新月の願い事を使って自分の夢を10倍早く叶える方法とは

新月の願い事を使って自分の夢を10倍早く叶える方法とは

月は28日周期で満ち欠けを繰り返します。月齢0日の月が『新月』です。まさにこれから満ちゆき、そして欠けていく始まりの時。その特徴が示すとおり、何かを新調したり物事を新しく始めるのに最も適している時です。

従って、新月の願い事も新しいスタートやリセットに関する事柄がより叶いやすいといわれています。また、新月は満月と並んで月の影響力が最も強まる時です。しかしただ漠然と願掛けをするだけではその効力を十分に活かすことができません。

今回は、新月の願い事を成就させる確率や早さをアップさせるために心がけたい点をお伝えします。些細なこととはいえ、これらのコツを意識するかしないかで、夢が叶う速度に10倍の差がでるはずです。

 

新月の願い事を使って
自分の夢を10倍早く叶える方法とは

 



 

時間がポイント!新月から8時間以内に書き終えるようにしましょう。


新月の願い事は時間をきっちり守るところから始まります。まずは必ず、完全に新月になってから始めるようにしましょう。「タイミングが重要だから先に準備しておこう」という気持ちはわかりますが、実は新月の前はまだ欠けていく状態の月の影響が残っているため、『新月の力』を享受することができないうえ、おまじないの効力も失われてしまいます。

新月の願い事の内容を考えるのも、おまじないの準備をするのも新月が始まってからにしましょう。願い事を書き上げるタイムリミットは8時間。ここまでが、新月の力を最大限に利用できる時間帯です。もし8時間を過ぎてしまったとしても問題はありませんが、遅くとも48時間以内には願掛けを終わらせるようにしましょう。

 

新月の願い事を書くコツをつかんでおきましょう。


新月の願い事を叶えるための準備には、いくつかのポイントがあります。

【必ず手書きで書きましょう】
フリクションボールペンのような消えるペンは書き損じた際もすぐに直せるので便利ですが、祈願成就のためには通常の『消えないペン』で心をこめてしっかり書くようにしましょう。書きなおせないと知っていればそれだけ集中力も増すというもの。文明の利器を否定はしませんが、お手軽なものでは、意識していなくとも篭る気持ちも軽いものになってしまいます。

【書き方のコツ】あなた自身が主体です。書き出しは必ず「私は」で始めましょう。書き終わりは「~です、~ます」と完了形で締めるようにします。また、文章の最初に「私は簡単に」「私はたやすく」と入れることで、願いが叶うスピードが早くなります。他にも「スムーズに」「あっという間に」といった言葉も効果的です。

【他人と過去は変えられません】
新月の願い事とはいえ、あくまでも変化を及ぼすのは自分自身のみ。「あの人を変えたい」「どこかに行ってほしい」という願いはどれだけ願っても叶いません。『自分自身の環境が良くなる』『あの人も共に成長する』といった具合に視点を換えて願い事を考えるようにしてみましょう。

【しっくり来るまで書きなおしましょう】
自分の気持ちに忠実に書きましょう。しっくり来るまで書きなおしても大丈夫。読み返してみてなんとなく気分がスッキリする、うまくいきそうな気持ちがするときは良い暗示。すでに潜在意識に働きかけ叶う方向に動いている証拠です。また、なんとしても叶えたい重要な願い事は、複数の文章でお願いするようにしてみると良いですよ。

 

効果的な願い事の数を知っておきましょう。


新月の願い事は、無尽蔵に書いても念が薄れて叶いにくくなってしまいます。かといって少なすぎるのも困りもの。願い事は2項目以上、10項目までを心がけましょう。

項目1つに対し1つの願い事を書きますが、「お金持ちになりたい」「恋人が欲しい」と最終目標だけを掲げるのではなく、「魅力的な自分になる」→「良い出会いがある」→「理想の人と付き合いを深める」→「周囲から祝福される恋人同士になる」というように、段階を追って具体的に書き出していくと良いでしょう。

さらに、新月の願い事をより確実に叶えるための魔法の言葉を2つ、ご紹介しましょう。「私は新月のデクラレーションで、願いが叶い幸せです。」「私は新月のデクラレーションを行う全ての人と一緒に幸せです。」自身の願い事自体は8つに減ってしまいますが、この言葉を9項目・10項目に必ず入れることにより、より大きな幸運を手に入れることができますよ。

 

願い事は保存しておきましょう。


新月の願い事を書いた紙には日付を記し、後で内容を確認できるように保管しておきましょう。大事なのは『新月の時に時間を見計らって書くこと』と『書いた内容』なので、保管に場所を取るようなら縮小コピーをしたり、内容をメモなどに写しておくだけでも問題はありません。

内容を保存すれば、原紙は処分してしまっても構いません。次の新月までに叶った願い事は消し、次の願い事を書きます。叶わなかった願い事は引き続き願うようにしましょう。

コレを繰り返すと、どのくらい願いが叶っているのか、どのような書き方をした時に願いが叶っているかなどが分析できます。新月の願い事を見直すたびに、自分自身が成長していることも実感できるでしょう。

 

ボイドタイムに気をつけましょう。


満月・新月の願い事において気をつけなくてはいけないのが『ボイドタイム』。ボイドタイムとは占星術の世界から生まれたもので、月が特定の角度(アスペクト)を作らなくなった時点から次の星座に移るまでの空白の時間を指しています。

ボイドタイムの最中は『新しく計画を立てる』『変化を求める』『重要な契約や交渉・会議を行う』には不向きと言われています。できるだけ日常生活からかけ離れないように過ごすのが良いでしょう。

反面、ハプニングが起こりやすい時でもあるので、それを逆に利用するという手もあります。当然新月の願い事もこの時間帯に欠けてしまうと効果が無になります。いつがボイドタイムに当たるのかは簡単に調べることができます。気をつけましょう。

 

いかがでしょうか。

さらに、ここまで読んでくださった方にもう1つコツを伝授しましょう。新月の願い事を行う際に、『○○な私になることができました、ありがとうございました』と先に感謝を述べるようにすると潜在意識がよりスムーズに働くと言われています。

これはアファメーションを行う際にも使える手法です。不思議なもので、感謝の念を忘れずにいるとチャンスや良縁も舞い込みやすくなります。ぜひ覚えておいてくださいね。

今回は新月の願い事をより早く叶える方法をご紹介しました。一手間かけるだけで確率もスピードもUPすること間違いなし。月の満ち欠けや今の月齢、あと何日で新月か、満月かというのも今の時代は簡単に調べることができます。次の新月に何を願うか、今から考えて実践してみましょう。

 

まとめ

新月の願い事を使って自分の夢を10倍早く叶える方法とは

・ 時間がポイント!新月から8時間以内に書き終えるようにしましょう。
・ 新月の願い事を書くコツをつかんでおきましょう。
・ 効果的な願い事の数を知っておきましょう。
・ 願い事は保存しておきましょう。
・ ボイドタイムに気をつけましょう。

2017年  アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『運命数診断』では、スピリチュアル鑑定師未来を知るための運命数を導き出し、あなたの未来を的確にアドバイスすると話題の星占術です。個別に作成してくれる1000文字を超える細かいメッセージであなたの運命を正しい道へと導いてくれます^^

運命を知りたい・変えたい方は≪期間限定0円≫なので是非お試しください!

仕切り線