九紫火星の人が持つ運勢とは?「性格」「恋愛傾向」「相性」まとめ。

九紫火星の人が持つ運勢とは?「性格」「恋愛傾向」「相性」まとめ。九星気学(きゅうせいきがく)という言葉を聞くと、「何それ?」「初めて聞いた」と感じる人も多いですよね。生まれた年月日を九つの星に分け、五行と組み合わせたのが「九星気学」です。

自然にある金、水、木、火、土の5つと色を組み合わせた9つのタイプに分けられ、生年月日によって9種類に分類します。なので、九星気学それぞれの星の特徴や相性を知っておくと自分の運勢を占うだけでなく、自分の長所を知ったり今後の生活をよりよくすることができるでしょう。

九星気学には、それぞれ特徴や相性があります。今回紹介する「九紫火星(きゅうしかせい)」は、自然界における「火」を属性としているので情熱、明るい、華やかなどの特徴があります。

さらに九紫火星(きゅうしかせい)の「9」という数字は最も大きいので「神の領域に達する」と言われています。なんだか、とてもすごいイメージが湧きますよね!

九紫火星の生まれ年

1955年(昭和30年)
1964年(昭和39年)
1973年(昭和48年)
1982年(昭和57年)
1991年(平成3年)
2000年(平成12年)
2009年(平成21年)
2018年(平成30年)

そんなわけで今回は九星気学の「九紫火星」の性格・恋愛観・相性の良いタイプなどをばっちりお伝えします。ぜひ、今回お伝えするする性格の特徴などを覚えておきましょう!

九紫火星(きゅうしかせい)の性格と恋愛観について

運気を上げて生き生きするイメージ

九紫火星で有名な方といえば、政治家の故小渕恵三さんやタレントの明石家さんまさん、歌手の美空ひばりさんや竹内まりやさん、小説家の江國香織さんや、あのアップルを作ったスティーブ・ジョブズさんなど、情熱的でパワーにあふれたたちが多いですよね。

そんなパワフルな九紫火星の性格と恋愛の傾向はどんな感じなのか、詳しく見ていきましょう。

九紫火星の性格の長所

九紫火星の長所は、なんといっても「判断力・決断力」があることです。この決断力の素晴らしさから、即断即決してすぐに行動に移してしまうので、時間を無駄にせずせっせと動くことができるでしょう。

そのため、仕事でもプライベートでもアクティブで、うじうじ悩んでなかなか行動に移せないということは少ないはず。

また、九紫火星は仕事でもプライベートでもリーダーシップを発揮することが多いでしょう。というのも九紫火星のはもともと外向きにパワーやエネルギーを発揮していくタイプなので、集団のリーダーになって周囲を引っ張っていく立場になっていることが多いのです。

なので、例えば「気が付いたら友達の輪の中心にいた」「仕事の会議で司会進行のような存在になっていた」なんて経験も多いのではないでしょうか。また、九紫火星のは才能が豊かで器用であるので、周りにも愛されるでしょう。

このリーダーシップにつながるのが、九紫火星のが年上や年下にも好かれることです。年上からは「仕事ができるけど時々失敗するところがかわいい」、年下からは「頼れる先輩」として、それぞれ周囲の信頼を得ることができるに違いありません。

また、九紫火星はゴージャスで華やかな印象を与えます。コーディネートの1つ1つにセンスの良さを感じさせるのですが、本人は意識してやっていることではなくいたって普通にやっていることです。

さらに九紫火星は感受性がとても強く、独特の美的センスを持っている人が多いです。非常に頭の回転が早く勉強熱心なので、冷静に状況を把握する力を持っています。なので九紫火星は、教育者や外交官などの頭脳労働の職業やデザイナーや美容師などの美的センスが発揮できる職業がおすすめでしょう。

