北枕への誤解を風水で解決して金運を引き上げる7つの方法

北枕への誤解を風水で解決して金運を引き上げる7つの方法

北枕は縁起が悪い!というのは大昔から言い伝えられていることですが、今でもそのように考えている人はたくさんいます。特に年配の方ほど北枕を嫌がる傾向があります。

でも若い人はあまり気にしなかったり、部屋の構造上北枕で仕方ないと考えたり、そもそも北がどちらかよくわかっていなかったり、、、北枕で就寝しても特に影響がないという考えの人も多いようですが、果たして北枕は本当に縁起が悪いのでしょうか?

今回は風水や中医学、東洋医学などの知識や考え方を取り入れて北枕についてお話します。ぜひぜひ参考にしてみてくださいね!

 

北枕への誤解を風水で解決して
金運を引き上げる7つの方法

 



 

金運UPは西と北!


風水学では西と北が金運UPの方角と言われています。「西に黄色い物を置く」というのはとても有名で、風水にあまり詳しくない人でも耳にしたことがあるかもしれません。

これは金運を呼び込むのが西だからなのですが、実は「西で呼び込み 北で貯める」というのが風水の基本となります。西ばかりを重要視しているとお金は入ってきてもあっという間になくなってしまいます。

つまり大事なのは北の方角。北は水の気を持つ方位と言われています。水は財産を蓄える場所ですから、金運と北はとても大きな関係性を持っています。

 

死ぬと格が上がって北枕に!?


さて、金運に縁のある北に向かって睡眠を取るのは風水的には問題ないようですが、、、やはり昔から言われている縁起の悪さがつきまとって北枕で寝る気になれないという人も多いのではないでしょうか。

北枕は死人の寝方という考え方が一般的なため、生きているのに北枕なんて、と敬遠されがちです。では何故死人は北枕なのでしょう?そもそも死人を北枕にするのはインドのお釈迦様にならっているからなのですが、実はお釈迦様は亡くなる前から日常的に北向きで就寝していました。

つまり「亡くなったら北枕」というわけではなく、「亡くなったら人から仏に格が上がったためお釈迦様と同じ方角で寝ることになった」のです。ですから縁起が悪いことは全くありませんし、北枕が不吉という考えも誤解なのです。

 

北は悟りの境地に入る方位


そもそもお釈迦様は何故日常的に北枕で寝ていたのでしょうか?インドでは北に楽園があると言い伝えられています。そのため、普段から寝る方角は北枕で右脇を下にして寝るのが大昔のインドでの教養のある人の習慣でした。

そしてお釈迦様が亡くなられた日もいつも通り北枕で眠っていたことから、煩悩を滅して悟りの世界に入る「涅槃」の状況時は北枕にするという風習が根付いていきました。悟りの世界に入るのですから本来は縁起が良いのですが、時代と共に、死ぬ=縁起が悪いと考えられるようになってしまいました。

 

南枕は安眠できない?


仏教の考え方では北は涅槃(悟りの境地に入ること)の方向ということがわかりましたが、風水的にはどうなのでしょうか?風水学や漢方医学では北は頭寒足熱の観点から非常に良いとされています。

身体に良く、安眠に適している方角です。ちなみに他の方角と枕の関係ですが、東は若さが吸収できる方位、西は落ち着きや静寂に適した方位、南は頭熱足寒で安眠には最も向いていない方位ですから南枕は就寝には良くないとも言われています。

 

場所によって気の流れ方が違う


風水といえば気の流れが起源のすべてですが、人間の気の流れは北極側と南極側で流れ方が変わるということをご存じでしたか?そもそも風水というのは地球上の気の流れを整えることをいいます。

地球上の気はN極とS極が作り出す巨大なエネルギーである地磁気のことで、赤道から北極は北極側に気が流れ、それ以外は南極側に気が流れます。日本は北極側ですから、悪い気が滞らず流れるためには北を向くことが大事なのです。そのため、風水的には日本では北枕の方が良いと言われています。

 

地球の自転と睡眠の深い関係


風水や医学の他に、物理学的にも睡眠と方向の関係性を証明する一例があります。それは地球の自転と睡眠の関係です。地球は東向きに自転しているため、東向きに寝ることで回転の方向に逆らわずにすみます。

そのため身体の疲れをとるのであれば東向きが最もオススメの方位になります。また、日本は北枕にすると地球の自転の遠心力が頭から足に向けてかかるために健康に良いとも言われています。

 

寝る方向だけでなく寝室の状態も大事


人間は起きている間も寝ている間も気を受けて生きています。北枕は気の流れがよくなり、健康運や金運UPに向いていると言われていますが、せっかくの気の流れも部屋が汚ければ滞ってしまいます。

風水は何をどこに置くかということがとても目立ちますが、一番の基本はきちんと整理整頓し、清潔を心がけることです。枕周りにごちゃごちゃと物を置いてしまうと悪い気を集めてしまいますから特に枕周辺にはあまり物を置かないようにしましょう。気は狭い場所でよどみやすいですから、部屋の隅々まで掃除することを心がけましょう。

 

いかがでしたか?

ただただ縁起が悪いという印象から北枕を避けてきた方も、今回のお話でいかに根拠のない迷信かをおわかりいただけたでしょうか。北枕は死者を連想しやすく、そのため不幸、不吉といったイメージに繋がりやすいのです。

実際は風水学、中医学、東洋医学、物理学、仏教学などなど様々な観点から北が睡眠に向いている方位ということがわかります。寝ても疲れがとれなかったり、悪夢を良くみたり、睡眠に関する悩みをお持ちの方はぜひ一度思い切って北枕にしてみてはいかがでしょうか?

「気の持ちよう」というのは人生で非常に大事なことで、案外しっくりくるかもしれません。まずはお試しください!

 

まとめ

北枕への誤解を風水で解決して金運を引き上げる7つの方法

・ 金運UPは西と北!
・ 死ぬと格が上がって北枕に!?
・ 北は悟りの境地に入る方位
・ 南枕は安眠できない?
・ 場所によって気の流れ方が違う
・ 地球の自転と睡眠の深い関係
・ 寝る方向だけでなく寝室の状態も大事

2017年  アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『運命数診断』では、スピリチュアル鑑定師未来を知るための運命数を導き出し、あなたの未来を的確にアドバイスすると話題の星占術です。個別に作成してくれる1000文字を超える細かいメッセージであなたの運命を正しい道へと導いてくれます^^

運命を知りたい・変えたい方は≪期間限定0円≫なので是非お試しください!

仕切り線