潜在意識に働きかけて、あなたの未来を変える7つの方法

潜在意識に働きかけて、あなたの未来を変える7つの方法
私たちが通常、意識している「顕在意識」の他に「潜在意識」の存在をご存知の方は多くいるはず。「眠りながら成功する」ジョセフ・マーフィー博士の本の大ヒットで、潜在意識が注目されることとなりました。

潜在意識を使えばよりよい人生になると知っている人も、実際にどうしたら潜在意識に働きかけられるかわからないことも多いようです。

今日は、実際に潜在意識に働きかけて、あなたの未来を変える7つの方法についてお伝えします。

 

潜在意識に働きかけて
あなたの未来を変える7つの方法

 



 

その1: すでに自分のものと思う


欲しいものがある時、「潜在意識に自分の願望を刻みこめばそれは叶う」とマーフィ博士は言います。「あのバックが欲しい」と思うのではなく「既にそれを持ってる私」をイメージすることが大切です。

潜在意識は、自分の思いを判断しません、「欲しい」と思えば「欲しい私」「きっと買えない」なら「買えない私」として、潜在意識の中に情報を蓄積していきます。

潜在意識に「持っている私」のイメージを送ることによって、自分の「潜在意識」さらには「集合的無意識」へ「持っている私」のイメージが送られ、いつのまにかそのような状態になっているのです。「海外旅行に行ってる自分」「意中の彼と一緒にいる自分」を想像してもよいでしょう。

またスポーツの世界でも、この潜在意識を使ったイメージトレーニングで、効果を上げる選手が多くいます。

心理学者ユングの意識の階層理論

1)顕在意識:自我、私たちが普段意識してる考えなど
2)個人的無意識:個人の中にある無意識の状態。多くの情報が眠っていると言われる。コンプレックスもここに入っている
3)集合的無意識:個人的無意識のさらに深い場所に個人を超えた集合的な無意識がつながっているという理論。集団や民族、人類の心に共通する心、意識”

 

その2: 声に出して宣言する


なりたい自分やこうしたいことを宣言します。アファメーションとも呼ばれます。これも潜在意識へ働きかける方法のひとつです。

「私は体重50キロ台になります」「今年はインフルエンザになりません!」「絶対に合格します」など目標を達成してる自分を宣言しましょう。声に出して言う事で、耳からも情報が入り潜在意識に働きかけます。

また、多くの人の前で宣言すると、他の人の潜在意識へも働きかけるので、他の人の力も使って集合的無意識に「なってる自分」が多くアクセスされます。多くの人に宣言すると「やらなきゃ」というプレッシャーで目標が達成できる場合もありますよね。

 

その3: 寝る前にイメージする


潜在意識にアクセスするのにもっともよい時間は、眠りにつく前の「まどろんでいる」状態の時。このため、睡眠学習が効果があると言われています。

マーフィー博士の著書「眠りながら成功する」も、この睡眠前の半覚醒の状態に作用させて成功を促します。このため眠る前に成功をイメージすることで、未来をも変えることができるのです。

また、子どもが眠りに就く前に、問題点をクリアできている状態をささやくとその通りになるといいます。「ケンカしないいい子だね」「ごはんいっぱい食べたね」。眠りに就く前の旦那様にも「出世おめでとう」とささやくとよいかもしれません。

 

その4: 左手を使う


人間の左脳は知識や判断を司り、右脳は感覚やイメージを司ります。このため潜在意識は右脳が主に担っています。右脳は左半身を操作しますので、潜在意識を使って何かを成し遂げたいと思う場合は、左手を使う事が有効です。

左手で切符を持ってみる、左手でスプーンを使ってみる、マウスを左で使うなど、左手を使っていくうちに、成功へのひらめきや願いごとへ近づくためのヒントが浮かぶようになってきます。

 

その5: 相手と同じ行動をとる


相手の潜在意識に働きかける方法もあります。気の合う相手同士を観察すると、ひとりが足を組むともうひとりも組む、首をかしげるともう一人もかしげる、といったように無意識に同じ行動(ミラーリング)をとっている場合があります。

この「ミラーリング」を応用して、好きな相手、好感をもってもらいたい相手のしぐさをさりげなく真似をします。相手の潜在意識に「好感」として刷り込まれ、よい結果を生むことになるでしょう。

また、相手の話にまず「共感」することも大事です。

「傾聴」というカウンセリングの手法にも使われている「共感」ですが、相手の言う事に「なるほど、そう感じたんだね」「それは悲しかったね」「つらかったね」と相手を否定せず共感することで、信頼関係を築き相手との距離が縮まります。

思いを伝えたい相手がいたら、相手と「共振」することで潜在意識に働きかけてみてください。

 

その6: 携帯やパソコンの画面で毎日見る


潜在意識に直接訴える方法に「サブリミナル」という方法があります。大手広告代理店が研究し、多くのコマーシャルなどにその手法が使われています。これを取り入れるには「願いを書いたものを繰り返し見る」という方法があります。

欲しいものの写真、行きたい場所の風景、文字で「私はお金持ちです」と書いてもいいでしょう。

昔は単語などをトイレに貼っておくと無意識に覚えたりもしましたが、現代では、携帯電話の待ち受け画面、パソコンの画面など1日に何度も見る場所に、なりたい自分のイメージや欲しいもの、手に入れたいものを表示させておきます。

携帯電話など、内側から光るものの方が強く潜在意識に入ってきますので、イメージを効果的に潜在意識に刷り込むことができます。

 

その7: 香りをうまく利用する


潜在意識に働きかける方法として「香り」を活用する方法があります。人間の脳へ入った香りは、古い脳「大脳辺縁系」と呼ばれるところに伝わります。この大脳辺縁系は人間の古い記憶の部分、知性や理性判断の届かない場所です。

香りはこの部分にダイレクトに届きます。このため脳科学的にも香りで潜在意識に働きかけることが有効なのです。アロマやお香の香りを嗅ぎながら、なりたい自分や望みを思い描きましょう。

昔嗅いだ香りが、情景とともに思い出されるように、香りと望みを同時に潜在意識に送り込むことによって、願望成就により近づくことが出来ます。

 

如何でしたか?

今日お伝えした、潜在意識に働きかけて、あなたの未来を変える7つの方法を使って、多くのシンクロニティを引き起こしより効果的に望む未来に向かって進んでくださいね。

また、どんなことでもそうですが、潜在意識だけでは望みは叶いません。潜在意識に効果的に働き掛けながら行動すること、これが一番の成功法則です。この記事が少しでもあなたのお役に立ることを願っています。

 

まとめ

潜在意識に働きかけて、あなたの未来を変える7つの方法

その1: すでに自分のものと思う
その2: 声に出して宣言する
その3: 寝る前にイメージする
その4: 左手を使う
その5: 相手と同じ行動をとる
その6: 携帯やパソコンの画面で毎日見る
その7: 香りをうまく利用する

2017年  アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『運命数診断』では、スピリチュアル鑑定師未来を知るための運命数を導き出し、あなたの未来を的確にアドバイスすると話題の星占術です。個別に作成してくれる1000文字を超える細かいメッセージであなたの運命を正しい道へと導いてくれます^^

運命を知りたい・変えたい方は≪期間限定0円≫なので是非お試しください!

仕切り線