スッと悩み事を解消してくれるおまじない呪文7つの使い方

スッと悩み事を解消してくれるおまじない呪文7つの使い方

あなたは、何かに悩んだ時、どのように対処していますか?悩み事に対して、自分なりに、いろいろ努力しても、なかなか上手くいかない時もあります。そんな時、天にもすがる思いで、おまじないをしようと思ったこともあるのではないでしょうか。

「おまじない」や、「呪文」と呼ばれるものは、遥か昔からずっと、私たちの身近に存在し続けています。いつの時代でも、おまじないや呪文を唱えることで、自分の気持ちを誰かに届けようとしたり、悩みを解消しようとしてきたのでしょう。

人間の力の及ばない、何か大きな力を信じて、おまじないや呪文を唱えるということを、してきたのだと思います。あなたも、おまじないや呪文の力を借りて、「悩み事から解放されたい」と思いませんか?

 

スッと悩み事を解消してくれる
おまじない呪文7つの使い方

 



 

おまじないをする時は、身も心も清めましょう


おまじないは、きれいな心で行わなければなりません。純粋に祈るような気持ちで行ってください。心を開いて、まっすぐで素直な気持ちで行いましょう。また、心だけではなく、身も清めることも忘れないでください。

おまじないの前には、塩をひとつまみ入れたお風呂に入ったり、シャワーを浴びるなどしてから、清潔な服に着替えましょう。おまじないをする部屋も、きれいに掃除をして、窓を開け空気の入れ替えもしましょう。

「おまじないをするから」と、急に掃除をするのではなく、普段からきれいにしておくことが大切です。

 

おまじないは、自分の幸せのために行いましょう


おまじないをする時に、一番大事なことは「おまじないは、自分の幸せのために行う」ということです。決して、他人を陥れたり、不幸を願ったりしてはいけません。

他人の不幸を願ったり、他人の幸せの邪魔をしたりすると、その分自分に不幸が返ってきてしまいます。嫌いな人や嫌な人を呪ったりするよりも、自分が幸せになれるおまじないをしましょう。

おまじないは、前向きな心、ポジティブな心で行わなければなりません。後ろ向きで、暗い気持ちは、おまじないには必要ありません。

 

おまじないは、「ひとつ」に集中しましょう


おまじないをする時は、同時に二つ以上はしないようにしてください。何故なら、おまじないには、集中力が必要になるからです。一度に二つ以上のおまじないでは、気持ちが分散して集中できず、効果も半減してしまいます。

願いが二つ以上あったとしても、おまじないはひとつずつ行いましょう。また、おまじないを行う時に、「半信半疑」ではいけません。「ダメモト」で行うおまじないなら、やらないほうがずっとマシです。

そんな気持ちでおまじないを行っても、効果は出ないと思います。信じる心が、おまじないのパワーを高めるのです。

 

悩み事は雨に流してしまいましょう


悩みを解消するおまじないを紹介します。誰もが知っている「てるてる坊主」を使ったおまじないです。てるてる坊主に、水性ペンで泣き顔を描きます。それを雨の日に、ベランダなどの、雨の当たる所に吊るしておきます。

雨で、てるてる坊主に描いた泣き顔が流れてのっぺらぼうになれば、まもなくあなたの悩みは解決するでしょう。使い終わったてるてる坊主は、「ありがとう」と感謝してから、処分します。雨降りは、気持ちの浄化のチャンスです。雨と一緒に、悩み事も流してしまいましょう。

 

水の力で悩みを消し去りましょう


もうひとつ、悩みを解消するおまじないです。紙に「流してしまいたい(消してしまいたい)悩み」を書きます。この時、なるべく具体的に書くことが大切です。

あなたが、今消してしまいたい、無くしてしまいたい事柄を書いてください。次は、その紙に塩を包んで燃やします。燃やした灰は洗面所などで、水に流します。

このおまじないで肝心なことは、「願望」ではなく、「流してしまいたいこと」を書くということです。水には浄化の力があります。水に流すことで、悩みも流してしまう(消してしまう)ということでしょう。

 

おまじないは、ゆったりとした気持ちで行いましょう


おまじないをする時は、集中力や強い気持ちが必要です。ですが、そればかりに囚われてしまっては、いけないと思います。おまじないは、焦らずゆったりとした気持ちで行ってください。

おまじないに取り組むために、あまり神経質になってしまっては良くありません。また、おまじないの種類によっては、自分に向かないものもあると思います。

そういう場合は、いつまでも執着せずにやめましょう。自分に向かないおまじないを続けていても、効果が得られないばかりか、気持ちまで荒んでしまいます。

 

おまじないは、後始末まできちんとしましょう


おまじないで使った道具や、自分で作ったお守りなどは、おまじないが終わった後、そのままにしないで、必ず後始末をしましょう。その時、きちんと感謝の気持ちを込めることも忘れないでください。

もし、今回のおまじないで、願いが叶わなかったとしても、後始末をきちんとしていれば、きっと次のおまじないで、大きな力を貸してくれると思います。

お願いをするのですから、真摯な気持ちになりましょう。そういう人にこそ、おまじないの効果が表れるのではないでしょうか。

 

いかがでしたか?

おまじないや呪文は、自分を幸せにするために行うものです。そのためには、自分の心がきれいでいなければなりません。他人に対する、恨みや妬みなど、マイナスの心が充満していては、いくらおまじないを行っても、効果は表れないでしょう。

まずは、自分の気持ちの整理をしてください。それと同時に、部屋の掃除もしっかりとやることが肝心です。「淀んだ気」を追い出すために、換気もしっかりとやりましょう。

清浄な空間の中で、きれいな気持ちで行う「おまじない」こそ、大きな力を発揮してくれるのではないでしょうか。では最後に、幸せになれる呪文をひとつ紹介します。それは「ありがとう」です。

「ありがとう」という言葉には、不思議な力があります。誰かに何かをしてもらった時、「すみません」ではなく是非、「ありがとう」と言ってください。

 

まとめ

スッと悩み事を解消してくれるおまじない呪文7つの使い方

・ おまじないをする時は、身も心も清めましょう
・ おまじないは、自分の幸せのために行いましょう
・ おまじないは、「ひとつ」に集中しましょう
・ 悩み事は雨に流してしまいましょう
・ 水の力で悩みを消し去りましょう
・ おまじないは、ゆったりとした気持ちで行いましょう
・ おまじないは、後始末まできちんとしましょう

2017年  アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『運命数診断』では、スピリチュアル鑑定師未来を知るための運命数を導き出し、あなたの未来を的確にアドバイスすると話題の星占術です。個別に作成してくれる1000文字を超える細かいメッセージであなたの運命を正しい道へと導いてくれます^^

運命を知りたい・変えたい方は≪期間限定0円≫なので是非お試しください!

仕切り線