意思疎通が難しい相手でもうまくいく4つのコツ

意思疎通が難しい相手でもうまくいく4つのコツ
意思疎通が難しい相手がいるとき、相手に伝わらないし、理解できなくてつらいですよね。意思疎通が難しい相手を見たとき、逃げたい気持ちや話したくないという気持ちが出てしまいます。

逃げられる環境があれば良いのですが、逃げられない環境の場合、いつも意思疎通ができなくてネガティブになったり、相手に伝わらないことの悲しさや怒りなどが込み上げてくることもあるでしょう。

このような日々を送り続けるのも、「しんどい」、「つらい」、「もうどうしたら良いのか分からない」と感じますよね。

そんな感情と向き合い、どう対応していけば、どうしたら意思疎通が簡単にできるのか。今回は意思疎通が難しい相手でもうまくいく4つのコツをお伝えします。

意思疎通ができない相手に自分がなっていないかを考えてみましょう

相手に自分のことを意思疎通が難しい人と思われていては、相手もどういう風に対応をしたらいいか分からないはずです。

まずは自分自身を知ることから始めて、相手ばかりを考えて、何を伝えたら良いのか、どういう対応をするべきか、右往左往しがちですが、先に自分に目を向けると、話し方や対応などが分かってきます。

自分が自分に話すとき、どのような話し方をするのかは自分に答えがあり、その答えが分かったとき、意思疎通が難しい相手でもしっかりコミュニケーションが円滑になっていきます。

 

親近感を持ってもらう

意思疎通が難しい人と会話をすることは,他の人と話すよりも疲れてしまいますが、そういう人が近くにいる場合は,まずは相手の話を聞いてあげることから始めてみましょう。

人は、話をしっかり聞いてくれる人に話したり相談に乗ってもらいたいと思うもので、相談に乗ってもらった人は、なんとなく相手に親近感が湧いてきます。その親近感をもってもらえる方法は、相手の話を聞くことから始まるので意思疎通が難しい人でもうまいく1つのコツになります。

 

親近感を味わってもらう

先程、相談に乗ってもらうと人は勝手に親近感を湧いてくれると述べましたが、今度はそれを相手に同じことをします。

自分が考えていることや、他人と意思疎通で悩んでいること、困っていることなどをどうやったら良いのかを相談することによって、「人は私に相談してくれてる」、「頼られてる」と感じます。

その相談に乗ってもらった他人との意思疎通で悩んでる答えが相手から出ればうまくいったも同然で、相手が望む対応をしてあげられる、さらにお互いの親近感を感じ、意思疎通が円滑になって行きます。

 

自分の話すスピードに注意

最後に意思疎通が難しい相手と話すときは、ゆっくり話すことがとても大切です。人は焦ったり、色々考えながら話すと、自分が何を言っているのか、また早口になってあまり相手に伝わってないことがあるので、丁寧にわかりやすく話すようにしましょう。

それから、相手が自分に相談して来て、親近感が湧いてしっかり意思疎通が図れるようになっても話すスピードが速くて相手が理解していなかったら、まったく意味がありませんので、話すスピード、相手がしっかりと聞き取れてるスピードなのかを今一度考えてみましょう。

 

以上、意思疎通が難しい相手でもうまいく1番大事なことは、まずは自分が、意思疎通ができない相手に自分がなっていないかを考えてみましょう。自分を見つめ、自分は意思疎通が人と円滑にできているのか、相手にも親近感を持てるような話し方ができているのか、自分は相手に親近感が湧くのか、話すスピードは適当であるのか、このように自分の対応をどうするべきかが分かれば、意思疎通が難しい人とでもうまくいきます。

答えはいつも相手にあるわけではなく、必ず自分の中にあります。すべての物事に対して、自分を基準に考えるように自分が自分と向き合うことができれば、意思疎通が難しい相手でもスムーズにコミュニケーションができるようになります。

まとめ

意思疎通が難しい相手と接するには

・自分を見つめ直す
・相手の相談に乗る
・自分の相談をする
・話すスピードを考える

本物の占いをお探しのあなたへ

神秘の能力で真実をお教えします!もう一人で悩まなくても大丈夫。幸せな日々はあなたにも必ず訪れます!

『Feel』では、あなたに起こる運命の日を鑑定し、最も幸せになる方法を 分かりやすく教えてくれますよ。しかも、今なら、全員2000円(最大10分)無料でご利用頂けます。

運命を知りたい方は、コチラ!

連記事