心の闇が深い人が持つ特徴や共通点と、上手にお付き合いする7つのコツ

闇が深い人の特徴や共通点と、上手にお付き合いするコツ心の闇が深い人を見抜くのは難しいですよね。「人は見かけによらない」という言葉があるように、一見社交性があって明るく見える人でも、実は心に闇を抱えていることがあるのです。

実はそういう人の方が心の闇が深い場合も多い為、仲良くなってみて初めて気がつくなんて事もあるかもしれません。そして心の闇が深い人とそうでない人との違いは物事の考え方や言動だけではありません。

例えば、第三者が自分に向けて言った言葉や何気ない会話の中での言葉じりですら、一般の人にすれば冗談や聞き流せる程度の些細なものでも心の闇が深い人にとっては、著しく心を傷つける事になってしまうこともあります。

ですのでそんな悲しい事にならないように今回は心の闇が深い人の特徴や共通点と、上手にお付き合いする為のコツについてお話しします。

心の闇が深い人はなぜそうなってしまったのか

闇が深い人はなぜそうなってしまったのかのイメージ
ではまず、心の闇が深い人はどうしてそうなってしまったのか?についての一般的な原因や事象についてお話しします。

世間で一般で言われている心の闇は

  • 生まれつきの性格
  • 家庭環境
  • 社会的な要因

が複雑にからみあって生じてくるものが多く、原因は人それぞれですが、共通する事項としては

  • 人生に対する絶望
  • 社会に対する怒りや怨み
  • 異常な快楽への欲望

などがあり、多くの場合これらが心の闇の正体であると言えるでしょう。

そして、もちろん誰もがこの世に生を受けた時から心に闇を抱えているわけではありません。最初は希望や期待、将来への夢などなど、良い意味での夢や希望や願望を持っていたはずです。

しかし、何かをきっかけとして自分に自信を失ってしまったり、社会に失望してしまい、自分や周りの事を信用信頼できなくなって、心を閉ざしてしまう事から心の闇は生まれます。

そしてそれは、大きなひとつのきっかけで生じる時もあり、小さな事柄の繰り返しから限界を超えてそうなってしまうなど、まさに十人十色ですので、それぞれに合わせた理解や対応が必要である事も覚えておいてください。

 

心の闇が深い人が持つ特徴や共通点とは

闇が深い人が持つ特徴や共通点とはのイメージ
では次に心の闇が深い人が持つ特徴や共通点についてお話しします。

心の闇が深くなる心理的原因はうつ病にも似ている

闇が深くなる原因の主は心であり、生活習慣や性格からくる心の悩みが闇が深い人へと人間を変化させます。

ちなみに、闇が深くなる心理的原因としては以下のようなものがあります。

・やる気がでない…やる気が出ないことでどうでもよくなり、そんな自分に嫌気がさして自己嫌悪に至った末に心の闇が深くなる

・眠れない…眠れないことで疲労やストレスが解消されなくなり、不快な気分が続いて心の闇が深くなる

・不安になりやすい…不安になりやすいことで何事にも自信が持てず、悪い結果ばかりを想像して心の闇が深くなる

心の闇が深くなる心理的原因をこうやって挙げてみると、実はうつ病の人の心理状態に非常によく似ていることが分かりますよね。つまり、心の闇が深い人はうつ病になりやすく、逆にうつ病の人は闇が深くなりやすいと言えるでしょう。

やる気の出ない、眠れない、不安になりやすい…これらが原因となって心の闇が深くなってしまうわけですが、では実際に闇が深い人はどんな特徴を持っているのかをさらに解説していきます。

 

心の闇が深い人には常に明るい人が多い

意外に思えますが、常に明るい人ほど闇が深い傾向があります。ポイントは「常に」という点で、明るいだけならともかく、常に明るいというのは普通に考えるとあり得にくいことですよね。

誰だって嫌なことで落ちこむこともあればストレスが溜まってイライラすることもあるはずです。しかし常に明るい人はそんな一面を見せないわけですから、そういったマイナス面を心に閉じ込めている可能性が高いのです。

その結果イライラなどを発散することができず、心に深い闇を抱えてしまいます。

 

心の闇が深い人の多くは他人の目を気にしすぎる傾向がある

他人の目を気にする人は常に良い人間でいようとします。自分のことを自分で評価するのではなく他人に評価されようとし、そのために常に正しく振る舞います。

そして他人の目が気になるので、人に弱い部分を見せることができず、悩みがあっても自分の力だけで解決しようとしていまうのです。ですので表面上は模範的になりますが、他人に見せられない負の部分を心に閉じ込めるため、心に闇を抱える可能性が高くなります。

例えるなら、見かけは優等生で本当はいじめっ子のタイプがそれに該当します。

 

心の闇が深い人は必要以上に過去にこだわる

過去にこだわる人は基本的に忘れることが苦手です。このため嫌なことがあっても引きずってしまい、それが繰り返されることで心が病んでしまいます。また、過去の失敗が忘れられないことで行動するのが怖くなり、性格もネガティブ思考になってしまうでしょう。

過去がこだわることで忘れることができず、さらにネガティブ思考になることですぐ悩んでしまう…そうなると常に心は不安と悩みだらけになり、闇が深い人になってしまうのです。

 

心の闇が深い人の本音を全く話さない

もちろん誰でも常に本音を話すわけではなく、本音と建て前を使い分けているのが普通です。しかし、ここで言う本音を話さないというのは、そういった使い分けができず常に本音を隠しているという意味です。

さて、本音と建て前の使い分けができずに本音を隠し続けている人は、常にその人柄を演じていることになります。そうやっい生きることで演じることに疲れてしまいますし、それを誰かに明かすこともできず心に深い闇を抱えてしまいがちです

