思いやりとは何か?人の気持ちを考えられる人になる19の方法

思いやりとは何か?人の気持ちを考える人になる方法
思いやりとは何か?と考え始めると難しいですよね。しかし人間関係がスムーズにいくかどうかのキーポイントとなるのがこの「思いやり」の有り無しです。

例えば、自分と相性が良いと感じる友人や知人との関係を思い出してみましょう。

あなたが相性が良いと感じる人は、自分が落ち込んだ時や困った時、あなたに負い目を感じさせず、またあなたが元気になれるよう思いやりをもって‏接してくれている人ではないでしょうか。

このように他人と良い人間関係を築けるかどうかに「思いやり」が関係してくるのであれば、どのような思いやりが良い人間関係に繋がるのか知りたくなりますよね。

そこで、今回は思いやりとは何かを知って、良い人間関係を築くコツについてお伝えします。

  1. 思いやりとはなにか?その意味や行為について
    1. 思いやりとは、自分がして欲しいことではなく、相手がして欲しいことをする事
    2. 思いやりとは、相手が気付くか気付かないかくらいがベスト
    3. 思いやりとは、見返りを求めない事
  2. 人の気持ちを考える事が大切な5つの理由
    1. 感謝の気持ちを持てなくなってしまうから
    2. 自己中心的になってしまうから
    3. 冷静な判断ができなくなってしまう為
    4. 人の気持ちを考えないと、結果的に自分を苦しめてしまう為
    5. 人の気持ちを考えない人は、いつまでも心が満たされないから
  3. 相手を思いやる前に行ってほしい、人に優しくなれる生活習慣の作り方
    1. まずはまわりを見る視野を養いましょう
    2. 次に相手の良いところを探しましょう
    3. そして日々の小さなことに感謝する
    4. ゆったりと自分の時間を過ごす事も大切です
    5. 相手が喜びそうなことをする事から始めましょう
  4. 人の気持ちを考えられるようになる10の視点
    1. ポジティブな思考に切り替える
    2. 認めて褒めてあげましょう
    3. 相手の表情から気持ちを汲みましょう
    4. 相手の立場になって物事を考えてみる
    5. 八つ当たりをしない
    6. 弱い立場の人に寄り添う
    7. 価値観の違いを理解する
    8. 優しく話す
    9. 相手を選んで行動しない
    10. 相手の気持ちに共感するように意識する
  5. 子供を思いやりのある人に育てる4つのヒント
    1. 親が率先して手本を示しましょう
    2. 子供と一緒に考えるようにしましょう
    3. 遊びを通して思いやりを学びましょう
    4. 褒めるときはきちんと言葉で伝えましょう

思いやりとはなにか?その意味や行為について

思いやりとはなにか?その意味や行為についてのイメージ
ではまずはじめに、「思いやりとはなにか?」の定義、その意味や好意についてお話しします。

思いやりとは、自分がして欲しいことではなく、相手がして欲しいことをする事

思いやりとはと問われると「自分だったらこうして欲しいと思うことをしてあげる」と答える人は意外と多いものです。確かに、相手の気持ちを考えるときに、自分だったらと自分に置き換えて考えることは大切なことですよね。

しかし、本当の意味での思いやりを考えるのであれば、自分がして欲しいことと相手がして欲しいことがイコールではないかもしれないということは常に頭の隅に置いておきましょう。

例えば、何人かで雑談している時、一人だけ会話になかなか入れない人がいたとします。自分だったら誰かに話しを振ってもらって会話の輪に入りたいと考えたとしましょう。

しかし、会話に入れずにいた人は、大勢の前で話すのは苦手で、急に会話を振られるよりも、聞き役に徹した方が楽しいと感じているかもしれません。

この場合、あなたが自分だったら、と考えて会話を振ってしまえば、あなたは思いやりのつもりでも相手にとっては迷惑に感じてしまうかもしれません。

このように思いやりとは、「相手は何を望んでいるのか」「相手は何をしたら嬉しいのか」を前提にした言動や行動だということを忘れないようにしましょう。

 

