チャクラの仕組みと7つのチカラを開くコツ

チャクラの仕組みと7つのチカラを開くコツチャクラという言葉はあまり聞き馴染みがないかもしれませんよね。チャクラというのはサンスクリット語で円のこと。スピリチュアルの世界では体内を流れるエネルギーをコントロールする出入り口のことをチャクラと呼びます

健康であれば、私たちの身体の中はエネルギーが駆け巡っています。しかし病気をしたりストレスで気分が優れない状態が続くと、エネルギーの流通が悪くなってしまいますよね。

チャクラはこうしたエネルギーの停滞を調節するポイントのことで、聞きなじみのある言葉でいえば「気」といったところでしょうか。

昨今流行っているヨガや瞑想などに取り組む際も、このチャクラに意識を集中する事で良好なエネルギーを得ていたりするように、チャクラは私たちが生きていく上で非常に大切なものなのです。

また、チャクラにはそれぞれの役割があり、働きが悪くなると体内エネルギーの循環が滞って精神的なパワーが減退してしまいます。そこで今回はチャクラの名称や役割などの基本概念と共に、チャクラを整えてエネルギーを活性化する方法についてお伝えします。

7つのチャクラの名称と役割について

7つのチャクラの名称と役割についてのイメージではまずはチャクラの名称や役割などについてお話します。チャクラの数は小さいものを含めると数百~数万あるとも言われていますが、多くの場合は第1チャクラから第7チャクラの7つの主要なチャクラを基本に考えます。

体の主要な神経や内分泌腺と関わっている7つのチャクラの色や名前の違い各テーマを知ることでチャクラを身近に感じることができるようになりますよ。

 

第1チャクラ:根を支える

第1チャクラは脊柱の基底部にあります。

色は:「赤」

名前は:ムーラーダーラ、ベースチャクラ、ルートチャクラです。

第1チャクラの意味は:生命力や現実を生きる生活力を表し「根を支える」

これが正常に開いているときは、地に足がついた安定の状態でいることができます。生きていくために最も重要な役割を果たしているチャクラであるといえるでしょう。

 

第2チャクラ:自立心・創造性

第2チャクラは陰部にあります

色は:「橙」

名前はスヴァ・アディシュターナ、セイクラルチャクラです。

第2チャクラの意味は:自立心や創造性

人生においての情熱や喜び、感情の変化など、さまざまな経験をしてより人生を豊かにすることに繋がるため、第2のチャクラをしっかりしたバランスで保つことが出来れば人生をより楽しむ実感を得ることができます。

また、第2チャクラは生殖腺とかかわりを持っていますので、性に関するエネルギーをつかさどります。このチャクラが閉じていると、男女関係がうまくいかないなどの問題が生じてしまうこともあります。

そして感情を抑圧し、あまりに理性中心の考え方をしていると、このチャクラが正常に機能しなくなってしまうので注意が必要です。

 

第3チャクラ:自信・意思

第3チャクラはおへその上の指2~3本分の部位にあります

色は:「黄」

名前は:マニプーラ、ソーラープレクサスチャクラ

第3チャクラの意味は:自信や意思、人生においての責任や自信に関係します。

そのため第3のチャクラのバランスがとれた状態であれば自分の価値を理解し、自分に確固たる自信を持つことができると共に、生命維持に必要で大切なエネルギーを手に入れることができます。

もし自尊心や他人に対する寛大さに欠けている時は、このチャクラが正常に機能していないのかもしれません。

 

第4チャクラ:愛情・調和・許容

第4チャクラは胸の中央にあります。

色は:「緑」

名前は:アナハータ、ハートチャクラ

第4チャクラの意味は:愛や感情

情緒に働きかける第4チャクラがよく機能している時は、人を許すという行動が自然にでき、執着を捨てることができます。

また、自分を大事にすることにも繋がり、安定した心の状態を保つことが可能に。世の中の繋がりを大きな心で受け入れることが出来るようになり、自分を愛し他人を受け入れながら愛せる愛情豊かな状態になります。

 

第5チャクラ:ポジティブなコミニュケーション

第5チャクラは喉元にあります。

色は:「青」

名前は:ヴィッシュッダ、スロートチャクラ

第5チャクラの意味は:コミュニケーション能力や表現力

喉元という言葉と非常に近い関係を持つ第5チャクラのバランスを整えることができればポジティブなコミュニケーションを築くことができ、自分の言いたいことをはっきり言えたり表現をすることが上手になります。

