風水からみる財布の色で運勢を変える13の方法と使い方

風水からみる財布の色で運勢を変える方法と使い方

風水で幸運を引き寄せるアイテムの定番と言えば『財布』ですよね。意外と丈夫だと思っていても、財布はほぼ毎日持ち歩き使用する生活必需品の1つ。何年間も使える物もあれば、1年で壊れてしまうという財布もあります。

そんな時は財布を買い替えるはず。この風水におけるお財布選びにはいくつかのポイントがあります。金運を上げたいと思った際に、最も選ばれる方法は金運を上げる色の財布を買う事がほとんどです。実は風水では色にも意味があり、それが金運とも密接な関係があります。あなたの元に金運がもたらされるためにはその色の意味を正しく理解して目的にあった色にしなければなりません。

そこで今回は、風水で幸運を引き寄せる財布の色や使い方を紹介します。新しく買い替える予定のない人は、自分が持っている財布と照らし合わせましょう。

お金にとって居心地の良い財布とは?

お金とお財布のイメージ
お金にとって、財布は家のようなものです。あなたが、居心地が良いと感じるのは、どんな家かを管変えましょう。

例えば、いつもきれいに掃除が行き届いた清潔な家。明るく暖かい心地良かったり、いつも、ここに居たかったり、外出した時、早く帰りたくなるような感じ、あるいは友達をたくさん呼びたくなるようなを思い出すかもしれません。

お金も同じです。居心地の良い財布には、ずっと居たくなるし、早く帰りたくなる。また、たくさんの友達を連れて来たくなるのです。ボロボロの財布や、レシートなどで中身が散らかっている財布は、決して居心地が良いとはいえませんので整理しましょう。

 

新しい財布に変えることで、金運も上がる!

金運アップの方法のひとつとして、「新しい財布に替える」ということがあります。風水では「新しいもの」に良い運気が宿るという考えがあります。そのため、財布を新調することが、そのまま金運アップに繋がるのです。

そこで、新調する財布の色を金運アップさせる色にすることで、運気はさらに上昇するかもしれません。折角、財布を新調するのですから、形やデザイン、ブランドばかりにこだわらないで、色の意味も考えて選びましょう。

 

【目的別】風水的に良い財布の色について

色の種類があるお財布のイメージ
風水的に良いとされている財布の色は

  • ゴールド
  • 黄色
  • ピンク色
  • 黒色
  • 白色
  • 茶色
  • ベージュ色

などです。なかでも、一番有名なのは、「金色の財布」もしくは「黄色の財布」ですよね。

 

実は色の持つ意味や力を理解して財布を選ぶと、運気も変わってきます。ですのであなたが今、一番に上げたい運気は何かによって選びましょう。

 

風水で金運を上げるなら「黄色」「ゴールド」に土系の色を混ぜた財布

風水的に黄色は「金の気」「変化」の意味を持っているとされています。そのため、金運を上げる財布の色としては、とても良いのですが、あまりにも黄色が強いと、パワーも強くなるので、お金の出入りが激しくなってしまいます。つまり、入っても使いたくなってしまうのです。

それを抑えるのに良いのは、「土の気」を持つ茶系色を混ぜることです。少し暗めな黄色の財布か、パステルイエローが良いでしょう。

少し落ち着いた黄色はお金の安定をもたらし、パステルイエローは財が財を呼ぶ金運財布になります。

同じように、金色もエネルギーを吸収し、貯め込む力のある色です。風水では太陽を表す色、金運を上げる色です。しかし、この色もパワーが強いため、財布全体がゴールドではなく、部分的にゴールドの入ったもののほうがバランスがとれます。

 

風水で恋愛運を上げたいときは「ピンク」色の財布

風水では、ピンク色は女性の強い味方。服はもちろん、いつも身に付けるものや、身のまわりに置いてあるものにも、積極的に取り入れていただきたい色です。

『ピンク』は火の気をもつ色のひとつでもありますが、属性の中ではもっとも柔らかい色。優しい色彩は恋愛へのパワーを秘めているだけにあらず。幸せや穏やかさ、暖かさをも感じさせてくれます。

そのピンク色の財布は、突然、運気が上がったり、良いことが舞い込んで来たりするという、うれしい財布です。

また、ピンクは人間関係が良くなったり、自分の夢や目標の為のお金を育てる色でもあります。ピンク色の財布で、恋愛運も上がり、「玉の輿」ということもあるかもしれません。

