸素が体内をめぐりやすくなるため、疲労回復や精神的に落ち着くなどの効果が大きく現れます。

息を吸うときにお腹が風船のように膨らむイメージをしながら、ゆっくりと鼻で吸い、鼻から吐く。このやり方をしっかり覚えておきましょう。

 

雑音は大敵です。静かな場所で、リラックスしましょう

いざ瞑想をしてみようと目を閉じて気持ちを落ち着かせてみると、普段気にならない雑音が意外と大きく耳に届いてくることに驚かれるかもしれません。静かだと思っていた部屋でさえ、実はさまざまな音が響いているものです。

このような中で行っても効果が半減するどころか、気が散って全く意味がなくなってしまう可能性すらあります。瞑想のポイントは『静かで』『リラックスできる場所で』『落ち着いて』行うこと。

とはいえ、リラックスできる場所は確保できても周囲の雑音までは止められませんよね。

そんなときは耳栓をするなどして騒音軽減対策に励んでみてください。環境が整ったら全身の力を抜いてゆったりとした気持ちで瞑想をしてみましょう。

また、時間を決めて「5分だけ静かに瞑想しよう」と決めて、時計をそばにおいて薄眼でたまに時間を見ながらやってみるのもひとつの方法です。

なかなか時間が過ぎないときもあります。集中できず、座っていることがつらい・・・。でもそんなときだからこそ、静かに瞑想を楽しむ余裕を意識して作ってみると良いですよ。

 

瞑想を行っている最中は丹田を意識しましょう

おへその指3本ほど下の部分を丹田、といいます。ここを意識して背筋を伸ばしましょう。

丹田は東洋医学などでは体の中心とされており、ここで呼吸をしていくことが良いとされています。

よくわからないな、と思った方は腹式呼吸に近いと思っていただいて構いません。手をおなかに充てて、息を吸ったり吐いたりしたときにおなかが膨らんだりへこんだりするのが腹式呼吸。

慣れないうちはこの腹式呼吸をする時に、おへその下の丹田の当たりに手を置いてここを意識しながら深く呼吸をすると良いでしょう。次第に自分の丹田がなんとなくここかな、と分かるようになっていきます。

 

瞑想をする時には、背筋をしっかり伸ばしましょう

瞑想において姿勢は非常に大事なだけでなく、呼吸にも影響します。猫背になっていたり、椅子に座っている場合は背もたれに寄りかかったりしているような体勢では、せっかく呼吸を意識しても取り込んだ空気がきちんと全身に行き渡らないため、効果が半減してしまいます。

まずは頭のてっぺんから体の中心を通ってまっすぐな棒が一本入っているような感覚をイメージしてください。おへその下、臍下丹田にぐっと力をいれ、背筋をしっかりと伸ばしましょう。

座る場所ですが、『床で座禅』だけが瞑想のスタイルではありません。膝の故障などで床に座るのが辛い場合は椅子に座っても大丈夫です。しかしその際も、姿勢を正すことは忘れずに。

 

瞑想を行う時には、雑念を払い心を無にしましょう

あれこれと考えているうちは気が散ってしまって、瞑想の効果を得ることができません。頭の中を空っぽにして、なにも考えない『無の状態』を作り出しましょう。最初は取りとめもない考えがいろいろ出てきてしまうものですが、姿勢を正し呼吸を意識しているうちに雑念は消えていくものです。

しかし中には、いつまでも頭の中で物事を考えてしまうという方もいらっしゃることでしょう。

そんな際は無理に頭を空っぽにしようとせず、まずは雑念を1つの物体としてとらえ、『箱にしまう』『ゴミ箱に捨てる』、もしくは『右から左へ受け流す』といったイメージを持ちましょう。

また、瞑想中に頭の中で次から次へと考え事が発生してくることがあります。時に考え事が深くなりすぎて白昼夢や霊的体験をしたような気分になってしまう場合もあるそうですが、それらはノイズというべき余計なモノ、捉われる必要はありません。スルーするよう訓練しましょう。

あれこれ捉われそうになりますが、ここでその考えを払うイメージで、浮かんだ考えを横にどけて無視していきます。そうすると何も考えが出てこなくなり周囲の音も聞こえなくなり身体の感覚も感じなくなってきます。ここが潜在意識へのアクセスの前段階の無の状態です。

 