第5チャクラのバランスが崩れると、他人の意見に流されるだけの状態、はたまたその対極で自分のことばかり話す状態になってしまうので、気を付けなくてはなりません。

 

第6チャクラ:集中力・直感力のアップ

第6チャクラは眉間、額の中央にあります。

色は:「藍」

名前は:アージュニャ、ブラウチャクラ

第6チャクラの意味は:直観力や思考

第6チャクラが良く機能している時は集中力が増して直感が正しく働き物事をしっかり見極める力で未来のビジョンが明確に見えるようになります。

しかし直観力の反対側にある感性の知性に傾きすぎると、このチャクラのバランスが崩れ、頭痛をはじめとしたさまざまな問題が起こってしまいます。

 

第7チャクラ:スピリチュアルな世界との繋がり

第7チャクラは頭頂部にあります。

色は:「紫」

名前は:サハスラーラ、クラウンチャクラ

第7チャクラの意味は:人生の目的、スピリチュアルな世界との繋がり

第7チャクラのバランスを良くすることで直感が研ぎ澄まされて何かに守られる感覚がわき守護霊や神からのメッセージを受け取りやすくなります。

このチャクラは宇宙につながっていて、すべてをコントロールすると言われています。バランスがとれていると、宇宙につながっている安心感から不安が消えるので、きちんと機能させたいチャクラです。

 

チャクラを開いてエネルギーを整えるコツ

チャクラを開いてエネルギーを整えるコツさて、7つのチャクラの意味と役割を理解して頂きましたので、ここからは生活の中に取り入れ心と体に癒しを取り入れる方法についてお話ししていきます。

チャクラとはヨガやアーユルヴェーダをする方が取り入れているエネルギーの出入り口ですからスピリチュアルなイメージを持つ方も多いですが、あまり難しく考えず「心と体は繋がっている、その仕組みがチャクラなんだ」と思って頂ければわかりやすいはずです。

チャクラというエネルギーの基本概念

私たち人間は生きている限り、常に身体に外部からエネルギーを取り入れていて、そのエネルギーは私たちが生きる上で、食べ物や空気と同じように欠かせないものとされています。そして、そのエネルギーの出入り口となるのがチャクラです。

チャクラとは冒頭でも述べたように、「輪」を意味する言葉で、中でも主要なチャクラはお尻のあたりから頭までに7つ並んでいます。

この7つのチャクラはそれぞれの臓器やホルモンと密接に結びついていることから、それぞれのチャクラのバランスが取れている状態が理想的といえるのです。

逆に言えば、どこか調子が悪いときはチャクラが乱れているという事です。

 

チャクラが開くってどういう事?

「チャクラが開く」と聞くと、なんだか霊的なイメージを抱いてしまいがちですが、そもそも健康な状態であればチャクラは開いている状態です。つまり心身のバランスが乱れているとチャクラが閉じているということになります。

つまりチャクラを開いて整えるとは、エネルギーの通り道を塞いでしまっている「何か」を解消することなのです。

例えば、感情面でいえば「潜在意識」をいかに癒すか、思考面ではネガティブな感情をどこまでクリアにすることができるかがポイントになると思っておいてください。

 

チャクラを整えるためには何をすれば良いの?

チャクラを整えるためには普段の生活の中でちょっとしたことを意識し、きちんと実践していくことが大切ですので、決して難しいことではありません。

例えば、規則正しい生活を心がけましょう。食事についてはインスタント食品を極力避け、なるべく栄養バランスの取れた食事を心がける、アルコールやカフェインの取りすぎは避けることが大事です。

また、姿勢が悪いとエネルギーが詰まりやすくなってしまうためよくありません。背中が丸まらないように意識するだけでもずいぶん違ってきますよ。

それから、周囲の環境も大切です。部屋をきれいにすることで、自身の心地よい環境が整うことから、部屋は極力きれいに保ちましょう。

その上で、ポジティブな感情をなるべくキープすることが重要です。物事を重く捉えてしまいがちな方は、自分が感じたことは大事にした上で、必要以上に重く受け止めることなく、意識を楽しい方へ向けるように意識するだけでもずいぶん心持ちが変わってきます。

 