思いやりとは、相手が気付くか気付かないかくらいがベスト

思いやりとはと考えた時に、気を付けて欲しいことは親切の押し売りにならないようにするということです。

思いやりとは「相手のことを思って」「相手のために」することですから、それが相手の望んでいることでなければ、厳しい言葉で言うとただの自己満足であり、更に相手に感謝を求めるのであれば「親切の押し売り」と感じられてしまうかもしれません。

たまに、お店で商品を購入した際、紙袋を留めるテープや商品についている値札シールの角が折られていて剥がしやすくなっていたということがありますよね。これらのことは店員さんが購入後のお客様の行動を予想してして行った「思いやり」です。

しかし、ここでお客様からは何も言われていないのに「ここ、剥がしやすいようにしておきましたから」と言われたら、人によっては頼んでもいないのに「ありがとう」と言わなければならず親切の押し売りと感じるでしょう。

思いやりとは相手が気付くか気づかないかくらいのラインで行うのが最もスマートで相手の心に届きやすいのかもしれません。

 

思いやりとは、見返りを求めない事

親切でしてあげたのに、感謝されなかったと感じたことはありませんか。しかし、自分のした言動に感謝という見返りを求めていた時点でそれは思いやりではなかったのかもしれません。

なぜかというと本当の思いやりとは、見返りを求めないないものだからです。何故なら、相手からの見返りを期待している時点で、それは「相手のため」ではなく「自分のため」の言動や行動となってしまいます。

「思いやり」とはお互いが気持ちよく過ごせるために人間に与えられた一つのアイテムです。それを使うか使わないかはあなた次第、もし使ったとしてもそれは100%相手のためだけではないのです。

思いやりをもって行動するということは、「誰かのため」でもあるし、広い意味でいえば、思いやりのある世界の方が自分自身も生きやすいから「自分のため」でもあるのです。

難しいかもしれませんが、思いやりとは本来見返りを期待したものではないことを忘れないようにしましょう。

 

人の気持ちを考える事が大切な5つの理由

人の気持ちを考える事が大切な理由のイメージ
では次は、思いやりの原動力とも言える、「人の気持ちを考える事」がなぜ大切なのかについてお話しします。

感謝の気持ちを持てなくなってしまうから

人の気持ちを考える事を忘れていると、してもらうことが当たり前になってしまい、人に対して感謝の気持ちを持つことができなくなってしまいます。ですので自分にしてくれた事に対して感謝することを忘れないようにしましょう。

そういった積み重ねを続けていくうちに、人の気持ちがわかるようになり、人に対して感謝することを覚え、徐々に相手に思いやりを持って接することができるようになります。

 

自己中心的になってしまうから

人の気持ちを考えない人は自己中心的な人が多いです。人の気持ちを考えて行動する事を忘れてしまうと、自己中心的な気持ちから抜け出せなくなり、気付けば一人ぼっちということになってしまいます。

しかし、その原因を作っているのは自分自身に他なりません。もし、これからも多くの友人や仲間と楽しく過ごしたいと思うのであれば、しっかりと人の気持ちを考えてから言葉を発したり行動するようにしましょう。

今は仲間がいるから大丈夫と思っていても関係が崩れる時は一瞬です。人に対して上から目線や横柄な態度を取りがちだと思う場合は一度立ち止まって態度を改善していく必要があります。

 

冷静な判断ができなくなってしまう為

人の気持ちを考えない人というのは自分にとって損か得かで人間関係を決めてしまうことがあり、相手を傷つけたり、裏切ってしまうことが多いです。

この行動に心当たりがある場合は、気付いたその時から直していかないと、どんどん信頼を失ってしまうので注意してください。

まずは自分に関わる人を大切にするように心掛けましょう。

 

