満月と新月の不思議なチカラ、月齢を意識して運気を上げる27のコツ

満月と新月の不思議なチカラ、月齢を意識して運気を上げるコツ昔の人は月明かりで読書ができたというくらい満月の夜は明るいですよね。満月の時には太陽と月の間に地球があります。一方、星がよく見える暗い夜である新月の時には、月は地球と太陽の間にあり、日中は頭上にありますが太陽の光がある為肉眼ではほとんど見る事ができません。

さて、そんな夜空に浮かぶお月様には不思議な力がありますよね。よく知られているのは海の潮の満ち引きやウミガメやサンゴの産卵への影響などですが、自然界だけではなく、人間にも様々な影響を及ぼしているのです。

例えば昔から満月の日には出産、新月の日には人が亡くなることが多いと伝えられてきました。また、満月の夜に犯罪や事故が増えるとも言われています。このようにお月様が心身のコンディションに深くリンクしていることを実感しながら、私達人間はずっと暮らしてきたのです。

そこで今回は、新月や満月の時に行なって欲しい事と共に、月の満ち引きである「月齢」を使って運気を上げるコツについてお話ししします。

コンテンツ目次

新月・満月・月齢についての基礎知識

新月・満月・月齢についての基礎知識のイメージ「月齢」とは月の満ち欠けの状態を数字で表したものです。月は、その姿が見えない新月からどんどん大きくなり、満月を経て細く変化していってまた新月に、というサイクルを繰り返しています。

新月から次の新月までは約30日(正確には29.53日)なので新月の新月の月齢を0として日を追うごとに1つずつ数字を増やしていきます。

・月齢7(新月から7日目)が上弦の月
・月齢15(新月から15日目)で満月となり
・月齢22(新月から22日目)で下弦の月
・月齢30(新月から30日目)で次の新月を迎えます。

このように月齢とは月の暦、お月様のカレンダーなのです。

そして月は特別なパワーを持っていますよね。上記のようにお月様には大きく分けて『満月』『新月』『上弦の月』『下弦の月』と4つの区切りがあり、それぞれが司る力が変わります。

つまり月齢を知る事によって今のお月様がどのような力を秘めているかを把握できますし、『月の力を的確かつ最大限に活かす事ができる』という訳です。

ここのサイトで月齢を確認できます

月齢|暦の計算|計算サイト
指定された月の月齢を計算します。

そして2022年の新月と満月の時刻表も下記に記載しておきますのでお役立てください。

 

新月と満月の時刻表 2022年度版

2022年の新月と満月の時刻は以下になります。

1月

新月 1月3日(月) 3:34 やぎ座
満月 1月18日(火) 8:49 かに座@ウルフムーン ←今回@2022年最初の満月はここです。

2月

新月 2月1日(火) 14:47 みずがめ座
満月 2月17日(木 )1:57 しし座@スノームーン

3月

新月 3月3日(木) 2:36 うお座
満月 3月18日(金) 16:18 おとめ座@ワームムーン

4月

新月 4月1日(金) 15:25 おひつじ座
満月 4月17日(日) 3:56 てんびん座@ピンクムーン

5月

新月 5月1日(日) 5:28 おうし座/部分日食あり
満月 5月16日(月) 13:15 さそり座@フラワームーン/皆既月食あり
新月 5月30日(月) 20:31 ふたご座

6月

満月 6月14日(火) 20:52 いて座@ストロベリームーン
新月 6月29日(水) 11:53 かに座

7月

満月 7月14日(木) 3:38 やぎ座@スーパームーン/バックムーン
新月 7月29日(金) 2:55 しし座

8月

満月 8月12日(金) 10:36 みずがめ座@スタージェンムーン
新月 8月27日(土) 17:18 おとめ座

9月

満月 9月10日(土) 19:00 うお座@ハーベストムーン/中秋の名月
新月 9月26日(月) 6:55 てんびん座

10月

満月 10月10日(月) 5:55 おひつじ座@ハンターズムーン
新月 10月25日(火) 19:49 さそり座/部分日食あり

11月

満月 11月8日(火) 20:03 おうし座@ビーバームーン
新月 11月24日(木) 7:58 いて座

12月

満月 12月8日(木) 13:09 ふたご座@コールドムーン/ 皆既月食あり
新月 12月23日(金) 19:18 やぎ座

 

月齢を利用して運気を上げるためのコツ

月齢を利用して運気を上げるためのコツのイメージでは次に月齢が「0」の新月から上限の月、そして満月を経て下弦の月というお月様のサイクル事に、何が適していて、どうしれば運気が上がるのか?などについて解説します。

タイトルとURLをコピーしました