実際に九紫火星は流行に敏感で、職場や学校でおしゃれな人と思われているかもしれません。それはなぜかというと、九紫火星は世間の流行のものをとりいれて、自分流のおしゃれをするのが得意だからです。そしてそのセンスは贈り物にも反映されるので、九紫火星の人が贈り物をするととても喜ばれるに違いありません。

 

九紫火星の性格の短所

人には長所もあれば短所もありますよね。九紫火星の人にも、長所と裏返しの短所があります。

まず九紫火星の短所となりがちなのが、「プライドが高く負けず嫌い」なところ。九紫火星の人はどんな小さなことでも負けたくない、相手が年下でも年上でも負けたくないという気持ちが強く、自分が勝つためなら気を緩めることはしません。かつ、九紫火星の人は相手が自分のライバルだと思うと、闘争心をむき出しにしてきます。

ある意味、相手と戦うよりも自分のプライドの高さと戦っているのですが、周りからすると「勝気」だと思われてしまうこともあるでしょう。

ですが、闘争心に火が付くと攻撃的な言葉を言ってしまうこともあるので、九紫火星のを敵に回したり対立することは避けましょう。

また、九紫火星にはうぬぼれが強かったり他人を見下したりする自分本位な面があります。もともと頭の回転が早く、駆け引きができる人が多いのですが、ずるさも持っているのでによって態度を変えたりする二面性を見せることも。見栄っ張りな性格とあいまって、1人で仕事を頑張ろうとなって結果的にボロボロになってしまった・・・とならないように気を付けましょう。

その一方で、九紫火星の人は他人からのアドバイスを聞くのが苦手です。というのも九紫火星の人は(先ほどもあげたように)頭の回転も早く自分の考えに自信があるので、他人の意見が必要ないからです。とはいえ、きちんと結果を出せるなので周囲から嫌われることがないでしょう。

さらに、九紫火星の人は「怒りっぽい」ところも注意が必要です。怒る回数が多いのですが、いつまでも怒り続けることはなく、すぐけろっと忘れてしまうことが多いでしょう。このため、九紫火星には主導権を握らせておくと怒りの回数が減るかもしれません。

落ち込んだり激しく怒ったりする一方で、九紫火星の人は信頼する人にたいして弱いところを見せることもあります。

これは九紫火星のは基本的に心の中に他人を入れたがらないので、もし周りのに九紫火星の人がいた場合は、「これは信頼されている証拠なんだ」と広い心で受け止めつつ、九紫火星のを思いっきり甘えさせましょう。

そして「正直すぎる」ことも時には短所になるかもしれません。というのも九紫火星の人は普段は冷静沈着なのにもかかわらず思ったことがすぐ顔に出ます。となると嘘はつけないですし、思ったことを正直に言ってしまって失敗することも。時には人の秘密まで話してしまうこともあるので、注意しましょう。

また「正直すぎる」と同時に「気分によって態度が変わる」こともあります。九紫火星はパワフルで周囲のを引っ張っていくこともできますが、それは自分が興味があることや楽しいと思えることに関して限定です。つまり気分が乗らないと、感情すら表に出てきません。

このため周囲のからは「気分屋」だと思われるかもしれませんので、なるべく気分で態度を変えないようにしましょう。

そして、九紫火星の人は感受性が強い分「ストレスに弱い」です。あらゆる点に気が付いてしまったり、なんでも一でやってしま嘔吐した結果、ストレスがたまってしまうこともあるでしょう。このため適度にガス抜きしたり、身体を休めることも大切です。

 

九紫火星の恋愛観とは

九紫火星の人は情熱的な恋愛をする人が多いです。それゆえ浮気や不倫などの恋愛トラブルに巻き込まれることもあるので気を付けましょう。恋愛をするときは、ゆっくりと時間をかけて関係を築いていくことがおすすめです。

そんな九紫火星のひとと恋愛面で相性が良いのは、似た者同士の元気な人です。逆にいうと、物事を熟考するタイプのだと、九紫火星のがイライラして「頼りない」と思ってしまいがちだからです。

