人の気持ちがわからない人に共通する11の特徴とうまく付き合う9つのコツ

人の気持ちがわからない人に共通する特徴とうまく付き合うコツ
世の中には、「人の気持ちがわからない人」が数多く存在しますよね。私たちの周りには、常に周囲の人間の事ばかり考え続けている菩薩(ぼさつ)のような人間は少ないでしょう。やはり自分の気持ちや自分の事ばかり考える人が圧倒的に多いのです。

しかし限られた感情の中でも、大切な家族や友人の気持ちを一生懸命想像しながら、相手に不愉快感を与えずに、自分も嫌われないように「思いやり」を持つという事も大切です。

思いやりを持たずに他者と接していると「あの人自己中」「わがまま」「付き合ってられない」と揶揄(やゆ)されるてしまうようになります。

とはいえ自分の気持ちに囚われてしまい、つい思いやりを忘れてしまうことは誰にでもあることかもしれません。そこで今回は人の気持ちがわからない人に共通する特徴と共に、そんな人たちとうまく付き合うコツについてお話しします。

人の気持ちがわからない人に共通する11の特徴

人の気持ちがわからない人に共通する特徴のイメージ
ではまずはじめに、人の気持ちがわからないひとというのはどんな特徴があるのか?人の気持ちがわからないひとに共通するポイントについてお話しします。

他人の気持ちを考えない

当たり前の事ですが、人の気持ちがわからない人は、周囲の人間の気持ちを考えない人です。

「相手に不愉快な思いをさせたくない」「相手の好きなものは何だろう」と、相手に気づかっていさえすれば、争い事は起こりませんよね。お互いに思いやりを持つことで、人と人は気持ちよく接することが出来るはずです。

しかし人の気持ちを考えずに自分の意見だけで行動してしまうと、感情のひずみが起きて「あの人嫌だ」「わがままだ」とマイナスな思いを持たれてしまうようになります。

 

自分の気持ちが人一倍強い

人の気持ちがわからない人には、「気の強い」人が多いと言えます。言い換えるなら自信家で自分の考えが正しいと信じて疑わず、人の意見を尊重しない傾向にあるのです。

もちろん自信家であっても、他者の意見に耳を傾け、周囲と軋轢なく上手に生きている人もたくさんいますが、人の気持ちがわからない人は、他者の意見を無視しがちな傾向があります。

 

自己顕示欲が強い

自己顕示欲が強い人の多くは、人の気持ちがわからない人と言えるでしょう。

自己顕示欲とは、「自分とはこういう人間だ!」という自己アピールが旺盛な人の事。

「もっと自分を知ってほしい」とか「もっと自分をわかってほしい」という気持ちが大きすぎて、他者の意見に耳を傾けることを忘れてしまうのです。

 

わがままである

思いやりを持たない人の多くは「わがまま」とレッテルを貼られます。

人の気持ちがわからない人だって、「なぜ嫌われるんだろう」「なぜわがまま呼ばわりされるんだろう」と疑問に思うかもしれませんよね。

しかし周囲から見れば一目瞭然で、知らず知らずのうちに自分勝手にふるまっていることが多いのです。

とはいえ世の中には、そうした強い意見を持つ人に寄り添うタイプの人もいるため、完全に孤立するという事はありません。

状況次第では、その「わがまま」が必要な場合もあるのです。

 

自分勝手でもある

人の気持ちがわからない人には「自分勝手」と思える行動が多々あるでしょう。自分勝手でわがままで人の気持ちを思いやらないとなると、周囲から孤立してしまいます。

しかし本人は「なぜ批判されるのか?」と、本当に理解していない場合も多々ありますよね。

もしかすると人の気持ちを思いやるという行為を習慣的に行ってこない環境で育ったのかもしれません。

自己顕示欲を強く持たなくては、生きていけない環境下で子ども時代を過ごしたのかもしれません。

しかし人の心は鍛えることが出来ます。人は変わることが出来ます。

自分勝手な人間だからと「人の気持ちがわからない人」を突き放してみて見ぬ振りするのではなく、変わることを期待して寄り添うこともできますよ。

 

感情が豊かである

感情の起伏が激しく、喜怒哀楽に富んだ人ほど「人の気持ちがわからない人」と言われる場合があります。

これは生まれ育ちに関係なく、幸せに育った感情豊かな若い人に多いかもしれません。

感情が豊かであることは悪いことではありません。年を取り、自分の感情をコントロールしていくことを次第に覚えて、丸くなっていくことでしょう。

 

