潜在意識をめいっぱい引き出す、4つの簡単瞑想術

潜在意識をめいっぱい引き出す、4つの簡単瞑想術
瞑想は、むずかしいものではありません。誰にでも行うことのできる行為であり、忙しい毎日のなかで本来の自分を取り戻すには最適の方法といえます。さまざまなやり方があるのですが、大きく分けて身体を動かさない静的なものと身体を動かす動的なものの二つに分かれます。これらの中から4つ、取り組みやすい瞑想法を取り上げてみようと思います。

潜在意識をめいっぱい引き出す、4つの簡単瞑想術



 

(1)ヴィパッサナー瞑想


ヴィパッサナー瞑想は、呼吸することにひたすら集中するという方法です。といってもただ呼吸することが目的なわけではなく、呼吸と同時に周りのすべてを把握した状態になることを目指すものです。もっとも広く世界で行われている瞑想方法でもあります。 もとはあるヨガの一部でしたが(ヨガもさまざまな流派があります)、ブッダも行っており、仏教の修行に取り入れられたところから、その伝播とともに世界に広がりました。

 

【ヴィパッサナー瞑想のやり方】

最初に瞑想をする時間を決めましょう。大体一回当たり30分~40分が目安ですが、必ずしもこの時間でなくてはいけないというわけではありません。

もししんどいと感じられたらはじめは5分、10分から始めてだんだん伸ばしていきましょう。時間を決めたら、足を組んで座ります。はじめは足が組み切れなくても構いません。その場合は椅子に座る、足を延ばすなどご自分のやりやすい態勢を選んでいただいて大丈夫です。ただ安定した姿勢にしてください。それから背筋は伸ばしましょう。頭頂を少しつられているような意識をしてみるとスっと背筋を伸ばすことができます。

目を閉じて、普段無意識にしている呼吸を意識します。吸う、吐く。腹式呼吸にしましょう。呼吸のたびにおなかが膨らんだりへこんだりする呼吸方法です。慣れないうちはおなかに手を当てながら少し練習してもよいかもしれません。

自らの呼吸を静かに見守るような意識で瞑想します。だんだん意識が身体の一部に向くかもしれませんが、その場合の状態で身体の部分を意識し続けてください。気が散ったら呼吸に集中することに努めましょう。なるべく身体は動かさないようにします。

瞑想時間が終了したら、ゆっくりと目をあけましょう。動作はゆっくりと行うことが好ましいです。瞑想の余韻を楽しみながら立ち上がり、次の15~30分間、一歩一歩歩く瞑想を始めます。時間がない場合、この部分を略するか、日常の動作のなかで行ってもよいでしょう。

通勤や通学、買い物の間にひとりでゆっくりと歩きながら考えを巡らせることでこの歩く瞑想に十分なります。もちろん、外を歩く時間が取れるならばそれに越したことはありません。自分の考えを深め、求めていることに対して思考を巡らせることは大切なことですから。

ヴィパッサナー瞑想はこの座る瞑想と歩く瞑想が一つの対になっています。座って行う瞑想の方がイメージにかなうかもしれませんが、静的な瞑想と動的な瞑想がひとつになって瞑想が深まると考えてください。

 

(2)ワーリング瞑想


スーフィー、スーフィズムという言葉をご存知でしょうか。スーフィーはイスラム教の一派です。予言者モハメッドが生きていたころから存在しており、東洋的な瞑想を取り入れている宗派です。イスラム教のなかに取り込まれながらも独自の手法と霊的体験を、師と弟子という東洋的な伝達法によって伝えてきた人たちです。

彼らの用いる瞑想法のひとつにワーリング(旋回)と呼ばれるものがあります。どちらか一方の足を軸足としてひたすらに自分の身体全体を回転させる方法です。動的な瞑想法の代表といえます。

 

【ワーリング瞑想のやり方】

右か左、どちらか好きな方の一方の足を軸足にして、片方の手を上にあげ、あげたほうの手のひらに視線をむけながら旋回します。回る方向は右でも左でもどちらでもよいです。目は開けたまま、30~60分、ひたすら回転し続けます。

瞑想が終わったら、うつぶせになって体を休ませてください。ワーリング瞑想用のCD等もあるので興味がある方は使ってみてもよいでしょう。

 

(3)トラタック瞑想(トラタカ瞑想)


トラタック瞑想は、定められた一点を、まばたきせずに凝視しつづけるという技法です。 サンスクリット語の「凝視する」という言葉に由来しています。瞬きを我慢して、ある一点を凝視していると、目が痛み、涙がでてきますよね。この状態をそのままにしてひたすら凝視するという方法がこの瞑想法です。

