潜在意識に働きかけて 日常のイライラを解消する5つのコツ

潜在意識に働きかけて 日常のイライラを解消する5つのコツ

仕事をしていたり、子育てをしていると、思わずイライラしてしまう人も多いのではないでしょうか。そんなイライラが簡単に解消できたらいいですよね。

実はイライラした感情は潜在意識への働きかけで改善することが出来ます。何故なら人の思考は顕在意識よりも潜在意識の影響の方が大きいからです。

北極や北半球には氷山が海に浮かんでいますが、海面から突き出ているのは10%以下しかありません。そして海中にはその数倍もの氷の塊があります。

つまり氷山は見えない部分の方が大きいのですが、実は顕在意識と潜在意識の関係はこれに似ています。見えなくても影響が大きいのが潜在意識なのです。そこで今回はそんな潜在意識に働きかけてイライラを解消するコツをお伝えします。

 

潜在意識に働きかけて
日常のイライラを解消する5つのコツ

 



 

イライラしていることを受け入れよう


何故イライラした感情が起こるのでしょうか。イライラは、潜在意識で怒りを受け入れていない時に起こります。例えば誰かに失礼なことを言われたり、子供が言うことをきかなかったり、部下や同僚が仕事をさぼっていたら、無償にイライラしますよね。

その時に今までであれば誰かに愚痴を言ったり、何かに怒りをぶつけてイライラを解消していたかもしれません。だけどこれだと自分がすっきりしても、誰かのストレスになる可能性が高いですよね。

しかしながら潜在意識に働きかける方法ならそういった心配はいりません。では実際に潜在意識に働きかけるには、どうしたらいいのでしょうか。イライラした場合は、ただ冷静に「今私はイライラしている」と自分を客観視してください。

シンプルですがたったこれだけ。そうすればイライラと同化した状態から解放されます。何故なら潜在意識は客観的な視点で捉えた瞬間に変わっているからです。それが出来れば、イライラは簡単に解消できるでしょう。

 

イライラを掘り下げて分析しよう


先ほど客観視するという簡単な方法をお伝えしましたが、イライラした感情はそれを掘り下げることでも解消できます。掘り下げは深めていけば顕在意識から潜在意識の領域へ入っていきます。

例えば最近はパワハラ問題がニュースを賑わしていますが、会社で上司から理不尽だったり、高圧的な指導を受けるとイライラしますよね。

その場合は感情と同化する前に、何故イライラしたのかを冷静に自己分析していきましょう。ではここでイライラのメカニズムを解説しますが、イライラは思い浮かべていた理想と違う現実が起きた時に起こる感情です。

だから自分はイライラした出来事に本当はどんな期待をしていたのか、その感情を探ってみましょう。本当は上司に優しく教えて欲しかったのかもしれません。

もしくは指導される前に、成し遂げた仕事を誉めてもらいたかったのかもしれません。その思いが出てきたら今度は、じゃあ何故優しくして欲しいという理想を持っていたのだろうか、更に考えていきましょう。

そうやって出てきた感情をどんどん分析していくと、ほとんどの場合は幼少期の育ての親との関係まで記憶は遡ります。その親との関係まで記憶を巻き戻していった時がポイントです。

そこで潜在意識に刷り込んだ思い込みがはっきりします。そしてその思い込みははっきりと認識すれば終わり、イライラもなくなってしまうのです。

 

潜在意識に自己暗示を入れよう


次は自己暗示を使う方法を紹介しましょう。潜在意識に自己暗示を入れることで、イライラは解消できます。自己暗示って聞くと洗脳のような少し怪しい印象がありますよね。

だけど自己暗示は決して、超能力的な特殊能力ではありません。読んで字のままですが、自分自身に暗示をかけるだけなのです。そしてこれは実は誰にでも、簡単に出来ます。

一番簡単なのは鏡を使って行う自己暗示です。鏡に映る自分に対して、「お前は穏やかで落ち着いている」もしくは「お前は安らかな精神状態だ」といったイライラとは関係のない、もしくは対象的な言葉を感情を込めて話しましょう。

それをするだけで潜在意識に暗示が入ります。ただこれをやっている所を誰かに観られるとちょっと怪しいですよね。ですから是非、一人の時にやってみてください。

その他に注意点が、もう一点あります。それは潜在意識は否定語を理解できないということです。だから「お前はイライラしていない」という暗示だと逆効果になるのでその点は注意してくださいね。

