瞑想が危険だと思っている人に、理解して欲しい13の事

瞑想が危険だと思っている人に、理解して欲しい13の事
「瞑想」と聞くと、「インド人が修行している感じ」や「怪しい宗教団体が集団で行っているイメージ」などが先行して、なんだか危険で怖いイメージを持っている人もまだまだ多いですよね。

しかし近年では瞑想は多くの目的で、世界中の人達が実践していて、やり方も多種多様。そして一方で瞑想を生活に取り入れることによって、ステーブ・ジョブズやマドンナ、クリントン元大統領など、人生やビジネスが成功した著名人も沢山います。

そして瞑想のやり方に関しても空間演出必須の人もいれば、何も用意せずやりたくなったら瞑想タイム、という人もおり、人の数だけ瞑想スタイルがあると言っても過言ではありません。

さて、簡単に始められるならやってみたいけど、気の流れを整える、自分の内面を見つめ直す、心と魂に呼びかける…など、瞑想は気にはなるけれどもやっぱり少し怖いという方はぜひこの記事を読んでみましょう。きっと瞑想に対するイメージがガラッと変わるはずです。

そんなわけで今回は瞑想が危険だと思っている人に、理解して欲しい13の事についてお話ししていきましょう。

瞑想が危険だと思われてしまう誤解とは

一般的な瞑想のイメージ
では、まずはじめに、瞑想に対する誤解について、「瞑想は危険」だと思っている人の心配や間違いを一つずつなくしましょう。

瞑想する事によって目に見えない恐怖や危険に襲われることはない

瞑想からはたくさんの恩恵を受けられます。

ですので例えば、徳の高いお坊さんを見ると、その境地に少しでも近づければ、と思ってしまうかもしれません。そういったきっかけで瞑想を始めようとする場合、自己流で始めて大丈夫かな?目に見えない危険なものが近寄ってこないかな?と不安になってしまう事でしょう。

でも、安心してください。徳のあるお坊さんのような人達のほとんどは瞑想以外の修行や修練も平行して行っています。

つまり、一般の人が、瞑想だけで今まで見えなかったものや聞こえなかった声を感じるようになったり、それらを背負い込むようなことになる危険はほとんどないという事を知っておきましょう。

 

瞑想でネガティブが増幅される危険はない

瞑想すると、どんどん自分をマイナスの方向へ引きずり込んでしまうのではないか?と思ってしまう人も居ますよね。

瞑想する事によって、ネガティブが増殖するという危険性はほとんどありませんが、もし、瞑想することによって苦しくなる、つらいことばかり考えてしまうという人は、今は瞑想をするべきときではないかもしれません。

友人や家族に悩みを聞いてもらったり、趣味でストレスを解消したりして、内面を見つめるよりも発散する時期だと考えましょう。

瞑想はいつでもできます。時期が来れば、瞑想することで何かを得られるときが巡ってきます。それまで待ちましょう。

瞑想に危険があるとすれば、瞑想に固執することかもしれません。瞑想は万能ではありませんので、ネガティブな意識に負けてしまいそうな時には、他の手段を選ぶという事も必要です。

 

瞑想したら「無にならなければならない」訳ではない

瞑想というと「無」の境地を求めて瞑想したいと思っている人も居ますよね。無になれば悩みから開放されるとの期待から、そう願う人が多いのかもしれません。

無というのは、欲望からも開放された状態。つまり何も欲しいと思わない状態です。そこにはすでに「無になりたい」という欲望すらありません。

しかし、瞑想をしたら「必ず無にならなければならない」訳ではありません。

無になりたいけど無を欲してなかなか集中できない、、、なんて事も少なくないはずです。そんな時には、心を楽にして、何かを得るための瞑想という発想を忘れてみてください。

瞑想自体を楽しむくらいの気持ちが心身に良い影響を与えてくれますよ

 

瞑想を行うと得られるメリット

瞑想の深みのイメージ
では、瞑想が危険なものではないとわかったところでここからは瞑想の良いところについてお伝えしましょう。

瞑想を行うと集中力がアップする

瞑想を行うと得られるメリットには、集中力、記憶力が高まるということがあります。

「いま、ここ」に集中することで、雑念がなくなっていく為、集中力が高まりその結果、緊張を和らげられるようになると、ここぞという時に大きな力も発揮できるでしょう。

とはいえ、瞑想はトレーニングです。はじめからうまくできなくても焦らずまずはトライしてみましょう。思わぬ効果が得られるかもしれません。

 

瞑想は心のデトックスになる

不思議なことに瞑想には、危険どころか、不安や執着、恐れなどが沈静化する効果があります。

瞑想を定期的に行う事によって、心にある邪気が取り払われていき、リラックスしたゆったりした気持ちになっていきます。

ですので自分の身体にあるネガティブなものを吐き出し、幸せでポジティブなものが入ってくることをイメージしながら瞑想を行うのも良いでしょう。

瞑想を行うと得られるメリットとしては、小さなことで傷ついたり、イライラしたりすることが減り、感情のコントロールが上手になってきます。周囲に振り回されない自分の芯が強くなっていくのをきっと感じられる事でしょう。

 

瞑想をするようになるとぐっすり眠れるようになる

寝つきが良くなかったり、疲れているのにぐっすり眠れないとなるとつらいですよね。瞑想では深くゆっくり鼻から吸って、口から吐き出す腹式呼吸が一般的です。

これは、心身がとてもリラックスする呼吸法です。慣れないうちは呼吸が浅くなりがちですが、続けていくうちにだんだんと自分のものになっていきます。

すると普段でも自然としっかり呼吸をする事ができるようになり、自律神経がしっかり働くようんになる為、一般的に眠りも自然と深くなると言われています。

 

