一人っ子の性格を理解してお互いの距離を縮める7つの方法

一人っ子の性格を理解してお互いの距離を縮める7つの方法

一人っ子の性格って、どんなものかご存じですか? 世の中、いろいろなことが言われていますが、本当のこともあれば、他の一人っ子でない人からの思い込みも結構多いようです。一人っ子の性格をあらためてチェックし、身の回りの一人っ子とお互いの距離を縮める手助けにしましょう!

 

一人っ子の性格を理解して
お互いの距離を縮める7つの方法

 



 

一人っ子は、基礎がすでに孤独


一人っ子は幼少期、家の中には一人しか子どもがおらず、親が自分の味方であっても、子どもどうしの理解者は一人も持たず育ちます。家での遊びは、一人遊びが当たり前。大きくなっても、一人で勉強、一人でパソコンが当たり前です。

そのため、一人っ子の性格は、「一人であたりまえ」というところからまず形つくられます。一人っ子は、理解してもらえないのが当たり前です。最初から諦めています。一人っ子と理解しあうのはあまり簡単なことではないと心得ましょう。

 

一人っ子は、争いが嫌い


兄弟がおらず、幼少期から争うということがほとんどないため、競争や、けんかに対しては、慣れが少なく、する意味も感じられません。したがって、「のんびりやが多い」ということは一人っ子の性格でよく言われることのひとつです。身近な一人っ子は、争いごとに巻き込むのは得策ではありません。

 

一人っ子は、仲裁はうまい


争いごとが嫌いなだけに、お互いの言い分はよく聞いて、中間をとったり、仲裁するのは上手なことが多いです。一人っ子の性格は平和主義で、争っても利益がないことを知っているので、解決策を見いだすということに対しては人一倍貪欲でもあるのです。誰かと争ったり、喧嘩をしたら、一人っ子に相談をしてみるのも良いでしょう。

 

一人っ子は、そうそうわがままではない


「一人っ子は、わがまま」ということがよく言われますが、これは一概にはそうとは言えません。もちろん、一人で育ち、独断専行があたりまえの一人っ子は、自分でいろいろなことを判断し、相談もしないでものごとを進めることに長けています。しかし、同時に、一人であるがゆえに、周囲との調和が大事であることも知っています。一人っ子が、他人の意見をむやみにないがしろにして、人間関係にひびを入れると、ホントのボッチになってしまうことを、一人っ子自身がよく知っているからです。

従って、一人っ子は、自分の信念に反するときは別ですが、そうでないときはきちんと他人の意見も尊重しようと努力するのです。「一人っ子ってわがままだよね!」という前提を口に出すと、一人っ子はあなたから離れ、またあなたに協力してくれなくなります。

 

一人っ子は、一人好き


一人っ子と仲良くなりたい人にとって、残念なお知らせがあります。それは、一人っ子は、結局、一人でいることが好きなのだ、ということです。一人でいることが当たり前だった一人っ子にとって、特定の友達に常につきまとわれ、自分の時間がゼロになることは苦痛以外のなにものでもありません。

しかし、安心してください。放し飼いにしてくれる友達は大好きです。毎週末一緒に出かけようとするのはタブーですが、一人っ子のプライベートを大事にしてくれる友達は、大歓迎なのです。一人っ子は、一人でなんでもやってしまう能力があるので、味方につければ強力です。ほどよい距離を保ちましょう。

 

一人っ子は、親がうるさい


一人っ子の特徴の一つとして、そうでない子どもに比べて「親がうるさい」ということが挙げられます。これはやむを得ない部分で、子どもが複数いると、親としてはどちらも、あるいはどの子どもも気に掛けなくてはならず、目線がどうしても分散されます。

これに対して、子どもが一人であれば、その子のことだけを集中して育てますから、細かいところにも目が行くし、口を出してしまうというわけです。親からの溺愛率も高いので、一人っ子は親に感謝している率も高いです。自分の親にどうしても気を遣うようになります。

お友達と遊びに行くのに、帰りの時間が遅くなるとき「うち、親がうるさくて……」という一人っ子も多いもの。その一人っ子に対して、「あいつ付き合いが悪い」というようなことを言ってしまうと、関係を続けることができません。また、一人っ子の親のことを悪く言うと、一人っ子のほうから、あなたから離れようとするでしょう。

 

一人っ子は、親の介護もみとるのも一人


これは一人っ子にしか理解できないことが非常に多いようですが、幼少期はもちろん一人です。そして、学校に行っている頃は友達がいますが、社会人になると友達と会ったり遊べる機会も減り、結婚をしても頻繁に会えるような心許せる兄弟もおらず、そして親が年をとってくると、自分一人で面倒をみなくてはいけないという孤独な責任感に襲われます。

結婚して、配偶者を得たとしても、配偶者は自分の親の面倒をみてくれない、あるいはあてにはならないと感じるので、結局一人っ子の性格は大人になっても一人です。もしも、一人っ子と結婚したら、「きみの心に寄り添ってあげるよ」「一緒に頑張ろうな」という姿勢が大切でしょう。

お互いが一人っ子であるならば、自分自身も孤独があるでしょうけれども、特にお互いの親世帯の一大事に際しては「協力しあおう」という姿勢を口に出しておくことが、互いの絆に繋がります。もしも、一人っ子を相手に、その親世帯の大事に際して手抜きをすると、その一人っ子はあなたのことを二度と信用してくれなくなります。ご注意を。

 

いいかがでしたでしょうか。

一人っ子の性格は、基本的にその名のとおり、「一人だ!」ってこと! でもそのぶん、他人から寄り添ってもらうことに対しては、人一倍の感謝を感じています。口べたな一人っ子もいますが、優しくしてあげてくださいね。一人っ子のほうも、その優しさに誠心誠意応えてくれることでしょう。

 

まとめ

一人っ子の性格を理解してお互いの距離を縮める7つの方法

・一人っ子は、基礎がすでに孤独
・一人っ子は、争いが嫌い
・一人っ子は、仲裁はうまい
・一人っ子は、そうそうわがままではない
・一人っ子は、一人好き
・一人っ子は、親がうるさい
・一人っ子は、親の介護もみとるのも一人

2017年  アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『運命数診断』では、スピリチュアル鑑定師未来を知るための運命数を導き出し、あなたの未来を的確にアドバイスすると話題の星占術です。個別に作成してくれる1000文字を超える細かいメッセージであなたの運命を正しい道へと導いてくれます^^

運命を知りたい・変えたい方は≪期間限定0円≫なので是非お試しください!

仕切り線