心の闇が深い人を立ち直らせる7つのカギ

心の闇が深い人を立ち直らせる7つのカギ
心の闇が深い人を立ち直らせるのは容易なことではありませんよね。精神疾患になった経験がない一般の人にとっての常識や当たり前の事は、闇が深い人にとっては当たり前ではないためです。

その違いは物事の考え方や言動だけではありません。例えば、第三者が自分に向けて言った言葉や何気ない会話の中での言葉じりですら、一般の人にすれば冗談や聞き流せる程度の些細なものでも心の闇が深い人にとっては、著しく心を傷つけるものにななってしまうこともあります。

また、心の闇が深い人は、傷ついてもそのことを直接相手には伝えませんからなおさら配慮が必要なのです。大切な友人や仕事でのパートナーや同僚がこのような心に闇を抱えていたら、立ち直らせたいですよね。そこで、心の闇が深い人を立ち直らせる7つのカギを解説します。



 

心の闇が深い人を
立ち直らせる7つのカギ

 

励ましの言葉は逆効果


心の闇が深い人を立ち直らせようとしてよく犯してしまう失敗が、励ましの言葉をかけてしまうことです。元気がない人や落ち込んでいる人がいると、その人を元気づけようという善意で「がんばれ」と励ましてしまうことってありますよね。

しかし、このような強い口調での励ましは、心の闇が深い人にとっては逆効果になる可能性があります。「がんばれ」と言われると、自分はこれまで頑張りが足りなかったんだと自責の念に駆られてしまうためです。強い励ましの言葉はかけないように気を付けましょう。

 

比較表現や断定評価はNG


心の闇が深い人には、誰かと比較したり相手を断定するような評価をしてはいけません。「〇〇さんより~だね」など誰かと比較をしてしまうと、相手は比較対象のことを気にしてしまって余計にストレスや悩みが増えてしまいます。

また、断定するような評価をするのもNG。何かを断定して相手を評価することで、これまでの自分はダメだったということかと余計に落ち込んでしまう可能性があります。

 

悩みを過小評価しない


相手が落ち込んでいたり、悩んでいる時には「そんな悩みは明日になったら忘れてるよ」と励ますことってありますよね。確かにこう言われて気が楽になる人もいますが、心の闇が深い人には逆効果になります。「この人は自分の悩みを理解してくれていない」と思い、余計に孤独を感じてしまうのです。

相手が悩んだり落ち込んでいる時には、相手の話に耳を傾け、決して相手の悩みを軽んじることなく真摯に共感の相槌を打ってあげると、相手の気持ちは徐々に楽になっていきますよ。

 

話の聞き役に徹する


責任感が強い人やどうにか相手を立ち直らせてあげたいという気持ちが強い人ほど、積極的にアドバイスを送ろうとしますが、根拠のない無責任なアドバイスはするべきではありません。精神疾患は複雑なもので、一般の人が思いつきで解決方法を出すことは大変難しいものです。

もしアドバイスを真に受けた相手がそれを実践して失敗すれば、取り返しがつかないくらい心を傷つけたり落ち込ませたりすることになるでしょう。無責任なアドバイスはせずに相手に同調して話を聞いてあげる役に徹することが大切です。

 

そっとしておく


元気がない後輩や部下を元気づけるためには、飲み会に誘ってコミュニケーションをとるのが一番効果的だと思っている人は少なくありませんよね。しかし、遊びや飲み会に誘うこと自体が、心の闇が深い人にとっては負担になっている可能性があります。

本当は行きたくないけど行かなくてはいけないと思わせたり、誘いを断らせるには相手に大変なストレスが生じます。闇が深そうだなと思ったら、無理に誘わずにそっとしておいてあげることをおすすめします

 

特別な態度をとらない


心の闇が深い人には接し方を注意しなくてはいけないということはこれまでの解説で述べてきたことですが、かといって、他の人に対する態度と差をつけてはいけません。相手を避けたり、腫れ物に触るような態度をとれば、相手はそれを感じ取って、余計な悩みを増やしてしまいます。

闇が深い人と会話をする時には注意点はありますが、それに気を付けてさえいれば露骨に避けたり、気を遣う必要はありません。周りとわけ隔てない態度をとることも思いやりの1つですね。

 

批判否定をしない


心の闇が深い人は、ただでさえ自分で自分のことを責めていることが多くあります。このような人を批判したり、否定することは絶対にしてはいけません。相手はさらに自己嫌悪に陥ってしまい、取り返しがつかないくらい心の闇が深くなってしまいます。

相手がどんなに自分を否定するような事を言っていても、「そこがダメ」とか「自業自得な部分もあるね」など批判するような表現はしないよう注意しましょう

 

如何でしたでしょうか。心の闇が深い人は、とても感受性が敏感になっている状態でもあります。特にネガティブな方向に物事を考えてしまう思考回路になっていることが多いため、こちらが軽い気持ちで放った言葉でも、心の闇が深い人にとっては、ずっしりと重く受け取ることがあるのです。

そこで、心の闇が深い人には、決して相手を批判したり、むやみにアドバイスを送るなどの行為はしないようにしましょう。相手をそっとしておいてあげること、また、相手が話していることをじっくりと聞いてあげることが大切です。話を聞いてあげるという事は、無言のうちに理解者の役割を担うことになります。

心の闇が深い人は、孤独を感じ、自分だけがいけないんだという思考を持っていることが多いため、「自分にも味方がいるんだ」と思えるだけでも立ち直る大きな糧になることでしょう。

まとめ

心の闇が深い人への接し方とは

・強い口調での励ましは逆効果になるのでしない
・相手を認め誰かと比較したり断定的な評価をしない
・悩みや苦しみは過小評価せずに共感してあげる
・積極的なアドバイスはせずに同調までにとどめる
・元気づけようと無理やり遊びや飲み会に誘わない
・基本的には他の人と接する時と同じ態度をとる
・相手を批判、否定するような表現を使わない

当たりすぎてこわい!不安だらけの人生を幸せに導くには

私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが導かれる運命も、運命の人との出逢いも、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『カラー波動診断』では、スピリチュアル鑑定師が1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージであなたの運命を読み解き、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

あなたが進むべき道を知りたい方は、ぜひお試しください!

仕切り線
仕切り線