人の気持ちがわからない人が陥りやすい人間関係とは?

人の気持ちがわからない人が陥りやすい人間関係とは?
最近、人の気持ちがわからない人が増えていて「KY=空気が読めない」とか「たった一言で、その場をシラケさせてしまう」とか「どうして、そんなことを言うのだろう?」と思う人がよくいますよね。

人の気持ちがわからない人とつきあうのは、なかなか大変です。いっしょに勉強したり、仕事をしたりするとなると、苦労は倍加します。ムカムカしてストレスもたまります。

同時に、「あれ?わたし、もしかして、人の気持ちがわからない人なのかな?」と、思うことも、時々ありますよね。相手が急に黙りこんだり、不愉快そうな顔をしたり、突話題を変えたり、そんな時人の気持ちがわからない人に悩まされるのです。

人の気持ちがわからない人は、他人と本当に親しくなることができません。そして「人の気持ちがわらからない人」は限定した人間関係しか結べなくなります。そこで今回は、人の気持ちが分からない人が陥りやすい人間関係を詳しくお伝えします。



 

人の気持ちがわからない人が
陥りやすい人間関係とは?

 

人の気持ちがわからない人の5つの特徴


➀ いつも上から目線
人の気持ちがわからない人は、「わたしは他の人より優れている」と考えています。ですから、いつも上から目線で会話し、また口調が強く相手に有無を言わせません。

人のちょっとした失敗も許さず「何やってんの?」「だから、あんたはダメなのよ」「また、失敗したの?成長しないね」など平気で言います。人がグズグズしていると、イライラを隠そうともしません。相手や周囲が不愉快になったり、困惑したりしても平然としています。わたしは、この人達より優れているから気にしないのです。

② 自分中心にしか考えられない
人の気持ちがわからない人は、いつも自分中心にしか考えられません。ですから、その場の空気を読むことが大の苦手です。

仕事などで大失敗して落ち込んでいると「わたしなら、そんなことしないわ」「わたしだったら、こうしたわよ」と、「わたしなら・・・」「わたしだったら・・・」を連発します。

人の気持ちがわからない人は自分が楽しいこと、心地よく感じることを最優先します。女子会などで盛り上がっている時に誰かが具合悪くなっても、楽しむことに夢中ですから心配しません。「○○さんが具合悪いようだから、これでお開きにしましょう」と言われると腹を立てます。

人の気持ちがわからない人は、相手の立場に自分を置き換えること、相手の身になって考えることができないのです。いつも、自分を中心に置いてしか、物事を見ることができないのです。

③ 一番大事なのは、わたし自身
人の気持ちがわからない人は、自分自身しか愛せないようです。一番大事なのは、自分自身。だから世界中で一番愛しているのも自分自身なのです。

どんな時でも、わたし自身が話題の中心であろうとします。みんなで集まって失恋したり離婚の危機に陥ったりしている友達の相談に乗ろうとしている時でも「私の彼はステキなのよ」「新婚旅行はヨーロッパに決めているの」と延々と自分のことをしゃべりまくります。

それで、シラケた雰囲気になったり、みんなが怒ったりすると、キョトンとします。「なぜわたしの素晴らしい話を聞いて喜ばないのだろう?」としか思わないのです。

いい気分で話している時、相手や周囲の人達から「もう、あなたの話はいいから」と遮られると「あなた達、わたしに嫉妬しているのね」と考えます。「わたしが他の人達より優れているから、嫉妬されるのだ」と思い、かえっていい気分になってしまいます。

④ 攻撃は最大の防御
人の気持ちがわからない人は、自分が一番大事なので、自分が傷ついたり、責められたりすることを、徹底的に避けようとします。そのため、何か失敗したりすると、保身に走ります。

保身には、責任転嫁が最良です。「失敗したのは、わたしが悪かったせいではない。○○が悪かったのだ」と考えます。そして一番簡単な責任転嫁は、他の人のせいにすることです。「あなたが、あんなことをするから失敗したのよ!」「あなたが、グズグズしているから、チャンスを逃したのよ!」などと責めます。

人の気持ちがわからない人は、「上から目線」で語気が荒いので、責められた相手は言い返すことができません。また、相手が強気に出て言い返すと、人の気持ちがわからない人は、身を護ろうとして、泣いたり、どなったり、時には、暴力をふるうことさえあります。

⑤ 他人の不幸は蜜の味
人の気持ちがわからない人は、野次馬根性が強く、他人の不幸が大好きです。他人が失敗したり、傷ついたりするのを見て、自分の優位性を再確認するのです。

