ついてないと感じる人が、運気を上げる為に行うべき21の事

ついてないと感じる人が、運気を上げる為に行うべき9つの事
「最近、ついてないなあ」「運のいい人が羨ましい」と感じることありますよね。もし、自分はもともと運が悪いから・・・と思っているのだとしたらそれは運が悪いのではなく、運が下がっているだけなのかもしれません。そう、運は引き寄せるものです。

実はあなたの日常のなかには、幸せをつかむためのヒントがたくさん隠れています。ですので今日は、いいことがない、ついてないと感じる人が、なぜそんな風に思ってしまうのか?そして運気を上げる為に行うべき事についてお伝えします。さあ、できることから無理なく始めて運気をアップさせていきましょう!

  1. いいことがない、ついてないと思ってしまうのはなぜ?
    1. 「いいことがない」と「いいことがあった」は、その時その場の感情から生まれます
    2. 時間が経てば「嫌なこと」も「良かったこと」に変わるかもしれません
  2. 嫌なことが続く、悪いことが続く時に見直してみてほしい7つの事
    1. 感情を変える為には考え方を変えましょう
    2.  靴箱に靴をしまいましょう
    3. 財布をきれいにしましょう
    4. 新鮮な気持ちになる為に朝に下着をとりかえる
    5. 運気を入れ替える為に風通しを良くしましょう。
    6. 「あたりまえ」を変える為に、いつもと違うことをしましょう
    7. 不運を紙に書き出して自分自身を見つめ直しましょう
  3. ついてないと感じる人に行ってほしい運気を上げる14のコツ
    1. 運気を上げる為には玄関、トイレを清潔に保ちましょう
    2. 使わなくなったものとはサヨナラしよう
    3. 言葉に意識を向けましょう
    4. 目に見えないものに感謝しましょう
    5. まわりの人を大切にしましょう
    6. 神社やお寺にお参りしましょう
    7. 塩を上手に使いましょう
    8. 気持ちを入れ替える為に香水をつける
    9. 新しい物に宿るパワーを味方につけましょう
    10. 植物の力を味方につけましょう
    11. 気持ちと運気を入れ替える為にお風呂に入ろう
    12. 空を見上げよう
    13. 眠る前にメディテーションを行おう
    14. 自分にご褒美をあげましょう!

いいことがない、ついてないと思ってしまうのはなぜ?

いいことがない、ついてないと思ってしまうのはなぜ?まずは、どうして私たちは「いいことがない」「ついてない」と思ってしまうのか、その理由についてお話しします。

「いいことがない」と「いいことがあった」は、その時その場の感情から生まれます

同じような日々を繰り返していると、ついつい私たちは「なにかいいことないかな」と思ってしまったり、「最近いいこと無いな」なんて思ってしまうかもしれません。では、その「いいこと」っていったい何なのでしょう?

答えはシンプルですべて私たちの感情です。つまりその時「思ったこと」が「楽しい」「つまらない」「いいことがあった」「いいことがない」という感情になって、時には言葉にするのです。

ですので、この感情は同じ物事に対しても感じ方はひとそれぞれで、例えば学校や会社に遅刻しそうになって、めちゃくちゃ急いで向かってギリギリ間に合ったとします。

その時にあるひとは

間に合ってラッキーと思うかもしれませんし
遅刻しそうで最悪だった。。。と思ってしまうかもしれません。

そう、「いいことがない」と「いいことがあった」という真逆の言葉も、実は「その人が、その物事をどう捉えるか、どう感じるか?」次第なのです。

 

時間が経てば「嫌なこと」も「良かったこと」に変わるかもしれません

例えば恋愛で、とても辛い失恋をしてしまった直後にはきっと

  • あんな人と付き合うんじゃなかった
  • あの人を忘れるなんて無理
  • 人生この先真っ暗

なんて、とてもネガティブな気持ちになってしまう事もありますよね。

でも、時間が経って新しい恋人ができてとても幸せになった時には

  • あの時があったから今の私がある
  • 良い経験だったかも
  • 今となっては笑い話だよ

なんて、過去を美化してしまったり、「辛い経験から良い経験」なっていたりと感じ方が180度変わってしまったりするものです。

つまり、同じ人でも時間と共に感情は変化して「ついてない」「何も良い事がない」が「あの時があって良かった」「いい経験をした」にいつの間にか変わってしまったりします。