人の気持ちを考えないと、結果的に自分を苦しめてしまう為

相手に対しての言動は、そのまま自分に戻ってくるというのはよく聞く話ですが、それを意識せずに自分の気分次第で相手と接していたら、少なからず人を傷つけてしまいます。

人の気持ちを考えて行動をしない人は、自分に良いことが戻ってくるはずがありません。

そして、多くの場合は自分が原因であることに気付かず、さらにエスカレートすることも多いです。つまり自分の行動が自分を苦しめてしまうということです。

この悪循環から抜け出すのに一番早い方法が、人の気持ちを自分なりに考えて、思いやりの気持ちを持って人と接することです。

自分が人に優しくされたいのであれば自分が先に優しく接する。その気持ちを持つ事から始めましょう。

 

人の気持ちを考えない人は、いつまでも心が満たされないから

人間関係が良い時に感じる「心が満たされた感じ」というものは、何物にも変えられない充実感がありますよね。

しかし人の気持ちを考えない行動をしていると、良好な人間関係を保つことができないばかりか心が満たされることが無くなってしまいます。日常を楽しく過ごすことは、トラブルのない穏やかな時間を過ごすことでもあります。

その為に人との関係を自分の努力で良い状態に保っていくようにしていきましょう。

小さな喜びを積み重ねることが実はなによりも大切だということに気付くには、自分を客観的な目線で見て、人の気持ちを考えたり、思いやりを持つという課題に向き合っていくことが大切です。

 

相手を思いやる前に行ってほしい、人に優しくなれる生活習慣の作り方

相手を思いやる前に行ってほしい、人に優しくなれる生活習慣の作り方のイメージ
ではここからは、人に優しくなれる生活習慣の作り方についてお話しします。

まずはまわりを見る視野を養いましょう

まず、思いやりのある行動は他人をよく見ることから始まります。相手が何を欲しているか、逆に何をされたくないのか、そういったことにきちんと気付けるようになることが大切です。

常に周りを見るのは初めのうちこそ疲れてしまうかもしれませんが、いったん慣れればなんてことはありません。

思いやりのある行動をする第1歩として、周りへの気配りを意識してみましょう。

 

次に相手の良いところを探しましょう

人は誰もが嫌いな人・苦手な人に対して雑に接してしまいますよね。ですのでここは一旦視点を変えて、人を好きになる努力をしましょう。

悪いところは簡単に目につきますが、それは無視して良いところを探すようにしましょう。

良いところが多い人に対しては親切にしようと思いますよね。良いところ探しはやっていて気持ちの良いものなのでぜひ習慣にしてください。

 

そして日々の小さなことに感謝する

朝起きてあなたのパートナーが朝ご飯を作ってくれる、部下がお茶を入れてくれる、あなたはこれらの日常の小さなことに感謝していますか。当たり前のことだと感じていたりいませんか。

これらの小さなことに感謝すると、あなたがどれだけ思いやりを受けているかが分かり、自分もその思いやりを返そうという気持ちになっていきます。

ちょっとだけ気恥ずかしいかもしれませんが、できれば口に出して「ありがとう」と言えるのがよいです。

 

ゆったりと自分の時間を過ごす事も大切です

こんなの思いやりに何にも関係なさそう、そう感じた人も居るかもしれません。しかし、実はこの記事を読んでいるあなたにとって一番大切にすべき習慣と言っても過言ではありません。

ゆったりと自分の時間を過ごすことは、気持ちに余裕を持つことにつながります。周りを気にすることは、自分に手一杯ではできません。

常に他人ばかり考えるのではなく、自分を大切にしてあげることも大切なポイントです。

 

相手が喜びそうなことをする事から始めましょう

おせっかいなのでは…などと考えすぎて行動に移せないという人も少なくないかもしれません。しかし、考えているだけでは相手には何も伝わりません。しっかりと行動に移しましょう。この時に注意するべきことが2点あるので気を付けてください。

1点目は、決して自分本位にならないことです。喜びそうと思ってやったことが迷惑になることも確かにあります。そんなときは自分は思いやりでやったから良いのだと思うのではなく、きちんと謝りましょう。

