ポジティブになるには?前向きになれる言葉の使い方

ポジティブになるには?前向きになれる言葉の使い方
人間誰しも毎日楽しく生きたいもの。ポジティブになるにはどうすれば良いか模索している方も少なくないことでしょう。最近では物騒なニュースや気分が落ち込むような報道も多く、特に働き盛りの若い方々にとっては将来を思うと気が重くなってしまうような日もありますよね。

ですが、ポジティブになるには言葉の使い方ひとつで前向きになることもできるのです。昔から言葉は言霊と言うように、ポジティブになるにはポジティブな言葉の使い方をすれば自然と心の中が温かく、また明るくなり、そんなあなたに周囲の人々も感化されて素敵な人間関係を構築することも可能になります。

ネガティブな言葉を使ってばかりでは、前向きにはなれません。そこで今回は、前向きになる言葉の使い方についてポイント別にお伝えします。



 

ポジティブになるには?
前向きになれる言葉の使い方

 

「ごめんなさい」より「ありがとう」


まず大前提として、「ごめんなさい」と「ありがとう」が素直に言えない人は人間として素敵ではありません。自分の非を認めなかったり、せっかくの善意を適当な言葉で受け流してしまう・・・。そんな人、あなたの周りにいらっしゃいませんか?

そういう方はまず、人から良い評価を受けられませんし何よりモテません。もしあなたが「ごめんなさい」と「ありがとう」をあまり言わないのであれば、今すぐにでも意識して改善してみてくださいね。

ポジティブになるにはネガティブな言葉を使わないことです。「ごめんなさい」はそれ自体がネガティブな言葉、という訳ではありませんが「ありがとう」に比べると受ける印象が変わりますよね。

例えば、職場で同僚が何か仕事を手伝ってくれた際など「(気を遣わせて)ごめんね」などと言ってはいませんか?その同僚は別に、あなたに褒めて欲しかったわけでも謝って欲しかったわけでもなく、ただ善意であなたの仕事を手伝ってくれたことでしょう。

ですが、人間は不思議なもので謝罪されると「自分は何か謝らせるようなことをしたのではないか」と潜在的に思い込む生き物です。それが蓄積していくと「私はこの人にとって悪いことばかりしているのでは?」となり、疎遠になっていく・・・という悲しい結果が待っている可能性もあります。

しかし、あなたが「(気を遣ってくれて)ありがとう」と答えれば相手の受ける印象は「役に立てた」「そんなつもりはなかったけど褒めてもらえた」となり、あなたの印象が良くなります。「ごめんなさい」と「ありがとう」、ポジティブになるにはこの言葉の使い分けがポイントです。

 

「まぁ、いっか!」も大切なこと


ネガティブな方はポジティブな方に比べ、些細な出来事を非常に気にする傾向があります。過去のことを蒸し返したり、一日の終わりに「あぁ、あんなこと言わなければ・・・」とぐちぐち悩んだり・・・。

人間、反省を繰り返しながら成長していくものですがいつまでもウジウジしていてはポジティブにはなれません。ですから、そんな時は「まぁ、いっか!」と開き直ることも大切なのです。

友人に送ったLINEが返ってこなかったり、彼氏とケンカしてしまったり、職場でミスをしてしまったりとあなたを落ち込ませることは日常の中にたくさんありますよね。そんな時、「あの時あぁしていれば」「私が悪いのかな・・・」などと一人で鬱々悩むのは最長でも10分程度にしましょう。

あなたの行動や言動を振り返り、改善点を模索し、次から気をつければよいのです。特に夜など、気分が滅入りがちな時間帯などは考えもまとまらないもの。そんな時間にむやみやたらと行動に移す必要はありません。友人や彼氏は眠っていますし、職場はしまっていますし、お給料も発生していません。ですから、「まぁ、いっか!」と開き直りゆっくり眠ることもポジティブになるには必要なことです。

とはいえ、何でもかんでも開き直るのはいただけません。大人であればきちんと言動に責任を持ち、ミスは挽回しましょう。ポジティブになるにはネガティブなことをいつまでも引きずらないこと。上手く切り抜ければ依然よりもぐっと魅力的なあなたになれるはずですよ。

 

ゆっくり、ハキハキ、丁寧に


次は言葉の使い方というより話し方についてです。ポジティブになるには「基本がきちんとできている」という充足感をあなた自身に与えてあげることがとても重要になります。

早口でボソボソと話し、語尾はいまいち聞き取れない・・・そんな話し方をされる方、稀にいらっしゃいますよね。得てしてそういった方から受ける印象は「なんか暗い」、ネガティブそのものです。ですから、ポジティブになるには「ゆっくり」「ハキハキ」「丁寧に」お話をすることがあなたにとっても周囲の方にとってもプラスになるのです。

また、品格のない言葉は使わないようにするのも前向きになるために必要なことです。「ウザい」「だるい」「ヤバい」など、20歳を過ぎて使っているようであれば今すぐ封印してください。

ポジティブになりたい、ということは現状のあなたよりも前向きな思考をしたいということですよね。ですから、品格のある言葉を使い、丁寧にお話することであなた自身の魅力が増し、周囲からの評価も変わり、結果としてあなた自身も自分に自信を持つことができます。

話し方は人間の印象を決める重要なファクターのひとつです。品格のある話し方で自分に自信を持ち、前向きになりましょう。

 

いかがでしたか。ポジティブになるにはまずネガティブな言葉を使わないこと、それから自分に自信を持つことが重要です。最近何も良いことがない・・・とネガティブな考えばかりしていては目の前のチャンスや素敵な出会いに気付かないかも知れません。

人はみんな生きていれば、ネガティブになったりポジティブになったりするものです。ですが、なるべくなら前向きに明るく生きていたいものですよね。あなたが変われば周囲も変わります。ですから、いつもより少しだけ言葉の使い方に気を付けて「ポジティブな人間になりたい!」と強く願うことで意外と簡単に成果は出るものですよ。

せっかくのあなたの魅力ですから、もっと存分に磨かなければ損です。ポジティブな人は内面も美しく、そのオーラに人は引き寄せられていきます。あなたもそんな素敵な人を目指して、ほんのちょっとずつ言葉の使い方を変えていきましょう。

まとめ

ポジティブになる言葉の使い方とは

・「ごめんなさい」より「ありがとう」
・「まぁ、いっか!」も大切なこと
・ゆっくり、ハキハキ、丁寧に

あなたに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『運命数診断』では、あなたに起こる運命の日を運命の数字から導きだし、幸せになる方法を1000文字以上の鑑定結果メッセージで分かりやすく解説してくれます。しかも、今なら、全員無料鑑定してもらえますよ。

近日中に起こる運命を知りたい方は、期間限定全員0円ですので是非お試しください!

仕切り線
仕切り線