パワーストーンを浄化する為に知っておきたい12の事

パワーストーンを浄化する為に知っておきたい事
パワーストーンと言えば、石ごとに異なる効果が違いますよね。恋愛や金運、仕事運など、自分が運気を強くしたい分野に効果がある石はどれなのかは入念に調べる人が多いでしょう。

しかし、パワーストーンは浄化をしないとパワーが弱くなってしまうということはあまり知られていません。、パワーストーンとは運気を開いてくれるエネルギーを持つストーンのことです。エネルギーの高いストーンになると、持っているだけで力の放出を感じられます。それだけに、その力を維持するためには、メンテナンス、つまり浄化が必要になります。

パワーストーンの浄化というのは、ストーンを清めて本来のエネルギーを充実させること。ストーンを身に付けているのにパワーが感じられないなと思ったら、浄化してストーン本来の力を取り戻しましょう。

ということで今回は「パワーストーンの浄化方法」について解説します。

パワーストーンはなぜ浄化が必要なのか?

パワーストーンはなぜ浄化が必要なのか?
浄化というと単に綺麗にすれば良い、洗えば良いと考える人もいるかもしれませんが、パワーストーンの浄化というのは単に表面的な汚れを取ることではありません。パワーストーンの浄化というのは、ストーンに付着した不純物を取り除いて清浄な状態に戻し、ストーンが本来持っていたパワーを回復させることです。

パワーストーンの浄化は、パワーが落ちているなと感じたときに行えば良いのですが、より効果的に使用するには、手に入れた当初から定期的に浄化するのがお勧めです。何故かというと、手に入れるまでにパワーストーンは多くの人の手や不純物に触れているからです。

多くの人はパワーストーンを購入して手に入れるでしょう。中には人から貰ったという人もいるでしょうが、いずれにしろ、皆さんの手元に来るまでに多くの人がストーンに触れています。また、その過程で他の不純物にも接しているのです。

使い始めると、さらにストーンは不純物にさらされます。私たちの毎日の生活ポイントには、マイナスエネルギーが満ちているからです。パワーストーンというのは、私たちをそうしたマイナスエネルギーから守ってくれている存在ですので、その分、それらの持つ不純物を吸収してしまうことになるのです。

こうした環境はパワーストーンにとっても負担ですので、まず最初に購入したとき、その後は出来るだけ定期的にストーンの浄化を行いましょう。浄化することで、ストーン本来のパワーが発揮できるようになります。

 

パワーストーンを浄化する前に知っておきたい基礎知識

パワーストーンを浄化する前に知っておきたい基礎知識
ではパワーストーンの浄化を・・・という前に、私たちが知っておきたい知識があります。それをいくつか解説しましょう。

パワーストーンは付けるだけではダメ

「パワーストーンは買ってきて付けているだけ、寝る時は、どこかその辺に置いてある」、という人はいませんか?これでは、そのパワーストーンの力は落ちる一方で、なおかつ石の寿命も早く来てしまいます。パワーストーンは、毎日必ず浄化とチャージが必要です。

それと、買ったばかりのパワーストーンは、必ず浄化してから使ってください。何故なら、あなたのところに来る前に色々な人の「気」が石に付いてしまっているからです。付ける前には必ず浄化しましょう。

 

石によって浄化方法は違うので注意

パワーストーンの浄化方法は色々あります。間違った浄化方法を選ぶと、かえって石に悪影響が出ます。

パワーストーンの中には、水や塩に弱いものもあり、間違った浄化をすると、変色してしまったり、傷付いてしまったりすることもあるので注意が必要です。

自分の持っているパワーストーンにあった浄化方法で、正しく浄化し、パワーストーンをいつも元気な状態にすることが肝心です。パワーストーンにとって浄化は必須なのです。

 

パワーストーンを浄化した後に行うこと

パワーストーンを浄化した後に行うことは3つあります。

その1:エネルギーをチャージする

パワーストーンはただ浄化だけをしてしまうと栄養失調状態になってしまいます。音楽での浄化や日光浴などは浄化とエネルギーのチャージを同時に行ってくれますが塩での浄化ではネガティブなエネルギーを抜くだけになってしまうので気をつけましょう。