2点目は、見返りを求めないことです。思いやりのある行動と言えるのはただただ相手を思ってやる行動のことです。やってあげているという傲慢さは捨ててしまいましょう。

 

人の気持ちを考えられるようになる10の視点

人の気持ちを考えられるようになる視点のイメージ
では次は人の気持ちを考えられるようになる為には、どうすれば良いのか?人の気持ちを考えられるようになるポイントについてお話しします。

ポジティブな思考に切り替える

人に優しくなるために絶対やってはいけないことがあります。それはネガティブな言葉を言わないことです。ネガティブな言葉が出るということは、心がネガティブだということにもなりますよね。ネガティブな心で人に優しくするのは無理です。

人は、言動が中身からにじみ出てくるものですから、ネガティブな人からはネガティブな言葉が、ポジティブな人からはポジティブな言葉が出てきます。

ですのでまずは、ネガティブな感情を持つのをやめましょう。それだけで後ろ向きな「でも」や「だって」などのネガティブな言葉が口をついて出ることがなくなるはずですよ。

 

認めて褒めてあげましょう

自分に自信があって自分にしか興味がない人は、人の良いところには気づかず粗ばかりを探す傾向にあります。

しかし、職場の先輩や上司、同僚、家族など近しい人から「これは違う」「そうじゃない」「そのやり方はおかしい」など否定ばかりされたら嫌な気分になりますよね。

人の気持ちを考えたり、思いやりの気持ちを持つ事の1つには、人のよいところを見つけて褒めることがあります。人は褒められたり感謝されると自分がやったことや努力したことが報われて嬉しい気持ちになりますよね。

ですので相手が努力したことや挑戦したことを認めてあげる、これが相手を大切にするという事です。

 

相手の表情から気持ちを汲みましょう

会社や学校で朝友達や同僚と顔を合わせた時に相手の声色や表情を見ますよね。この瞬間は相手のその日のコンディションを知るための絶好の機会です。

思いやりとは、相手の気持ち汲んであげることから始まります。

相手が落ち込んでいそうだなと感じたら、なぜ落ち込んでいるのかを考えてみましょう。思い当たることがあれば、その話題を避けて相手を気遣うことができますよね。

人の表情や言動からその人の気持ちを汲んでそれに合わせて接し方を変えてあげると、相手は居心地良く感じることができ、心が安らぐのです。

 

相手の立場になって物事を考えてみる

相手の気持ちを考えたり思いやりの気持ちを持つ事のベースになるのが相手の立場になって物事を考えることです。

相手を大切にする気持ちを育むには、相手の立場に自分を置き換えて考えるという想像力を養うことが非常に重要です。

「もし自分が相手の立場だったら」という想像力が自然に働くようになると、何かを発言する時でも、何か行動をする時でも、常に相手が傷ついたり不快な気持ちにならないように振る舞うことが可能になります。

子供の時に教わった人が多いはずですが、「相手の立場になって考える」という当たり前のことができない人は意外と多いので、しっかり意識しておきましょう。

 

八つ当たりをしない

人間ですから体調が悪い日や嫌なことばかりが起こる日もありますよね。ツイてないことが続くとイライラしたり、気持ちが荒むのは当然のことでしょう。しかし、この負の感情を全く関係のない人に八つ当たりしてはいけません。

プラスの機嫌を表に出すのはよいことですが、マイナスの機嫌をにじませていると周囲の人は気を遣って接したり、なるべく避けようとするようになります。

周囲に気を遣わせるようでは、相手を大切にできる人からは程遠くなってしまいます。思いやりの気持ちを持つ為には、まず自分の感情をコントロールして、負の感情を表に出さないことようにする事が重要です。

 

弱い立場の人に寄り添う

電車やバスで、お年寄りや体の不自由な人、妊婦さんに席を譲るというのは思いやりある行動ですよね。このような対応は、思いやりの気持ちを持っている人なら「席を譲らなくてはいけない」という義務感ではなく、自然と心から「席を譲ってあげたい」と思えるものです。