ですので、大事なのは過去ではなく「今」、そしてこれから先の「未来」をどう作っていくかです。

 

嫌なことが続く、悪いことが続く時に見直してみてほしい7つの事

嫌なことが続く、悪いことが続く時に見直してみてほしい事ここまでで、「いいことがない」「ついてない」という感情が生まれてしまう理由についてはわかって貰えたと思いますので、ここからは私たちの「今」を見渡して、感情や感覚をなるべく良い方向へ持っていくために、嫌なことや、悪いことが続くと思う時に見直して欲しい事についてお話しします。

感情を変える為には考え方を変えましょう

「今日はついていない」と気分を落ち込ませていては、運気を上げることが出来なくなってしまいます。まずは考え方を変えて、今居る現状を冷静に判断し、どうやってその運気を上げていくかを考えるようにしましょう。

例えば、今は運がついてないから、少し慎重に行動してみようと考えてみたり、今がどん底なのだから、これからは運気が上がるはずだと考えます。

考え方を変えると、今まで落ち込んでいたときには目につかなかった部分が見えるようになり、そこから運気を上げる事ができるようになります。

まずは嫌なことや悪いことがおこってしまうのが当たり前になっている感情の癖、悪い考え方を減らすことから始めてみましょう。

 

 靴箱に靴をしまいましょう

玄関は、運気を上げるための重要な場所です。汚れがたまると、厄もたまってしまうので、自然と嫌なことや、悪いことといった不運を呼び込んでしまいます。ですので毎日たたきを水拭きをしたり、清潔にしておきましょう。

また、いくら玄関を掃除していても、靴が乱雑に出たままでは、せっかくの運気も下がってしまいます。外から帰ってきて靴を脱いだら、軽く汚れをはらって下駄箱にその都度しまうようにしておきましょう。

家に上がるついでにできることなので、ぜひ習慣にして、きれいな玄関をキープするようにしましょう。

 

財布をきれいにしましょう

仕事や外出先から戻ったらまず、かばんを整理しながら、お財布を取り出してきれいにしましょう。レシートやカードなども一旦出して、丁寧に拭いたり、お札の向きを揃えて入れなおすなど、財布をていねいに扱うことで、金運の運気が上がります。

最近ではお財布を休ませ、金運を上げるためのお財布布団というものもありますので、こうしたグッズを使って、財布を大切にすれば金運アップにもつながっていきますよ。

 

新鮮な気持ちになる為に朝に下着をとりかえる

下着は夜お風呂に入った後に取り替えるのが普通ですが、朝目覚めたあと、着替えの際に下着を替えると気分もすっきりして運気が上がります。人間は、寝ている間に厄がたまってしまいますので、朝、下着をとりかえることで厄を捨て、新しい運気を得ることができます。

特に、仕事の大事なプレゼンや、デートの時など、ここ一番!というときには、その日の朝に下着を取り替えましょう。同様にパジャマやシーツなど、寝室まわりのものも、こまめに取り替えて、厄をためないようにしましょう。

 

運気を入れ替える為に風通しを良くしましょう。

締め切って出かけた家に帰ってきたとき、なんだかまとわりつくような重苦しい気を感じたことはありませんか?風や水といった、本来動きがあるものは停滞すると腐り淀みます。同じように、運気も厄も淀み溜まってしまうものなのです。

嫌なことや悪いことは空気と一緒に入れ替えてしまいましょう。新鮮な空気と共に新しいエネルギーを取り入れ呼び込むためにも換気は必要不可欠です。

帰ってきたら、掃除をしたら、また寒い冬場に短い時間でも、窓を開けて空気の入れ替えを行いましょう。花粉症の時期や雨の日などは、換気扇や空気清浄機を使うだけでも断然違います。

 

「あたりまえ」を変える為に、いつもと違うことをしましょう

嫌なことが続く、悪いことが続く時には、いつもどおりに行動しているだけで不運に見舞われてしまうと感じるかもしれません。いつもと同じ行動をしていると不運になってしまうのであれば、いつもと一味変わったことをすれば、その不運の道から外れることが出来ます。

これは本当に小さなことでも効果があります。

例えばいつもは鉛筆で書いていたものをボールペンにしてみたり、帰り道を少し変えてみるなど、本当に小さなことで運気を上げることが出来るようになりますよ。

 