潜在意識が活性化して直感が鋭くなる

瞑想を続ける事により、余計な雑念を取り払えるようになると、あるがままの自分が浮き彫りになってきますよ。

そして、自分自身がクリアになっていく感覚を味わうと、直感=インスピレーションが鋭くなっていきます。

ですので、本来持っている五感の力が高まると、危険を察知したり、AとB、どちらの道に進むのがいいかな、選択すればいいかな、という時にもひらめくパワーが宿り、結果、良い結果をもたらす、ということもあるでしょう。

ぜひあなたを助けてくれる直感力を瞑想で磨いていきましょう。

 

自分に自信が持てるようになる

瞑想を続けて、リラックス効果を実感できるようになると、身体だけではなく心にも良い影響を及ぼします。

例えば感情のコントロールが上手になってくるはずです。するとどんな状況でも冷静に対応できますから、自分は大丈夫だと自信を持てるようになりますよね。

また、ありのままの自分を愛せるようになり、自分を信頼できるようになると、“引き寄せの法則”が働いて、良い出会いや幸せな出来事が日常に増えていくでしょう。

 

瞑想は危険ではないと理解したあなたに知っておいてほしいこと

瞑想をしっかりやるイメージ
では最後に瞑想は危険ではないと理解して頂いたあなたに知っておいてほしい事がいくつかありますので、それをお伝えします。

お腹がいっぱいの時に瞑想するのはやめましょう

お腹がいっぱいな時に瞑想するのはあまりよろしくありません。なぜかというと眠気が瞑想の邪魔をしてしまうからです。

また瞑想時は呼吸も大切ですので、空腹時のほうが内臓を圧迫せずに、身体に優しいです。食事をした後に行う場合は、2~3時間あけることをオススメします。

ベストな時間帯は、朝食前の6時~8時くらい。最初はなかなか続かなかったり、すぐに効果が実感できないこともあるかもしれませんが1日数分からでも良いのです。続けることが大切です。無理なく、マイペースで行ってみましょう。

 

瞑想に依存してしまうのは危険です

続けるのは良いことです、でも何事もやりすぎには注意です。瞑想を行う事に対して、これがなくてはならない、という依存心を持ってしまうと、自分ではコントロールできない精神状態に陥ってしまうことがあります。

そうなってしまうと瞑想をすることでかえって、苦しい状況を生み出すことになりかねません。

例えば、心が疲れて、社会生活に影響を及ぼすくらいのレベルであればきちんと医師の診断を仰ぐ事が正解ですよね。

くれぐれも「瞑想」が「迷走」にならないよう、自分の意識をコントロールすることを忘れずに。

 

瞑想はお寺でも指導してもらえます

自己流での瞑想は、ネガティブな方向に思考が偏る危険があると思ってしまい、なかなか踏み切れないという人もいますよね。

確かに自分にプラスになる瞑想は、ひとりだとなかなか難しいかもしれません。ですので、そういう場合、座禅体験を受け付けているお寺に行ってみるのも良いでしょう。

座禅の組み方や心の持ち方など、丁寧な指導を受けてから座禅体験に入れるので、初めての人でも心配はありません。お坊さんのお説教を聞けたりするコースを組んでいるお寺も多いので、瞑想以外でも得るものが多いですよ。

 

ヨガでも瞑想のエッセンスを体験する事ができます

お寺以外にも、瞑想を指導してくれるところがあります。

例えばヨガには瞑想がつきもの。ヨガ教室では、始める前と終了時に瞑想を取り入れているところが多いです。

教室によりますが、座った状態や横になった状態で、心を鎮めて自分の体との対話を目的にしているところが多いです。

体を動かすことがセットになっているので、気持ちがネガティブに偏りがちになる危険も少なく、すがすがしい汗をかけるので一石二鳥ですよね。

一日体験や見学もOKな教室が多いので、気になったらちょっと覗いてみるのも良いかもしれません。

 

自分に合う瞑想法を見つけましょう

世の中には様々な種類の瞑想法、指導法があります。

とはいえ、参考までにですが、霊能力や幽体離脱を売りにしていたり、初期費用や入会金があまりにも高いところなどには注意が必要です。

心が弱っているときこそ、甘い話にひっかかってしまうことがありますから、しっかり気をつけておいてください。

昨今、瞑想の効果は科学的にも認められていますので、自分に合った瞑想、呼吸法を見出していくことができれば、瞑想は危険なものではないと身を以て感じらる事でしょう。

 

さて、今回は危険なものだと勘違いされがちな「瞑想」についての誤解やメリット、知っておいほしい事をお伝えしました。

「瞑想」は、老若男女問わず、誰もが取り組みやすい心と身体の健康法のひとつです。そして、続けていくことで人生が変化してくる、なんていうスピリチュアルな側面も持っています。

瞑想は生活を豊かにしてくれるもの。でも、こだわりすぎたり、過度な期待を持ちすぎるのはやはり危険になってしまいます。静かな所で体を楽にして呼吸を整える。気持ちが落ちつけば、天啓が降りてこなくても体に力がみなぎらなくても、立派な瞑想なのです。

実際に瞑想を行ってみるとわかりますが、瞑想をする前とした後では、目に見えない変化が起こっています。ですのでストレッチのようにリフレッシュ目的で気軽に行ったり、時には座禅で気持ちを切り替えたりと、上手に賢く使ってくださいね。

あなたの好きな人は本当に運命の人?

98%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!


片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだカード・生年月日から運命の人をズバリ診断する『神秘のタロット診断』が大好評です!

別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かも、いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定中≫

あなたの運命の人は一体誰なのか?知りたい方は是非やってみて下さい。

連記事

コメントをお書きください

タイトルとURLをコピーしました