【九星気学】七赤金星に共通する5つの特徴

九星気学】七赤金星に共通する5つの特徴
九星気学の中にある「七赤金星」がどういうものなのか、良く分からない人が多いですよね。そもそも九星気学とは、生まれた年に回っている星(本命星)に基づいて、基本的な性格や運勢を鑑定する学問です。名前の通り9つの星があり、それぞれ水星や土星といった星の名前がつきます。

よく、「この人とは相性が合わないな」と感じることがありますよね。それは本命星が関係している可能性があります。星にはそれぞれエネルギーがあり、相性がよい関係は「相生(そうじょう)」と呼ばれ、相性が悪い場合は「相剋(そうこく)」と呼ばれます。

このように、自分や相手の本命星を知ることで、自分の性格だけでなく、相手にどのように接すれば良いのかを把握する手段にもなりうるのです。そこで今回は、本命星の1つである七赤金星についてお伝えします。
[ 続きを読む… ]

六白金星の人が持って生まれた運勢と気質とは

六白金星の人が持って生まれた運勢と気質とは
今日は九星気学の六白金星についてお話しします。タロット占いや手相占いなど、世の中にはたくさんの占術がありますよね。数多くある占術のほとんどは「九星気学」をベースとして作られていることをご存知でしょうか。

九星気学が日本に伝えられたのは552年といわれており、江戸時代には「家相」などにも方位術として用いられたことから、大変長い歴史をもっているといえるでしょう。九星気学は全部で9つの運命星から構成されており、その人の本命星は生まれた年によって各運命に分類されます。なお、九星は一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星、五黄土星、六白金星、七赤金星、八白土星、九紫火星を指します。

そこで今回は、その中でも「六白金星」が運命星となる人に焦点を当てて、生まれた運勢と気質についてお伝えしますので、対象となる方はぜひチェックしてくださいね。
[ 続きを読む… ]

【九星気学】四緑木星が持つ基本的な7つの性格

【九星気学】四緑木星が持つ基本的な7つの性格
四緑木星とは九星気学という占いの中の一つのタイプです。九星気学では、自分の生まれた年によって本命星と呼ばれる星が決まります。その星によってその人の性格がわかったり運命を占うことができるのです。四緑木星は、昭和44年、53年、62年、平成8年、17年、26年の人が該当します。

九星気学の考え方は日本では九星術として西暦550年頃に伝えられ、方位術、気学など少しずつ形を変えて今に伝わっています。生まれ年で占う九星気学で自分の性格をよく理解できれば、人付き合いや仕事選びなどあらゆることに活かすことができますよね。

そこで今回は、自分の性格を客観的に捉えることができないという四緑木星の人のために九星気学でわかる基本的な性格の特徴をお伝えします。
[ 続きを読む… ]

七赤金星の性格と、相性のよいタイプとは

七赤金星の性格と、相性のよいタイプとは
七赤金星といえば、九星気学のひとつですよね。七赤金星の象徴は湖といわれており、広大な海ではなく沼や湿地など水が集まってできる場所を象徴しています。楽観主義で派手好みな方が多い七赤金星、有名人でいえば松下電器元社長の松下正治氏、森永製菓元社長の森永剛太氏、小林製薬元社長の小林一雅氏など名だたる企業の経営者を勤めた方が多くいらっしゃいます。

また、芸能界でいえば吉本興業の横山たかし氏、長年第一線でご活躍なさっている戸田恵子氏、世界的ジャズシンガーの綾戸智絵氏や天童よしみ氏など老若男女問わず慕われる方々が多い七赤金星。その人柄から第三者のお引き立ても期待できる、周囲に好かれる方が多い傾向にあります。

そこで今回は、そんな七赤金星の基本的な性格の特徴と、相性のよいタイプをお伝えします。
[ 続きを読む… ]

足の裏にあるほくろから占う7つの運勢

足の裏にあるほくろから占う7つの運勢
足の裏にほくろができるとびっくりしますよね。ほくろができるとガンの証拠だと言われたり、ほくろを刺激するとガンになるなど、ほくろには健康にまつわる怖い噂がたくさん言われているため、足の裏にほくろができると珍しさのあまり、何か病気なのではないかと思うものです。

しかし、ほくろは、紫外線によって反応したメラニン色素が多く含まれる細胞が集合することによってできるものですから、一概にガンや病気だとは言えません。一方、足の裏のほくろは、ほくろ占いの中でも珍しいもので、自分の性格や運勢がわかるとも言われています。

そこで、足の裏にほくろが示すその人の性格や特徴、そこからわかる運勢について占いの観点から7つのポイントとアドバイスをお伝えします。
[ 続きを読む… ]