正しい瞑想のやり方で、上手に精神を統一する7つの方法

正しい瞑想のやり方で、上手に精神を統一する7つの方法
「世の成功者の多くは、瞑想をしている」こんな話を聞いたことありますよね。

瞑想という静かな時間を持つことで、静かな時間の中で自分自身を振り返ること。そして精神統一の練習をすることで、集中力を高めることもできるのです。

これをお読みのあなたは、すでに瞑想を始められているかもしれません。あるいは、「気にはなっているんだけど、正しいやり方が良く分からなくて…」と悩まれているのかもしれません。

巷には、たくさんの瞑想法が並んでいますよね。ネットでちょっと検索するだけでも、たくさんの瞑想法が出てきます。しかし、どれが正しくて、どれが間違っているのか、簡単に判断出来なくて困っている人も多いはず。そこで今日は、正しい瞑想のやり方で、上手に精神を統一する方法についてお伝えします。

正しい瞑想のやり方で、
上手に精神を統一する7つの方法



 

瞑想で得たいことを明確にする

あなたはいったい瞑想で何を得たいのでしょう?最初にも書いた通り、世の中にはたくさんの瞑想があります。その中のいくつかを取り上げてみましょう。

・若返るための瞑想
・肌をきれいにするための瞑想
・健康を取り戻すための瞑想
・ハイヤーセルフからメッセージを得るための瞑想
・静かに自分を振り返るための瞑想
・自分をリラックスさせ、余分な緊張を取り除くための瞑想

などなど…。

あなたが瞑想をすることで得たい効果は、上記の中にありましたか?それとも、また違うものだったでしょうか。

目的に応じて、瞑想の正しいやり方は異なります。ですが、一番最後の「自分をリラックスさせ、余分な緊張を取り除くための瞑想」こそが、すべてのベースとなります。

なぜなら、身体に余分な力が入っていると、瞑想はうまくいかないものなのです。瞑想に慣れた方なら不要な手順ですが、まずは心身ともにリラックスすること。これこそ、瞑想の効果を最大限に得るコツなのです。

ですので、まずは「自分をリラックスさせ、余分な緊張を取り除くための瞑想」の正しいやり方をマスターしていきましょう。出来るようになったら、新しい目的を作り、トライしてみてください。


 

瞑想は快適な環境で行う

瞑想を行う環境は、非常に重要です。理想は、温度・湿度ともに快適で、静かなところ。ご自宅でしたら、エアコンと扇風機を上手に使いましょう。

暑すぎても、涼しすぎてもいけません。じっと座っている状態で、ちょうど良いと思う状態にしてください。可能なら、空気を入れ替えるために、すこーしだけ窓をあけておくと良いですね。

難しければ、瞑想を行う前にしっかり換気しておきましょう。瞑想は、新鮮な空気の場所で行う方が良いのです。


 

瞑想を行うための「音」を準備する

瞑想を行うのであれば、森の中が良いですね。鳥の鳴き声や、風が木々を揺らす音、小川のせせらぎなんかが聞こえて来る環境なんて、最高です。瞑想を行うためでなくとも、そのような場所は自然とリラックスできませんか?

しかし、なかなかそのような環境があるところに出かけるのは大変なもの。そして都会では、外の喧騒を完全に消すことも難しいですよね。ですので、もっと手軽な方法をご紹介します。

それは、瞑想用の音楽を準備すること。瞑想用のCDを使っても良いですし、鳥の鳴き声などの入ったCDを使われるのも良いでしょう。何度か試してみて「これだ!」と思う、自分好みの音楽を見つけてください。

それが、あなたに必要な瞑想の「音」です。

また、宅配便や郵便物にも注意しましょう。なるべく、インターホンが鳴らない時間を選ぶのも大切です。


 

リラックスできる姿勢と場所で行う

これは、とても重要です。自分がリラックスできる姿勢と場所はどんなものでしょう?

よく、つま先を膝に乗せて…なんていうのを見かけますが、辛かったらやらなくて大丈夫です。いっそ、寝転がって大の字で瞑想しても構いませんよ。ただし、猫背になるのはオススメできません。壁にもたれたり、椅子に座ったりして、なるべく背筋を伸ばした状態で行いましょう。

リラックスできる姿勢が決まったら、落ち着ける場所を見つけましょう。壁際ですか?ベッドの上ですか?それとも、部屋の真ん中?

