自己暗示とはなにか?うまく使って効果を高めるコツを伝授!

自己暗示とはなにか?うまく使って効果を高めるコツを伝授!
私達は困難に出会い、つらい気持ちを抱えているとき、頑張っても何もいいことは起こらないんじゃないか、自分が悪いのだ、これからどうしていこうか…などの不安や反省の気持ち、絶望などの暗い気持ちに浸りきってしまうことがありますよね。

そんな時に自己暗示を使えば心にゆとりを取り戻す事ができたり、もう一度夢や目標に向かって進む事ができるようになります。

そこで今回は行き詰ったり、悩んだり心が捉われて前に進めないときに試してみてほしい、自己暗示とはなにか?を解説すると共に、うまく使って効果を高めるコツについてお話しします。

自己暗示とはなにか?その意味と仕組みについて

自己暗示とはなにか?その意味と仕組みについてのイメージ
ではまずはじめに自己暗示とはなにか?についてお話しします。

自己暗示とはポジティブシンキングの元祖とも言われているフランスのエミール・クーエという薬剤師が、ある患者がもつ思い込みが病気の症状を緩和させたことをきっかけに『自己暗示』というものを発見したと言われています。

そして今はではごく日常でも使われるようになり

主に

  • 自分で自分を奮い立たせるように誘導する事
  • 自分に何かを思い込ませて実力以上の力を発揮する事
  • 潜在意識に働きかけて自分を肯定的に変化させていく事

という意味合いで用いられています。

 

正しい自己暗示の使い方と、覚えておきたい注意点

正しい自己暗示の使い方と、覚えておきたい注意点のイメージ
では次は自己暗示の正しい使い方と、それを使う時に気をつけてほしい事についてお伝えします。

まずは潜在能力を目覚めさせましょう

人間には、自分でコントロールできる顕在能力と、無意識部分の潜在能力があります。無意識の部分で自己コントロールが難しいと言われる潜在能力ですが、それをコントロールできるようになると、人生をより楽しいものにする事が可能になります。

その潜在能力を活用するための一つの方法が「自己暗示」です。

例えば、「明日の朝スッキリ目覚める」という目標を立てたとします。

その目標を、潜在能力を活用し、達成するのです。そして寝る前に、朝起きる時間を決めて、○時に気持ちよく目が覚める、と自分に言い聞かせてから眠りにつくのです。

この時には気持ちよく目が覚めている場面を繰り返しイメージしながら眠ります。

そして、寝る前に、朝起きる時間を脳にインプットすることで、眠っている間に脳が自動的に睡眠のリズムを調整するため、気持ちよく目が覚めるようにするのです。

人間の脳はとても精巧に出来ていますが、案外単純なところもありますので、うまく自己暗示を活用出来るようになると、こういった事がごく当たり前のようにできるようになります。

 

自己暗示を使えるようになる為に自分に自信を持ちましょう

「自分は幸運だ」と思っている人の5人に1人は、自信を持っているというデータがあります。何を始めるにも、自信がなければ上手くいきません。

ですので「私は幸運だ」という言葉を、目覚めた瞬間から寝るまで、何度も何度も言い聞かせてみてください。

何度も言い聞かせることで、自分を自己暗示にかけることになります。そして、その言葉を疑わなくなった時、自信にあふれどんな事も楽にこなせるようになるのです。

このように「自分は最高に幸運な人間だ」と念じ続けるだけで、自信がついてくる事が一番シンプルな自己暗示です。

すると、あらゆる場面で能力が発揮されるようになってきます。自分のことを不幸だと思っている人には自信も運もつきません。目標をもつより先に、自分に自信をつける自己暗示が必要なのです。

自信を持つと不満がなくなり、これまでと変わらない毎日でも面白く感じられるようになるので、目標も自然に達成されるようになるでしょう。

ただ、自分は幸運な人間だ、必ずうまくいく、と思い込めば良いのです。

朝起きたときに、「自分はついている」と思い、夜寝るときには、「今日も一日ついていたな」と自分に言い聞かせ、自己暗示をかける癖がついてくると、本当に「ついている人間」になれますので、ぜひ実践してみてください。

 

