満月の夜に、絶対やってはいけない9つの事と開運する21のコツ【2022年2月版】

コンテンツ目次

嫌な過去を思い出さない事

満月のパワーは、過去の記憶や思い出を呼び起こす影響があります。

良い思い出なら気持ちも温かくなりますが、恐かったこと、嫌だったこと、辛かったことなどを思い出すと、体は緊張しはじめ、実際に体験しているような感覚になるでしょう。

満月の夜に嫌な過去を思い出してはいけません。心穏やかに過ごすようにしましょう。

 

飲み過ぎ・食べ過ぎないように

満月の夜はむくみやすくなる上に暴飲暴食をしやすくなる傾向があります。これは、私たち人間の体の70%以上が、血液を含む水分で作られていることが関係しています。

月と太陽の引力の影響を感じられる、具体的な一例ですね。

満月の夜に飲み過ぎ・食べ過ぎはやってはいけません。腹八分目を心がけて、肉体に負担の無い食事を心がけましょう。

 

パワーストーンを放ったらかしにしない

パワーストーンを持っている人は、定期的にパワーストーンの浄化を行っているでしょうか?

パワーストーンは私達にパワーを与えてくれますよね。それは私達の負のエネルギーを吸い取ってくれている訳ですから、それを放っておいたらちょっとマズい事になってしまいます。

ですので、満月の夜にはお持ちのパワーストーンをしっかり浄化してあげましょう。月光浴は、多くのパワーストーンの浄化に適しています。満月の光で大切なパワーストーンの浄化をしてくださいね。

満月に行うパワーストーンの浄化方法

太陽光での浄化に酷似した方法として、月光での浄化があります。これは太陽光での浄化と違い、褪色する心配も無く、すべての石にこの方法を使うことができます。

石を月光に晒すことのできる場所が必要ですが、月光の入る窓際があれば、そこにひと晩、置いておけば良いのです。十五夜や十六夜の月の夜がおすすめです。

 

自分を高めたい人は瞑想のチャンスを逃さない事!

満月の夜は瞑想に適していると言われています。満月の夜、絶妙で精巧な天体の配置のおかげで私たちは月の光を浴びることができます。その光を浴びることで、私たちは自己の根本的な存在や、宇宙の神秘の片鱗に触れることができるのです。

満月の夜は実際に月の光を浴びて、またはイメージしながら心穏やかに瞑想をしてみてください。そして、太陽、地球、地球の上に今存在している自分、そして月を感じましょう。

日常生活で大きな変化が起きなくても、あなたの心の中では何かが変わっていくはずです。満月の夜に瞑想のチャンスを逃さないようにしてください。

タイトルとURLをコピーしました