思いやりとは何かを知って、良い人間関係を築くコツ

思いやりとは何かを知って、良い人間関係を築くコツ
本当の思いやりとはと考え始めると難しいですよね。しかし、実は人間関係がスムーズにいくかどうかのキーポイントとなるのがこの「思いやり」なのです。自分と相性が良いと感じる友人や知人との関係を思い出してみましょう。

あなたが相性が良いと感じる人は、自分が落ち込んだ時や困った時、あなたに負い目を感じさせず、またあなたが元気になれるよう思いやりをもって‏接してくれている人ではないでしょうか。他人と良い人間関係を築けるかどうかに「思いやり」が関係してくるのであれば、どのような思いやりが良い人間関係に繋がるのか知りたくなりますよね。

そこで、今日は思いやりとは何かを知って、良い人間関係を築くコツについてお伝えします。



 

思いやりとは何かを知って、
良い人間関係を築くコツ

 

自分がして欲しいことではなく、相手がして欲しいことをする


思いやりとはと問われると「自分だったらこうして欲しいと思うことをしてあげる」と答える人は意外と多いものです。確かに、相手の気持ちを考えるときに、自分だったらと自分に置き換えて考えることは大切なことです。

しかし、本当の意味での思いやりを考えるのであれば、自分がして欲しいことと相手がして欲しいことがイコールではないかもしれないということは常に頭の隅に置いておきましょう

例えば、何人かで雑談している時、一人だけ会話になかなか入れない人がいたとします。自分だったら誰かに話しを振ってもらって会話の輪に入りたいと考えたとしましょう。しかし、会話に入れずにいた人は、大勢の前で話すのは苦手で、急に会話を振られるよりも、聞き役に徹した方が楽しいと感じているかもしれません。

この場合、あなたが自分だったら、と考えて会話を振ってしまえば、あなたは思いやりのつもりでも相手にとっては迷惑に感じてしまうかもしれません。思いやりとは、「相手は何を望んでいるのか」「相手は何をしたら嬉しいのか」を前提にした言動だということを忘れないようにしましょう。

 

相手が気付くか気付かないかくらいの思いやりがベスト


思いやりとはと考えた時に、気を付けて欲しいことは親切の押し売りにならないようにするということです。思いやりとは「相手のことを思って」「相手のために」することですから、それが相手の望んでいることでなければ、厳しい言葉で言うとただの自己満足であり、更に相手に感謝を求めるのであれば「親切の押し売り」と感じられてしまうかもしれません。

たまに、お店で商品を購入した際、紙袋を留めるテープや商品についている値札シールの角が折られていて剥がしやすくなっていたということがありますよね。これらのことは店員さんが購入後のお客様の行動を予想してして行った「思いやり」です。

しかし、ここでお客様からは何も言われていないのに「ここ、剥がしやすいようにしておきましたから」と言われたら、人によっては頼んでもいないのに「ありがとう」と言わなければならず親切の押し売りと感じるでしょう。思いやりとは相手が気付くか気づかないかくらいのラインで行うのが最もスマートで相手の心に届きやすいのかもしれません。

 

見返りを求めるのは思いやりとはいわない


親切でしてあげたのに、感謝されなかったと感じたことはありませんか。しかし、自分のした言動に感謝という見返りを求めていた時点でそれは思いやりではなかったのかもしれません。本当の思いやりとは、見返りを求めないないものだからです。何故なら、相手からの見返りを期待している時点で、それは「相手のため」ではなく「自分のため」の言動といえますからね。

「思いやり」とはお互いが気持ちよく過ごせるために人間に与えられた一つのアイテムです。それを使うか使わないかはあなた次第、もし使ったとしてもそれは100%相手のためだけではないのです。思いやりをもって行動するということは、「誰かのため」でもあるし、広い意味でいえば、思いやりのある世界の方が自分自身も生きやすいから「自分のため」でもあるのです。

難しいかもしれませんが、思いやりとは本来見返りを期待したものではないことを忘れないようにしましょう

 

以上、思いやりとは何かを知って、良い人間関係を築くコツについてまとめてきました。思いやりとは相手がして欲しいと望んでいることをすることだと言われても、それが分からないから困っていると感じたかもしれませんね。しかし、相手のことを思ってした言動は例え間違えてしまったとしてもダメなことではないのです。

先の例で言うなら、もし大勢の前で会話が苦手な人に会話を振って失敗したと感じたら、後でそんなつもりではなかったと謝って次回からは楽しく聞き役に回れるよう配慮してあげれば良いのです。

誰だって初めから全て上手くいくわけではありません。失敗と成功を繰り返しながら、お互いのことを知り、良い人間関係を築くことが出来るのです。それに、きっと「思いやりとは?」と考えている時点で、あなたは思いやりのある人に違いありませんからね。

まとめ

思いやりとは

・自分がして欲しいことではなく、相手がして欲しいと望んでいること
・相手が気付くか気付かないかくらいの思いやりがベスト
・見返りを求めるのは思いやりとはいわない

当たりすぎてこわい!不安だらけの人生を幸せに導くには

私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが導かれる運命も、運命の人との出逢いも、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『カラー波動診断』では、スピリチュアル鑑定師が1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージであなたの運命を読み解き、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

あなたが進むべき道を知りたい方は、ぜひお試しください!

仕切り線
仕切り線