これは、自分より体力的に弱い立場の人に優しく接することは当然のことだと考えることができるためです。

お年寄りは足腰が痛いだろうなとか、妊婦さんが立ちっぱなしだと貧血になっちゃうかもなど、相手に寄り添って物事を考える習慣をつければ、相手を大切にする気持ちを育むことができますよ。

 

価値観の違いを理解する

相手のためを思ってしたことが仇になる…こうした事態が起こった時、その要因はあなたと相手との価値観の違いにあります。

相手に対して良かれと思ってしたことでも、あなたと相手の価値観が違う以上、それを相手が望むこととは限らないのです。

思いやりのある行動は相手のためにする行動ですから、自分ではなく相手の視点に立って気持ちを考えなければなりません。

また、仮に仇になってしまうことがあってもそれにめげない心を持たないと、せっかくの思いやりの意味のある行動も継続できず一時的なもので終わってしまいます。

 

優しく話す

思いやりのある行動は相手のためにするものであり、同時に相手を嬉しい気分にさせる行為です。そして、相手を嬉しい気分にさせるためには行動だけでなく言葉も必要です。思いやりというあなたの気持ちを分かってもらうためにも、話し方というのがとても大切になります。

とは言っても特別な話し方や表現が必要なわけではなく、優しく話せばよいのです。

優しく話すことも相手を嫌な気分にさせたくないという点では優しく話すことは思いやりの気持ちを持つ事の1つですし、相手問わず優しく話せることが思いやりのある行動ができる人の特徴でもあるのです。

 

相手を選んで行動しない

いくら思いやりのある事をしていても相手を選んでいては意味がありません。そもそも家族や友人に対して思いやりある行動をとるのは当然ですし、思いやりの本当の意味を考えると他人にそれができてこそ初めてそれが思いやりと言えるのです。

確かに人間同士誰とでも合うわけではないですし、周囲の全員と仲良くなることは不可能ですよね。しかし思いやりある行動は友達作りが目的ではないですから、困っている人がいたら相手を選ばずに手を差し伸べてあげましょう。

 

相手の気持ちに共感するように意識する

思いやりのある行動をとる人は相手の気持ちに共感できる一面を持っています。

相手が喜んでいたら自分も喜び、相手が悲しんでいる時は自分も悲しくなる…そうやって相手の気持ちに共感できるからこそ思いやりのある行動がとれるのです。

人間は神様ではないですから、常に相手のために行動できる人はまずいません。しかし、相手の気持ちに共感できれば相手がつらい時にはそのつらさが分かりますし、まるで自分を助けるかのように相手に手を差し伸べることができるのです。

 

子供を思いやりのある人に育てる4つのヒント

子供を思いやりのある人に育てるヒントのイメージ
では最後に子供を持つ親の為に、子供が思いやりのある人になるように育てるヒントについてもお話ししましょう。

親が率先して手本を示しましょう

「子は親の鏡」、「親の背中を見て子は育つ」といった言葉があるように、子どもは親の仕草や行動を真似するものです。

手本となるべき親が思いやりに欠ける行動を取っていたら、子どもが思いやりのある人間に育つとは考えにくいですよね。そのため、親が率先して子どもの前で思いやりのある行動を見せるようしましょう。

たとえば、街中で困っている高齢者や身体が不自由な方を手助けしたり、動物や植物を大切にしたりといったように。言葉で言い聞かせるよりも、実際に行動で示した方が効果的です。

また、夫婦の間でつい「ありがとう」や「ごめんね」といった言葉がおろそかになっていたりしませんか。物を粗末に扱って居たりはしないでしょうか。そういった身近なところにも思いやりが表れる場面はたくさんあります。

子育てで忙しく、気持ちに余裕を持つことが難しいときもあるかもしれませんが、なるべく思いやりと感謝の気持ちを大切にして日々を過ごしてみましょう。

 