チャクラを整えるために行なって欲しい事

チャクラを整えるために、もっとも効果的なのは適度な運動です。適度に身体を動かすことによって、エネルギーが活性化し、多少のつまりであればすぐに解消されるでしょう。

空いた時間で簡単なストレッチを取り入れてみたり、走るのが好きな方はランニングを取り入れたりしてもよいかもしれません。無理のない範囲で自身が継続できる運動を取り入れることが大切です。

また、日頃忙しくて浴槽に入らずシャワーで済ませてしまっている方は、きちんと浴槽に浸かるように心がけましょう。血流がよくなり、心身とも似リラックスすることでチャクラの働きの活性化に繋がりますよ。

ほかにも簡単に行動に移せることとして、人と話す機会を増やしてみたり、カラオケに行って思い切り歌ってみたり、自然と触れ合ったりすることが挙げられます。

チャクラを整え、開くために共通していえることは自身の殻に閉じこもることなく、意識を外に向け解放することがポイントです。

 

チャクラの状態から問題を見つける方法

チャクラの状態から問題を見つける方法のイメージさて、前途の通りチャクラの状態がよいと体の調子が良く、身体的にも精神的にも健康を維持できますが、チャクラの状態が悪いと心身のバランスを崩してしまいます。そこで、セルフチェックでチャクラの状態を知るコツと、状態が悪かった時に及ぼす悪影響についても併せて解説します。

ではここからは、チャクラの状態からあなたが抱えている悩みや問題を解決する為の方法についてお話しします。

 

第1チャクラに問題があると将来に対して強い不安を感じてしまいます。

例えば、老後のことを心配して計画的に貯蓄をするのはよいことですよね。しかし、常に心配をして不安で仕方がないという人もいます。

このような将来に対して強い不安があったり、人に対して常に疑心暗鬼になってしまうという人は第1チャクラの状態が悪い可能性があります。

第1チャクラの状態が悪くなると、健康面では免疫力に問題が生じますから、病気になりやすくなってしまいます。不安に思っていることを一つ一つクリアしてバランスをとるようにしましょう。

解決のヒント:

そして第一チャクラの調子が悪くて心身のパワーが衰えているときは、身の回りの環境を整えましょう。具体的には、部屋や職場の整理整頓を心がけること。

また、日々の食生活や生活環境を整えることも大事です。ジャンクフードなどはやめて、バランスの取れた食事を摂るようにしましょう。

 

第2チャクラに問題があると感情表現が乏しくまってしまいます。

最近心から面白くて笑ったり、楽しく笑顔になったことがないという人は第2チャクラの状態が悪い可能性があります。

第2チャクラの状態が悪くなると喜怒哀楽の感情表現が乏しくなる傾向にあるのです。

第2チャクラの状態が悪くなると生殖器や腸、膀胱などお腹の最下部のあたりに支障がでると言われています。女性なら婦人科系の病気や生理不順などに注意が必要です。

解決のヒント:

第二チャクラが不安定になって感性が鈍っているときには、感動を与えるのが一番です。豊かな音楽や絵画、映画、文章芸術などに触れて心が満ち足りると、第二チャクラが活性化します。

自分の心が喜ぶ芸術に浸って、チャクラを喜ばせましょう。

 

第3チャクラに問題があると人の意見に流されるようになってしまいます。

人と意見が対立したり、考え方が異なる相手と話していると、つい自分の意見を飲み込んでしまい、相手に合わせてしまうことってありますよね。

相手に合わせることがストレスになっていなければよいのですが、モヤモヤしてストレスになっている人は第3チャクラの状態が悪い可能性があります。

第3チャクラは胃や腎臓、肝臓など内臓の多くに影響を及ぼすと言われています。暴飲暴食したわけでもないのに胃が痛いと感じている場合、根本的な原因はストレスにあるのかもしれません。

解決のヒント:

第三チャクラが衰えて対人関係が不安定になっているときは、スピリチュアルな雰囲気に浸れるナチュラルな環境に身をおくようにすると良いでしょう。

家にいるときも、瞑想やヨガを取り入れ、精神的に落ち着くようつとめます。アロマやキャンドルを利用するといっそう効果的です。

 