 

今ある財産を守りたいなら「黒色」の財布

金運を上げる色として有名な、黄色やゴールドよりも、もっと強いパワーを持つとされる色は黒色です。

風水的に黒色は太陽のエネルギーを吸収する力が最も強く、お金を貯め込む力があるとされています。

また、風水で黒は格調高さ、秘密、成長を止める、人を遠ざけるなどを意味します。落ち着いた雰囲気があるので、お金を落ち着かせ、無駄使いや衝動買いを抑えるという効果もあります。

そのため、黒い財布は、既にビジネスなどで成功し、今ある財産を守っていきたいという人にはとても良い財布だといえます。ですので、これから金運を上げていきたいという人には、あまりお勧めできません。

 

悩みをリセットしたいなら「白色」の財布

どこか高貴で上品さを感じさせる白は『金の気』を象徴する色の1つで、気の清浄作用の強い色だとされており、強い気や運気を浄化する力があります。

白色は浄化する力があり、風水では、白は「リセット」する色、ゼロからスタートするという意味のある色です。

今までの金運をリセットし、気持ちを引き締め、新たにお金を貯めていこう、頑張っていこう、という人にお勧めします。

但し、白色はお金のエネルギーを跳ね返す力もとても強いため、少し注意が必要です。白い財布はリセット効果なのであまり古くなり過ぎたり使い方の悪い場合は逆に出て行きやすくなるので注意が必要です。

このため古くてボロボロになった財布などは使わないで、早めに新しい財布に変えるようにしてください。白は汚れが目立つので特に気をつけましょう。

 

貯金するなら「茶色」の財布

風水では、茶色やベージュ色は「土の気」を持つとされています。これは、風水では土の色が落ち着き、集中などを意味しているため、お金が好む色でもあり、また、財布との相性の良い色です。財布を買う時にどうしても迷って決断できない時には、この色が良いでしょう。

どちらかといえば若者が持つというよりは大人向けの色で、カジュアルでお洒落な印象のある茶色の財布は普段使いでもビジネスシーンでも活躍できる色でしょう。

格式の高いカジュアルの最高峰のこの色の財布の素材としては、上質なレザーやヌメ皮を使用している物がお勧めです。茶色の財布の中でも、金具が金色の物が最も幸運を引き寄せるので良いとされています。

茶色は、お金が留まる色です。派手ではありませんが、重要で金運を引き上げてくれる色なので、「いつも財布からお金が出て行ってしまう」「お金が財布に居ついてくれない」という人は是非、使ってみましょう。

どちらかというと、男性にお勧めする色です。

 

品格を上げたいなら「ベージュ」の財布

持ち主の品格を上げてくれるとされる上品でクラシカルなベージュの財布、茶色の財布と同じように大地を表す色であり、安定や定着を表しています。

女性はベージュの財布を持つ事により結婚運や恋愛運を上昇させる事が出来ると言われています。

特に品格を上げ、上品に振る舞いたいという大人の女性にお勧めの色です。おすすめなのは『パールベージュ』という色の財布です。黄色と白が混ざり合った色で両方の力を有しており、パールには悪い影響を除去し幸運を引き寄せてくれるという効果があります。

 

気持ちを落ち着けたいなら「紫」の財布

風水で紫は気品や神秘的などの意味があります。金運よりもその人のステータスをアップさせるのが紫の財布です。紫には高貴な意味がありますから財というよりは位のほうに影響があるのでしょう。

紫は金運そのものよりも、地位や名誉をあげてくれる力を秘めています。

お金は後からついてくる、まずはステイタスのUPが第一目標、という方にはお勧めです。出世や昇進への心強いお守りとなるでしょう。

その神秘性からあまり金運と直接関係はないかもしれませんが、気持ちを落ち着ける効果があります。お金に困っていなければ品位を手に入れるのも良いかもしれません。

 

お金を呼び戻したいなら「緑」の財布

色自体に金運UPの効果はありませんが、出て行ったお金を呼び戻す、再生のパワーを秘めています。地道に、真面目に仕事に取り組んでいる誠実な方には良い色といえるでしょう。

