シンプルに生きることができる人の5つの共通点

シンプルに生きることができる人の5つの共通点
例えば、私たちは生きている中で様々な人々と出会い、時には誰かと衝突することもありますよね。

人間関係における衝突や摩擦、そして予想外の出来事というのは、少なからず人の心をザワザワと動揺させるものです。特に心配性の人にはそれらがとても大きなショックのように感じられるかもしれません。

あるいは、特にこれといって何もないのに相手の心を必要以上に詮索し、無意味な自己嫌悪にさいなまれ、相手に対して漠然とした苛立ちを覚えてしまう場合もありますよね。

ですが、人と関わっている中で「どういうわけだかあの人は何があっても動じないところがあるなぁ」と不思議に思えるような人も見かけますよね。

何があっても涼しい表情で、まるで何事も無かったかのように普段通り淡々と過ごしている人、その人は人生をシンプルに生きることができる人なのです。

ではシンプルに生きることができる人たちには、具体的にどのような共通点があるのでしょうか。その共通点がわかればその人たちのように、周囲の渦に巻き込まれず、自分らしくシンプルに生きることができるようになるかもしれませんよね。

ということで、これからシンプルに生きることができる人の5つの共通点についてお伝えします。

シンプルに生きる人には決断力がある

大事な選択をするとき、シンプルに生きる人というのは驚くほどスパッと決断してしまうのです。とにかくはっきりしていて、優柔不断という言葉とはほとんど無縁と言えますね。

では、なぜその人たちは深く思い悩まずスパッと決めることができるのでしょうか。それは自分の進むべき道や自分の意思というものを、シンプルに生きる人は日頃から明確に把握し、頭の中ですっきりと整理できているからなのです。

逆に、これからの展望などが曖昧で、頭の中がいろいろな情報で散らかっている状態のまま決断を迫られても、おそらくなかなか答えが出せないですよね。

それどころか場合によっては、整理がついていない思考で複雑に考えすぎた結果、決断を誤ってしまうなんて事態もあり得ますよね。

つまり、普段から自分の心や身の回りの状況、そして「これからどうしたいのか」を明確にしておくことがシンプルに生きるためには重要ということです。

そして大事な決断のときこそ冷静に落ち着いて、なるべくシンプルに思考を巡らせましょう。

 

シンプルに生きる人は他人の意見に振り回されない

良いことでも悪いことでも、周りから何かしら賞賛あるいは批判をされることもたくさんありますよね。

例えば仕事という場面一つ取っても、昇給や昇進が決まって上司や家族に喜ばれたり褒められたり、あるいは大きなミスをしてしまって叱られてしまったりなど、生きていれば必ず周りの意見や言葉などが容赦無く降りかかってきますよね。

そんなとき、シンプルに生きることができる人というのは「あの人はこう言ったけれど、結局自分は自分、あの人はあの人」というように、他人の意見や言葉を丸ごと鵜呑みにしないという特徴があるのです。

ですが、そうかといってシンプルに生きることができる人たちは、他人の意見をまったく受け入れないというわけではないのです。

相手からもらった意見の中で、自分の前進のために役立つ情報がどれなのかを上手く見極めた上で、自分のためになる内容についてはしっかりと受け入れているのです。

そして自分の前進には必要無いと判断した情報は「あくまで他人の主観」と捉えるので、必然的に「他人は他人、自分は自分」と区別し、他人の意見に振り回されることも少ないということなのです。

シンプルに生きるには、周りから受ける情報の取捨選択をすることが大切ということですね。自分のことを向上させてくれそうな意見はしっかりと聞き、あとは右から左に受け流してしまいましょう。

 

シンプルに生きる人は他人に嫌われることを恐れない

複雑に生きる人と比べると、シンプルに生きることができる人というのは、例えば「寂しい」とか「惨めだ」というような負の感情を抱くことが少ないものです。

そもそも感情的になること自体少なく、あまりにも感情がシンプル過ぎて「何だか素っ気無い人だな」と思えてくるほどですよね。

例えば人間関係において、シンプルに生きる人は常に自分を飾らず、そしていつも素の自分のままでいることが多いのです。

具体的には、お世辞を言ったり自分を過度にアピールしたりなど、人から気に入られようという言動や行動をとらないのです。つまり「他人に嫌われる」ということに対してそれほど恐れを感じていないということなのです。

嫌われることを恐れていると無意識に気を遣ってしまい、だんだんと人間関係に疲れてしまいますよね。

そして、嫌われたくないという意識があるほど「もしかして自分はあの人に嫌われている?」などと余計な考えが浮かび、疑り深くなって結局本当に嫌われてしまうなんてことも少なくないのです。

しかし、シンプルに生きることができる人というのは、そのような余計な思考とも人間関係のいざこざとも、ほとんど無縁なのです。

そして「類は友を呼ぶ」の通り、なぜだか自然と寄ってくる人々もシンプルな人が多く、人間関係自体もよりシンプルで良好なものになってゆくのです。何だかちょっと羨ましいですよね。

他人から嫌われることは確かにつらいことですが、素の自分を消して無理をしてまで好かれるというのもなかなかに苦しいものなのです。

そう考えると、思い切って「まあ、嫌われてもいいや、何とかなる」割り切ってしまうのも悪くはないような気がしてきますよね。

「来る者は拒まず、去るものは追わず」の心を持ちシンプルに生きることで、視界はより明るくなることでしょう。

 