口癖を利用して自己暗示かける

人は自分がまったく意識していない時に暗示にかかっていることが多々あります。

例えば、いつも「疲れた」と言っている人は、なんとなくいつも疲れているような気がしてしまいますし、逆にどんなに疲れていても「元気だな」と思っていると、元気でいられたりします。

そう、なにげなくつぶやいている口癖も、一種の自己暗示なのです。

ですので同じ毎日を送っていても、「つまらない」と愚痴っぽく言ってしまう口癖がある人は、本当に退屈な毎日のように感じられますし、逆に「毎日楽しくてハッピーだな」と言っていると、本気で幸福を感じられるようになります。

このようにマイナス思考、ネガティブな性格の人は悪い方悪い方へと行動するようになり、プラス思考、ポジティブな性格の人は 良い方へと正のスパイラルになるような行動をするようになっていくのです。

それならば、自分の口癖をポジティブなものに変えてみましょう。

ネガティブが癖になっている人は、最初は意識して言ったポジティブな言葉と、実際に思っていることが一致しないことに違和感を覚えるはずです。

しかし、続けていくと本当にポジティブに感じられるようになれてくることでしょう。

 

自己暗示を行う時に注意してほしい事

自己暗示をかけているはずなのに、なにも感じられないという方もいるでしょう。しかし、そんな時はあせらず、自己暗示にかかっているつもりになるだけでも効果はあります。

つまり、「自己暗示をかける言葉通りに、自分がそういう状態になっている」のでなく、「自己暗示をかけることによって、あえて自分で、暗示した方向の自分になりきっていく」というように、演技をするような感覚でいいのです。

また、自己暗示を始めた頃は、感情のコントロールがうまくいかずに浮き沈みがちになりますので、うまくいかないことに意識を向けすぎないように注意してください。

少ずつ良くなっていると感じながら、小さな変化を積み重ねていくことが重要なポイントです。

 

自己暗示のためのイメージ力をアップさせましょう

自己暗示は頭の中でイメージを浮かべやすい人の方が行った暗示が実現しやすいです。ですのでイメージ力をアップさせましょう。

イメージは、とにかく具体的に浮かべられるようする事。

例えば睡眠前にでも目を閉じた瞬間から『何が見える?』と自問自答してみましょう。

浮かばない場合は、思い浮かべやすい物から、形、色、香り、動きなど、慣れて来たらストーリーや出演者とかを浮かべて空想を楽しんでみてください。

楽しく慣れてきたら、その流れで自己暗示を試してみるのも良いでしょう。

もし、イメージが浮かびにくい人は次の項目を試してみてください。

 

自己暗示の効果を高める言葉のテクニック

自己暗示に欠かせないのは言葉の効力です。

例えば、何かを得たい場合には、「~したい」「~が欲しい」ではなく『~する』というように、肯定的な言葉を使いましょう。

映像としてイメージの浮かびにくい方は、言語を音として聴くこと自己暗示の効力を高める事をお勧めします。

シンプルではありますがとても大切な事ですのでしっかり覚えておいてください。

 

自己暗示の効果を高める6つのコツ

自己暗示の効果を高めるコツのイメージ
ではここからは自己暗示の効果を高めるテクニックについてお伝えします。

 

自己暗示の効果を高める為に質の良い睡眠を取りましょう

充実した睡眠を効率よく取ることが一番の頭のリラックス方法で、自己暗示に適した状態になります。

なぜ眠りが関係あるのか疑問に思われる方もおられることでしょう。それは良い眠りをとることで脳の活性化の促進、リラックス状態でのストレスからの開放という状況においてあげることが大事だからです。

脳が休まる状況で生まれるのが心の余裕でもあります。脳に詰め込まれたたくさんの情報では休息もままならず、当然他の考えや知識も入り込む余裕がなくなり自己暗示に取り組む準備は出来ないのです。

まずは自己暗示がきちんとできる環境を脳にも心にも与えてあげましょう。充実した睡眠とは長く取るのではなく質の良い眠りということです。

 

自己暗示の効果を高める為にリラックスして丹田を意識する訓練をしましょう

これは自己暗示に適した身体の状態を作る方法です

  1. 仰向けに寝て手足の力を抜き(弛緩)徐々に全身の力を抜く訓練をしてください。ヨガの屍のポーズ(しかばねのポーズ)と同じ要領です。
  2. 自分の心と身体~特に手足の指の末端にまで緩めると言う指令が自在に出来るようになると緊張が解けてリラックス状態がキープできます。
  3. 力が抜けるようになったらおへその下、指3本分のあたりの丹田を意識して深い呼吸をしましょう。
  4. ここが暖かく感じられたら常にここを意識します。

