チャクラを整え、エネルギーを活性化させる3つの方法

チャクラを整え、エネルギーを活性化させる3つの方法
チャクラという言葉、あまり聞き馴染みがないですよね。チャクラというのはサンスクリット語で円のこと。スピリチュアルの世界では、体内を流れるエネルギーをコントロールする出入り口のことをチャクラと呼びます

健康であれば、私たちの身体の中はエネルギーが駆け巡っています。これが、病気をしたり、ストレスで気分がふさいだりすると、エネルギーの流通が悪くなってしまいます。チャクラはこうしたエネルギーの停滞を調節してくれるポイントのことで、身体の中に7点あります。

この7点のチャクラにはそれぞれの役割があるのですが、これらの働きが悪くなると、体内エネルギーの循環が滞って、精神的なパワーが減退してしまうのです。そこで今回は、このチャクラを整えて、エネルギーを活性化する方法についてお伝えします。

チャクラの場所とポイントを知りましょう

チャクラの場所とポイントを知りましょう
まず、チャクラの場所を確認しておきましょう。

第一チャクラは人の背面の中央、尾てい骨にあり、もっとも要のチャクラといわれています。活力、生命力の源で、心身の安定をつかさどる重要なチャクラです。

第二チャクラは下腹部、臍下丹田といわれるところにあります。感情の流れを支配するチャクラで、欲求の向かう方向や欲望などを管理します。

第三チャクラは胃のあたりにあって、意思、自信、自己に対する信頼などを表します。第三チャクラが健康に活動していると、自信をもって行動することができますので、決断力などに違いがでてきます。

第四チャクラは心臓のある胸の部分に存在します。他者に対する信頼、愛情、思いやりといった心の動きを管理しているチャクラです。

第五チャクラは咽喉にあって、情報、伝達、コミュニケーションなどをつかさどっています。

第六チャクラはおでこにあって、思考力、直観力、決断力など、頭脳活動の要となるチャクラです。

第七チャクラは頭頂部にあります。頭のてっぺんです。第七チャクラは開放された精神をつかさどるチャクラです。

それぞれのチャクラには色があります。第一チャクラは赤、第二チャクラはオレンジ、第三チャクラは黄色、第四チャクラは黄緑またはピンク色、第五チャクラは水色、第六チャクラは青、第七チャクラは紫または白です。

 

チャクラの役割を知りましょう

チャクラの役割を知りましょう
次はそれぞれのチャクラの役割と不全になったときの症状をみていきましょう。

第一チャクラの役割は生命の根源的なエネルギーです。肉体的なパワー、精神的なパワーの双方の要ですので、この第一チャクラの機能が衰えると、心身が不安定になります。何をやってもうまくいかないというときは第一チャクラの不全を疑ってみましょう。

下腹にある第二チャクラは感情や欲求、欲望、特に、性的な快感にかかわっています。第二チャクラが機能不全になると、情熱が衰え、感性が鈍ります。創造的な職業についている人にとって、特に大切なのがこの第二チャクラです。

第三チャクラは精神的なチャクラで、人としての矜持、意思、自我などにかかわっています。自己の支配が滞ると他者との関係性を損ないますので、第三チャクラが衰えると、対人関係に支障をきたすようになります。

心臓部にある第四チャクラは愛情のチャクラ。ハートチャクラとも言われる第四チャクラは、精神と肉体、上半身と下半身を結ぶバランスチャクラでもあります。第四チャクラがしっかり働かなくなると、感情のバランスが崩れ、ネガティブになったり、不安感に飲み込まれたりするようになります。

第五チャクラはコミュニケーションチャクラ。自己を主張しながら、他者と協調することを助けるチャクラです。第五チャクラの働きが鈍ると、自己主張が過剰になったり、他人の声が聞こえなくなったりといった不調がでてきます。

眉間にある第六チャクラは「第三の目」と言われるスピリチュアルなポイントです。現状認識に基づいて将来を見通す目、予見といった先を見る能力にかかわる重要なチャクラですので、第六チャクラが不全になると、霊的な力を受け取ることができなくなり、将来に希望が持てなくなります。