子供と一緒に考えるようにしましょう

思いやりの気持ちと一言でいっても、どのようなものが思いやりの気持ちにあたるのか言葉で言い表すことはなかなか難しいですよね。同じく、子どもからしても言葉で説明されたところできっときちんとした理解はできないでしょう。そのため、両親が子どもに対して教えてあげる必要があります。

具体的には子どもが自分自身の行動を見つめなおすことができるような、客観的な声掛けをしてみましょう。

たとえば、「あのときどんな気持ちになったかな?」「どうして手を差し伸べてあげられなかったのかな?」といった具合にです。

また、他人の気持ちを想像させることも効果的です。「あの子はどんな気持ちになったと思う?」など、疑問を呈してみましょう。

このようなやりとりを自然に繰り返すことが、子どもに相手の気持ちを考えさせるよい機会になります。

 

遊びを通して思いやりを学びましょう

絵本やごっこ遊びといった遊びも、子どもが思いやりを学ぶために効果的です。子どもは遊ぶことが大好きなだけでなく、遊びから大きな影響を受けて育ちます。

悪く言えば、幼いことから攻撃的・暴力的な遊びばかりをして過ごしてしまうと、成長していく過程でも攻撃性が高い子に育ってしまう恐れがあります。

そのため、思いやりのある遊び方を取り入れることで、子どもの性格も温厚で優しいものになるでしょう。

絵本の読み聞かせをする中で、子どもは登場人物に自身を重ね合わせ感情移入しやすいことから、主要な登場人物から受ける影響は言うまでもありません。

そのため、手助けを必要とするシーンが含まれている絵本など他者を思いやる場面が含まれている絵本を取り入れてみましょう。

読み聞かせをしながら、「このときどうしたらいいかな?」などと問題提起をすることも有効です。

 

褒めるときはきちんと言葉で伝えましょう

人から褒められて嫌な気持ちになる人なんていませんよね。誰だって褒められたらうれしいと感じますし、それは子どもだって同じです。

子どもは誰かから褒められることで自分がしたことは良い事なのだと学びます。子どもが他人に対して優しい行動をとったとき、それがどんなに些細なことであってもきちんと言葉にして褒めるようにしてみましょう。

たとえば、友達と遊びたいおもちゃが被ってしまったとき、そのおもちゃを友達に譲ったとしたらそれは相手を思いやっていることになりますよね。

子どもは大人が思っている以上に正直でまっすぐです。良い事も悪い事もすぐに吸収していきますので、きちんとその場その場で適切な声がけを心掛けていきましょう。

 

以上、思いやりとは何かを知って、良い人間関係を築くコツについてお伝えしました。思いやりとは相手がして欲しいと望んでいることをすることだと言われても、それが分からないから困っていると感じたかもしれませんよね。しかし、相手のことを思ってした言動は例え間違えてしまったとしてもダメなことではないのです。

先の例で言うなら、もし大勢の前で会話が苦手な人に会話を振って失敗したと感じたら、後でそんなつもりではなかったと謝って次回からは楽しく聞き役に回れるよう配慮してあげれば良いのです。

誰だって初めから全て上手くいくわけではありません。失敗と成功を繰り返しながら、お互いのことを知り、良い人間関係を築くことが出来るのです。ですので諦めずに少しづつでも今の自分を変えていきましょう。

≪話題のタロット≫ゾッとするほど当たります。

98%の人が怖いくらい当たると話題!
未来を良くするタロットを知っていますか?


あなたが選んだカードや生年月日から『運命の人』や『運命の変化日』を ズバリ診断する 『アカシックタロット』が大好評!

10月キャンペーン今だけ≪無料診断≫を実施中 ※すぐに終了の可能性があります。

あなたの『運命の人』は一体誰なのか?あなたの『運命の日』は一体いつなのか?知りたい方は是非やってみて下さい。


連記事
タイトルとURLをコピーしました