人の気持ちがわからない人は、自分の気持ちを隠そうとしません。隠す必要を感じないのです。ですから、失敗や不幸の原因を根掘り葉掘り聞き出そうとします。それも、好奇心丸出しにして、聞いてきます。

そして「ほうら、言った通りでしょ」「失敗するって、わたしには、わかっていたわ」と自分の先見の明を自慢します。「不幸な目に遭うのは、あなた自身に原因があるのよ」と、容赦なく責め立てます。

聞き出すばかりではありません。他人の失敗や不幸をうれしそうに言いふらします。ついでに「わたしは、すばらしい」ことをしゃべりたてます。

「人の気持ちがわからない人」は、噂話をまき散らす時、聞いている人々が「他人の不幸を喜ぶなんて、最低だわ」と思うことなど、全く気にしません。自分が優れていることを再確認するのに、夢中なのです。

 

「人の気持ちがわからない人」とのつき合い方


上記のような「人の気持ちがわからない人」に接するのは、とても疲れますね。つきあい方を考えないと、ストレスがたまるばかりです。そういう時はまず、距離をおいて、あたりさわりのない会話をするようにします。あるいは、必要な会話しかしないようにします

同じ職場やサークルにいれば、全く口を利かないわけにはいかず、人の気持ちがわからない人だからといって、全く無視することもできません。日常の挨拶を交わし、業務上必要なやりとりをし、世間話をして普通に話すのが大人の対応ですよね。

次に、人の気持ちがわからない人には、個人情報をできるだけ知られないように注意します。「彼氏がいる」「結婚を考えている」という幸せな情報はもちろん、「彼氏にふられた」「離婚したい」「職場の上司にセクハラされている」などの不幸な情報は、絶対に知られないようにしましょう。

人の気持ちがわからない人は、個人情報を少しでも知れば、自分の優位性を確かめるために、さらに詳しい情報を引き出そうとします。しかも、聞き出す過程で、優位性をちらつかせますから、不愉快になるばかりです。

それから、人の気持ちがわからない人には、相談事をしないようにししょう。熱心に聞いてくれますが、結局「わたしなら・・・」「わたしは・・・」と、自分のことばかり話します。そして自分の考えを強引に押しつけてきます。ストレスがたまるだけで悩みは少しも解決しませんよね。

人の気持ちがわからない人とは、二人きりでつき合わないようにして、いつもグループでつきあうようにしましょう。そうすれば、会話が個人的にならないで済み、あたりさわりのない世間話をしているだけで良くなるのです。

人の気持ちがわからない人には、できるだけ自分のことを話させるようにします。人の気持ちがわからない人は自己中心的ですから、自分について語ることが大好きです。聞いている方はウンザリすることもありますが、攻撃されないだけでも、ましですしね。

また人の気持ちがわからない人は、相手を批判したり非難したりするのも大好きなので、物事を深く考えることなく、思いついたことをペラペラぶつけてきます。しかも口調が強く語気が荒いことが多いので、とても不愉快になります。そういった攻撃が始まったら、話題を変えるようにしましょう。二人きりでなく複数人いれば話題を変えるのも簡単ですよね。

 

人の気持ちがわからない人は、薄っぺらな人間関係に陥る


人の気持ちがわからない人とは、だれも深くつき合おうとはしません。腹を割って話し合うこともありませんし本音を語り合うことなど、決してしないのです。

そして人の気持ちがわからない人が孤立していることは、あまりありません。人の気持ちがわからないから、自分が嫌われていることもわかりません。むしろ、積極的に話しかけ飲み会やパーティなどにも進んで参加します。

人の気持ちがわからない人は、学校でも職場でもサークルでもごくふつうのつき合いをしています。一見、友達もたくさんいるように見えますが、それはありきたりの薄っぺらな人間関係にすぎません。

人の気持ちがわからない人は常に上から目線でものを言いますから、だれも逆らいません。「はい、はい」と言うことを聞くようなふりをしています。でも、実際に従うことはないのです。

人の気持ちがわからない人に相談を持ちかける人もいないので、どんなに自分の意見を言いたくてウズウズしていても、だれも悩みを打ち明けようとはしません。

また、だれも人の気持ちがわからない人の悩みを聞こうとはしません。相談を持ちかけても、あたらずさわらずの答しか返ってきません。なので「どうせ、最後は自慢話になるのだ」「自分の意見が一番正しいと思っているから、忠告してやるだけ時間の無駄だ」と、周囲の人々は考えるのです。

ふだんは、友達が多く、周囲の人々との人間関係に全く支障がないように見えます。ですが、いつの間にか孤立してしまい、だれとも本心をさらけ出せるような人間関係を結べなくなってしまうのです。

はっと気づくと、友達のことは何も知りません。悩みを打ち明けてくれる人も、逆に悩みを相談する人もいません。ある日、こうした事実に気づいて、孤独感を覚える人もいます。「わたしは、人の気持ちがわからない人なのだろうか?」と悩む人もいます。

 

「人の気持ちがわからない人」の人間関係を改善できるか?