九紫火星の人はパワフルで行動力があるので、同じような人と出会うと一気に距離が縮まり、すぐ交際がスタートするかもしれません。付き合っていても、言動が似ているのでお互い楽しく過ごすことができるでしょう。

また、九紫火星の独特な美意識として、女性はイケメン、男性は美女に心が惹かれます。九紫火星のは、この世で美しいものが大好きなのです。つまり言い換えると見た目が好みじゃないとは恋に落ちる可能性は低く、恋愛相手として興味を持たれないでしょう。

 

九紫火星(きゅうしかせい)と相性の良いタイプとは

恋愛のイメージここまでは、九紫火星の性格の特徴についてお伝えしてきました。では次にそれぞれの星との相性を見ていきましょう。

気になる人や恋人やパートナーの性格と照らし合わせながら、ご覧ください。

※ 九星気学の生まれ星は以下のサイトで簡単にチェックできます

九星盤計算
指定日の年家九星、月家九星、日家九星を求め、それぞれの九星盤が表示されます。

一白水星(いっぱくすいせい)の人との相性

九紫火星の特徴が「火」であるのに対して、一白水星(いっぱくすいせい)の特徴は「水」です。そのため、九紫火星の人とは真逆な性格を持っていることが多いでしょう。一白水星(いっぱくすいせい)のが我慢強く忍耐力に長けているので、短気な部分がある九紫火星の人とは合わないことも多いかもしれません。

一白水星が温和で周囲に合わせていく傾向があるので、はっきり物を言わないときに九紫火星が「言いたいことはちゃんと言いなさいよ!」とイライラしたり、「自分がないのでは?」と感じることも。一白水星の人はデリケートな人が多いので、九紫火星の人が優しく接することが大切です。

一白水星の生まれ年

1954年(昭和29年)
1963年(昭和38年)
1972年(昭和47年)
1981年(昭和56年)
1990年(平成2年)
1999年(平成11年)
2008年(平成20年)
2017年(平成27年)

 

二黒土星(じこくどせい)の人との相性

二黒土星(じこくどせい)の象徴は「地」で、真面目な努力家も多く、非常に親切で穏やかなが多い傾向にあります。一方でユーモアにも長けていて包容力があるので、九紫火星の人を受け止めてくれるという意味では比較的相性が良いでしょう。

とはいうものの、二黒土星(じこくどせい)はなかなか他方に心を開かなかったり、表面上温厚そうに見えてもしっかり芯を持っているため、衝突したときには大喧嘩になってしまうことも。

そのため九紫火星の人が二黒土星の人と仲良くなるためには、九紫火星の人が積極的にアプローチしましょう。コツコツアプローチを続けていくことで、きっと心を開いてくれるはずです。

二黒土星の生まれ年

1953年(昭和28年)
1962年(昭和37年)
1971年(昭和46年)
1980年(昭和55年)
1989年(昭和64年)
1998年(平成10年)
2007年(平成19年)
2016年(平成28年)

 

三碧木星(さんぺきもくせい)の方との相性

三碧木星(さんぺきもくせい)は「雷」を象徴としていて、明るく社交的でエネルギッシュな性格のが多いのが特徴です。そのため、エネルギーや勇気、情熱といったパワーを持っている九紫火星の人とはどちらからともなく惹かれあうような、とても良い相性となっているでしょう。

また、三碧木星(さんぺきもくせい)の人は頭の回転が早い反面、そそっかしい性格でもありますので冷静な状況判断力を持つ九紫火星の人とは仕事でもプライベートでも良い関係を築くことができます。

さらに三碧木星の人は少々優柔不断な点があるところのに対して、九紫火星の方が「こう」と早く決断するので、うまくフォローしあえる関係になれるに違いありません。ただし、三碧木星も九紫火星の方もお金は浪費傾向になるので、ご結婚なさる場合は家計管理をしっかり行なっていきましょう。