無の状態を感じられたら、次は潜在意識の声に耳を傾けましょう

瞑想法で無の状態になったら、次の段階で今の日常の事ではない感情や声が聞こえたり感じたりするかもしれません。それはとてもポジティブな言葉や、癒し、いたわり、労いなどプラスのストロークをくれるニュアンスで働きかけてくれます。

この声こそが内なる声で深い深い潜在意識の中の真我の自分の声です。ここに触れると穏やかで平和な心になれるのです。これが瞑想の良さであり醍醐味です。

ここに到達し、この心地よさを感じられたら瞑想がやめられなくなるでしょう。日々のストレスから開放され本当の良い自分に出会いリフレッシュできますよ。

 

瞑想を行う目安は、はじめは1日5分〜15分くらいでOK

さて姿勢や呼吸法といった基本を確認したところで、いったいどのくらいの時間行えばよいのでしょうか。瞑想といえば長時間行う座禅などのような修行のイメージが強い方も多いかもしれませんが、それ特別です。

長くすればするほど効果的に違いない、と意気込まなくても、実は1日5分〜15分程度を目安に行えば十分です。

たったそれだけ?と思うかもしれませんが、その効果は2時間分の睡眠にも匹敵すると言われているほどです。

ちなみに、どのくらい瞑想をしたらいいか、という決まりはありません。最初は5分などの短い時間でよいです。それもつらいということなら、まずは1分~3分でも。次第に長くしていけるようになるとよいです。でも時間を長くすればいいというものでもないです。

その先の目安としては朝夕、15~30分くらい定期的に行えると良いでしょう。あくまで自分がリラックスし、楽しめる長さで行ってください。

なによりやってみると最初は案外長く感じるものです。そもそも人間が高い集中力を発揮できるのは15分が限度ですから、だらだらやるより短期集中の方が気持ちもしっかり切り替えることができます。

タイマーをセットするなどして行ってみましょう。やってみたけど長すぎてなんだか落ち着かない、無理!という方は最初は1分、2分程度から徐々に時間を延ばしてみてもOKです。

 

瞑想から現実にもどる方法は

瞑想の終わり、ゆったりとした静かな世界から現実の世界に戻っていくのは、ゆっくりと行いましょう。だんだん目を開け、指先を動かすなどの動きで少しづつ戻していきます。

せっかく瞑想を深く楽しんだのですから、その余韻を感じながら目をあけましょう。何度か目を閉じたり開けたりしてみながら、目をしっかり開けて瞑想から戻ってくるというのもよいかもしれません。

このように瞑想を終了する時の所作や方法については「こうすべき」という決まったものはありません。ご自分が自然に戻ってこれる方法が自然に定まっていくものですので、何度か瞑想を繰り返していろいろ試してみてください。

 

瞑想の基本は「継続は力なり」

週に1度だけ、2~3日に一度程度、はたまた気が向いたときにだけ……と、これでは瞑想の効果は半減どころかほとんど期待できないかもしれません。瞑想は毎日継続してこそ最も効果を発揮します。

とはいえ忙しい中、疲れてる中で何時間も行う必要はありません。時間は体調などに合わせて短くてもかまいません。出来る限り毎日続けるようにしましょう。

少しずつでも続けるからこそ上達していくように、習慣づけていけばそのうち『瞑想をする時間』というのも自然に生活リズムに組み込まれていくものです。

寝る前の数分間を瞑想にあててみる、など自分が続けやすい時間帯を探し、取り組んでみるところから始めましょう。

 

潜在意識に働きかけて自分とつながる4つの瞑想術

瞑想の方法のイメージ
では、実際に潜在意識に働きかける瞑想術と、その行い方について解説します。

ヴィパッサナー瞑想

ヴィパッサナー瞑想は、呼吸することにひたすら集中するという方法です。

といってもただ呼吸することが目的なわけではなく、呼吸と同時に周りのすべてを把握した状態になることを目指すものです。これはもっとも広く世界で行われている瞑想方法でもあります。

もとはあるヨガの一部でしたが(ヨガもさまざまな流派があります)、ブッダも行っており、仏教の修行に取り入れられたところから、その伝播とともに世界に広がりました。

ヴィパッサナー瞑想のやり方

最初に瞑想をする時間を決めましょう。大体一回当たり30分~40分が目安ですが、必ずしもこの時間でなくてはいけないというわけではありません。もししんどいと感じられたらはじめは5分、10分から始めてだんだん伸ばしていきましょう。

