数珠のブレスレットを複数身につけてはいけない9つの理由

数珠のブレスレットを複数身につけてはいけない9つの理由
数珠は邪気を払う力があるとされ、魔よけのために使用される仏具ですよね。キリスト教のカトリックが身に着けているロザリオも、数珠と同じような形の十字架のネックレスで、お祈りの際に使用します。

数珠もロザリオもアクセサリーではありません。しかし正式な数珠をいつも携帯するわけにもなかなかいきませんので、最近では腕輪数珠(腕珠)と呼ばれる、数珠を小型化して中糸をゴムなどにして腕につけられるようにした、ブレスレット型の数珠が人気になってきました。

この数珠のブレスレットは、本来の魔よけの目的以外に、いろんな種類のパワーストーンを組み合わせて、健康運や開運を上げるためにつけるのですが。これを手に何本も複数個つける人も見かけますよね。

さて、数珠のブレスレットは複数手に着けても良いものなのでしょうか?そして数珠のブレスレットを手に着けるときに気を付けるに事には何かあるのでしょうか。今日はそんな疑問についてお答えします。

まずは数珠の本来の意味を知りましょう。

数珠というのは、本来は「魔除け」の仏具で、自分に邪気が入ってこないように身を守るものです。数珠は多くの珠に穴を開けて糸でつないで輪にしたもので、正式には珠の数は108個です。

宗派によって形が異なっており108個と言うのは、ご存知のように除夜に鐘を打つ数と同じで、人間の煩悩の数と言われています。煩悩とは、欲望、怒りや愚痴など、迷いや苦しみの原因となる心の在り方を表現した言葉です。

数珠は、煩悩を取り除き、これまでの罪を懺悔して清らかな心になるように祈念するときに使用するのです。お葬式や法事、お墓参りの時に手にかける仏具なのです。

 

そもそも数珠のブレスレットとは何なのでしょう。

数珠の珠(玉)の数は正式には108個ですが、つなぐと小さい球でも大きな輪になります。この正式な数珠を「本連数珠」とか「二輪(ふたわ)数珠」と言います。

最近では、持ちやすくするために玉の数を減らし、略式として18~43個の数珠が使用されています。この略式の数珠を「片手数珠」とか「一輪(ひとわ)数珠」と言います。仏具の数珠として使用するものには、房(ふさ)が着いています。

数珠のブレスレットは、腕にはめるための超略式の数珠なのです。

略式と言っても、数珠の形式を踏まえて、主玉(基本の玉)以外に親玉(一つだけ入っている大き目の玉)と天玉(左右対称に入っている2個の小さい球)から成っています。

また、手に容易にはめやすいように、糸の代りにゴムが使用されており、房は着けていません。なので数珠のブレスレットは、厄除けや祈願成就のお守りとして手首に着ける数珠と言えます。

 

数珠の玉の素材で最高級は菩提樹の実

お釈迦様は、菩提樹の木の下で悟りを開いたとされています。そこで、菩提樹と言う木は、神聖なものとされています。 その木の実をひもに通して、それをひとつづつ指でなぞって仏様の名を唱えたのが数珠の始まりと言われています。

その後、石やガラス、最近流行りのパワーストーンと言われるものを使った様々な玉が生まれてきました。日本の仏教では、数ある数珠の素材の中でも最高のものは、やはり菩提樹の木の実です。

 

幸運と繁栄を招く数珠の素材

では、菩提樹の木の実以外で、数珠の玉に使われるパワーストーンの中で、まずは幸運を招くものを見てみましょう。すべてのパワーストーンは、魔除けの力があるので、それ以外で幸運を招くものお伝えします。

「本水晶」は無色透明の神秘的な石で、クリスタルとして有名です。日本の国石(国の象徴石)でもあり、魔除けになる仏教の7宝のひとつです。魔を払い幸運を招く力があります。
「紫水晶」は、アメジストとも呼ばれ、高貴な紫色の石です。2月の誕生石です。不安を取り除き、安らぎと幸運を呼びます。
「本翡翠(ほんひすい)」はジェダイドとも呼ばれ、聖なる石として崇められています。古くから富の象徴として装飾品に利用されています。災難から身を守り、繁栄を得る力があります。
「オニキス」は、邪念や悪い気を振り払い、理性を与えてくれます。成功の象徴とも呼ばれ、物事を前に進めるための忍耐力を与えてくれます。成功は繁栄に結びつきます。
 

金運・仕事運を招く数珠の素材

「青虎目石」はブルータイガーアイとも呼ばれます。邪悪を跳ね返し幸運を招く石と言われます。洞察力や決断力を養い、物事を成功に導き、金運・仕事運を高めます。
「赤虎目石」は、レッドタイガーアイと呼ばれ、青虎目石と同じく、物事を成功へと導き、金運・仕事運を高めます。
「黄水晶」は、シトリンと呼ばれ、太陽の象徴とも言われて商売繁盛と富を与える幸運の石です。この石を持つ人は、人生の満足感を味わえると言われています。
「トルマリン」は、衰弱した心を回復させ、体の活性化と集中力、理解力を改善する力があります。