人の話をちゃんと聞けない

他者に対する思いやりにかける人は、人の話をよく聞きません。人の意見を尊重するという習慣がないからです。

人の意見を押さえつけてでも、自分の意見を闘争とする自我の強い人は、人の気持ちがわからない人とレッテルを貼られてしまいます。

そんな時にはまずは人の意見に辛抱強く耳を傾けることから始めて、徐々に人の意見を尊重する習慣をつけていくと良いでしょう。

本当に大切で思いやりを持って接する相手が出来ることで、人の気持ちがわからない人も変わることが出来るはずです。

 

いつも上から目線である

人の気持ちがわからない人は、「わたしは他の人より優れている」と考える傾向があります。ですから、いつも上から目線で会話し、また口調が強く相手に有無を言わせません。

ですので人の失敗を許さず「何やってんの?」「だから、あんたはダメなのよ」「また、失敗したの?成長しないね」など平気で言ってしまうかもしれません。

つまり相手や周囲が不愉快になったり、困惑したりしても平然としていて、あまり気にしません。

 

一番大事なのは、わたし自身

人の気持ちがわからない人は、自分自身しか愛せない傾向が強いです。

一番大事なのは、自分自身。だから世界中で一番愛しているのも自分自身なのです。

ですのでどんな時でも、わたし自身が話題の中心であろうとします。

例えば、みんなで集まって失恋したり離婚の危機に陥ったりしている友達の相談に乗ろうとしている時でも「私の彼はステキなのよ」「新婚旅行はヨーロッパに決めているの」と延々と自分のことをしゃべりまくります。

それで、シラケた雰囲気になったり、みんなが怒ったりすると、キョトンとします。「なぜわたしの素晴らしい話を聞いて喜ばないのだろう?」としか思わないのです。

 

攻撃は最大の防御と考えている

人の気持ちがわからない人は、自分が一番大切なので、自分が傷ついたり、責められたりすることを、徹底的に避けようとします。

そのため、何か失敗したりすると、保身に走ります。

保身には、責任転嫁が最良ですよね。例えば「失敗したのは、わたしが悪かったせいではない。○○が悪かったのだ」と考えます。

そして他の人のせいにして「あなたが、あんなことをするから失敗したのよ!」「あなたが、グズグズしているから、チャンスを逃したのよ!」などと責めます。

このように人の気持ちがわからない人は、「上から目線」で語気が荒いので、責められた相手は言い返すことができません。

また、相手が強気に出て言い返すと、人の気持ちがわからない人は、身を護ろうとして、泣いたり、どなったり、時には、暴力をふるう事もあるので注意してください。

 

他人の不幸は蜜の味と考えている

人の気持ちがわからない人の多くは、野次馬根性が強く、他人の不幸が大好きです。他人が失敗したり、傷ついたりするのを見て、自分の優位性を再確認するのです。

人の気持ちがわからない人は、自分の気持ちを隠そうとしませんので、失敗や不幸の原因を根掘り葉掘り聞き出そうとします。

そして「ほうら、言った通りでしょ」「失敗するって、わたしには、わかっていたわ」と自分の先見の明を自慢したり、「不幸な目に遭うのは、あなた自身に原因があるのよ」などと、容赦なく責め立てたりもするでしょう。

このように「人の気持ちがわからない人」は、他人の不幸をみて、自分が優れていることを再確認してしまうのです。

 

人の気持ちがわからない人に多い人間関係の傾向とは

人の気持ちがわからない人に多い人間関係の傾向とはのイメージ
では次は人の気持ちがわからないひとは、どんな人間関係を持っているのか?その傾向についてお話ししていきましょう。

人の気持ちがわからない人は、薄っぺらな人間関係に陥ってしまう

人の気持ちがわからない人とは、だれも深くつき合おうとはしませんよね。しかし人の気持ちがわからない人が孤立していることは、実はあまりありません。

なぜかと言うと、人の気持ちがわからない為に、自分が嫌われていることにも気がつかない事が多いのです。むしろ、積極的に話しかけ飲み会やパーティなどにも進んで参加する傾向があります。

