潜在意識に働きかけて、今よりもっと幸せになる9つの方法

潜在意識に働きかけて、今よりもっと幸せになる9つの方法
幸せになりたい・・・当然そう思っている人は多いはず。

今より少しだけ幸せになることが、とても難しいことだと思っていませんか?幸せになるのは難しいことではありません。

今回は、潜在意識へのアプローチでいかにしてより幸せを感じられるようにできるか、その方法を提案します。

潜在意識に働きかけて、今よりもっと幸せになる9つの方法



 

その1: 現在の「幸せ度」を知る


潜在意識に働きかけるためには、今の自分の立場や境遇を、自分でもより知っておく必要があります。

今、自分に何が足りず、不満なのか、また、今の自分はどう満足していて、どれくらい幸せだと思えているのか。自分がどのようなことに対して「幸せ」と認識しているのかを明確に感じてみることも大切です。

ちょっとした嬉しいことや嫌だったことを、手帳へのメモ程度でも良いので書き留めておくのも良いでしょう。そのメモ日記が、今の自分を見つめる材料になってくれます。1、2ヵ月ほどメモ日記をつけてみると、潜在意識の中で、毎日メモをつけることが習慣化してきているので1日の中で何か書くことをみつけよう、と無意識に自分の行動を具現化する癖がついてきます。

その頃には、「自分は思ってたよりも幸せだな」あるいは「毎日不満ばかりだな」など、今の状況も自然と見えてくると思います。
さぁ、自分の幸せ度は、自分が思っているMAXに対してどの程度でしたでしょうか。

 

その2: 自分の欲望を知る


幸せであるかどうか、を自分に問いただすことは、自分の欲望を知ることでもあります。人は満足すると死んでしまう、とはよく言われますが、本当に無欲で生きている人間なんてそうそういません。

誰もが欲をもっています。潜在意識にその欲望を知らせることが、実現への一歩でもあります。前述のメモ日記の方法で自分の幸せ度を知ると、足りないことがなんであるか、も見えてくるでしょう。もっとこうしたい、ああしたい、という思いもあるでしょう。それは我慢しなくて良いのです。

欲望は思い描くだけならタダなのですから。素直に自分の欲望に目を向け、思いっきり心の中で叫びましょう!「○○したい!」「○○になりたい!」

 

その3: 欲望を叶える具体策を想像する


自分がどうしたいのかわかれば、あとはそれがどうしたら叶うのか、具体的に考えてみるのです。それが現実として出来るか出来ないかは関係ありません。

想像してみるということの効果は、とても大きな成果として現れます。「綺麗になりたい、美人になりたい」「綺麗になるには肌がツルツルになって、健康的な食事をして身体のラインを保って、彼氏にほめられて・・・」など想像しているだけですが、これはとても大切で、実際に脳内から綺麗になるための信号が出されて効果が表れることもあるくらいです。

どうせ想像だけなのですから、騙されたと思って何か考えてみましょう。

 

その4: 潜在意識に働きかけることの意味


ところで、なぜ潜在意識に働きかけることでそれほど効果が出るのかご存知でしょうか。

人間の「無意識」といわれる意識感覚は、とても優秀で頭が良いのです。普段当たり前のようにしている歩行でさえ、無意識のうちの行動ではないでしょうか?右足を出して左足を出して、などと考えなくても歩けるのには、脳の「無意識」の部分で勝手に意識してくれているからです。

潜在意識は、「深層心理」とも言い換えられるでしょう。心理テストなんかをよくやる人もいますが、つまり自分ではわかっていない、言葉や仕草に表れる心の状態は日常でたくさんあるということです。

それだけ普段我々は潜在意識に行動を左右されているのです。このような影響力のある「潜在意識」を、幸せになるために使わない手はありませんよね。

 

その5: 繰り返し思い返す


ではどのようにして潜在意識に働きかけるのか。1番早い方法は、何度も繰り返し思うことです。

これは良い例ではありませんが、「洗脳」や「マインドコントロール」なんかはこの方法で潜在意識に働きかけられているのですね。初めは疑問であったり、信用していなかったことも、何度も聞かされるうちに本当のことに思えてきます。

また、嘘をつく時に繰り返し同じ嘘をついていると、本人もそれが事実であったかのように錯覚し、嘘と思わずに話すので、嘘発見機にかけても反応しなくなってしまうそうです。