 

疲れた心を癒し、運気を高める石

「ギベオン隕石」には、意思を強く奮い立たせ、問題解決力を高めてくれます。「茶水晶」は、力強さと忍耐力を高めてくれます。

「グリーントパーズ」は自信をつけて夢の実現に向けた力を与えてくれます。
「グリーンアメジスト」は、心身の疲労を癒し、運気を好転させる力があります。

そして「メノウ」は健康や長寿のお守りに、「珊瑚」は安産、産後のお守りに、「紫雲石」は安らぎを与え、「インカローズ」は恋愛成就のお守りなどに最適です。

 

数珠のブレスレットはどちらの手首につければよいのか

脳生理学の見地から見ると、左脳と右手、右脳と左手がつながっています。

右手は左脳につながり、物質的、現実的な力を扱いますから金運、財運、仕事、商売、勝負などに良いです。
左手は右脳につながり、精神的、霊的な力を扱いますので恋愛、結婚、開運、健康、厄除けなどにおすすめです。

また仏教の世界では、左手は煩悩の世界で不浄なもの、右手は仏様の世界で神聖なものと言われています。

ですから、魔除けのための数珠は左手につけることが原則です。

ちなみに家内安全、厄除け、恋愛願望などの祈願のブレスレットは左手に、ギャンブルや試験の勝負運、金運、財運などの祈願は右手です。

このように数珠の石の祈願の内容によって、右手と左手を区別してつけましょう。

 

複数のブレスレットを身につけるのは「あり?」「なし?」

複数のブレスレットの重ね着けですが、あまりにも多いのは確かに良くないかも知れません。ヒーラーの方で5本くらいつけている方もいますが、見た目にも3本くらいまでが良いでしょう。

ただ、大事なのは、ブレスレットにどんな石を着けいているのか?という事です。石どおしが、相反する効果を持ち、エネルギーが相殺されるようでは意味がありません。

悪い例でいうと、気持ちを静めて癒す石と、エネルギーを活性化させて興奮させるような石などの組み合わせです。もちろん、相殺される組み合わせでも、悪いことが起こることはありませんが、石の効果を半減させてしまいます。

そして石の効果は、足し算ではありません。同じ石の数珠を3本着けても、効果は3倍と言うわけではないのです。本来は気に入った石のブレスレットを1本に絞り、祈願するあなたの心を込めて、気持ちよく手に着けておけばそれで充分と言えるでしょう。

 

いろんな石を混ぜて着けるのは、マイナス効果かもしれません。

通販やネット販売で、いろんな効果が期待できる石を混ぜこぜに着けて、販売されている数珠のブレスレットをよく見かけますよね。

同じように通販の広告でよく見る健康食品の事例で、主要な素材にあれもこれもといろんな素材を追加で配合し、これには7種類もの素材を追加で配合している!そして、これが他社の商品との差別化です!などと言います。

しかし、よく考えてみると、それぞれの素材は効果が十分に得られる量など添加できるはずがありません。つまり気休めにすぎない(のかもしれません)。それと同じように数珠のブレスレットも、恋愛運、厄除け、癒し、金運、仕事運などなど、たくさん混ぜても、、、と少し考えてみてください。

例えば、絵の具を何色も混ぜすぎると汚いグレーの色になってしまいますよね。あなたの数珠のブレスレットが、そんな色になってしまわないようにしっかり気をつけておきましょう。 

どうしても沢山、、、というのであれば、いろんな祈念を込めた石のブレスレットを何本か持っておいて、その日の気持ちと目的に合わせて、着け替えて出かけるのが良いですよ。

 

さて、数珠のブレスレットについて色々お伝えしましたが、単なるファッションとして着けるブレスレットであれば、長いものでも、何本でも、そして色々な色を両手に着けても問題はありません。

しかし何かを祈念して大事に着ける石の場合は、どちらの手に着けるか、何を重ね着けするのかなどなど、しっかりとご自分で判断して身につけましょう。

オーラでわかるあなたに待ち受ける“運命日“

あなたの運命や人生の転機は、あなたから出ているオーラでわかります。今、当たると話題の「オーラ診断」では、これから起こるあなたの未来を大予言!どうすればあなたが幸運へと導かれるかを教えてくれます。

凄腕の鑑定師が個別に作成してくれる鑑定結果メッセージが、あなたの運命を切り開いてくれるでしょう!

気になる方は是非試してみてください!


連記事
タイトルとURLをコピーしました