この色(緑)は草木が豊かに生い茂る事を示す繁茂を表わしており、散財してもお金を呼び戻してくれる力を持っています。

植物などにも言われているように、この緑色の財布には見る物を安心させてくれるリラックス効果もある色なのでスマートな印象を与えてくれます。

渋く味わい深い緑色の財布の素材としてはワニ皮の財布が最も良いとされています。

 

元気を取り戻したいなら「オレンジ」の財布

『オレンジ』は太陽の象徴ともいえる色。『快活』『陽気』『楽しさ』といった前向きな力と積極性を司る色です。豊かさをもたらす金運は明るさや快活さに惹かれてやってきます。

陽の気を内包するだけでなく、金運において強い力を発揮する『黄色』と強いエネルギーを秘めている『赤』が混ざり合うことで生まれる『オレンジ』という色は、どちらの良さも併せ持つ金運UPにおいて理想的な色でもあるのです。

 

風水的にNGな財布の色について

赤の財布のイメージ
これまでは風水的におすすめな財布の色を並べてきましたが、選ぶのを避けたほうが良い財布の色もあります。それが何なのか、見てみましょう。

お金を燃やしてしまう「赤」の財布

風水的に避けたほうが良いといわれているのは、「赤色の財布」です。赤色は「火の気」が強く、お金を燃やしてしまうからです。金運アップにはNG。それどころか、自分の持って生まれた財産・運気までも燃やしてしまいます。

風水で赤は決断や仕事運、健康運などをあらわします。風水では赤は火の象徴、お金を燃やすことになってしまいます。

赤い財布はあなたのお金を燃やします。気をつけて避けましょう。ただ、赤は気分を高め、決断力を引き出す色でもあるので宝くじを買うときなどはお財布ではない赤い小物をもっていったり、稼ぎたい時に使うのなら効果を発揮してくれることもあるかもしれません。

 

お金を流してしまう「青」の財布

また、「青色の財布」も金運アップには不向きです。なせなら、青色は「水の気」、すべてを流してしまう色だからです。このため、せっかく苦労して手に入れたお金も貯まることなく、すべて流れていってしまいます。

原色や紺のような濃い色のものだと水の気が強いため、せっかく入ってきたお金や運気を流してしまうこともあるので、「青色の財布」も避けたほうが無難でしょう。

ただし青は気持ちを落ち着かせ、節約に一役買ってくれる色です。もともと青には『落ち着き』や『静寂』、また『冷静沈着』を司る知性の色でもあります。つまり、今ある財を守る、節約重視で堅実にお金を貯めたいという方にはおすすめです。

無駄遣いや衝動買いを抑えてくれるパワーがあるので、「自力でしっかり稼げていて、収入自体もそこそこ悪くないのに何故かついつい無駄な買い物をしてしまう」という方には効果を発揮してくれるでしょう。

 

風水的に良い財布を選ぶ時に知っておいてほしい事

財布を選ぶイメージ
さて、お気に入りの財布をいざ選ぼう!となったときに知っておくと良いことがあります。それはどんなことか、見ていきましょう。

愛着を持てる財布を選ぼう

金運を上げる色は一般的に『黄色』や『金色』だと言われていますが、もしそれが自分の好きな色ではない時、果たして財布に愛着を持てるでしょうか?財布で金運を上げる為に必要な事は、財布に愛着を持って大事に使うことです。

何よりも大切なことは、自分の好みの色、自分の好みのデザインの財布を選ぶことです。財布に愛着を持てないと、金運が上がる色だとしても逆効果となり、金運が下がってしまいます。

ですので、無理に金運を上げるような色の財布を選ぶのではなく、好みや感覚を大事にしましょう。

 

寿命が来たら買い替えましょう

お気に入りの財布でも、残念ながらお別れする時はやって来ます。何故なら、お金は色々な人の手を渡っているので、様々な「気」をまとっています。中には「悪い気」もあり、財布はそんなお金を常に入れておくため、長く使うと疲れてしまいます。

ですので財布は3年を目安に買い替えると良いでしょう。新しい財布に買い替え、今まで使っていた財布を処分する時には、「今までありがとう」という感謝の気持ちを込めて処分するようにしてください。

 

