願いが叶うおまじないで好きな人と両思いになる7つの方法

願いが叶うおまじないで好きな人と両思いになる7つの方法

信じれば願いが叶うおまじないをあなたも試してみませんか。片思いに決着をつけたい人や、相手の気持ちがわからない方にも役立つはず。うんと彼との距離を縮め両思いにまで後押ししてくれるのがおまじないです。おまじないは小中学生の女の子たちだけのツールではありません。

魔女の黒魔術やまじないを基に大人も使えるものも多く存在します。でもここでは、危ない呪術系のものはチョイスしていないのでご安心ください。明るく楽しいおまじないだけのご紹介としましたので楽しんでいただけるかと思います。

信じて念を込めるだけでOK!難しい知識も道具も要りません。中には火を使うものがあります。恋の炎は燃やしても実際の火のあと始末にだけはご注意くださいね。

 

願いが叶うおまじないで
好きな人と両思いになる7つの方法

 



 

赤い糸で本当に結ばれよう


運命の相手とは赤い糸で結ばれていると言われています。糸を使った願いが叶うおまじないです。

用意するもの
・赤い糸
・紙(干支用x2枚、白い和紙や半紙などx1枚)
・ハサミ
①両思いになりたい相手の干支(えと)を調べましょう。
②紙に相手と自分の干支を書きましょう。絵はシルエットがその動物とわかるものです。
③ハサミで2枚を切り取りそれぞれに書き込みをします。 ・干支の名 ・年齢 ・名前
④2枚の紙を赤い糸で「3回」束ねて結び合わせます。
⑤和紙や半紙などの紙で包みます。
⑥彼のいつもいる方向に頭を向けて枕の下に⑤を入れて相手をハッキリとイメージをしながら寝ましょう。
⑦一週間ぐらいで夢に現れ徐々に進展します。

<ポイント>眠る前に相手の名前を心で唱えながら顔を思い浮かべて一緒にいる楽しい状況を想うイメージをしっかりしましょう。

 

効果バツグンの「灰」のおまじないを使おう


用意するもの
・相手のもちもの(小さい、すぐ燃えるもの)たとえばダイアリーの端っこなど
①毎晩、眠るときにあなたの足の間に好きな人のもちものを置いてください。
②眠る前に彼と結ばれて一緒にいるイメージを強く持ちましょう。イメージは楽しいデート風景を具体的にです。
③これを9日続けてください。
④9夜のあとの、一番最初の金曜日の朝、彼のもちものを燃やしましょう。時間は日の出の刻です。
⑤灰を気づかれないように彼の靴の中に入れるか振りかけ願いが叶う恋のおまじないは完了です。

<ポイント>★日の出の時刻はきちんと調べましょう。 ★「灰をふりかける」では一番効果的なところは素肌、下着です。

 

惚れ薬でアプローチしよう


用意するもの
・赤ワイン
・りんご
・レモン
①部屋は必ずカーテンを閉めて、外に明かりが漏れないようにします。
②新月の夜0時の時報とともに作り始めてください。
③りんごはよく洗って薄切り(皮付きでOK)にし、容器にレモンを絞ります。
④赤ワインに③を漬け込み、ゆっくり混ぜながら「あなたのフルネームと相手のフルネーム、二人は結ばれますように」と3回唱えます。
⑤まず、数滴を飲み物に混ぜてもそのままでも良いので自分で飲んでください。
⑥効果は一週間なのでその期限内に彼の肌につけます。彼が手を触れるところに塗っておくと良いでしょう。
色が洋服につかないように気をつけてください。

<ポイント>作るときは思いを込めること、飲むときも同様です。ここで思いがこもっていれば上質の願いが叶うおまじないの惚れ薬が完成です。

 

彼の影を踏んで両思いになろう


用意するもの
・ありませんが晴れた日に行うとよいでしょう
①デート中や一緒にいるときに出来る両思いへの願いが叶うおまじないです。
②彼といるときに彼の影を踏んでください。
③踏みながら「私を好きになって」と告げましょう

<ポイント>影を踏み続けながら告げなければ効果がないのでタイミングに気をつけたいものです。昼間会えない人には難しいのですが、夜の影では効果なく必ず太陽の影で行います。

 