願いを叶えるには浄化をしたあとに念を込めたりパワーストーンに思いやりの言葉をかけてあげると良いでしょう。エネルギーのチャージと同時に思念でのプログラミングができます。

世の中には浄化とパワーチャージをこなすことが出来る清浄な気の持ち主もいますがそうなるのはもともとの資質とは別にエネルギーワークなどのスキルが必要なのでまずは手軽なところから始めてみてください。

その2:願望のプログラミング

パワーストーンを使っての願望成就はあくまでもパワーストーンを補助として考えないと他力本願になってしまいエネルギーの方向性がネガティブになってしまいます。

そのままだと長く身につけていくうちに意図しない方向に働いてしまうので次のようなことをやってみましょう。

恋愛を成就させたかったら意中の相手の写真や結婚したときの自分をイメージしたイラストなどを皿の中に入れてその上に浄化に使う水晶のさざれ石を乗せて浄化のたびにその上に乗せると良いでしょう。

また、自分が九星気学や風水などで鑑定してもらったときに特定の方位のエネルギーが必要な場合に、それに関係したパワーストーンを方位のエネルギーに関係する写真のそばにおいてエネルギーを転写しましょう。

たとえば南でしたら九紫火星の方位なので関連する赤いパワーストーンに火の写真などをそばにおくといいでしょう。持っているパワーストーンの特徴に合わせたチャージ方法もあります。

例えばアクアマリンは船旅のお守りで水や浄化に関係するものですから美しいハワイの海岸の写真をそばにおいても良いでしょう。

その3:欲望と願望の区別をつける

自分の願いが純粋に幸せになりたいものなのか欲望が先行してしまっているものなのかよく見極めてください。

パワーストーンはエネルギーの増幅器であるため種類によっては良くないことが置きます。たとえばダイヤモンドは特にそういうことが多いのです。

ダイヤモンドは大昔から思念を強化するエネルギーを持っているといわれ永遠の絆を意味するエンゲージリングにも使われてきました。欲にまみれた人やマイナスな波動を持っている人がダイヤモンドを持つとその人自身の精神状態が改善されない限りエネルギーの方向性はどんどん悪い方向へ偏ってその人を不幸にしてしまうといいます。

よく全体的に運勢を高めたいという人がいますがこれは無理があります。あまりにも願いがごちゃごちゃありすぎると逆にパワーストーンに混乱を与えてしまってエネルギーが上手く循環してくれなくなります。ピンポイントでまず解決すべき願いを決めて徐々に開運していくと良いでしょう。

また、パワーストーンとアロマテラピーはとても相性が良いので併用して神経に作用させると効果的です。

 

パワーストーンを浄化する9つの方法

パワーストーンを浄化する方法
それではパワーストーンを浄化する方法について見ていきましょう。

日光でパワーストーンを浄化する方法

日光には悪いものを追い出してくれる浄化作用があります。日光の日にあてるだけなので、パワーストーンの浄化方法としては簡単ですよね。

パワーストーンの浄化に適しているのは昇ったばかりの日光ですので、早朝から午前中いっぱい光に当てておくと、効果的に浄化できます。水で浄化した後にも、日光に当てておくと浄化効果が倍増します。サンストーンなど太陽に関係するパワーストーンだけに有効です。

しかし、気を付けなくてはいけないのが、あまり長時間、強い日光にあてすぎないことです。人間と同じで、強い日に長時間当たっているとパワーストーンも疲弊してしまい、かえってパワーを発揮することができなくなってしまうのです。

また日光で劣化しやすいセレスタイトやアメジスト、シトリン、ローズクォーツ、インカローズ、アクアマリン、翡翠などは、他の方法での浄化をおすすめします。透明水晶はレンズ効果があり、日光に当てることによって発火する可能性があります。くれぐれもご注意を。

 

月光浴でパワーストーンを浄化する方法

日光と異なり月の光は優しく、パワーストーンの浄化には最適な方法です。月の光にも、太陽光同様、エネルギーを充満させる効果があります。特に満月の夜にパワーストーンを月光浴させてあげると効果的なパワーチャージになりますが、反対に新月の夜に行うとパワーはつかないので注意しましょう。