世の中には、全く人の気持ちがわからない人がいます。極めて自己中心的で「自分は他の人より優れている」と思いこんでいますから、自分が孤立していることも、深い人間関係を結べないことにも気づきません。こういう人は、一生、自分に満足したまま過ごすのかもしれません。

しかし「わたしは、人の気持ちがわからない人なのだろうか?」と悩む人も少なくありません。そして孤立感に耐えられなくなることも。「わたしは、人の気持ちがわからない人かもしれない」と悩む人は、それだけで人間関係改善の一歩を踏み出したと言えます。

人の気持ちがわからない人は、まず自分の気持ちがよくわかっていないようです。自分が何を望み、何を喜び、何を求めているのか、よくわからないのです。

人の気持ちがわからない人は、実は自分が傷つくことを何よりも恐れています。自分が傷つくのが怖いから、必要以上にガードを固くします。「わたしは他の人より優れている」と思い込み、「何よりもわたし自身を大事にする」ことで、自分を護ろうとするのです。

上から目線になるのも、攻撃的になるのも、自分をガードするため。深く考えずに思ったことを口に出すのも、自分を傷つけたくない一心からです。そして傷つくのを恐れる人は深い人間関係を結ぶことも警戒します。裏切られたり、失ったりすることを恐れるあまり、自ら薄っぺらな関係にしようとします。孤立することを無意識に望んでいるのです。

「わたしは、人の気持ちがわからない人なのだろうか?」と思ったら、まず自分の気持ちをよく考えるようにしてください。自分の気持ちがわかれば、人の気持ちもわかるようになります。人間関係を改善することができますよ。

また、生まれつき脳に問題があり、軽い発達障害を起こす人もいます。アスペルガー症候群と呼ばれる自閉症スペクトラム(ASD)の一種です。

「その場の空気が読めない人」「人の気持ちがわからない人」「社会のルールがよく理解できない人」はアスペルガー症候群の可能性もあります。特に治療法はありません。心療内科で、心理療法やカウンセリングを受けたり、薬物を投与してもらったりして、症状の軽減に努めましょう。

 

人の気持ちがわからない人は自己中心的で、わたしは他の人よりも優れていると思い込んでいます。その場の空気が読めず、人を傷つけたり、怒らせたりしても、平然としています。そのため、本気でつき合える深い人間関係を結ぶことができません。

周囲の人達は、不愉快な思いをしないように、人の気持ちがわからない人には、本気で忠告したり、心から心配したりしません。相談事など決してしません。その場限りの、ありきたりのつき合いしかしないようになります。

人の気持ちのわからない人は、いつでも話題の中心にいようとしますから、一見、友達が多く、華やかな人間関係のように思われがちです。しかし、人の気持ちがわからない人の人間関係は、薄っぺらで中身がありません。周囲の人達とにぎやかにつき合っているように見えて、孤立していることが多いのです。ありきたりの浅い人間関係に陥ってしまうのです。

人の気持ちがわからない人は、自分では気づいていませんが、傷つくことを、とても恐れています。人と深く交わることが怖いのです。そのため、薄っぺらな人間関係だけで、満足してしまうこともあるのです。

 

まとめ

「人の気持ちがわからない人」の陥りやすい人間関係とは、

・何でも自分を中心に考えます。相手の立場でものを考えることができません。
・距離をおいてあたらずさわらずのつき合いをし、個人情報を教えないようにします。
・友達が多いように見えても、ありきたりの薄っぺらな人間関係しか結べません。
・傷つくことを恐れるあまり、ガードを固くして深い人間関係を避けるようにします。

2017年  アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『運命数診断』では、スピリチュアル鑑定師未来を知るための運命数を導き出し、あなたの未来を的確にアドバイスすると話題の星占術です。個別に作成してくれる1000文字を超える細かいメッセージであなたの運命を正しい道へと導いてくれます^^

運命を知りたい・変えたい方は≪期間限定0円≫なので是非お試しください!

仕切り線