ですので一見、友達もたくさんいるように見えますが、それはありきたりの薄っぺらな人間関係にすぎません。

このように表面的には、友達が多く、周囲の人々との人間関係に全く支障がないように見えますが、やはりその性格ゆえに、いつの間にか孤立してしまい、だれとも本心をさらけ出せるような人間関係を結べなくなっていく事が多いです。

 

人の気持ちがわからない人と上手にお付き合いするコツ

人の気持ちがわからない人と上手にお付き合いするコツのイメージ
ではここからは、人の気持ちがわからないひとと上手にお付き合いするコツについてお話ししていきましょう。

人の気持ちがわからない人との基本的なつき合い方

「人の気持ちがわからない人」に接するのは、とても疲れますね。つきあい方を考えないと、ストレスがたまるばかりかもしれません。

そういう時はまず、距離をおいて、あたりさわりのない会話をする。あるいは、必要な会話しかしないようにしましょう。

同じ職場やサークルにいれば、全く口を利かないわけにはいかず、人の気持ちがわからない人だからといって、全く無視することもできません。日常の挨拶を交わし、業務上必要なやりとりをし、世間話をして普通に話すのが大人の対応と言えるでしょう。

しかし、そうは言っていられない、しっかりと理解して対応してあげたい。と思うかひとは、以下の事を実践してみましょう。

 

感情や状況を言葉で解説してあげましょう

人の気持ちがわからない人というのは、どのように考えたら他人の立場に立てるか、考える道筋がわからない人と言い換えられますよね。

想像力の欠如と言っててしまえばそこまでですが、何かイメージのキッカケになるようなものが得られれば、本来もっている優しさを損なう事なく人間関係を築くことができるかもしれません。

人の気持ちがわからない人は冷静な状況認識も苦手にしているため、身近な感情表現から入っていくとわかりやすくなります。

「さみしい」「かなしい」「がっかりした」など、子どもにもわかる感情の言葉を使ってあげるとコミュニケーションがうまくいくようになりますよ。

 

違いとして認識、肯定してあげましょう

他人の気持ちがわからない人というのは、何事も自分の視点でしか考えられないということですよね。でも、それって実は個性ではないでしょうか。

人の気持ちがわからない人というのは付き合いづらいものですが、それは共感しようとしたり分かり合おうとするから付き合いづらいということ。

この人と私とは全く違う人種だ。と認識しておけば、理解されない苦労も半減します。

そうやって相手に対して広い気持ちで接していくことができれば、小さな違いに対してお互いが寛大になり、意外にも面白い共通点が見つかるかもしれません。

 

気にせず感情をぶつけ合う相手として接する

相手が人の気持ちがわからない人なのだから、そんな相手に細やかな気遣いは不要です。普段から人の気持ちがわからなくてデリカシーの無い付き合いをする人は、傷つきにくい鈍感な性格とも言えますよね。

ですのでそんな人の気持ちがわからない人には、思い切って自分も気持ちをさらけ出して、少々キツイ言い方でも気持ちをぶつけてみましょう。

鈍感な相手というのは逆手に取ればその緩さから楽に付き合える相手になりえますよ。結構スッキリできる良きケンカ仲間になれるかもしれません。

 

不安を抱えている相手には優しく接する

意見を率直に伝えているのに、いつまでたっても言葉通り理解してくれないような場合は、こちらの気持ちを無視してまでも、イメージしていること、心配していることなどがあるのかもしれません。

自分を強く否定して、周囲にとって迷惑な存在ではないか、嫌われるんじゃないかなど、自分の立場が危険な状態だと常に危機感を抱えていれば、冷静に相手の話しなんて聞けませんよね。

この状態では対等に会話することは不可能なので、このような場合は相手の問題として受け入れ、できる範囲で優しく接してあげましょう。

 

不用意に個人的な情報を与えない

なぜ人の気持ちがわからない人の発言で傷ついたり辟易したりしてしまうのか。それはあなたの情報を与えすぎているからかもしれません。

あなたが他人に知られたくない事やコンプレックスに思う事、言われたら傷つく事等をその人に伝える事によって、その人は「この人はこれが嫌なのだ」と理解します。

そしてかばうことなくおおっぴらに周りにしゃべってしまったりするのです。

それで相手が傷つくという想像が人の気持ちがわからない人にはできないので、しゃべってしまうのです。

なので、個人的な情報をこれ以上教えるのをやめてしまいましょう。すると、何をいえば傷つくかがわからないので、そういった発言が少なくなっていきます。

 