 

心の闇が深い人とうまくお付き合いするコツ

闇が深い人とうまくお付き合いするコツのイメージ
では心の闇が深い人の特徴や共通点を理解して頂きましたので、ここからは心の闇が深い人とうまくお付き合いするコツについてお話しします。

励ましの言葉は逆効果

心の闇が深い人を立ち直らせようとしてよく犯してしまう失敗が、励ましの言葉をかけてしまうことです。

元気がない人や落ち込んでいる人がいると、その人を元気づけようという善意で「がんばれ」と励ましてしまうことってありますよね。

しかし、このような強い口調での励ましは、心の闇が深い人にとっては逆効果になる可能性があります。

「がんばれ」と言われると、自分はこれまで頑張りが足りなかったんだと自責の念に駆られてしまうためです。強い励ましの言葉はかけないように気を付けましょう。

 

比較表現や断定評価はNG

心の闇が深い人には、誰かと比較したり相手を断定するような評価をしてはいけません。

「〇〇さんより~だね」など誰かと比較をしてしまうと、相手は比較対象のことを気にしてしまって余計にストレスや悩みが増えてしまいます。

また、断定するような評価をするのもNG。何かを断定して相手を評価することで、これまでの自分はダメだったということかと余計に落ち込んでしまう可能性があります。

 

絶対に悩みは過小評価しない事

相手が落ち込んでいたり、悩んでいる時には「そんな悩みは明日になったら忘れてるよ」と励ますことってありますよね。確かにこう言われて気が楽になる人もいますが、心の闇が深い人には逆効果になります。

「この人は自分の悩みを理解してくれていない」と思い、余計に孤独を感じてしまうのです。

相手が悩んだり落ち込んでいる時には、相手の話に耳を傾け、決して相手の悩みを軽んじることなく真摯に共感の相槌を打ってあげると、相手の気持ちは徐々に楽になっていきますよ。

 

話の聞き役に徹する

責任感が強い人やどうにか相手を立ち直らせてあげたいという気持ちが強い人ほど、積極的にアドバイスを送ろうとしますが、根拠のない無責任なアドバイスはするべきではありません。

心の複雑なものですので、一般の人が思いつきで解決方法を出すことはとても難しいです。

もしアドバイスを真に受けた相手がそれを実践して失敗すれば、取り返しがつかないくらい心を傷つけたり落ち込ませたりすることになるでしょう。

無責任なアドバイスはせずに相手に同調して話を聞いてあげる役に徹することが大切です。

 

そっとしておいてあげる事も必要です。

元気がない後輩や部下を元気づけるためには、飲み会に誘ってコミュニケーションをとるのが一番効果的だと思っている人は少なくありませんよね。しかし、遊びや飲み会に誘うこと自体が、心の闇が深い人にとっては負担になっている可能性があります。

本当は行きたくないけど行かなくてはいけないと思わせたり、誘いを断らせるには相手に大変なストレスが生じます。

闇が深そうだなと思ったら、無理に誘わずにそっとしておいてあげることをおすすめします。

 

その人だけに特別な態度をとらない

心の闇が深い人には接し方を注意しなくてはいけないということはこれまでお話ししてきましたが、もう一つ大切な事があります。それは他の人に対する態度と差をつけてはいけません。

例えば相手を避けたり、腫れ物に触るような態度をとれば、相手はそれを感じ取って、余計な悩みを増やしてしまいます。

闇が深い人と会話をする時には注意点はありますが、それに気を付けてさえいれば露骨に避けたり、気を遣う必要はありません。周りとわけ隔てない態度をとることも思いやりの1つです。

 

批判否定をしない事

心の闇が深い人は、ただでさえ自分で自分のことを責めていることが多くあります。このような人を批判したり、否定することは絶対にしてはいけません。相手はさらに自己嫌悪に陥ってしまい、取り返しがつかないくらい心の闇が深くなってしまいます。

相手がどんなに自分を否定するような事を言っていても、「そこがダメ」とか「自業自得な部分もあるね」など批判するような表現はしないよう注意しましょう。
 

さて、心の闇が深い人は、とても感受性が敏感になっている状態でもあります。特にネガティブな方向に物事を考えてしまう思考回路になっていることが多いため、こちらが軽い気持ちで放った言葉でも、心の闇が深い人にとっては、ずっしりと重く受け取ることがあるのです。

そして心がある以上、どんな人でも悩んだり落ちこんだりすることがあります。それは至って自然なことですし、そのことを恥じる必要もありません。しかし、中にはそんな一面は絶対に見せたくない、他人の期待に応えたいと考えている人もいるのです。

そこで、心の闇が深い人には、決して相手を批判したり、むやみにアドバイスを送るなどの行為はしないようにしましょう。

相手をそっとしておいてあげること、また、相手が話していることをじっくりと聞いてあげることが大切です。

話を聞いてあげるという事は、無言のうちに理解者の役割を担うことになります。

心の闇が深い人は、孤独を感じ、自分だけがいけないんだという思考を持っていることが多いため、「自分にも味方がいるんだ」と思えるだけでも立ち直る大きな糧になることでしょう。

≪話題のタロット≫ゾッとするほど当たります。

98%の人が怖いくらい当たると話題!
未来を良くするタロットを知っていますか?


あなたが選んだカードや生年月日から『運命の人』や『運命の変化日』を ズバリ診断する 『アカシックタロット』が大好評!

10月キャンペーン今だけ≪無料診断≫を実施中 ※すぐに終了の可能性があります。

あなたの『運命の人』は一体誰なのか?あなたの『運命の日』は一体いつなのか?知りたい方は是非やってみて下さい。


連記事
タイトルとURLをコピーしました