タロット占いを仕事にする5つのステップ


タロット占いを仕事にする事が出来る方法があると聞いたら、興味が湧きますよね。占いはテレビの情報番組や雑誌に必ずコーナーがあり、定期的に占いチェックする事が楽しみになっている人も多いほど、意外に日々の生活の中で身近な存在なのです。

占い師は特別な能力や才能がなければなれない職業だと思われがちですが、実は資格や年齢や性別も問わない間口の広い仕事の1つです。大切なのは「占い」に対する誠実さと真剣に向き合う姿勢

逆に言えば、それさえあれば霊感等の特別な才能や能力がなくても、なりたい人には誰にでもチャンスのある仕事なのです。占いに使用するカードの絵柄が美しく神秘的なタロットは、タロット占い自体をよく知らない人でも、カードを手元に揃えて自分自身を日々占ってみたいと思う魅力があります。

タロットを勉強して仕事にしてみたいと思えるなら、タロット占いを仕事にする占い師になる資質は十分です。きちんとしたステップを踏んでいけば、その夢を叶える事が出来ます。そこで今回はタロット占いを仕事にするステップについてお伝えします

 

タロット占いを仕事にする

5つのステップ

 

「占い」に誠実でいる

タロット占いを身につけて仕事にする事は、きちんとしたステップを踏んでいく事で叶えられますが、職業としてずっと続けられたり占い師として成功するためにはとても大切な事があります

まずはタロットや占いという以前の基本的な事柄ですが、人として、また社会人としての常識を持っている事です。占いを学んだり、占い師として仕事をするという事は人との関わりが大切です

先生の下について占いを学ぶ、仲間と学び支え合う、お客様からお金をいただいてその方の大切な問題について占う。人とどうより良く関わる事が出来るかという事です。占い師になるために必要なのは、特別な事やテクニックよりも、まずは一般常識の範囲内で節度ある行動・言動が出来るかどうかがとても重要。

次は「占い」に誠実である事。占いが好きで、占いで人に幸せになってもらいたいと心から思える人が占い師として適性の高い人で、占いを馬鹿にした姿勢では、たとえ占う事は出来ても、占いという道具をきちんと使いこなして、目の前の「人」や「問題」に対する答えを読み解いたり、占いによって相手に幸せをもたらしたり、満足していただく事は難しいのです。

仕事を定期的にいただけたり、お客様と良い関係を築いてリピートしていただいたり、人に求められる占い師として長く続けている人は、占う本人が「占い」が好きで「占いが持っている力」に魅力を感じている占いに誠実な人なのです

 

タロット占いの知識を深め実占経験を積む

タロット占いは、大アルカナ22枚、小アルカナ56枚からなる、78枚のカードを使う占いです。占いの種類は大きく3種類あり、「命(めい)、卜(ぼく)、相(そう)」に分けられます。タロットは「卜」に属する「卜占」と言われる種類の占いです。

「卜占」は問いに対する答えを知るための占いで、近い未来に起こる出来事や何かを決断するためにイエスかノーを知りたい時、人の気持ちや状況の変化を知りたい時に使用します

読み解き方はきちんと体系立てられているため、占い師が変わっても引いたカード自体に対する解釈は大枠でぶれる事がありません。カードに表れている象徴やキーワードが「質問に対する答え」として何を暗示し、伝えているかについては、占い手の直観力の高さによってさらに占いの精度が変わってきます。

卜占は、偶然を必然としてその結果から適切な結果や意味を読み解いていきます。象徴やキーワードをきちんとした知識から読み解き、ひらめきや直感を働かせる事でさらに精度を高める、その為にも日常的に五感を使って体調を良い状態に保つ生活を送る事も重要です

占いが上達するために大切な事は人を占う場数を踏む事。勉強の段階で、自分だけでなく家族や友人、知人等にお願いして、定期的に占いのケーススタディを取らせてもらい、出来れば結果についてもフィードバックしてもらえれば、実践的なとても良い勉強になります。

 

