人の気持ちがわからない人に共通する7つの特徴

人の気持ちがわからない人に共通する7つの特徴
世の中には、「人の気持ちがわからない人」が数多く存在しますよね。私たちの周りには、常に周囲の人間の事ばかり考え続けている菩薩のような人間は少ないでしょう。自分の気持ちや自分の事ばかり考える人が圧倒的に多いのです。

しかし限られた感情の中でも、大切な家族や友人の気持ちを一生懸命想像しながら、相手に不愉快感を与えずに、自分も嫌われないように「思いやり」を持つという事も大切です。思いやりを持たずに他者と接していると「あの人自己中」「わがまま」「付き合ってられない」と揶揄されることもあるのです。

自分の気持ちにばかり囚われていて、ついつい思いやりを忘れてしまうことは誰にでもあること。中でも「人の気持ちがわからない人」は、思いやる気持ち自体を持たないことが多い人と言えます。

以下に人の気持ちがわからない人について特徴を挙げていきますので、周囲の人間と照らし合わせて考えてみましょう。それでは、人の気持ちがわからない人に共通する7つの特徴をお伝えします。



 

人の気持ちがわからない人に
共通する7つの特徴

 

人の気持ちを考えない


人の気持ちがわからない人は、そもそも周囲の人間の気持ちを考えない人なのです。「相手に不愉快な思いをさせたくない」「相手の好きなものは何だろう」と、相手に気づかっていさえすれば、争い事はそうそう起こりません。

お互いに思いやりを持つことで、人と人は気持ちよく接することが出来るのです。しかし人の気持ちを考えずに自分の意見だけで行動してしまうと、感情のひずみが起きて「あの人嫌だ」「わがままだ」とマイナスな思いを持たれることもあるのです。

 

自分の気持ちが強い


人の気持ちがわからない人には、「気の強い」人が多いと言えます。自信家で自分の考えが正しいと信じて疑わず、人の意見を尊重しない傾向にあるのです。自信家であっても、他者の意見に耳を傾け、周囲と軋轢なく上手に生きている人もたくさんいますが、人の気持ちがわからない人は、他者の意見を無視しがちなのです。

 

自己顕示欲が強い


自己顕示欲が強い人の多くは、人の気持ちがわからない人と言えるでしょう。自己顕示欲とは、「自分とはこういう人間だ!」という自己アピールが旺盛な人の事。「もっと自分を知ってほしい」とか「もっと自分をわかってほしい」という気持ちが大きすぎて、他者の意見に耳を傾けることを忘れてしまうのです。

 

わがままである


思いやりを持たない人の多くは「わがまま」とレッテルを貼られます。人の気持ちがわからない人だって、「なぜ嫌われるんだろう」「なぜわがまま呼ばわりされるんだろう」と疑問に思うかもしれませんよね。

しかし周囲から見れば一目瞭然。自分勝手にふるまっていることが多いのです。世の中には逆に、そうした強い意見を持つ人に寄り添うタイプの人もいるため、完全に孤立するという事はありません。状況次第では、その「わがまま」が必要な場合もあるのです。

 

自分勝手である


人の気持ちがわからない人には「自分勝手」と思える行動が多々あるでしょう。自分勝手でわがままで人の気持ちを思いやらないとなると、周囲から孤立してしまいそうです。

しかし本人は「なぜ批判されるのか?」と、本当に理解していない場合も多々あります。人の気持ちを思いやるという行為を習慣的に行ってこない環境で育ったのかもしれません。自己顕示欲を強く持たなくては、生きていけない環境下で子ども時代を過ごしたのかもしれません。

人の心は鍛えることが出来ます。人は変わることが出来るのです。自分勝手な人間だからと「人の気持ちがわからない人」を突き放してみて見ぬ振りするのではなく、変わることを期待して寄り添うこともできますよ。

 

感情豊かである


感情の起伏が激しく、喜怒哀楽に富んだ人ほど「人の気持ちがわからない人」と言われる場合があります。これは生まれ育ちに関係なく、幸せに育った感情豊かな若い人に多いかもしれませんね。感情が豊かであることは悪いことではありません。年を取り、自分の感情をコントロールしていくことを次第に覚えて、丸くなっていくことでしょう。

 

人の話をよく聞かない


他者に対する思いやりにかける人は、人の話をよく聞きません。人の意見を尊重するという習慣がないからです。人の意見を押さえつけてでも、自分の意見を闘争とする自我の強い人は、人の気持ちがわからない人とレッテルを貼られることでしょう。

まずは人の意見に辛抱強く耳を傾けることから始めて、徐々に人の意見を尊重する習慣をつけていくと良いでしょう。本当に大切で思いやりを持って接する相手が出来ることで、人の気持ちがわからない人も変わることが出来るはずです。

 

さて、人の気持ちがわからない人に共通する特徴をまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

人の気持ちは簡単にはわかりません。「どう考えているかな?」「何を思っているのかな?」という相手の気持ちを思いやることで、初めて他者の気持ちを感じ取ることが出来るのです。

しかし思いやるという事は、我々が考えている以上に大変なこと。時には自分の気持ちを押し殺して、忍耐して、人の意見を尊重することもあるのです。人の気持ちがわからない人は、良い意味では自分の意見をしっかりと持ち、それを押し通す強さと自信を持っている人、更にその結果の責任をきちんと取れる人であれば、社会的にも上手に生きていけることでしょう。

しかし誰かとしっかり向かい合って生きていかねばならない時もあります。長い人生のどこかで、自分の気持ちを折ってでも、他者の気持ちを思いやるという行動が出来ると良いですよね。

 

まとめ

人の気持ちがわからない人の特徴とは

・人の気持ちを考えない
・自分の気持ちが強く、自分の意見を通そうとする
・自己顕示欲が強く、自己アピールが多い
・わがままだと言われることが多い
・自分勝手だと思われがちである
・感情が豊かで喜怒哀楽が多い
・自分の意見を最優先させるため、人の話をよく聞かない

当たりすぎるタロット、あなたの想う人はホントに運命の人?

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『エレメントタロット』では、誕生日と血液型、そしてあなたの選んだタロットカードで、運命を読み解き、幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。「エレメントタロット」で自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転するのです。しかも、今なら、スピリチュアル鑑定師による鑑定結果が全員無料でもらえますよ。

ホントの運命の人を知りたい方は、ぜひお試しください!

仕切り線
仕切り線