バイオリズムを知れば職場の人間関係からストレスが消える!

バイオリズムを知れば職場の人間関係からストレスが消える!
「バイオリズム」という言葉を聞くと、きっと三次曲線のような、グラフのようなものを思い浮かべる人が多い事でしょう。しかしバイオリズムという言葉自体は耳にした事があってもそれが具体的に何なのかを知っている人はあまり多くはありませんよね。

実はこのバイオリズム、うまく使えば、私達の日常のコミュニケーションに大きく貢献してくれるんです。例えば周囲の人への接し方が楽になったり、ギスギスしていた人間関係が円滑になったりと、かなり良い事だらけです。

特にストレスに晒される職場で、そりの合わない上司や先輩、扱いにくい同僚や後輩に悩まされている皆さんは必見です!そこで今回はバイオリズムを上手に利用して、人間関係の摩擦を減らす方法についてお伝えします。

バイオリズムって何?

まずはバイオリズムの基本から勉強しましょう。バイオリズム(biorhythm)とは、生命bioと規則的な運動rhythmの合成語。生物の生理状態・感情・知性は周期的なパターンに沿って変化するという考え方から生まれ、それを視覚化したものです。

人間の場合、基本的には「身体」「感情」「知性」の3つの波形を用います。この波形は、0より高い位置にあると活動期、低い位置にあると休息期と呼ばれ、分かりやすく言うと活動期は「調子がいい」、0は「不安定」、休息期は「充電」ということになります。

なお、これらの波形は一定の周期で同じ動きを繰り返し、それが身体は23日周期、感情は28日周期、知性は33日周期とそれぞれ異なるので、すべてが絶好調!ということはまれです。

バイオリズムは誕生日から算出するので、知りたい人の生年月日と無料診断できるウェブサイトにアクセスできる環境であれば誰でも使用することができます。

実際にバイオリズムを表示させてみよう

例えばこんなサイトもあります

バイオリズムを無料診断できるウェブサイトにアクセスし、生年月日を入力すると、3本の曲線のグラフが表示されます。これが、その生年月日の人のバイオリズムです。

身体・感情・知性のそれぞれが今どんな状態にあるかを示しています。通常は、x軸が日付、y軸が波形の高低を表し、y軸の真ん中が0になっています。

実際に表示させてみると、すべての波形が重なるタイミングがまれにしかないということも分かると思います。ではこのグラフを一体どうやって使っていくのか?それを次にご説明します。

 

バイオリズムの読み方について

バイオリズムには3つの要素があります。

まずは「身体リズム」。これは体力や耐久力、肉体的な自信、勇気の状態を表します。ここが活動期だと体調が良く、体を使った作業やスポーツ、旅行、手術などに適します。

逆に休息期の場合、体力が低下し疲れが出やすい日で、主に体力の充填に充てたほうが良いとされています。

「感情リズム」では、活動期には積極的になれ、気力も満ちています。勘もさえるので賭け事にも向いています。

休息期は、消極的で神経の磨耗も激しく、ふさぎがちになります。神経を使うことや複雑な人間関係には関わらないほうがよい日です。

「知性リズム」が活動期のときは、思考や記憶力が最大限発揮できます。頭の回転がよく、計画を立てたり難しい判断が必要な作業に向いています。

休息期だと、逆に判断力が鈍り、理論的に考えをまとめられなくなります。単純作業などあまり頭を使わないことに充てるとよいでしょう。

…と、こんなふうに読むことができます。まずは自分のバイオリズムを知り、自分が今どんな状態であるかを把握しましょう。

 

0の日は要注意!不安定日には無理をしないようにしよう

もうひとつ、バイオリズムを読むことで重要なことがあります。

それが「0」の日。活動期と休息期の境目ですが、この日はそれぞれのリズムが不安定になりやすく、思わぬ事故や判断ミスを起こしやすいのです。

身体リズムの場合は風邪などの感染症や持病の悪化のおそれがあります。体力的な無理をしがちなので、怪我や悪酔い、胃腸の不調にも注意が必要です。

感情リズムの場合は情緒が安定せず、いらいらしたり余計な一言を言ってしまったり、我慢が効かなくなりがち。

知性リズムであれば、注意力散漫になりミスが多くなります。

集中力にも欠け、飽きっぽくなります。どのリズムも不安定日には交通事故を起こしやすく、車の運転を控えたりすることも重要です。

 

実践!職場でバイオリズムを使いこなすポイント

これらをバイオリズムで知ることができれば、あとはどう活用するかです。

まず自分のバイオリズムを知り、避けられるトラブルを避けましょう。その上で身体リズムのよい日に残業をしたりして効率よく成果を出したり、知性リズムの高い日に難しい作業に臨んでミスを一掃すれば、一目置かれる存在になれるはずです。

さらに、苦手な人のバイオリズムを調べましょう。指示が曖昧で頼りない上司なら、感情リズムと知性リズムが高い日に指示を仰ぎましょう。

嫌味や余計な一言で感情を害してくる人との共同作業なら、感情リズムが高い時を狙います。感情リズムがよいと協調感が生まれるので、嫌な思いをしなくて済むでしょう。

指示通りに仕事をしてくれない困った後輩の知性レベルの高い日を調べ、身体レベルの低い日には無理をさせないなどの配慮もできるようになります。

そして、「0」の日には重要なことは避けること。このようにしてバイオリズムを使いこなし、ストレスの軽減に役立ててくださいね。

 

さて、このようにバイオリズムをうまく使いこなすことができれば、今までよりもずっと仕事がしやすくなりますよね。このように、その日の調子を知ることは、自分はもちろん周囲の人にも役に立つことなのです。

職場の人間関係が円滑になったうえに成果も出せるなら、バイオリズムを使わない手はないですよね。バイオリズムが最良の日に最適の仕事のタイミングを合わせるのは難しいかもしれません。

それでも「0」の不安定日を避けられれば、余計なトラブルを回避することに繋がりますのでぜひ不安定日のチェックを怠らないようにしてくださいね。バイオリズムで今まで悩まされていた職場のストレスを上手に切り抜けて、キャリアアップに繋げましょう!

タロットカードでわかるあなたに待ち受ける“運命日“

あなたの運命や人生の転機は、あなたが選んだタロットカードでわかります。今、当たると話題の「神秘のタロットカード」では、これから起こるあなたの未来を大予言!どうすればあなたを幸運へと導くかを教えてくれます。

凄腕の鑑定師が個別に作成してくれる鑑定結果メッセージがあなたの運命を切り開いてくれるでしょう!

気になる方は是非試してみてください!

連記事
タイトルとURLをコピーしました