  1. 時間を決めたら、足を組んで座ります。はじめは足が組み切れなくても構いません。その場合は椅子に座る、足を延ばすなどご自分のやりやすい態勢を選んでいただいて大丈夫です。ただ安定した姿勢にしてください。
  2. それから背筋は伸ばしましょう。頭頂を少しつられているような意識をしてみるとスっと背筋を伸ばすことができます。
  3. 目を閉じて、普段無意識にしている呼吸を意識します。
  4. 吸う、吐く。腹式呼吸にしましょう。呼吸のたびにおなかが膨らんだりへこんだりする呼吸方法です。
  5. 慣れないうちはおなかに手を当てながら少し練習してもよいかもしれません。
  6. 自らの呼吸を静かに見守るような意識で瞑想します。
  7. だんだん意識が身体の一部に向くかもしれませんが、その場合の状態で身体の部分を意識し続けてください。気が散ったら呼吸に集中することに努めましょう。この時になるべく身体は動かさないようにします。
  8. 瞑想時間が終了したら、ゆっくりと目をあけましょう。

動作はゆっくりと行うことが好ましいです。瞑想の余韻を楽しみながら立ち上がり、次の15~30分間、一歩一歩歩く瞑想を始めます。時間がない場合、この部分を略するか、日常の動作のなかで行ってもよいでしょう。

通勤や通学、買い物の間にひとりでゆっくりと歩きながら考えを巡らせることでこの歩く瞑想に十分なります。もちろん、外を歩く時間が取れるならばそれに越したことはありません。自分の考えを深め、求めていることに対して思考を巡らせることは大切なことです。

ヴィパッサナー瞑想はこの座る瞑想と歩く瞑想が一つの対になっています。多くの人は座って行うのが瞑想というかもしれませんが、ヴィパッサナー瞑想では静的な瞑想と動的な瞑想がひとつになって瞑想が深まると考えてください。

 

ワーリング瞑想

スーフィー、スーフィズムという言葉をご存知でしょうか。

スーフィーはイスラム教の一派です。予言者モハメッドが生きていたころから存在しており、東洋的な瞑想を取り入れている宗派です。

イスラム教のなかに取り込まれながらも独自の手法と霊的体験を、師と弟子という東洋的な伝達法によって伝えてきた人たちです。

彼らの用いる瞑想法のひとつにワーリング(旋回)と呼ばれるものがあります。どちらか一方の足を軸足としてひたすらに自分の身体全体を回転させる方法です。

これを用いたのがワーリング瞑想で、動的な瞑想法の代表といえます。

ワーリング瞑想のやり方

  1. 右か左、どちらか好きな方の一方の足を軸足にして、片方の手を上にあげ、あげたほうの手のひらに視線をむけながら旋回します。
  2. 回る方向は右でも左でもどちらでもよいです。目は開けたまま、30~60分、ひたすら回転し続けます。
  3. 瞑想が終わったら、うつぶせになって体を休ませてください。

ワーリング瞑想用のCD等もあるので興味がある方は使ってみてもよいでしょう。

 

トラタック瞑想(トラタカ瞑想)

トラタック瞑想は、定められた一点を、まばたきせずに凝視しつづけるという技法です。これはサンスクリット語の「凝視する」という言葉に由来しています。

瞬きを我慢して、ある一点を凝視していると、目が痛み、涙がでてきますよね。この状態をそのままにしてひたすら凝視するという方法がこの瞑想法です。

これも伝統的なヨガの瞑想法のひとつであり、目の集中力をたかめ、「第三の目」と呼ばれるアジナ・チャクラを活性化させると言われています。

凝視する一点、つまりその対象に使用するものは何でも構いません。紙に黒い丸を書いて壁に貼ったり、ローソクの炎を見つめるといった方法もあったりします。

トラタック(トラタカ)瞑想のやり方

まずはリラックスして座りましょう。もっとも安定できる姿勢なので足を組むことをお勧めしますが、背筋が伸びれば足を組むことに無理に取り組まなくても大丈夫です。

そして瞑想をする時間を決めましょう。30分から45分くらいが大体の目安ですが、これも最初は短くても大丈夫です。

  1. 1~1.5メートルほど離れた目線の位置に、見つめる対象を置きましょう。
  2. 目とほぼ同じ高さのところに、燃えているローソクをおいて、ローソクの炎を凝視します。対象物はローソクでなくても、上に述べたようなもので行っても結構です。
  3. はじめのうちは、当然目を開け続けていれば痛いので、無理せずにいたくなったら目を閉じてください。だんだん慣らしていきます。
  4. 少し慣れてきたかな、と思えたら涙がでてきても、そのまま対象を凝視しつづけます。