新月にリボンの愛で距離を縮めよう


用意するもの
・塩と胡椒の入った瓶を各1個
・ピンクのリボン(1メートル)
①塩と胡椒の瓶はどちらでも構いませんのでそれぞれ自分と相手に見立ててください。
②「新月の夜」に自分に見立てた瓶にリボンの端っこを結んでください。反対側は相手に見立てた瓶に結びつけます。
③朝になったらリボンをほどいてビン同士を徐々に近づけながらリボンを結び直します。
④これを毎日行ってください。
⑤ピッタリと瓶同士がくっついたらそのままリボンを解かずに置きます。「7日目」にリボンをほどけば願いが叶うおまじないはおしまいです。

<ポイント>見立てる瓶はどちらがどちらでも構いませんが、結びながらしっかりと相手のイメージを意識することです。

 

新月と銀のパワーで願いが叶うおまじない


用意するもの
・白い紙
・銀色インクのペン
①新月の夜に白い紙に願いを書いていきます。
②まず紙の一番上に「両思いになる」と大きく書きます。
③その下に両思いに至るまでのミニ目標を右から「9つ」書いていきましょう。
④直近の目標を右端に書いたら隣に書く目標向けた矢印を書き、次の目標を書きます。
⑤9つの目標が書けたら最後の目標から上にむけて矢印を書いて「両思いになる」につなげます。
最終的な出来上がり図は矢印で1個目の目標から最終目標の「両思いになる」までが矢印で繋がった図になっています。
⑥次の新月が来たら叶った目標は抜かして書かずに、叶えたいものを同じように書いていきます。
9項目以内なら変えても構いません。終わった紙はそのまま捨てて大丈夫です。

<ポイント>前の月の紙を眺めて自分の反省評価をして次の目標を書いていくと良いでしょう。項目は「両思いになる」を含めて10個以内でないと効果がありません。

 

大自然の恩恵で恋愛成就しよう


用意するもの
・ローズクオーツ
・ローズマリーの枝2本
・ハンカチなどの白い布
①パワーストーンを使った願いが叶うおまじないでローズクオーツを用意します。
効果が出ませんので必ず浄化してから使います。石だけでもアクセサリーに加工したものでも大丈夫です。
②ローズマリーはなるべく自家栽培のものを2枝用意します。
③ハンカチなどの白い布を用意してください。
④布の真ん中にローズマリーを2枝置いて、その上にローズクオーツを乗せましょう。
このときに「○○さん(相手の名前フルネーム)と両思いになれる私にしてください」と心の中で思いを込めて唱えます。
⑤丁寧にくるんだらバッグなどに入れて、「決して誰にも見られないように」持ち歩きます。
⑥一週間後、布を開けて日光に当ててください。十分陽に当てたらまたくるんで持ち歩きます。
⑦布はいつも白いままで、汚れたら取替えます。ローズマローは枝がボロボロになったら取り替えます。

<ポイント>願いとともにローズマリーの植えてある大地と、水の恩恵、太陽の光を常に強くイメージしましょう。

 

いかがでしたか。

ここで、ご紹介したおまじないは新月パワーにお願いしたり、大地、水、太陽の力を借りるものでした。これらは自然の恵みを大いに受ける両思いの願いが叶うおまじないです。自然から宇宙までを意識して繋がることが大きなパワーを呼び覚まします。

そして、それが恩恵にあずかれる私たちになれるのです。決して自分の力でなく見えない力の後押しこそが、願いの叶うおまじないなのです。心から思いを込めて願えば叶うのがこのおまじないです。是非おまじないで幸せを掴んでください。

 

まとめ

願いが叶うおまじないで好きな人と両思いになる7つの方法

・ 赤い糸で本当に結ばれよう
・ 効果バツグンの「灰」のおまじないを使おう
・ 惚れ薬でアプローチしよう
・ 彼の影を踏んで両思いになろう
・ 新月にリボンの愛で距離を縮めよう
・ 新月と銀のパワーで願いが叶うおまじない
・ 大自然の恩恵で恋愛成就しよう

2017年  アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『運命数診断』では、スピリチュアル鑑定師未来を知るための運命数を導き出し、あなたの未来を的確にアドバイスすると話題の星占術です。個別に作成してくれる1000文字を超える細かいメッセージであなたの運命を正しい道へと導いてくれます^^

運命を知りたい・変えたい方は≪期間限定0円≫なので是非お試しください!

仕切り線