風水的に良い財布の使い方

財布を置き去りにするイメージ
さて、せっかく選んだ財布でも、使い方によっては運気を下げてしまうこともあります。そこで風水上良い財布の使い方を解説します。

財布の中身を整理整頓しよう

財布の中が不要なレシートなどで、一杯になっていませんか?金運アップには財布の中もきちんと整理する必要があります。ごちゃごちゃとした財布では、お金は入って来ないからです。

不要なレシートはすぐに捨てましょう。財布に入れておくカード類も必要最小限にしてください。出来れば、カード入れや小銭入れは別にして持つとなお良いです。

お金が、財布の中で伸び伸びとできる環境を作りましょう。

 

財布は定位置におきましょう

お金は静かな場所が好きです。財布も仕舞う場所を決めておきましょう。風水的には、北側の静かで暗い場所が良いとされています。財布の定位置を決めて、使わないときはいつもそこに仕舞う習慣をつけると良いでしょう。

鞄の中に入れっぱなしにしておくのは良くありません。鞄は「外出用」ですから、そこに財布があるとお金も外出してしまい、貯まらなくなってしまいます。

帰宅したら財布は鞄から出して、ちゃんと仕舞っておきましょう。

 

金運UPのアイテムを入れよう

まずは1つ目。『おみくじに入っている金の小物』『金のしおり』どちらも持っていないという方は『金の折り紙を小さくたたんで』忍ばせましょう。鶴やちょっとしたものを折って入れても可愛いですよね。

先に紹介しましたが、金色そのものは大変強いパワーを持っています。なので、こういった小さなものでも十分金運UPに効果を発揮してくれるのです。

次に2つ目。お金はお金を引き寄せるので『種銭』として1万円の新札を用意しましょう。これは絶対に使ってはいけません。番号の末尾が『9』だとなお良いでしょう。

縦に三つ折にし、次に横に一つ折りすると、正方形になります。これを半紙に包むかぽち袋のような小さな袋に入れて財布にしまっておきます。

最後に3つ目。『ルチルクォーツ』これも金運UPのパワーストーンとしては実に有名ですよね。

金運のみならず芸術運や恋愛運をも司る力を秘めているので、ストラップとして小さいものをつけるのも良いでしょう。

ただし、この石は火を司ります。色との組み合わせには気をつけてください。

 

白蛇関連の物を入れよう

昔から幾度か耳にしてきた『蛇の抜け殻を財布に入れておくと金運が上がる』という風水ですが、最も効果があるのは白蛇に関連するものです。とある地方では、白蛇を弁財天の遣いだとして祀っている神社もあり、金運を上げたいのならば一度は検討してみるといいかもしれません。

陰陽五行では白は『金』とされており、白蛇でなくとも縁起の良い色です。

白色である上に縁起の良い動物とされている白蛇の皮の財布を買ったとなれば、これ以上ないくらい金運は上がるかもしれません。

 

さて、幸運を引き寄せる財布の色や使い方についてご紹介しました。それでは内容をざっくりと振り返りましょう。

・お財布=お金の「家」。居心地を良くすることが大切。

・お財布には目的別でおすすめの色が分かれる。金運を上げたいなら「黄色」「ゴールド」、貯金したいなら「土色」、出ていったお金を取り戻したいなら「緑」、恋愛運も上げたいなら「ピンク」

・逆にお財布の色で「赤」「青」は避けたほうが良い

・お財布は寿命がきたら買い替えよう

・お財布に金運アップのアイテムを入れると効果が高まる

よい気は良いエネルギーを引き寄せますので大切に扱われてきたお財布には自然と金運が引き寄せられるものでしょう。このいい気がよいエネルギーを引き寄せる、というのはお財布に限ったことではないですね。大量生産、大量消費の世の中ですが、物を大切にする心は失わないようにしたいものですよね。

あなたの好きな人は本当に運命の人?

98%の人が怖いくらい当たると話題!
奇跡を起こすタロットを知っていますか?


片思い中の人も、お付き合いしている人も、本当の運命の人を知りたいですよね?

あなたが選んだカードや生年月日からあなたの運命の人をズバリ診断する 『幸せを掴む タロット診断』が大好評!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、今お付き合い中の彼かもしれません。

只今診断キャンペーンにつき、今ならビックリ!!≪無料鑑定中≫

あなたの運命の人は一体誰なのか?知りたい方は是非やってみて下さい


連記事
タイトルとURLをコピーしました