凝視の時間が終わったら、15分から30分ほど目を閉じて静かに坐します。

 

クンダリーニ瞑想

これまでご紹介したのは伝統的な瞑想法でした。最後にご紹介するのはOSHO(ラジニーシ)によって考案された、現代人のライフスタイルに合わせた新しめの瞑想法です。

(注:ほかにもクンダリーニ瞑想と呼ばれる方法はありますが、ここではOSHOの考案されたものをご紹介いたします)

前半は音楽とともに身体を動かす動的な瞑想、そして後半は静的な瞑想法を行います。

クンダリーニ瞑想のやり方

  1. まずはリラックスした状態で立ちます。
  2. 地面、足元からじわじわと温かなエネルギーがあなたのからだに注ぎ込まれ、上昇してくるのを感じましょう。
  3. 地から受け取っているエネルギーの流れをそのようにイメージします。
  4. そのイメージをもち、エネルギーを感じながら全身を振動(シェイク)させます。
  5. 好きなように動いてください。定められた動きがないので、かえって戸惑うかもしれませんが、普段運動不足に陥りがちの体が解放されると動きたくなるはずです。目は閉じていてもあけていてもよいです。

OSHOによれば

「振動(シェイク)が起こるままに、まかせなさい。それをやってはいけない。静かに立ち、振動(シェイク)がやって来るのを感じなさい。そして体が少し震え出したら、それを助けるのはいいが、あなたがやってはならない。それを楽しみ、その至福を感じ、それを許し、受け取り、歓迎しなさい。
でも意図してはならない。 もし震動(シェイク)を強いたら、それは一種の運動、体操のようなものになってしまう。その時、震え(シェイク)はあっても、それはただ表面的なものだ。それはあなたに深く浸透してゆかない。あなたは内側では、石や岩のように硬いままだ。あなたは操作する者、行為者のままで、身体はただそれに従っているだけだ。身体が問題ではなく、あなたが問題なのだ。
「震えなさい」(シェイク)と私が言う時、あなたの固さ、岩のような存在がまさにその根底から震え(シェイク)、それが流動体に、液体になり、溶けて流れるようになるべきだと言っている。そして、岩のような存在が流動体になる時、あなたの身体はそれに従うだろう。その時、あなたが震わせる(シェイク)必要はなく、震動(シェイク)だけがある。誰もそれをしてはいない。震え(シェイク)はただ起こっている。それをしている者はいない。」

という解説がされています。ですので難しく考えず、体を動かしたくなるまで待ちましょう。

ですので感じるままに踊りましょう。

そしてそれが終わった後は、座るか立ったままで、目を閉じて静止します。目を閉じたまま横たわり、体の力を抜いて静止して終了となります。

 

さて、潜在意識を使って瞑想の効果を上げる様々な方法についてお話ししてきました。

「病は気から」と言うように。いくら運動して体力をつけても、栄養バランスを整えても。はては良い医師にかかっても、気持ちがくすんでいてはそれぞれの効果を最大限に引き出すことはできません。

瞑想というと『スピリチュアル』『おまじないみたい』『そんなもので効果があるなんて嘘くさい』なんてイメージを抱えがちですが、実は『気』の部分を整え人間が本来持つ自然治癒能力やバランスを整えていくものです。

運動や栄養管理といった『外側からの働きかけ』と、瞑想による『内側からの働きかけ』、これらがぴったりつりあうことで人は正しく健康を保ち、さらに増進していくこともできるという、きちんと理に適った方法のひとつですので、この機会にぜひ試してみてくださいね。

あなたの好きな人は本当に運命の人?

98%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!


片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだカード・生年月日から運命の人をズバリ診断する『神秘のタロット診断』が大好評です!

別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かも、いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定中≫

あなたの運命の人は一体誰なのか?知りたい方は是非やってみて下さい。

連記事

コメントをお書きください

タイトルとURLをコピーしました