ものが散らかっていて気にあるのであれば、ある程度整理しましょう。瞑想中に、「うっかり手足に何かがあたって気が散った…」なんてことがないようにしてください。


 

瞑想を行う服装を整える

ここまでで散々説明してきましたが、瞑想において、リラックスできる状態を作り上げることは非常に重要です。ですので、自分が最もリラックスしやすい服装を選びましょう。具体的には、身体をしめつけない、ゆったりしたものが良いですね。

ジーパンよりも、ゆったりとしたルームパンツ。ピッタリしたTシャツよりも、ゆるめの長そでTシャツか、トレーナー。靴下をはかず、裸足で行うのも良いでしょう。ただし、寒くて手足が冷えるのであれば、しっかり防寒を。

ご自分の部屋で瞑想をされるのでしたら、いっそパジャマでも良いくらいです。

しかし、瞑想のためだけに服を調達するのはやめましょう。新しい着慣れない服よりも、いつも着ている服の方がリラックスしやすいからです。もしあながた、「ぜひ、瞑想用の服を準備したい!」と思われるのでしたら、いつも着ているのと同じタイプにするか、暫く身体に馴染ませてから使うのが良いでしょう。


 

瞑想のための呼吸をマスターする

瞑想で行う呼吸は腹式呼吸です。そして、口ではなく鼻で呼吸をしましょう。

女性の方で、腹式呼吸が良く分からないという方は横になってみてください。そして、ゆっくりと呼吸してみるのです。横になっているときは、自然と腹式呼吸になります。

もし胸式になっているのであれば、意識しすぎるあまり、緊張している可能性があります。その場合は、胸式・腹式は気にせず、ちょっと休憩するくらいのつもりでゆったりしてください。気づくと腹式呼吸になっているはずです。

次に、呼吸のやり方です。次の順番で行ってください。

1)ゆっくりと息を吐ききる
2)鼻から3秒かけて息を吸う
3)6秒間息を止める
4)6秒かけてゆっくり息を鼻から吐ききる
5)(2)〜(4)を繰り返す

秒数は1:2:2であれば、何秒にして頂いても構いません。4:8:8でも5:10:10でも良いのです。自分が一番やりやすい長さにしましょう。


 

その7:じっくりと瞑想という時間を味わってみる

さぁ、ここまで実践されたあなたは、すでに瞑想を行うための準備が整っています。まずは、じっくり瞑想という時間を味わってみてください。

最初は、うまく精神統一できなくても構いません。外の音が気になったり、気が散ってしまったり、雑念が浮かんできても、良いのです。

じっくり、じっくりとその時間を味わうこと。自分が瞑想に慣れることから始めましょう。ゆっくり、じっくり…。

可能なら、自分自身というものも味わってみてください。そして、注意したいことは、現実に戻ってくるとき。瞑想から現実に戻ってくるときも、ゆっくりと戻ってきましょう。

まず、ゆっくりと深呼吸を3回ほど。続いて、手を開いたり握ったりして、身体の間隔を確かめてください。そして、ようやく目をあけるのです。

これを繰り返すことで、徐々に精神が統一しやすくなっていきます。結果として集中力が高まっていることも、感じられるはずです。


 

 

正しい瞑想のやり方で、上手に精神を統一する7つの方法は如何でしたか?

「簡単なことばかりでつまらない!」と感じられた方もいらっしゃるかもしれません。しかし、瞑想は準備が大切。初心者が環境を整えずに瞑想を始めても、なかなか精神を統一しにくいものなのです。

慣れてくるとぱぱっと準備ができ、すぐに精神を統一することができるようになります。最初は「これは瞑想のための儀式なんだ」とでも考え、楽しみながら行ってください。ふと気づけば、たいした手間もなく、ささっと瞑想を行える自分がそこにいるはずです。

 

【まとめ】

正しい瞑想のやり方で、上手に精神を統一するには

・瞑想で得たいことを明確にする
・瞑想は快適な環境で行う
・じっくり瞑想するための、音を準備する
・リラックスできるよう、場所を整える
・瞑想を行う服装を整える
・瞑想のための呼吸をマスターする
・じっくりと瞑想という時間を味わってみる

2017年  アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『運命数診断』では、スピリチュアル鑑定師未来を知るための運命数を導き出し、あなたの未来を的確にアドバイスすると話題の星占術です。個別に作成してくれる1000文字を超える細かいメッセージであなたの運命を正しい道へと導いてくれます^^

運命を知りたい・変えたい方は≪期間限定0円≫なので是非お試しください!

仕切り線