人と話すのが苦手な事を克服する7つの意識と6つのコツ

人と話すのが苦手な事を克服する意識とコツ人と話すのが苦手というのには、なかなか辛いものがありますよね。人と話すのが苦手ではせっかくの人脈を逃してしまうと思いつつ、それでも初対面の人などと上手に会話できない・・・。このジレンマがあるからこそ、人と会話するのが苦手という意識もより大きくなっているのかもしれません。

周りの人と上手に話ができるようになれば、人生も好転するはず。なぜなら、コミュニケーションを円滑にとれればストレスがたまりませんし、何よりも友人など味方が増えるので、何か始めるときに得られる協力も大きくなります。話し上手になって損することはないのです。

では、どんなことをすれば話すのが苦手な事から脱することができるのでしょうか。そこで今回は人と話すのが苦手な事を克服する為の意識とコツについてお話しします。 

会話が苦手だから、、、話すことがないから、、、と最初から諦めていませんか?


さて、まずはじめに知っておいてほしい事があります。それは話す事が苦手という人は

  • 会話が苦手だから
  • 話す事がないから

と自分で「できない」「無理」と決めつけて、とても多くのチャンスを逃してしまっているかもしれません。恋も仕事も人生を豊かにする事の多くは「人との出会い」や「コミュニケーション」の中から生まれます。

これはとてももったいない事ですよね。。。

ですので、ぜひこの機会に話す事が苦手というコンプレックスを克服しましょう。

これからお伝えする事柄は会話が苦手である事や話す事がないという意識を変える為のお話しです。

ぜひ実践してあなたの人生の可能性を広げていきましょう!

 

コミュニケーションが苦手な人に意識して欲しい7つの事

コミュニケーションが苦手な人に意識して欲しい事のイメージ
では今からコミュニケーションが苦手と感じている人が意識すると良い、対人関係の緊張を和らげるポイントについてお話しします。

会話が苦手な人は、沈黙を恐れない事を意識しましょう

人と話すのが苦手な人が誰かと会話をすることになったとき、一番恐れるのが「沈黙」ですよね。一生懸命会話を盛り上げていたつもりでも、ふとした瞬間に沈黙が訪れると気まずく感じ、その一秒一秒をとても長く感じてしまう事でしょう。

しかし、話し相手は沈黙をそこまで気まずいものだと思ってはいません。

ほとんどの場合は自分が一喜一憂しているだけですので、たとえ会話に間が開いてしまったとしてもさほど気にしないのが一番です。

それでも気になるなら、いっそのことその沈黙を話題に変えてしまいましょう。

 

会話が苦手な人は、相手とアイコンタクトを取りましょう

会話下手で気の利いたことが言えないと自覚しているのなら、少なくとも会話中の相手と目を合わせるようにしましょう。そうすることで、うまい返事ができなかったとしても、「この人は私の話をちゃんと聞いてくれている」という印象を相手に与えることができます。

また、話を聞きながらもうなずいたりあいづちを打ったりし、相手の話すことを熱心に聞いているという姿勢をアピールしましょう。

それだけでも話し相手への印象はだいぶ良いものになります。

 

会話が苦手な人は、話下手だと伝えておきましょう

自分の会話能力が低いと分かっていて、そのために周りの人を気まずくさせてしまうという自覚があるなら、それを前もって相手に知らせるという手もアリです。

先に知らせておくことで、たとえ会話のキャッチボールが滑らかにいかなかったとしても、相手を不快にさせるリスクを減らせます。

もちろん、会話下手であることに甘んじて努力をしないというのではいけませんが、予備知識を事前に提供しておけば、少なくとも最悪の事態は避けられます。

 

話す事がない時には、聞き役に徹しましょう

人と話すのが苦手な人にとって、会話を主導するというのは非常にハードルが高いものですので、あまり無理に挑戦すべきではありません。うまくいけば儲けものですが、失敗したらその経験がトラウマになり、会話に対する苦手意識がさらに高まることもあります。

ですので、最初のうちは相手の話を聞くことに徹することで会話を保つようにしましょう。

それだけでもだいぶ間を持たせられるので、意外に楽であることに気が付くはずです。

 

話す事がなくても、相手に興味を持つ事は忘れずに

人と話すのが苦手だけれど何とか上手に会話できるようになりたいなら、話し相手に対し興味を持つよう努力しましょう。もちろん、ぶしつけにいろいろな質問をするのはNGですので、相手との関係やその場の雰囲気に即した質問を心がけてください。

相手に興味を持つことにより話を上手に引き出せれば、その後の会話は驚くほどスムーズに進みます。

 

話す事がないなら、ニュースなどを仕入れましょう

会話をするといっても、その材料となる話題がなくては始まりませんが、人と話すのが苦手な人にとってはその話題作りがすでに難問ですよね。

そこで、ニュースを定期的にチェックし、話題になりそうなトピックをストックしておくのがおすすめです。

社会人ともあればニュースはきちんとチェックしなければならないもの。大変ではありますが、そこから会話の種を拾えれば儲けものです。

 

