満月の夜に、絶対やってはいけない9つの事と開運する21のコツ【2022年12月版】

コンテンツ目次

満月のパワーを使って開運するコツ

満月のパワーを使って開運するコツのイメージではここからは、満月のパワーを使って開運する方法についてお話しします。

「満月の日はどこかソワソワする」という事を念頭に置く

満月の夜は幻想的ですし、絵本の挿絵のような可愛らしい月の形が癒されますよね。そんな印象とは裏腹に、実は満月の日には凶悪的な事件が発生する事が多くなっています。私たち人間は、月の満ち欠けで引き起こされるエネルギーの影響を無意識のうちに受けており、特に満月の日は精神的にソワソワしやすく、緊張状態・興奮状態に陥る事も多くあります。

「そういえばあのオオカミ男がワオーンと遠吠えを上げるのも、満月の夜だわ!」などと気付いた方もいるのではないでしょうか。満月の日は何となく周りのものが気になったり、いつもとは違ったテンションになったりして高揚してしまうことがある日です。

その事を頭の中に入れておけば、「今日は満月でなんだか落ち着かないけれど、だからこそ穏やかに過ごさなきゃ」という意識を持つ事が可能になります。

人間関係においても「今日は気分が高揚しやすいからといって、しつこくならないように気を付けよう」といった意識を持ち、穏やかに接する事ができれば、思いがけない過剰反応やハメを外す事も無くなるでしょう。

 

イライラしたら、「満月の日だから」と割り切ってしまう

満月の日には気分が敏感になり、些細な事でイライラしてしまったり、喜怒哀楽の表現が大げさになってしまったりする事がありますよね。

「○○さん、普段は大人しいのに今日はなんだか違うね…」などと言われてしまうと、嫌われたのではないかと不安になるかもしれません。

そのような場合は、「今日は満月の日だから仕方ない」「満月のせいだ」と割り切ってしまうと気が楽になりますよ。

ちょっとしたことで敏感になり、恨みや反感を買うような仕返しをしたとしても、それはあなた自身の利益にもなりません。感情のコントロールは難しい事ではありますが、満月の日には一呼吸おいて、自分の気持ちを整理しながら周りの人と付き合うよう心掛ける事が大切です。

 

満月によって起こる悪い影響には注意する

満月の夜になると人間が狼男になるというファンタジーがありますが、これはあながち嘘とは言えないのです。交通事故と月の関係を調べたデータによると、満月の夜には重大な事故が起こりやすくなるそうなんです。

また、犯罪の発生率も満月の夜のほうが多いと言われていますが、これは満月の影響で精神が高ぶりやすくなり、いらいらするためなのです。狼男の話もこうしたことから必然的に生れたのかもしれませんよね。

そのため、この時期には些細なことがひどい結果を招きやすくなるんだと心に言い聞かせ、出来るだけトラブルを起こさないよう恋人や友人との関係でも気を配って過ごしたましょう。

タイトルとURLをコピーしました