頭頂にある第七チャクラは愛のチャクラ。恋人への愛や性愛だけではなく、かかわるすべてのものとの縁を結ぶチャクラです。第七チャクラが安定していないと、世の中の結びつきが感じられなくなり、うつ状態になったり、パニックに陥りやすくなったりします。

 

チャクラを整えてエネルギーを活性化しましょう

チャクラを整えてエネルギーを活性化しましょう
次は、それぞれのチャクラを整えて、体内のエネルギーを活性化する方法を紹介していきます。

第一チャクラの調子が悪くて心身のパワーが衰えているときは、身の回りの環境を整えましょう。具体的には、部屋や職場の整理整頓を心がけること。また、日々の食生活や生活環境を整えることも大事です。ジャンクフードなどはやめて、バランスの取れた食事を摂るようにしましょう。

第二チャクラが不安定になって感性が鈍っているときには、感動を与えるのが一番です。豊かな音楽や絵画、映画、文章芸術などに触れて心が満ち足りると、第二チャクラが活性化します。自分の心が喜ぶ芸術に浸って、チャクラを喜ばせましょう。

第三チャクラが衰えて対人関係が不安定になっているときは、スピリチュアルな雰囲気に浸れるナチュラルな環境に身をおくようにすると良いでしょう。家にいるときも、瞑想やヨガを取り入れ、精神的に落ち着くようつとめます。アロマやキャンドルを利用するといっそう効果的です。

第四チャクラのハートチャクラが安定していないときは、心身が不安定になりますので、身体や心のポジションを保つことを考えましょう。また、ペットと触れ合う時間を持ったり、動物園や水族館に行ったりして、動物の心と触れ合うのも効果があります。

第五チャクラが不安定でコミュニケーションが不全になっているときは、コミュニケーションの要、言葉によって生気を取り戻しましょう。口から出る言葉に気を配り、人に英気を与える言葉を口からだすようにします。クリアな声を出すよう心がけ、気持ちが伝わりやすくすることも大切です。

第六チャクラの働きが衰えて霊的な目がにごっているときは、芸術に触れることが大事です。身体を使う芸術、茶道や舞踊などもお勧めで、日常生活でも身体の内側にインスピレーションを取り込むようにしましょう。

愛のチャクラ、第七チャクラを活性化するには、人と社会に対する愛を積むことです。自分を取り巻く環境に感謝の念を持ち、ボランティア活動を行ったり、慈善事業に協力したりといった形で奉仕をしましょう。また、親や家族に感謝の思いを伝えたり、家を清めたりすることも効果があります。

 

チャクラは体内のエネルギーを正常に運営するための要です。エネルギーが衰えていると思ったら、チャクラの位置を確認し、それぞれのチャクラを活性化しましょう。

第一チャクラは尾てい骨。生命力の源ですので、バランスが崩れたら、身の回りを整えましょう。第二チャクラは下腹部。感情を管理するチャクラすので、機能不全のときは感動を与えるようにします。第三チャクラは胃のあたり。機能が衰えたときは、ヨガや瞑想などで活性化します。

第四チャクラは心臓にあるハートチャクラ。心の動きをつかさどるチャクラですので、機能が落ちているときは、動物と交流すると効果的です。第五チャクラは咽喉にあるチャクラ。コミュニケーションチャクラですので、安定しないときは言霊を大事にしましょう。

第六チャクラはおでこにある「第三の目」。思考や直観の元になるチャクラですので、衰えを感じたときは、芸術に触れ、インスピレーションを高めましょう。第七チャクラは頭頂部。精神をつかさどるチャクラですので、機能が不安定なときは慈善活動など、社会に愛を感じられる行動を心がけましょう。

近日中に訪れる運命の日、知りたくないですか?

人生の転機となる運命の日があるのを知っていますか?あなたに訪れる運命の分岐点となる日が事前に分かれば、恋愛や家庭、仕事、健康、お金についていい結果が持たされるのです。

「神秘のタロットカード」では、あなたが引いたロットカードを基にあなたに起こる運命日を鑑定し、幸せになる方法を分かりやすく解説してくれます。しかも、今なら、全員無料鑑定してもらえますよ。

運命の日を知って幸せになりたい方は試してみてね♪

連記事

コメントをお書きください

タイトルとURLをコピーしました