個人で付き合うのではなく、集団で付き合うようにする

個人的に付き合うと、話を続けようとして自分の個人的情報を相手に伝えてしまいがちですよね。なので、個人で付き合うのではなく、集団で付き合うようにしましょう。

人が多ければ情報が多くてあなたの情報までいきつくことがなくなりますし、人の気持ちがわからない人にとっては、軽率な発言をしようとしてもそこまでいくことができなくなります。

その上、人の気持ちがわからない人に対しての対処法を知っている人がいる時もあるので、きれいにかわしてくれたり、注意してくれたりするようになります。

ぜひ1対1になりそうになったときは「他の人を呼んでいいかな?」と他の人をさそってみましょう。

 

なるべく平静を装う事を意識してください

これは人の気持ちがわからない人の中で、嫌がることを繰り返しするような人に対しておすすめです。

嫌がることをするのは、「やめてほしい」とか「なんでそんな話をするのよ!」といったような反応をみたいからです。

自分の言ったことですごい反応が返ってくる。それを楽しみにしているからなのです。だから反応があるのであれば、どんな手でも使ってくるでしょう。

なので、ぐっと我慢して平静を装うようにすれば、反応が楽しいと思っていた相手からの反応がないのでつまらないと感じて、こういった好意をすることがなくなっていきます。

 

他の人に相談してみるのも良いでしょう

自分だけがあの人に対してそんな風に思っているのではないか。そう思っているのであれば、他の人に相談してみましょう

。話すことによって人の気持ちがわからない人へのストレスも軽減していきます。そして、どう対処していけるのかがわかるはずです。

あなたが知らないだけで周りの人も同じように思い、苦労している場合もありますよね。

なので、お互いに情報を共用し、対処している人がいるならどう対処しているかを聞いて参考にしたりして、人の気持ちがわからない人にどう対処していくべきかを考えてみるのです。

また、あなただけに人の気持ちがわからない態度を取り、周りには普通に接している場合もあります。

そういうときこそ周りの人に相談しましょう。こういう時は何か問題がある事があるのです。その問題を第三者から解決してもらうようにしましょう。

 

気持ちはハッキリと伝える事が大切です

人の気持ちがわからないから、相手がどう思うのかはっきり理解できない人もいます。

そういう人には、自分の気持ちをはっきり伝えましょう。

周りの空気もあって「いやだーもうー」くらいの軽い拒否反応で済ませているだけでは、この人はこういうことくらいでは怒らない人だと認定されてしまい、もっとエスカレートしていきます。

こうなってしまう前に、本気で嫌なことを伝えるのです。

すると本気で嫌なのだ、気持ちがわかってなかったのだと反省してくれるかもしれません。きちんと伝える事はとても勇気がいることですが、しっかりと伝えてみましょう。

 

さて、人の気持ちは簡単にはわかりません。「どう考えているかな?」「何を思っているのかな?」という相手の気持ちを思いやることで、初めて他者の気持ちを感じ取ることが出来るものです。

そして相手を思いやるという事は、我々が考えている以上に大変なことですよね。

時には自分の気持ちを押し殺して、忍耐して、人の意見を尊重することをしなくてはなりません。

人の気持ちがわからない人は、良い意味では自分の意見をしっかりと持ち、それを押し通す強さと自信を持っている人でもある事は知っておきましょう。

ですので、相手との関わりについて、「嫌いな人」と決め付けずに、人間関係を諦めたくないという思いがあるのであれば、上記で紹介した方法を少しずつためして、努力を重ねてみましょう。

もしストレスがたまりすぎて、精神衛生上、関わると危険だなと感じたら、それとなく距離を置きつつ、上記の方法を実践していければ、今までの自分にはない人間関係を新しくつくっていく事ができるようになるので、ぜひがんばってみてください。

【質問】あなたのオーラは何色ですか?

98%の人が当たっていると実感!オーラの色で、現在・未来がわかります。


自分の資質・特異性などを知る事ができる『スピリチュアルオーラ診断』が大好評!

気になるオーラカラーを直感で選んで頂きアナタのオーラを正確にお知らせします。

これから起こる未来に必要な情報が、今なら期間限定≪無料診断≫でわかります。

登録者1万人以上の安心オーラ診断知りたい方は是非やってみて下さい。


連記事
タイトルとURLをコピーしました