唇にあるほくろを隠すための3つの魔法☆

唇にあるほくろを隠すための3つの魔法☆
唇にあるほくろって結構気になってしまうものですよね。全体に、顔にあるほくろは気になるものですが、唇というのは話をするときに眼が行く場所ですので、一層気になります。

自分としては毎日見ているものなので、普段は特に気にならなくなっているものですが、初めて会った人から、「唇に何かついてるよ」と言われたり、食事をしているときに、「あ、海苔がついてる」と言われたりして、哀しかったり悔しかったり、単なるほくろとはいえ、女性としては深刻な悩みの一つです。

唇のほくろには病的なほくろもあって、そういう場合は病院で治療を受けたり、ほくろそのものを除去したりといった方法をとることになりますが、そうではない通常のほくろなら、さりげなく隠すことで乗り切れます。ということで今回は、唇にあるほくろを隠す方法についてお伝えしていきます!



 

唇にあるほくろを隠すための
3つの魔法☆

 

唇のほくろはリップメイクでしっかり隠そう!


現代のメイク技術はどんどん進んでいます。濃いシミやソバカスで悩んでいる人も、メイクの力を借りれば、色白の素肌にみせることができます。唇のほくろも、ちょっとした手間をかければ、目立たないように隠すことができるのです。唇にほくろのある人にお勧めなのは、しっかりリップメイクをすることです。

かといって、濃い色のルージュを塗れば良いというわけではありません。ヌードリップにいきなりルージュを乗せたりすると、会話や食事の最中にルージュが徐々に落ち、まだらになって唇のほくろが帰って目立ってしまうことになります。リップメイクだからこそ、下地からちゃんと入れることが大切です。

唇のほくろや色の悪さで悩んでいる人は少なくありませんので、ほくろ隠し専用のリップメイクもしっかり揃っています。下地をちゃんと載せ、リップ用のコンシーラーでしっかりカバーすれば目立たないようにできるのです。

きちんとした手順でリップメイクをすれば、長時間会話をしても、食事をしても簡単には落ちませんし、見た目に自然なナチュラルカラーをキープできます。

もうひとつ大事なのは、食事の後など、きちんと直すこと。リップメイクを長持ちさせるためには、ヨゴレを唇に残さないことも大切なのです。では、詳しいリップメイクの方法を見ていきましょう。

 

唇のほくろを隠すには、リキッド&コンシーラーでベース作り!


唇のほくろをきっちり隠すには、リキッドファンデーションを使ったしっかりメイクがお勧めです。パーティーなどのオフィシャルな場面、彼氏とのデートや旅行といったときには、きちんとメイクでカバーしましょう。

唇のほくろをきっちり隠したいときには、ベースを塗るときに、唇にも軽く乗せて伸ばしておくようにしましょう。そうすると、ファンでやコンシーラーのノリがよくなります。ベースの後にリキッドファンデを顔全体に伸ばし、最後に唇にも伸ばします。

先に塗るとよれてしまうので、顔全体に伸ばした後に唇に載せてください。唇の両端を自然にぼかすとナチュラルに見えます。

ベースとリキッドで肌色と同じに整えたら、次に唇用のコンシーラーを付けましょう。唇用のコンシーラーは眼の下用やシミ用のコンシーラー同様、唇のほくろの上に薄く載せてそっとぼかします。気になるからと付けすぎは禁物。

何度も重ねるのもよくありません。下地を置いてリキッドファンデを入れているだけである程度ほくろは薄まっていますので、コンシーラーはうっすらつけるだけで大丈夫です。リップメイクが終わったら、顔全体にパウダーをはたいて仕上げます。

このときにも、唇に載せるのを忘れないようにしましょう。厚塗りに見えないように、余分な粉は落としておきます。これでベースが完成。この後、ポイントメイクです。

 

唇のほくろを隠すには、メイクのバランスを考えて!


唇のほくろを隠すための最後の仕上げはリップメイクです。ルージュを塗るときはいきなり塗らず、下地リップを縫っておきます。あまりきつく塗ると、せっかくのベースメイクが落ちてしまいますので、指で優しく馴染ませるようにします。

下地リップが落ち着いたら、ルージュです。ブラシを使って、丁寧に塗り、最後にティッシュで抑えましょう。この段階でほくろはかなり目立たなくなっているはずですが、仕上げにグロスで艶と輝きを与えましょう。グロスも量をべったり載せるのではなく、軽く艶と色みを与える程度で充分です。

最後に色と全体のバランスについて。唇にほくろのある人はほくろを隠そうとして濃い目のルージュを選びがちですが、これは考え物です。深紅など濃い色のルージュは人目をひきつけてしまいますので、逆効果です。

ほくろの色が濃くて気になる人には、シックなブラウン、ベージュ系など、落ち着いた色みがお勧めです。華やかに見せたいときは、艶のでるグロスでしあげましょう。また、ほくろが気になるときは、リップメイクだけではなく、アイメイクもしっかりしておきましょう。

目元に視線を引くことが出来れば、唇のほくろが目立たなくなります。唇のほくろを隠したいときは、リップメイクにこだわるだけではなく、顔全体のバランスを考えてメイクしましょう!

 

唇にあるほくろは人との会話のときなど、どうしても気になるものです。普段はそんなに気にしていなくても、パーティーなど華やかな装いをするときはしっかり隠しておきたいもの。

最近はメイク用品もメイク技術も充実していますので、いざと言うときのために唇のほくろを隠せるメイクを覚えておきましょう。唇のほくろを隠すには、まず、しっかりベースを作ること。

下地クリーム、リキッドファンデーション、リップコンシーラー、パウダーの順でベースメイクを作ります。ファンでもパウダーも載せすぎないように、余分な粉はしっかり落としておくのがポイントです。

リップメイクは下地リップ、ルージュ、グロスの順で、ベースがよれないよう、そっと載せていきます。ほくろが気になるからと言って、載せすぎたり、強くこすったりしないのが大切です。

 

まとめ

唇にあるほくろを隠すための3つの魔法は、

・ベースメイクをしっかり!
・リキッドとコンシーラーを活用!
・顔全体のバランスを考えて!

あなたの人生の転機・宿命知りたくないですか?

あなたの宿命や人生の転機は生年月日と血液型から分かります。 当たると評判の占い『運命数診断』では、あなたの運命を良い方向へ導いてくれます。あなたに最適な鑑定結果をアドバイスしてくれます。

スピリチュアル鑑定師が個別に作成してくれる1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージが、あなたの運命を劇的に変えてくれるかもしれませんよ。

運命を知りたい・変えたい方は、『初回無料鑑定』で体験してみて下さい!

仕切り線
仕切り線