シンプルに生きる人は出来事をありのままに捉える

日常を送っていると、嬉しいことや悲しいことなど、実にいろいろな出来事が起こりますよね。そして、時にはその裏を知りたくなってしまうようなこともあるものです。

例えば、嬉しい出来事があったり他人から褒められたりしたとき「褒めてもらったけれどただのお世辞なのかも」とか「何かこの出来事には自分の知らない裏側があるに違いない」などという根拠の無い心配がふと頭によぎってしまうこともありますよね。

さらにこれが予想外の出来事、しかもネガティブな出来事だったとしたら、きっと裏を探りすぎるあまり混乱し、場合によっては人間不信にまで陥ってしまうおそれも考えられますよね。

シンプルに生きる人は、そんな不測の事態が起こったとき「ああ、今これはこういう状況なのか」とすんなり捉えて必要以上に悩まないのです。

しかし、物事の裏を探らないというのは口で言うには簡単ですが、実際は難しく思えますよね。ですが、それは心の持ちようでいくらでも何とかなるのです。

シンプルに生きる人も時には物事の裏が気になることもあるかもしれません。ただし、シンプルに生きる人というのは物事の表と裏の二つの側面を見つめるとき、裏よりも表の側面に大きく重点を置いて見つめるという特徴があるのです。

つまり「大事なのは裏ではなく表」という心を持っているということなのです。

よくよく考えてみると、最も根拠があるのは今起こっている表側だけなのです。裏なんてものは所詮見えていないわけですし、表の事実と比べれば裏の憶測なんて大した根拠も無いのです。

そんな根拠の無い裏ばかりに集中するというのは、シンプルに生きることができる人からすれば「無駄なこと」なのです。そう考えて、物事の見方を少し変えてみるというのも、シンプルに生きるための大きな一歩ですね。

 

シンプルに生きる人は過去と未来に執着しない

当たり前といえば当たり前なお話ですが、この世界には時間の流れが存在しますよね。

そして大きく分ければ、過去、現在、未来ですね。人というのは、時に過去のことを悔やんだり、遠い未来に不安を覚えたりするものです。

「昨日の自分はなんて情けないことをしてしまったのだろう」とか「明日の仕事は上手くいくだろうか」など、過去や未来への思考で頭の中がいっぱいになってしまうことも多くあるものですよね。

ですが、シンプルに生きる人は基本的に過去や未来よりも現在を大切にするという特徴があるので、必要以上に後悔したり不安になったりすることが少ないのです。

過去や未来というのは、結局はあれこれと憶測をすることしかできないものなのです。

過ぎたことはもう二度と戻ってはきませんし、これからのことだってそのときになってみなければわからないものです。シンプルに生きることができる人というのは、そのあたりをしっかりと心得ているのです。

過去と未来への執着が無いというのは、実に気楽でシンプルな生き方です。心の重荷も随分と減ることでしょう。

そして過去と未来への執着をやめたとき、行動して変えることができるのはまさに現在だと気づくことができるのです。

とはいえ実際、過去や未来を手放すということは簡単ではないですよね。でも大丈夫、いきなり一気に執着をやめようとせず、日々少しずつ変わっていけばそれで良いのです。

例えば、昔にやり残したことを悔やんでいるのならば、今それに取り組めば良いのですし、将来が不安であれば今それに備えて何かすれば良いのです。

そのようにして、少しずつ「現在」に意識を向けるように努めていると、だんだんと「今が一番重要」という思考が構築されて、それこそがシンプルに生きる道につながっていくということなのです。

 

以上、シンプルに生きるというのは一見奥が深く、難しそうなことのように思えますよね。

しかし、元々複雑だった生き方をシンプルにするというのは、必要の無い思考や感情を「ただ手放す」という、たったそれだけの作業に過ぎないのです。

生きていれば誰しもいろいろな出来事や人に出くわします。そんなとき、シンプルな方法で、その一つ一つを自分の中で捉えて消化できれば、同じ状況であったとしても生き方というのはいくらでも楽な状態に変えることができるのです。

たった一度きりの人生を複雑に考えすぎて、窮屈な思いをしている時間というのはあまりにももったいないですよね。

そんなときは肩の力を抜いて、ちょっと立ち止まって自分自身を見つめ、それと同時に、周りの状況についても冷静に見つめてみましょう。

シンプルに生きるヒントというのは、実は案外身近なところにたくさん転がっているものです。

そして、シンプルに生きようと努めること自体もあまり堅苦しく考えないことが大切ですから、日々焦らず少しずつ、シンプルで快適な生き方を追求していきましょう。

まとめ

シンプルに生きるためには

・決断力を持つこと
・他人の意見に振り回されないこと
・他人に嫌われることを恐れないこと
・物事をありのままに捉えること
・過去と未来に執着しないこと

オーラでわかるあなたに待ち受ける“運命日“

あなたの運命や人生の転機は、あなたから出ているオーラでわかります。今、当たると話題の「オーラ診断」では、これから起こるあなたの未来を大予言!どうすればあなたが幸運へと導かれるかを教えてくれます。

凄腕の鑑定師が個別に作成してくれる鑑定結果メッセージが、あなたの運命を切り開いてくれるでしょう!

気になる方は是非試してみてください!


連記事
タイトルとURLをコピーしました