月光は陽光よりもマイルドですので、どんな種類のパワーストーンでも浄化できます。

特におすすめなのは特にムーンストーン、アメジスト、ラブラドライト、モルダバイト、アクアマリンやアンジェライドなど、月との相性が良い石です。

また、ストーンの中には陽光に弱いものもあるので、その種の石には月光による浄化をしましょう。

月光浴での浄化は屋外だと夜に気温が下がって石のエネルギーを消耗しますから、月の光が当たる窓際など、屋内で行いましょう。時間は1~2時間で十分ですが、もっと長くてもかまいません。

 

水でパワーストーンを浄化する方法

パワーストーンの浄化方法として最もポピュラーなのは、「水による浄化」です。装飾品として金具がついていない場合は、水道水でもパワーストーンの浄化が可能です。

  • やり方としては水道水を弱くだしたままの状態でパワーストーンにずっと当てて流します。
  • ちょろちょろ程度の水を1時間程度行えば十分浄化ができます。
  • また、水を入れた器にパワーストーンを浸し、そのまま一昼夜つけておくのもOK。
  • 水から引き上げる際は水分が残らないよう、清潔な布でふき取りましょう。

パワーストーンが泥や食べ物で汚れている場合は、浄化の前に、水道水でよく洗ってあげてください。効果としては、悪いパワーを洗い流す程度の弱めの浄化ですが、定期的に行う浄化としてはちょうどよい方法でしょう。

また、最も理想的なのはパワーストーンにゆかりのあるパワースポットの流水です。霊力の高い清浄な流水なら短時間でも高い浄化力を得られます。

もちろん、天然の湧水が出る場所があればそこで静かに洗ってあげましょう。ペットボトルなどの天然水を使用する場合は、入れ物に入れてその中にひたしてください。

ただし、インカローズ、ヘマタイト、ギベオン、アズライト、アンバー(琥珀)は、水に弱いので、別の方法で浄化してください。

 

お香を使ったパワーストーンの浄化方法

パワーストーンを浄化して悪いパワーを洗い流すだけでなく、よいパワーもチャージするには、お香が効果的です。お香を焚いて、そこから上がる煙に石をくぐらせるという方法です。

お香は、ハーブなど天然のものを選びましょう。人工的な香料が入っているものだと、パワーストーンにパワーを注入することができません。

とくにおすすめなのはセージです。セージには浄化作用がありますから、お香を焚くことによって、パワーストーンだけでなく自分の身や部屋の中も浄化することができます。

  • やり方としては、お線香のように、葉っぱ先端に火をつけて火を吹き消して煙を出します。
  • そのあと、葉っぱ状のものは、火が消えた後の煙を155~20秒、2~3回くぐらせます。
  • そして仕上げにやわらかい布などでぬぐってください。

短時間でできる手軽な方法ですが、石によっては煙の成分が石に染み込み変色や曇りの原因になるので避けましょう。

 

水晶を使ったパワーストーンの浄化

クラスタ状の水晶を持っている人は、水晶でもパワーストーンの浄化をすることができます。水晶には大きなパワーがあり、それが水晶の周りにもみなぎっているので、水晶の近くに手持ちのパワーストーンを置くだけで十分に浄化ができます。

水晶のおすすめは「水晶クラスター」による浄化方法も有効です。水晶クラスターというのは、天然水晶の結晶が群生しているもので、パワーストーンなどの浄化に用いられます。

棒状の天然水晶が四方八方にエネルギーを放出しているので、パワーの落ちたストーンをクラスターの上に置くと、ストーンに付随したマイナスエネルギーを取り払い、代わりに清浄なエネルギーを補充してくれるのです。

もちろん、ない場合はなければタンブルやさざれでも大丈夫。ただし、本物の水晶でないと意味がありません。ガラス製の水晶のようなものだと浄化の効果はありませんから、専門店などで購入した天然の水晶であるかどうか、必ず確認しましょう。

やり方は水晶の上や横に半日~3日、浄化したいパワーストーンを置きます。さざれを使う場合は器に敷きつめ、その上に浄化したい石を置きましょう。この浄化方法は、ほぼすべてのパワーストーンに使うことができます。

 

塩でパワーストーンを浄化する方法

パワーストーンを身に着けていても不吉なことが立て続けに起こることってありますよね。浄化をしても中々不吉なことが止まないという時は、パワーストーンにマイナスの気が宿っている可能性があります。