 

自分の中にあるルールを見つめ直そう


イライラした感情は自分がこうあるべきだと思っているルールから外れた場合にも起こります。ルールでピンとこなければ思い込みという言葉に置き換えてもいいでしょう。

例えば男はお金を稼ぐべきだとか、女は家事をするべきだ、とかありませんか。それと同じように男性が必ずゴミ捨てをするものだ、というルールを強烈に持っている女性がいたとします。

そのような人の旦那がゴミ捨てを忘れて会社に行ってしまったら、どうなるでしょうか。その女性は、おそらくその日一日ずーっとイライラしていますよね。そして帰宅した旦那に怒鳴り散らすかもしれません。

何故そうなるかとい言うと、その女性は自分の信じているルールが守られなかったことが許せないのです。だからルールが破られたことに対してイライラを感じているのです。

シンプルですがこの仕組みが解ってしまえば、イライラの解消は簡単です。今後あなたがイライラした時は、自分はどういうルールを持っているのだろう、と考えてみましょう。それが出来ればイライラは消えてしまいます。

先ほどもお伝えしましたが、潜在意識の思い込みははっきりとした客観視で消えていきます。普段の生活の中では自分が潜在意識レベルでどのようなルールを持っているのか、なんて考えることはないですよね。だからイライラした場合は、自分がどんなルールを持っているのか、そこに意識を向けてみましょう。

 

自分への認識を変えてみよう


自分で自分のことを潜在意識レベルでどう思っているのか、ということもイライラの解消に関係していきます。そんなこと考えたこともない、という方が多いのではないでしょうか。

ではここで、自分は絶対に人の上に立つ存在なんだ、という潜在意識レベルの自己認識がある人について考えてみましょう。このようなタイプの人が同僚から上から目線で仕事について何か言われたとします。

その場合は、きっとイライラしますよね。イライラの理由は、人の上に立つという理想像があるのに、それに現実が追いついていないからです。

別の例についても考えてみましょう。自分は大きいことを成し遂げる人間なんだ、という自己認識がある人がいたとします。その人が誰にでも出来るような雑用を任されたとしたら。この場合もきっとイライラしていますよね。

この話のポイントは潜在意識レベルの思い込みだということです。だから、本人達は人の上に立ちたいとか、大きい事を成し遂げたいとは、顕在意識レベルでは思っていません。

その盲点の発見に鋭くなっていくとイライラは解消しやすくなります。自分で自分をどう思っているのか、その思いに敏感になれば、イライラした瞬間に、その原因が解るようになっていきます。

何度かお伝えしていますが、潜在意識は客観視された時点で変わります。だから自己認識を自覚したり、またはそれを変えるだけでイライラも簡単に消せるようになっていくのです。

 

いかがでしたか。

顕在意識だけでイライラを解消しようとするよりも、潜在意識を活用した方がよりスムーズだと、お分かり頂けたのではないでしょうか。潜在意識に働きかけることは決して難しいことではありません。

しかしながら潜在意識は無意識の領域です。だから知らず知らずに思い込みや暗示をつくってしまうことはよくあります。子供の頃の育ての親の口癖とか覚えてますよね。

あれが潜在意識に刷り込まれているわけです。だからこそイライラを解消するには潜在意識へ働きかけることが大切になります。まずは自分が普段意識していない、深いところから、潜在意識レベルの思い込みへと注意を向けてみることからはじめましょう。

それによりイライラする機会を減らせるだけでなく、イライラした感情も止められるようになっていきます。潜在意識に上手に働きかけてイライラを解消して、より快適な毎日にしていきましょう。

 

まとめ

潜在意識に働きかけて日常のイライラを解消する5つのコツ

・ イライラしていることを受け入れよう
・ イライラを掘り下げて分析しよう
・ 潜在意識に自己暗示を入れよう
・ 自分の中にあるルールを見つめ直そう
・ 自分への認識を変えてみよう

2017年  アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『運命数診断』では、スピリチュアル鑑定師未来を知るための運命数を導き出し、あなたの未来を的確にアドバイスすると話題の星占術です。個別に作成してくれる1000文字を超える細かいメッセージであなたの運命を正しい道へと導いてくれます^^

運命を知りたい・変えたい方は≪期間限定0円≫なので是非お試しください!

仕切り線