三碧木星の生まれ年

1952年(昭和27年)
1961年(昭和36年)
1970年(昭和45年)
1979年(昭和54年)
1988年(昭和63年)
1997年(平成9年)
2006年(平成18年)
2015年(平成27年)

 

四緑木星(しろくもくせい)の方との相性

四緑木星(しろくもくせい)の象徴は「風」で、性格も風の向くまま気の向くまま、少し飽きっぽかったり気まぐれなところが見受けられます。また、異性にもモテるのでついフラッと浮気してしまうのが玉にきず。とはいえ、性格は基本的に柔和で社交的なので、九紫火星の人との相性は良いほうでしょう。

四緑木星(しろくもくせい)の人は物静かですが社交的な人が多いので、自己中心的な九紫火星をフォローすることができます。また、四緑木星の人も決断力が乏しい部分を九紫火星の方がカバーする関係性になれるかもしれません。

九紫火星と根本的に違うのは、四緑木星の人は「楽観主義」であること。一度決めたら曲げられない九紫火星と違い、「こっちの方がいいかも」と感じるとそっちに行ってしまうのが四緑木星の特徴です。なので、九紫火星の人が四緑木星の八方美人なところや言っていることがコロコロ変わることを理解すると、歩み寄っていきましょう。

四緑木星の生まれ年

1960年(昭和35年)
1969年(昭和44年)
1978年(昭和53年)
1987年(昭和62年)
1996年(平成8年)
2005年(平成17年)
2014年(平成26年)

 

五黄土星(ごおうどせい)の人との相性

五黄土星(ごおうどせい)の象徴は「地」です。五黄土星(ごおうどせい)の人の性格は威厳がありながらも、竹を割ったさっぱりとしています。親分肌・姉御肌と呼ばれる気質のある方が多く、九紫火星からすると理想の相手に見えるでしょう。

九紫火星も五黄土星もバイタリティーにあふれてパワーに満ちているので、一緒に行動すると楽しいことがまているはずです。

五黄土星は頼られることを好むので、九紫火星の人から五黄土星の人を頼るようにしましょう。きっと2人の仲が深まることは間違いありません。

五黄土星の生まれ年

1959年(昭和34年)
1968年(昭和43年)
1977年(昭和52年)
1986年(昭和61年)
1995年(平成7年)
2004年(平成16年)
2013年(平成25年)

 

六白金星(ろっぱくきんせい)の人との相性

六白金星(ろっぱくきんせい)の象徴は「宇宙」で、純粋や正義、理想といったパワーを秘めているので警戒心が強い傾向があります。そのため、少し強引なところがある九紫火星は少し怖い印象を持たれてしまうかもしれません。

このため九紫火星の人は怖がらせないように根気よく、優しく接することで心を開いてくれるでしょう。また、恋愛においては六白金星も九紫火星も一途な愛を貫くので、相性は抜群です。

六白金星の生まれ年

1958年(昭和33年)
1967年(昭和42年)
1976年(昭和51年)
1985年(昭和60年)
1994年(平成6年)
2003年(平成15年)
2012年(平成24年)

 

七赤金星(しちせききんせい)の人との相性

七赤金星(しちせききんせい)の象徴は「湖」で、明るく開放的で雄弁な人が多いです。しかし七赤金星(しちせききんせい)の人間関係を乱したくない姿勢と、何事にも白黒をつけたい九紫火星の姿勢は根本的に分かり合えいないので、相性は最も悪いのです。

最初のうちは七赤金星の口がうまく人間関係をソツなくこなすところに九紫火星の方が惹かれていきますが、価値観が違うことがわかると疎遠になってしまう・・・という可能性があります。

七赤金星の生まれ年

1957年(昭和32年)
1966年(昭和41年)
1975年(昭和50年)
1984年(昭和59年)
1993年(平成5年)
2002年(平成14年)
2011年(平成23年)