パワーストーンの中にあるマイナスの気を払うには塩での浄化がおすすめです。

塩は人や物を清める効果があると言われていますので、天然の塩を盛ってパワーストーンを上にのせたり、その塩を大き目の容器に盛って、その中にストーンを埋めて一昼夜おきましょう。ストーンが大きい場合は上に置いたりするのも大丈夫です。

さらに、塩の中にパワーストーンを埋める場合はその後流水で塩を洗い流し、水分を拭きとった上で日光か水晶で浄化します。塩によって徹底的にマイナスエネルギーを取り払った後に、陽光エネルギーや水晶エネルギーを取り込む二段階の浄化方法です。

なお、塩による浄化には、天然塩など不純物の少ない塩を用いてください。また金属を使用したアクセサリーに仕上げている場合や、琥珀、スギライト、ターコイズ、フローライト、ラピスラズリ、ヘマタイトなどの塩に弱いパワーストーンには使用しないようにしましょう。

また、アンバー(琥珀)やカルサイトは埋める時間を5分以内と短めにしましょう。

 

土に埋めてパワーストーンを浄化する方法

塩でパワーストーンを浄化しても中々よいパワーが戻らないという人は、パワーストーンに宿ってしまったマイナスのパワーや人間界にある汚れが出ていきにくい状態かもしれません。

このような時には土で浄化をしましょう。土と言っても、人口の砂などでは意味がありません。天然の土を見つけてパワーストーンを埋めるのです。

土は人の手が入っていない自然の状態のものですから、ここにパワーストーンをしばらく埋めておくことでストーンについた汚れがリセットされるのです。

 

音でパワーストーンを浄化する方法

ヒーリング音楽を聴かせたりクリスタルボールや音叉を使った浄化です。

音やエネルギーは同じ振動です。良い振動を音で与えることによって空間とともに浄化してくれるので瞑想やチャネリングの時にも音による浄化はオススメです。

よく使われるのは音叉ですが、ヒーリング効果のある民族音楽やクリスタルボールを使用する場合もあります。これから浄化のために用意するなら、クリスタルチューナーと言われる音叉がおすすめです。浄化したいパワーストーンのそばで、このクリスタルチューナーを鳴らします。

音に濁りを感じたら、クリアに聞こえるまで一定間隔で鳴らし続けます。濁りのない音になったら浄化は終了です。音叉さえあれば、パワーストーンの種類を選ばない方法です。

部屋などの空間の浄化にも使えるので、クリスタルチューナーはひとつは持っておきたいアイテムです。

 

マインドによるパワーストーンの浄化

上で紹介した浄化方法に合わせて、心の中で「いつもありがとう」「今日はつかれたね、おつかれさま」など心を向けましょう。

パワーストーンに話しかけることによって、石がより輝きます。願いごとが叶ったら感謝して少し休ませてあげてもください。

 

さて、パワーストーンを浄化する方法についてお伝えしました。

パワーストーンの浄化方法はいくつか種類があります。それぞれ、パワーストーン状態や運気の良しあしなど、状況によって適切な方法を選びましょう。手軽な浄化方法もありますが、決して「手抜き」をしてはいけません。

せっかく手に入れたパワーストーンですので、出来るだけ良い状態で利用していきたいですね。毎日肌につけているパワーストーンは、日常のマイナスエネルギーを吸収してしまっています。エネルギーを保つには、定期的な浄化が必要です。

パワーストーンは私たちの代わりに私たちに降りかかるマイナスエネルギーを吸収してくれる石です。丁寧にメンテナンスして、大事に使っていきましょう!

≪話題のタロット≫ゾッとするほど当たります。

98%の人が怖いくらい当たると話題!
未来を良くするタロットを知っていますか?


あなたが選んだカードや生年月日から『運命の人』や『運命の変化日』を ズバリ診断する 『アカシックタロット』が大好評!

10月キャンペーン今だけ≪無料診断≫を実施中 ※すぐに終了の可能性があります。

あなたの『運命の人』は一体誰なのか?あなたの『運命の日』は一体いつなのか?知りたい方は是非やってみて下さい。


連記事
タイトルとURLをコピーしました