会話が苦手なら、場数を重ねて慣れていきましょう

人と話すのが苦手な人は会話そのものを避けてしまいですが、逃げてばかりではコミュニケーション能力が上がることはありません。どんどん挑戦し、場数を増やしていきましょう。最初のうちは失敗もあるかもしれませんが、決してへこたれない意思も必要です。

 

人と話すのが苦手な事を克服する6つのコツ

人と話すのが苦手な事を克服するコツのイメージ
では次は人と話すのが苦手な事を克服する為のコツについてお話しします。先ほどと重複する事柄もありますが、やはり大切な事なのでしっかり覚えておいてください。

人と話すのが苦手なひとは、相手からの評価を気にしない事

「人と話すのが苦手」という人の共通点は、相手からの評価を過度に気にしている点です。周りからの視線を気にしすぎているため、変に意識してしまったり、緊張してしまったりするのです。

他人からの評価は確かに気になるものですが、ここはひとつ忘れ、会話だけに集中しましょう。

何度か失敗もあるかもしれませんが、何でも始めたての頃は失敗がつきもの。あまり気を取られてはいけません。

 

人と話す事が苦手なひとは、気まずさを気にしない事

人と話すのが苦手と感じる人は、気まずさも苦手としています。誰かとの会話が途切れたときに起こる数秒間の沈黙がなんとも気まずく、苦痛で仕方がないのです。そしてそれが怖いゆえに人と話すのが苦手になってしまっています。

しかし実際には、相手まで気まずさを感じていることはあまりありません。気まずいと思っているのはたいてい自分だけで、相手は特に何も感じていないパターンがほとんどです。

焦らず、その場の雰囲気を楽しみながら次の会話のきっかけを待ちましょう。

 

人と話す事が苦手なひとほど、相手に興味を持つ努力をしましょう

人と話すのが苦手というコンプレックスを直す方法のひとつに、相手に興味を持つというものがあります。確かに、せっかく話をするというのに相手に関心がないのでは会話も続きませんよね。初対面の人が相手ならなおさらです。

そのため、話し相手に関心を持つことは会話のきっかけを引き出すためにもとても大切です。相手の仕事や趣味、持ち物など、聞けることは実はたくさんあるのです。

 

人と話す事が苦手なひとは、否定しないで聞く事を意識しましょう

会話をスムーズに続けるためには、相手を否定してかかる姿勢は絶対にNGです。

せっかく話しているのに、「私はそう思わない」、「私の意見は・・・」とあちこちで遮られたら、相手も良い気分はしませんよね。話していてつまらない・不愉快な人だと思われてしまいます。

でも、、、だって、、、と思う事もあるかもしれませんが、最初のうちは相手の言い分は肯定するようにしてください。自分の意見を述べるのは相手が落ち着いた後が良いです。

 

人と話す事が苦手な人は、表情にも意識を向けてみましょう

会話というくらいですので発言内容はとても重要ですが、同時に適切な表情も大事です。真面目な内容なら真面目な表情、楽しい話題なら楽し気な表情を心がけてください。

そして、会話を始める際には極力笑顔でいるのがコツです。

コミュニケーションはすべて快活な挨拶と笑顔から始まります。人と話すのが苦手だと感じる人がまずマスターしたいポイントの一つと言っても間違いではありません。

 

人と話す事が苦手なひとほど、ポジティブに物事を捉えるよう意識しましょう

人と話すのが苦手だという人が絶対にやってはいけないこと、それは物事をネガティブにとらえることです。

何があっても、「上手に話せないのではないか」、「相手は自分と話したくないのではないか」などと考えてはいけません。そう思えば思うほどパニックになるのはもちろん、良からぬ結果を招いてしまうからです。

ポジティブに構えていたほうが物事は断然スムーズに進みます。準備万端でなおかつポジティブでいれば、嫌なことはほとんど起こらないものです。

 

さて、コミュニケーションを円滑に行う為には他人がどう思うかや気まずさを気にせず、会話に徹する姿勢が大切です。相手からの評価も気まずい雰囲気も、気にしているのは実は自分だけ。相手はそれほど気にしていないものです。

また、自分から会話をリードするのが苦手なら、聞き役に徹するのも良いでしょう。相手に関心を持ち、最初から否定してかからないのがコツです。その場や会話内容に即した表情づくりにも気を配ってください。

そして最後に、人と話すのが苦手だと思っていても、あまりにネガティブになるのは避けましょう。かえって口下手になり、気まずさを招いてしまいます。

こういうときは逆にポジティブに構えていたほうがリラックスでき、よりスムーズな会話を楽しめるようになりますよ。

≪話題のタロット≫ゾッとするほど当たります。

98%の人が怖いくらい当たると話題!
未来を良くするタロットを知っていますか?


あなたが選んだカードや生年月日から『運命の人』や『運命の変化日』を ズバリ診断する 『アカシックタロット』が大好評!

10月キャンペーン今だけ≪無料診断≫を実施中 ※すぐに終了の可能性があります。

あなたの『運命の人』は一体誰なのか?あなたの『運命の日』は一体いつなのか?知りたい方は是非やってみて下さい。


連記事
タイトルとURLをコピーしました