 

八白土星(はっぱくどせい)の人との相性

八白土星(はっぱくどせい)の象徴は「山」。広い心を持っている人が多いので、九紫火星のわがままさやエネルギッシュな行動力を受けいれてくれるでしょう。

八白土星(はっぱくどせい)の非常に我慢強く、コツコツと何事も地道に進めていける性格に九紫火星の方から好きになるケースが多い相性です。また、八白土星の方は自分からアプローチはしない傾向で、自分を好きになってくれた人を好きになるタイプが多いです。

なのでガンガンとアプローチする九紫火星とは相性がピッタリで恋愛だけでなく同僚としても良い関係性を築くことができるでしょう。

八白土星の生まれ年

1956年(昭和31年)
1965年(昭和40年)
1974年(昭和49年)
1983年(昭和58年)
1992年(平成4年)
2001年(平成13年)
2010年(平成22年)

 

九紫火星同士の相性

九紫火星同士だと、お互いに明るく情熱的にエネルギッシュなので惹かれあう関係になるでしょう。ただし気が合えば一生付き合える友人やパートナーになれますが、気が短く維持を張りやすいので、くだらないことがきっかけで大喧嘩となりやすいので注意しましょう。

また、お互い飽きっぽいところがありプライドが高いので、少しでもずれがあるとうまくいかなくなることも。このため、譲れるところは譲りつつ思いやりをもって接すると、良い関係性を築くことができます。

 

九紫火星(きゅうしかせい)の人がうまくお付き合いするコツ

うまく付き合うイメージまずは、九紫火星の人は忍耐力を鍛えるようにしましょう。ビジネスをはじめとして、何かを達成するにはコツコツとした努力が不可欠ですよね。熱しやすく冷めやすい九紫火星の人は努力が長続きしないこともしばしばありますが、少しだけ辛抱してみると、成功への道が開けるはず。

また、九紫火星の人はわがままで自己中心的な性格の人が多く、時に孤立してしまうこともあるかもしれません。そうならないように、自分の欠点をよく理解して人との関わりを大切にしましょう。困ったときには人を頼ったりするのも、コミュニケーションをとるうえでは重要です。

ちなみに、九紫火星の先輩や上司としてうまくいくタイプ、行動力がありながらも落ち着きがあり威厳を感じさせる相手です。

九紫火星の人はパワフルですぐ行動するので落ち着いている人がいると、時にアドバイスをくれることがあるので人間関係が円滑になるでしょう。

 

ということで、九紫火星の性格の特徴・恋愛の傾向・他の星との相性についてお伝えしてきました。

九紫火星の人は決断力と行動力があり、自分の判断は間違いないと信じているタイプが多いです。そんな行動力に惹かれる人も多く、いつの間にかリーダーをやっていた何ていうことも多いかもしれません。

また、九紫火星の人は華やかでおしゃれな人が多く、感受性が強いがゆえに打たれ弱い部分がありますが、そのセンスを発揮できる仕事につくと成功する可能性があります。

その一方で自己中心的になりがちだったり、怒りっぽい点や正直すぎる点には注意が必要でしょう。少し忍耐力をつけると、ビジネスや人間関係がうまくいくかもしれません。

恋愛の傾向としては、美女・イケメンを好みます。また好きな相手には持ち前の行動力によってどんどんアプローチしていきます。また、紫火星の人は同じエネルギッシュな人や行動力を受け入れてくれる人と相性が良いでしょう。

九紫火星の人がうまく人と付き合っていくには、忍耐力を鍛えるようにしたり、周りとコミュニケーションをとるようにしましょう。きっと自分とは違った視点が見えてくるはずです。

このように九星の占いでは基本的な性格や人間性を抑えておくと、相性が良いタイプと今後の付き合い方にも役立てることができます。ぜひ、今回の内容を今後の人間関係に役立てましょう!

コメントをお書きください

タイトルとURLをコピーしました