子どもを性格良い人に育てる3つのコツ

子どもを性格良い人に育てる3つのコツ
子供を性格良い人に育てたい、それは全ての親に共通する思いですよね。自分の生んだ子供がしっかりした社会人に育てば、親としてはこれ以上の喜びはありません。逆に、子供が世間に迷惑をかけたりしたら、親は生きている心地もしないものです。

でも、いったいどうしたら性格良い子に育てられるのか、そこが問題です。「子供には十分な愛情を注ぎましょう」と育児書には書かれていますが、可愛い可愛いと可愛がって育てるだけでは良い子には育ちません。かといって、ただただ厳しく育てても、やはり、良い子には育ちません。子育ては単純ではないのですね。

子供が大きくなるにしたがって、子育ての不安は増して来ます。学校に行くようになれば、子供がいじめられないか、逆に、いじめっ子にならないか、不安の種には事欠かないのです。そこで今回は、子供を性格良い人に育てるコツについてお届けします。

性格良い人に育てるには、コミュニケーションをしっかり!

コミュニケーション
性格良い子供に育てるには、情操教育が重要です。情操教育というのは、心の教育、心の豊かさをはぐくむ教育のことです。したがって、感情を豊かに育ててあげるため、親はどう接するかということが大事になってきます。

子供の情操を育てるには、コミュニケーションをしっかりとってあげることです。子供が大きくなったら言葉でのコミュニケーション。また、赤ちゃんの言葉が発達する前は、笑顔でアイコンタクトをしっかりとるようにしましょう。

アイコンタクトは子育ての要といってもよいほどで、親がしっかりと目を見て育ててあげた子供は、人と目を合わせて話せる大人に成長します。逆に、親が目を見て育ててあげなかった子供は、長じて対人関係で苦労をすることが多くなります。

子供がコミュニケーションをとれるようになったら、積極的に会話をしましょう。特に大事なのが、挨拶です。朝起きたとき、ご飯を食べるとき、外に出かけるとき、帰ってきたとき、必ず目を見て挨拶をしてあげましょう。

「おはよう」「いただきます」「ごちそうさま」「いってらっしゃい」「いってきます」「ただいま」「おかえり」こうした挨拶の言葉が自然に口からでるようになるには、子供のころの親の接し方が大きくかかわってくるのです。明るい笑顔でしっかりコミュニケーションをとるのが、性格良い子供を育てる最大のコツです。

 

性格良い人に育てるには、情緒を安定させる!

情緒を安定
子供を性格良い大人に育てるには、情緒を安定させてあげるように努めましょう。子供は多感です。ちょっとしたことで気持ちが揺れ動くものですが、それを放置せず、よいほうに導いてあげると性格が穏やかになります。

赤ちゃんのころならオムツの取替えや、空腹といった生理的欲求に最大の注意を払ってあげましょう。忘れて放置したりしないよう、子供が感じた不安感、不快感はできるだけ速やかに排除してあげるようにしましょう。

子供が幼いうちは、身体の痛みや気持ち悪さを正確に伝えられないものですが、こうしたときに、親のほうから助け舟をだし、援護してあげましょう。小さな子供には、お化けや幽霊といった、目に見えない不安対象もあります。そうしたものに対しても端から馬鹿にするのではなく、しっかり話をきいてあげましょう。

幼稚園や学校に行きたくない、いわゆる登園拒否、登校拒否に対しても、押し付けることなく、子供の話をまずは聞いてあげることが大事です。子供の不安感や不信感を払拭してあげるには、家族がいるという安心感、帰る家があるという喜びを植えつけることが大切なんです。

情緒を育てる上で気をつけたいのは、テレビを長時間見せないことです。テレビは現代では必須のアイテムとなっていますが、長時間テレビに浸っていると、刺激的で、興奮しやすい大人に成長しがちです。まったく見せないというのは難しいにしても、見る時間を制限して、その分、家族との会話の時間をとるようにしましょう。

 

性格良い人に育てるには、感情的にならない!

感情的にならない
親のしかり方も子供の性格を決める要因となります。子育てを経験した人なら分かるでしょうが、子供との毎日というのは、かなりイライラさせられるものです。特に、第一次反抗期はイライラとの戦いとなります。そうしたときについ感情をぶつけてしまいがちですが、そこで自制できると子供の感情も育ってくるのです。

親は子供の鏡といいますが、親の感情は子供の感情を育てる肥料のようなものです。親が子育てにおいて穏やかに接することができれば、子供はその姿を自分のものとして成長していけるのです。逆に、親が感情的に子供にあたると、子供も自分の感情をコントロールできない大人に育っていきます。

子育てでは、子供に正当な喜怒哀楽を教えることが必要です。感情を豊かに表現できるようになると、人との交流もはずみます。感情の薄い、無表情な子供には、特に注意深く接してあげるようにしましょう。逆に、感情の激しすぎるこどもも要注意です。

食事もそうですが、子供はなかなかバランスよく人と接することは出来ません。好き嫌いの感情に素直なのです。そうした子供の天然の感情を大人の感性で上手に導いてあげましょう。難しいことをする必要はありません。親自身が、自分の感情を素直に表現しつつ、適度に自分をコントロールしていけば良いだけです。

子供に対して感情をぶつけない、また逆に、無視したり軽視したりしない、そうした基本的な要点さえ抑えておけば、子供と一緒に親も成長していけるのです。

 

子供を性格良い人に育てるには、親の役割が重大です。特に大切なのが、情操教育。幼いころから、感情豊かに育つよう、コミュニケーションをしっかりとりましょう。会話をするときは目をあわせ、挨拶をきっちりできるように、親が率先してあげることが大事です。

子供の情緒を安定させてあげることも、親の大事なつとめです。子供が感情的になったときは、速やかに反応してあげましょう。子供の話によく耳を傾けてあげることも大事です。また、テレビを長時間見せることは情緒安定の面からもお勧めできません。

親の感情コントロールも子供を性格良い大人に育てる要因です。腹の立つことがあっても感情的に叱ったり、体罰を与えたりしないよう、両親ともども気を配るようにしてください。子供は親の感情を受けて育ちます。安定した穏やかな心で接していければ、子供も性格良い大人に育ちます。

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は 誰なのかを知ってみたくないですか?

あなたの心にそっと寄り添い、安心感を与えてくれる凄腕鑑定師が 悩みの根本と解決策を見出してくれる『あなたの運勢大特集』が大好評です!

いつ、どこで運命の人と会えるかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

2019年の恋愛運が気になる方は、是非お試しを!


連記事

コメントをお書きください