不運を紙に書き出して自分自身を見つめ直しましょう

嫌なことや悪いことが続く時には、その現状を打破するために、紙に書き出して理解しましょう。

何か原因がある不運であれば、その原因を特定し、改善することで、運気を上げることが出来ます。運が悪いと冷静に判断することが出来ないため、一度紙に書き出すことで冷静に現状を判断できるようになるのです。

また、その書き出した不運を捨てることで、不運を捨て、運気を拾い、運気を上げる事にもつながります。

 

ついてないと感じる人に行ってほしい運気を上げる14のコツ

ついてないと感じる人に行ってほしい運気を上げるコツさて、嫌なことや悪いことが続いてしまうひとの「今」を見直すことができましたので、ここからは良い未来の作り方。ついてないと感じてしまう人に行ってほしい運気を上げる為のコツにいついてお話しします。

運気を上げる為には玄関、トイレを清潔に保ちましょう

先ほども少しお話ししましたし、どこでもよく聞く定番な運気を上げる方法かもしれませんが、これはとても大事です。玄関は新しいものが入ってくる場所、きれいにしておけばいいものが舞い込んできます。逆に乱れているとよくないものを引き寄せます。

また、人形やぬいぐるみは人の気を吸い取ってしまうので玄関に置くことは避けましょう。植物は新鮮なものを選んでください。ドライフラワーは逆効果です。

続いて、トイレですが、邪気を放たないようにふたとドアは必ず閉めましょう。掃除をするときは悪いものをクリーンに落としていく、というイメージを持つと良いです。ついつい長居しがちなトイレですが、携帯や本などを持ち込むこともオススメしません。

金運アップのため、カエルの置きものが良いとされますが、玄関に置いてくださいね。トイレに置くと運が流れてしまいます。

 

使わなくなったものとはサヨナラしよう

いらなくなったものをいつまでも捨てられずにいませんか?モノにもエネルギーがあります。使わなくなったものをいつまでも放っておくと、気にかけてもらえないモノたちの運気は下がっていきます。そしてそれはあなた自身の運気を下げてしまうことにつながります。

また、靴下やピアスなどセットで使用するものの片方をなくした場合も同様です。もともと2つ一緒にいることで機能していたもの。片方だけ残していると人間関係や恋人との関係に影響することがあります。不要なものには「ありがとう」という気持ちを込めて、円満にお別れしましょう。

 

言葉に意識を向けましょう

言葉は「言霊(ことだま)」とも言われるように、自分の口から何を発するかはとても大事です。なるべくポジティブな言葉を使うように意識しましょう。「ありがとう」と意識的に使ってみるものいいですね。

また、例えば電車に乗り遅れる、などのネガティブな出来事が起こったとしても、「この電車に乗るなってことだったのだろうな」とポジティブに上書きするトレーニングをしてみましょう。

すべてはあなたに必要な事だと思ってがうまくコントロールしてください。

目や耳に入る言葉も、心にいいものを取り入れるようにしてみましょう。辛く悲しいニュースに目を向けること、社会を知ることは大切ですが、運気に左右されないハッピー体質を作ってからでも遅くはありません。自分のハートが潤う情報を取り入れてみてください。

 

目に見えないものに感謝しましょう

うまくいく人とうまくいかない人の差の根幹は単純に感謝ができるかできないかです。私たちは自分がひとりで生きているのではありません。生まれてくるには先祖がいなければこの肉体も命もないし、生きていくための水や空気や、自然にも精霊が宿っています。

目には見えないけれども感謝もなく粗末にしていると自然も容赦なく刃を向けてくることでしょう。今ここにあることに当たり前に思い感謝のできない人は全て自分の力でやってきたと傲慢なこころになればなるほど、物事もうまくいかなくなるものです。

地位やお金、物質に恵まれても人間関係でうまくいかない、健康不安、孤独で寂しくなるなど何かしら欠落する人は多くいるのです。感謝せずに自分本位ですべてを得ることは不可能なのです。

朝起きたら太陽にも挨拶と感謝、ご先祖様や両親にもありがとうができればいうことありません。運気を上げる方法の基本は何にでも手を合わせる心と気持ちです。

 

まわりの人を大切にしましょう

困ったことがあれば「あの人のために何とかしてあげたい」と思われる人になりましょう。人間は人と人との関わりの中で育まれ生きていくものです。人との関わりが希薄になってきて正しい人格形成ができていないために今の世の中の突拍子もない事件が起こっているのは事実です。