第4チャクラに問題があると心が狭くなってしまいます。

広い心が持てずに相手に対してすぐにイライラしてしまうという人は第4チャクラの状態が悪くバランスを崩していると言えます。

第4チャクラの状態が悪くなると、心臓や循環器、血流などに悪い影響が出てしまうため、最悪の場合は大病にもつながりかねません。

日頃から寛容さを意識して広い心を持つことでイライラはコントロールできますから、「広い心を持とう」という日々の意識を忘れないようにしましょう。

解決のヒント:

第四チャクラのハートチャクラが安定していないときは、心身が不安定になりますので、身体や心のポジションを保つことを考えましょう。

また、ペットと触れ合う時間を持ったり、動物園や水族館に行ったりして、動物の心と触れ合うのも効果があります。

 

第5チャクラに問題があると、物事をうまく伝えられなくなってしまいます。

人に対してプレゼンをしたり、物事の説明をしていると「わかりにくい」とか「もう1回説明して」などと相手から指摘されることが多いということは、話しがわかりにくく説明下手ということです。

「物事がうまく伝えられない」この傾向が強い人は第5チャクラの状態が悪くなっている可能性があります。

第5チャクラの状態が悪いと首や喉、歯、耳など顔や喉周辺に悪影響がでやすくなります。話をする時は落ち着いてゆっくりとするという事を心がけましょう。

解決のヒント:

第五チャクラが不安定でコミュニケーションが不全になっているときは、コミュニケーションの要、言葉によって生気を取り戻しましょう。

口から出る言葉に気を配り、人に英気を与える言葉を口からだすようにします。クリアな声を出すよう心がけ、気持ちが伝わりやすくすることも大切です。

 

第6チャクラに問題があるとうっかりミスが多くなってしまします。

物事の判断が早い反面、それが失敗につながってしまうことが多々あるということに心があたりがある人は、第6チャクラの状態が悪い傾向にあります。

第6チャクラの状態が悪いと脳や目など、頭部の上の方に悪い影響があると言われています。

早とちりが多いとかうっかりミスが多いなあと感じている人は、ただのおっちょこちょいだと軽く考えずにもう少し慎重になるように注意しましょう。

解決のヒント:

第六チャクラの働きが衰えて霊的な目がにごっているときは、芸術に触れることが大事です。身体を使う芸術、茶道や舞踊などもお勧めで、日常生活でも身体の内側にインスピレーションを取り込むようにしましょう。

 

第7チャクラに問題があると物事を悲観的に考えてしまうようになります

仕事でもプライベートでも「どうせ~だからダメだろうな」などと「どうせ」という言葉をすぐに使い、悲観的な考えになってしまうという人は第7チャクラの状態が悪いと言われています。

第7チャクラの状態が悪くなると神経や脳幹などに悪い影響がでてしまうので、神経伝達が鈍くなるなどの身体的な症状に至る可能性もありますから、なるべくポジティブ思考になるよう意識しましょう。

解決のヒント:

愛のチャクラ、第七チャクラを活性化するには、人と社会に対する愛を積むことです。自分を取り巻く環境に感謝の念を持ち、ボランティア活動を行ったり、慈善事業に協力したりといった形で奉仕をしましょう。

また、親や家族に感謝の思いを伝えたり、家を清めたりすることも効果があります。

 

さて、チャクラは体内のエネルギーを正常に運営するための要です。エネルギーが衰えていると感じたら、チャクラの位置を確認し、それぞれのチャクラを活性化しましょう。

そして、チャクラについては宗教のような、怪しいイメージを抱かれていた方もいらっしゃったかもしれませんが、決して怪しいものではないとおわかり頂けた事でしょう。チャクラを整えて開くことについても決して難しいことをする必要はなく、基本的なことをきちんと意識して日常生活に取り入れるだけですので、できる範囲で少しずつ取り組んでみてくださいね。

また、7つのチャクラはそれぞれが人生におけるテーマを持っており、向き合うことで自分の持つ潜在能力を引き出すことが可能です。チャクラがバランスよく整うと心身ともに安定し人生が好転していきますよ。

オーラでわかるあなたに待ち受ける“運命日“

あなたの運命や人生の転機は、あなたから出ているオーラでわかります。今、当たると話題の「オーラ診断」では、これから起こるあなたの未来を大予言!どうすればあなたが幸運へと導かれるかを教えてくれます。

凄腕の鑑定師が個別に作成してくれる鑑定結果メッセージが、あなたの運命を切り開いてくれるでしょう!

気になる方は是非試してみてください!


連記事

コメントをお書きください

タイトルとURLをコピーしました