伝統的なヨガの瞑想法のひとつであり、目の集中力をたかめ、「第三の目」と呼ばれるアジナ・チャクラを活性化させると言われています。

凝視する一点、つまりその対象に使用するものは何でも構いません。紙に黒い丸を書いて壁に貼ったり、ローソクの炎を見つめるといった方法もあったりします。

 

【トラタック(トラタカ)瞑想のやり方】

リラックスして座りましょう。もっとも安定できる姿勢なので足を組むことをお勧めしますが、背筋が伸びれば足を組むことに無理に取り組まなくても大丈夫です。

瞑想をする時間を決めましょう。30分から45分くらいが大体の目安ですが、これも最初は短くても大丈夫です。

1~1.5メートルほど離れた目線の位置に、見つめる対象を置きましょう。目とほぼ同じ高さのところに、燃えているローソクをおいて、ローソクの炎を凝視します。対象物はローソクでなくても、上に述べたようなもので行っても結構です。
はじめのうちは、当然目を開け続けていれば痛いので、無理せずにいたくなったら目を閉じてください。だんだん慣らしていきます。

少し慣れてきたかな、と思えたら涙がでてきても、そのまま対象を凝視しつづけます。

凝視の時間が終わったら、15分から30分ほど目を閉じて静かに坐します。

 

(4)クンダリーニ瞑想


これまでご紹介したのは伝統的な瞑想法でした。最後にご紹介するのはOSHO(ラジニーシ)によって考案された、現代人のライフスタイルに合わせた新しめの瞑想法です。 (注:ほかにもクンダリーニ瞑想と呼ばれる方法はありますが、ここではOSHOの考案されたものをご紹介いたします)前半は音楽とともに身体を動かす動的な瞑想、そして後半は静的な瞑想法を行います。

 

【クンダリーニ瞑想】

リラックスした状態で立ちます。地面、足元からじわじわと温かなエネルギーがあなたのからだに注ぎ込まれ、上昇してくるのを感じます。地から受け取っているエネルギーの流れをそのようにイメージします。そのイメージをもち、エネルギーを感じながら全身を振動(シェイク)させます。好きなように動いてください。定められた動きがないので、かえって戸惑うかもしれませんが、普段運動不足に陥りがちの体が解放されると動きたくなるはずです。目は閉じていてもあけていてもよいです。

OSHOによれば、「振動(シェイク)が起こるままに、まかせなさい。それをやってはいけない。静かに立ち、振動(シェイク)がやって来るのを感じなさい。そして体が少し震え出したら、それを助けるのはいいが、あなたがやってはならない。それを楽しみ、その至福を感じ、それを許し、受け取り、歓迎しなさい。

でも意図してはならない。 もし震動(シェイク)を強いたら、それは一種の運動、体操のようなものになってしまう。その時、震え(シェイク)はあっても、それはただ表面的なものだ。それはあなたに深く浸透してゆかない。あなたは内側では、石や岩のように硬いままだ。あなたは操作する者、行為者のままで、身体はただそれに従っているだけだ。身体が問題ではなく、あなたが問題なのだ。

「震えなさい」(シェイク)と私が言う時、あなたの固さ、岩のような存在がまさにその根底から震え(シェイク)、それが流動体に、液体になり、溶けて流れるようになるべきだと言っている。そして、岩のような存在が流動体になる時、あなたの身体はそれに従うだろう。その時、あなたが震わせる(シェイク)必要はなく、震動(シェイク)だけがある。誰もそれをしてはいない。震え(シェイク)はただ起こっている。それをしている者はいない。」

という解説がされています。難しく考えず、体を動かしたくなるまで待ちましょう。

感じるままに踊りましょう。座るか立ったままで、目を閉じて静止します。目を閉じたまま横たわり、体の力を抜いて静止します。

 


 

いかがだったでしょうか。他にも世界にはたくさんの瞑想法があります。自分に合うものを探して、心身のリラックスに瞑想を取り入れてみてはいかがでしょうか。

まとめ

潜在意識をめいっぱい引き出す、4つの簡単瞑想術

1 ヴィパッサナー瞑想
2 ワーリング瞑想
3 トラタック瞑想(トラタカ瞑想)
4 クンダリーニ瞑想

2017年  アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『運命数診断』では、スピリチュアル鑑定師未来を知るための運命数を導き出し、あなたの未来を的確にアドバイスすると話題の星占術です。個別に作成してくれる1000文字を超える細かいメッセージであなたの運命を正しい道へと導いてくれます^^

運命を知りたい・変えたい方は≪期間限定0円≫なので是非お試しください!

仕切り線