次世代、老後に行きやすい世の中にするためには人を育てなければいけません。そのためには目の前のひとを大事にするだけで良いのです。これが運気を上げる方法で、それは世代を超えて見えないところで働き自分に返ってくる大きな人徳という貯蓄なのです。

人の魂は階層がありグループ分けされているので不思議とレベルが同じような人が付き合う仕組みになっており、心向きが変われば付き合う人も変わってきます。すると「ついてない」がなくなって「たのしい」「うれしい」が沢山の毎日に変わるかもしれませんよね。

 

神社やお寺にお参りしましょう

神社は神様が住まう場所で、お寺は仏様が住まう場所です。本来これらは霊的なパワースポットであり、運気を上げることに秀でた場所です。たまには正式なお祓いなどを受けても良いかもしれません。

また、お墓参りなども効果的で、先祖代々が眠っているお墓をお参りすることは、全く関係の無い仏様を参るよりも自分自身に近いため、行いやすいです。

 

塩を上手に使いましょう

塩には浄化の作用があります。小さな山にした塩を玄関の隅に置いておくこともいいでしょう。なるべく天然、自然なものを使うと良いです。のどの調子が悪いときは、言いたいことを我慢したり、心にため込んでいることが多いです。塩水でうがいをしましょう。

また、料理をするときは塩分を控えめにすることも大切です。辛いものをとりすぎると、怒りのエネルギーが出てきやすくなります。最近、ついてないなぁと感じるときは薄味を心がけて様子を見ましょう。

 

気持ちを入れ替える為に香水をつける

良い香りは良い縁をつれてくるといいます。運気を上げるために香水をさりげなくつけたり、部屋に香りの良いフレグランスを置いたりと、香りを生活の中に取り入れましょう。

また、掃除が終わった後の部屋でお香をたくことで、運気を上げることができます。汚い部屋では効果も半減しますので、必ず部屋をきれいにしてから行いましょう。

 

新しい物に宿るパワーを味方につけましょう

停滞していると感じる運気を切り替えたいなら、ぜひ「新しいもの」を生活に取り入れてみましょう。

1つの物を長く使うのはとてもすばらしい事です。メンテナンスをしながら大切に使い続けると、その物とあなたの波長がシンクロしあなたに穏やかな平穏や幸運をもたらしてくれます。それは守りの運気です。

しかし使い続けていればいつかは力も落ちてくるもの。なんとなくしっくりこなくなったら、あなたを護る役目を果たしたといえるでしょう。

新しいものには力が宿ります。それは攻めの運気です。心機一転したいと思ったら、なにかを新調する事をおススメします。もちろん物に限らず、あなた自身のイメージチェンジでもO.Kです。

髪型を変える・新しいファッションやメイクに挑戦してみるなどなど、方法はいくらでもありますね。どこかワンポイントを変えてみるだけでも運気を大きく前進させる事ができますよ。

 

植物の力を味方につけましょう

目にも優しい観葉植物ですが、植物は邪気を吸ってくれる効果があります。すぐに枯れたり、元気がなかったりすると、自分の運気が下がっていたり、体調がよくなかったり、というメッセージとして捉えることもできます。

毎日、話しかけてあげることも大切です。良きパートナーとして、大切に扱ってあげましょう。

ツルはからみつく、と言われていますので良くないものを引き寄せてしまうことがあります。サボテンも風水的には良くないとされていますので注意してください。

 

気持ちと運気を入れ替える為にお風呂に入ろう

リラックス効果も、もちろんありますが、「洗い流す」「汗をかく」という行為は運気アップにつながります。シャワーを浴びるときは、悪いものを取り除き、自分の身体が素晴らしいものに包まれていくようなイメージをしながら身体を洗い流してください。

お湯につかるときは、体内にたまっている毒素が輩出されて、美しく生まれ変わっていくイメージを心がけてください。

ピカピカになっていく身体はエネルギーに満ちていて、おのずと幸せや想像を超える素敵なことがあなたに寄ってくるようになります。

 

空を見上げよう

悲しいときこそ、上を見る。泣きたいときこそ、笑ってみる。心が固まってしまったら、身体の動きを変えてみる、ということが重要だと言われていますね。そこにスピリチュアルなエッセンスを加えてみます。空というどこまでもひろがる空間を、区切りのない「スペース」を捉えてみましょう。