目標を忘れそうになったり、緊張したり、困ったときはここを意識して良い冷静な自分に戻るようにします。

 

自己暗示の効果を高める為に目標を書いて貼りましょう

具体的に目標やビジョンがある方は紙に書き出して、それをいつも目に見えるところに貼り出しましょう。

毎日それを見ることで知らず知らずのうちに自己暗示にかかるりです。そしてそれによってあなたの潜在意識にはその目標がしっかりと刷り込まれるのです。

 

自己暗示の効果を高める為に常に唱えて耳からもインプットしましょう

自己暗示の内容は視覚から入れて脳にインプットする方法と共に、音で耳からも入れてインプットするとより効果があります。ですので、目標を毎日読みあげて潜在意識に呼びかけてください。そのときは目を閉じて何度も何度も唱える方法が良いでしょう。時間があったらこれを繰り返します。

もし、長文の場合は紙に書いて読み上げましょう。そのときに録音するとより効果的です。目を閉じて録音した声を聞きながら何度も何度も自分でも一緒に読み上げましょう。

ポイントはネガティブな言葉や否定形の「○○はしない」は入れない事。

そして、必ず「好きだ」と言うワードを入れて作ります。

また「~したい」「△△になりたい」ではなく「~する」「△△になる」というハッキリした、すでになっている姿をイメージし願望ではなく言い切った形にしましょう。

 

自己暗示の効果を高める為にポートフォリオを眺めましょう

良い自己暗示の環境のためにはメンタルを強くすることが必要です。自信に満ち溢れたり、気分が良いと自然にポジティブな方向に心が向いていき自己暗示には最高の環境になります。

ポートフォリオはビジネスシーンでよく使いますが、ここではカジュアルなファイリングだと思ってください。

クリアファイルやスクラップブックを用意します。そこに、思い出の品や写真などをどんどんファイリングしていきます。

たとえば、旅の思い出の写真、映画や遊園地の入場券、賞状など。あなたの良い思いで、成功体験に関わるもの、成長記録などがよいでしょう。

これを眺めることでテンションがあがり自信が湧いてくる事でしょう。

 

自己暗示の効果を高める為に催眠のためのCDやヘミシンクCDなどを聞く

リラクゼーション、ヒーリング、睡眠、ストレス緩和を目的としたCDを聞きながらリラックスすることも自己暗示の効果を高めてくれます。

何もせずにいては考えが堂々巡りになってしまうときなどに専門の音楽を聴いてみるのもよいでしょう。

ただ、合う合わないがありますので、聞いたときに違和感のないもの、好みのものを探して使うようにしてください

 

さて、私たちは「幸せになりたい」と願っているのに、ついついマイナスなことばかり考えてしまいがちですよね。

言葉には出さなくても、心の中で一旦ネガティブなことを考え出すと、マイナスのループにはまってしまうのです。そういう時こそ、「私は幸せになれる。なれる自信がある」と思うことです。

自己暗示といっても何も特別なことをしようとしなくてもいいのです。日常的、無意識的に思っていることをプラスな方向に転換していく、そういう意識を持つことが大事なのです。

そして、「自分はきっと幸せになれる」毎日そう思ったり、つぶやいたりすることを繰りかえしていくことこそが、幸運を引き寄せやすい体質への近道と言えるでしょう。

幸せになりたいと願うなら、自分の心の中をハッピーで満たす事です。それが出来れば、幸運が自らあなたの方に近づいてきてくれます。

あなたの好きな人は本当に運命の人?

98%の人が怖いくらい当たると話題!
奇跡を起こすタロットを知っていますか?


片思い中の人も、お付き合いしている人も本当の運命の人を知りたいですよね?

あなたが選んだカードや生年月日からあなたの運命の人をズバリ診断する『幸せを掴む タロット診断』が大好評!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、今お付き合い中の彼かもしれません。

只今診断キャンペーンにつき今ならビックリ!!≪無料鑑定中≫

あなたの運命の人は一体誰なのか?知りたい方は是非やってみて下さい


連記事
タイトルとURLをコピーしました