このように、自らをもマインドコントロールしてしまうことも可能です。上にあげたのは極端な例ですが、同様の方法でこの脳の仕組みをポジティブに使うことができるというのはおわかりいただけると思います。

 

その6: 脳を騙す


良い意味で脳を騙すことは、心理学的にもとても活用されるべき方法です。

ある有名人の方もダイエット方法の中にあげているのを番組で話し手いましたが、毎日どんなにカロリーの高いものを食べたとしても「あ~今日も何も食べてない」「全然食べてないから痩せちゃう」と思い込むことで、脳がカロリーを接種していないと勘違いし、体重が増えない、ということもあるのです。

このように、どんなに嫌なことがあろうと「幸せすぎる日だった」「こんなに幸せで良いのだろうか」と思うだけでも、身体にあらわれる影響も心に表れる影響も変化があるでしょう。信じる者は救われる、なんて言いますよね。ぜひ実践してみましょう。

 

その7: 自分を主体に考える


ここまでのことをもう少し具体的な例で考えてみましょう。潜在意識に訴え、脳を騙すためには、自分が主体であることが大切です。

先ほどのダイエットの例でいうと「私は何も食べてない」「私は痩せてしまう」と、自分のことを想像しているから効果が現れています。ですので、例えば目を大きくしたいなら「私の目は大きくなってきた」「私は目が大きすぎる」と、多少大げさに思っていると、身体はその意識に合わせようと変化してくるのです。

恋愛なんかも、「私はモテちゃって困る」「私は可愛がられる女の子だな」と思っていると、無意識にモテ仕草をするようになったり自信もついてくるので、いつもまにか本当にそうなっていたりします。

大事なのは「自分」の姿をいれて想像することです。潜在意識の中に、今よりもっと素敵な自分を思い浮かべてみませんか?

 

その8: 成果を感じ取る


潜在意識により良いアプローチをかけるには、時々成果を感じさせてあげることも重要です。欲望の実現を当たり前のことに、無意識で自然なことにしていくことが、幸せへの近道ですが、当たり前になりすぎてしまう前に、自分で変化を認識してあげるともっとラクになります。

「きれいになったかも」「お金が貯まってきたかも」少し自意識過剰くらいでも良いのです。無意識で得られるようになった幸せを実感することで潜在意識を刺激し、さらに充実したライフサイクルを作っていきたいですね。

 

その9: 潜在意識とうまく付き合う


潜在意識に働きかけることに慣れたら、その潜在意識が普段どう自分の行動に影響しているのか、を逆の目線で考えてみるのも良いでしょう。それを知ることで、より自分を意識的にコントロールすることが可能です。

よくいう「トラウマ」は潜在意識が実際の行動を支配してしまう例といえますが、あまり良いイメージではありませんね。トラウマ、と一言にいうと悪いことしか潜在意識には取り込めないような気がしてしまいますが、それだけ刺激の強いことだからこそ、その後の自分に影響を与えてしまうのです。

この自己防衛能力を利用して、自分の嫌なことから避けられたりもするわけなです。そう思うと、潜在意識にも感謝したくなりませんか?いろんな見方をすることで、自分を愛せるようにもなるのです。

 

ここに紹介した9つは潜在意識への働きかけを駆使して、幸せな自分をコントロールしておける良い手助けになると思います。日常的に実践して、身につけることは幸せへの近道かもしれません。

騙されたと思って、まずは信じてみませんか。

 

まとめ

潜在意識に働きかけて、今よりもっと幸せになる9つの方法

その1: 現在の「幸せ度」を知る
その2: 自分の欲望を知る
その3: 欲望を叶える具体策を想像する
その4: 潜在意識に働きかけることの意味
その5: 繰り返し思い返す
その6: 脳を騙す
その7: 自分を主体に考える
その8: 成果を感じ取る
その9: 潜在意識とうまく付き合う

2017年  アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『運命数診断』では、スピリチュアル鑑定師未来を知るための運命数を導き出し、あなたの未来を的確にアドバイスすると話題の星占術です。個別に作成してくれる1000文字を超える細かいメッセージであなたの運命を正しい道へと導いてくれます^^

運命を知りたい・変えたい方は≪期間限定0円≫なので是非お試しください!

仕切り線