どういうことかというと、私たち人間も植物も、物も、存在するものすべてはもともとひとつ、あなたにも私にも空を見上げることで、心がどこまでも自由になっていくことを想像してみてください。

頭で理解するのは少し難しいかもしれません。でも何度か行っていくうちに感じていくはずです。

そして感じるうちに、心にある怒りや苦しみを手放すことができるようになって、同時に、幸せや欲しいものが手に入れやすくなってきます。

 

眠る前にメディテーションを行おう

お金持ちになりたい、好きな仕事に就きたい、愛する人と結ばれたい、健康になりたい・・・などなりたいもの、手に入れたいもの、幸せの形はそれぞれですよね。1日を終えて、眠りにつく前に、自分が幸せで仕方ない状況を目を閉じてイメージすることが重要です。

○○に住みたい、○○を買えるほどのお金がほしい、など明確であればあるほど良いです。まずは1分からでもいいのではじめてみましょう。続けていくうちに、だんだんと上手にイメージできるようになってきます。そして、そうなるための運や引き寄せのパワーが上がっていく自分のことを信じましょう!

 

自分にご褒美をあげましょう!

自分自身を大切にしていますか?自分を褒めてあげていますか?あなたは、この世にたったひとりしかいない、とても大切な存在なのです。何を食べるか、どこに行くか、誰と会うか・・・毎日、小さな決断の連続です。そしてそれは全て自分が引き寄せているものでもあります。

自分がどうしたいのか、心の声に耳を傾けてみて下さい。とはいえ、生きていくためには、我慢しなくてはならない場面もたくさんありますよね。でも、AかBか、本当の自分はどちらに行きたいのか、どうしたいのか、この瞬間を大事にしていくことが、少しずつ自分の環境を自由に、オープンにしていきます。

自分を大切に、流れに逆らわないこと。最初は1日のうち10分しか自分の想いが叶わなかったとしても、やがて運気が上がっていくにつれ、3時間、10時間・・・そして24時間、あなたがイキイキと輝いて、好きなように生活できることだって、決して夢ではないのです。

 

さて、「笑う門には福来る」ということわざにもあるように、笑顔にはたくさんの良縁が集まってきます。

どんなに環境を良くしても、いくらパワースポットやパワーストーンなどを生活に取り入れても、肝心のあなた自身の意識がネガティブだったら恩恵を充分に受け取る事はできません。

小さい器に水を注いでも少ししか入らず、あとはこぼれてしまうように、良い運気や幸運もあなたの意識レベルに合っていなければ通り過ぎて消えてしまいます。

となると必要なのは「意識改革」という事になりますね。なんだか難しそうですが……そんな事はありません。「言葉を変える」「行動を見直す」これだけで充分です。

まずは「言葉を変えましょう」。ネガティブな言葉をポジティブなものへと変換してみるのです。「ついてないことばかり→今は厄落としの時期!」といった感じです。

一番良いのは「ありがとう」の言葉。気分が乗らなくても声に出す事であなたの潜在意識は人に感謝する方向へとシフトしていきます。

次に「行動を変えましょう」。「人に席を譲る」などなど、小さな親切があなたの徳となって積み重なります。こういった言動が積み重なる事であなたの潜在意識が変わります。

潜在意識が良い方向へ変わればあなたを取り巻く環境も変わり、より良い運気を引き寄せ、あなたの元にとどめやすくなるのです。幸運体質の人は、この循環をごく自然に行っています。小さなことからで大丈夫、あなたも今日から実践してみましょう!

最初は小さな変化かもしれません。でも、続けていくうちに運気が上がっていくことを実感してくことになるでしょう。あなたの日常がますます輝き、笑顔で満たされますように!

あなたに待ち受ける“運命日“タロットカードが教えます。

あなたの運命や人生の転機は、あなたが選んだタロットカードでわかります。当たると話題の「フューチャーオラクルカード」が今なら無料!これから起こる「運命大変化」あなたの“運命日“を大予言!どうすれば迷わず幸運へ道に進めるか教えてくれます。

凄腕の鑑定師が個別に作成してくれる鑑定結果メッセージがあなたの運命を切り開いてくれるでしょう!

気になる方は是非!今だけ無料なので試してみてください!


連記事
タイトルとURLをコピーしました