無償の愛とは何かがよく分かる7つの言葉

無償の愛とは何かがよく分かる7つの言葉
愛とは何かということは普段はあまり深く考えませんよね。しかし、自分の愛がうまく相手に伝わらないなとか、どうやって愛を表現したらよいのかわからないなど、愛について悩むことがあった時は、無償の愛とは何かについて改めて考えてみましょう。

無償の愛とは何か、その意味が分かれば必然的に愛について悩むことはなくなります。人は恋と愛を混同して考えがちです。恋とは自分が誰かの事を好きになって恋焦がれる、自分発信のものですが、愛とは相手の事を思いやったり、時には自分より相手の事を優先して考えることなのです。

無償の愛と聞くと、自分には到底難しいものだと思う人が多いかもしれませんが、どんな人でも考え方を少し変えるだけで、無償の愛とは何かを理解することができます。そこで、無償の愛とは何かを気づかせてくれる言葉をお伝えします。

愛されることより愛することを。理解されることよりは理解することを。

マザーテレサの言葉で「愛されることより愛することを。理解されることよりは理解することを。」という名言があります。人は愛されたい、自分の事を知ってほしい、理解してほしいという気持ちを持ちがちです。

愛する人には自分の事を知ってもらいたいし、愛してもらいたいと思うのは自然なことですが、無償の愛とは愛されることを欲するよりも自分が愛することが大事だということなのです。

 

本当の愛は見返りを求めない無償の愛

美輪明宏さんは、「“何とかしてあげる”と自分勝手な愛情を押し付けるのは自分がかわいいだけ。本当の愛は見返りを求めない無償の愛」と言っています。愛とは相手に何かをしてあげることだと思っている人は多いですが、何かを人にしてあげると見返りを求めたくなりますよね。

しかし、無償の愛とは見返りを求めないことです。自分勝手に何かを相手にしてあげて、それに対する対価や見返りを求めてはいけないのです。

 

相手の欲するものを与え、欲しないものを与えない

人は愛しているから相手に尽くすのだと考えて、相手が求めていないこともやってしまうことが多々あります。しかし、押し付けは無償の愛ではありません。

瀬戸内寂聴さんは「愛はいたって単純な方程式で説明できます。相手の欲するものを与え、欲しないものを与えないというだけのことです。」と言っています。相手が欲するものだけを与えることが無償の愛であり、愛とは自分本位のものでは決してないということなのです。

 

好きな人と一緒になれなかったとしても、その人に幸せになって欲しい

アメリカの女優ジュリア・ロバーツは「好きな人と一緒になれなかったとしても、もしその人に幸せになって欲しいと思ったら、それが愛なんだと思う。」と言っています。愛する人は結ばれたいのが本音かもしれませんが、無償の愛とは、相手の幸せを心から願えることです。

例えば、愛する人が自分以外の人を愛することがあったとしても、しがみついて無理やりそばにいるのではなく、相手の幸せを一番に考えることが無償の愛なのです。

 

大恋愛も耐え忍ぶことが大切

有名デザイナーのココ・シャネルは「大恋愛も耐え忍ぶことが大切です。」と言っています。愛する人と離れ離れになったり、愛する人のために辛いことがあったとしても、無償の愛なのであれば、そんな苦難を耐えられるものです。

無償の愛とは、自分の犠牲を払ってでも相手のために貫くものということです。遠距離恋愛が辛いから気持ちが離れてしまうとか、仕事が忙しいから愛が冷めたといった事があるとしたら、それは無償の愛ではないのです。

 

恋とは自分本位なもの、愛とは相手本位なもの

恋と愛の違いは自分本位か相手本位かの違いです。美輪明宏さんは「恋とは自分本位なもの、愛とは相手本位なもの」と言っています。誰かに片思いをしたり、恋焦がれるのは主語が自分ですよね、しかし、愛は相手が中心です。

無償の愛とは、自分が相手をどう思っていて、どのくらい愛しているかではなく、相手の事をどのくらい思えるかが重要なのです。相手が愛が不要だと思っている時は距離を置き、相手が愛を欲している時は愛を与えるくらい相手の事を考えて行動ができるようになるのが無償の愛です。

 

大切なのは、どれだけたくさんのことをしたかではなく、どれだけ心をこめたかです

マザーテレサは「大切なのは、どれだけたくさんのことをしたかではなく、どれだけ心をこめたかです。」と言っています。無償の愛とは、高価なものを買い与えたり、贅沢をさせることではありません。もちろん、気持ちが伴っていればそれも愛ですが、大切なのは気持ちです。

荷物を持ってあげたり、相手のために好物の料理を作ってあげるなど、些細なことであっても、気持ちがこもっていればそれは立派な無償の愛です。

 

無償の愛とは気持ちが重要なポイントです。高価な宝石や高級ブランドのバッグをプレゼントすることが愛の証だと思っている人もいますが、受け取った側はそれが本当に愛なのか感じ取るものです。

無償の愛とは、相手が自分にも何かをしてくれるかも、などと見返りを求めないことであり、少しでも下心があれば、それは無償の愛とはいわないのです。もし、相手が自分が期待するような言動を取ってくれなかった時、「自分はこんなに愛しているのに」と悩むことはありません。

相手にも愛してほしいと見返りを求めている時点で、それは無償の愛ではないからです。見返りを求めてはいけないのだと考えると、気持ちがすっと楽になり、愛とは何なのかをよく理解できます。

まとめ

無償の愛とは

・愛されるより愛することこそが無償の愛
・無償の愛とは見返りを求めないこと
・押しつけではなく相手が欲するものを与える
・愛とはその人の幸せを心から願えること
・辛いことにも耐えられてこそ真実の愛
・恋と愛の違いは自分本位か相手本位か
・大切なのは何をしたかではなく気持ち

タロットカードでわかるあなたに待ち受ける“運命日“

あなたの運命や人生の転機は、あなたが選んだカードでわかります。今、当たると話題の「神秘のタロットカード」では、これから起こるあなたの未来を大予言!どうすればあなたが幸運へと導かれるかを教えてくれます。

凄腕の鑑定師が個別に作成してくれる鑑定結果メッセージがあなたの運命を切り開いてくれるでしょう!

まずは、気になるカードを選んでみて下さい!


連記事
タイトルとURLをコピーしました