種類の違う複数の占いをマスターする

タロット占いを仕事にする時に大切なのは「命占」と「卜占」の2つの占いを使いこなせるようにする事です。メインをタロット占いで仕事をする場合は、タロットで占う「卜占」の他にもう1つ、誕生日(生年月日)から個人の全体的な運命を占う事の出来る「命占」も使えるようになる必要があります。

占い師は複数の占いをマスターしている事が多いのですが、基本的には「命占」と「卜占」の2つの占いをマスターしています。占いの質問に対する答えをより適切な答えにするために、「命占」から質問者(または占いたい相手)の生まれ持った資質や傾向を占い、さらに「卜占」で現在の状況や近い未来に起こる事を占うのが一般的。

「命占」の代表的な占いには、西洋占星術、数秘術、四柱推命、九星気学、算命学があります。興味が持てそうならどれを選んでも構いませんが、タロットと相性が良さそうと感じたり、ピンと来た占いを学んでみるのがおすすめ。この2つの占いをマスターする事で、どんな質問にも対応出来るようになります。

 

師匠や信頼出来る占い師(仲間)を持つ

タロットは通信教育等にも講座があり、実際に教室に通う方法でなくても知識を学ぶ事が出来ますが、実際に通う事には多くのメリットもあります。タロットを始めとして占いの知識を今の現状に即して実践的に教えてもらえます

講師は実際に占い師として活動している方がほとんどで、タロット占いを仕事にするという事、占い師としての生き方や生活についても、実際に感じたり見聞き出来るという素晴らしい体験が出来ます

実際に身近に接する事で、タロット占い師になるために自分がどうなっていけば良いのか、何を目指せば良いのかというゴールが明確になり、「タロット占いを仕事にするイメージ」「占い師としてあるべき姿のイメージ」を思い描きながら勉強する事がより効果的に無駄なくゴールに向かう事が出来ます

 

タロット占いの仕事を始める

タロット占いを学び、実際に自分自身や周りの人について占う事が出来るようになったら、実際に占いの技術を生かして、タロット占いで仕事を始める事が出来ます。占い師は個人事業主なので、占いの技術を生かした複数の仕事をこなしている事がほとんどです

会社に属して占い鑑定をする、自分自身で場所を確保して個人鑑定をする、占いの館やデパート等商業ビルのコーナー等に登録して働く、占い関係の原稿執筆をする占いライターになる、長い占い師としてのキャリアがあれば講師の道を進んだり、占いに関係した仕事は広くあります。求人情報はネットの占いサイトや情報誌等で探す事が出来ますよ

タロット占いを仕事にするために、新人占い師が安定した仕事を得やすい特におすすめの方法は、会社に登録して占い館等のコーナーでアルバイトをしたり、電話やメール鑑定会社へ登録して自宅で占いの仕事を始めてみること

個人で鑑定をした場合に比べて報酬は少なくなりますが、知名度や実績のない新人占い師でも継続して仕事をもらいやすく、個人情報を公開せずに占い師名で仕事が出来る等のメリットがあり、タロット占いの仕事をスタートさせるのに最適な方法です

 

いかがでしたでしょうか。タロット占いを仕事にするためのステップは、一般的な技術を習得して技術職として仕事を始めるためのステップとあまり変わりません。好きな事、得意な事の知識を深めながら、一般常識を持って人や仕事に接し、知識や経験が人の役に立つように働くという点では、どんな仕事とも変わりません。

活かした仕事をしたいと思う人が増えてきている現在、タロット占いが好きで、その知識が誰かの役に立つ事が出来たらと思える人にとって、この5つのステップはこれからタロット占いを勉強し、タロット占いを仕事にする夢を叶えるためのより現実的で実践的な方法です

年齢も性別も資格も問わない占い師という職業の中で、好きなタロット占いで人を幸せにする。自分を生かして、自分も楽しんで、生き生きと仕事をする。タロット占いを仕事にするために1つずつステップを踏んで挑戦してみる事で、きっと思いがけない未来が開けるはず。

まとめ

タロット占いを仕事にするステップ

・「占い」に誠実でいる
・タロット占いの知識を深め実占経験を積む
・質問に適切な答えを導くため複数の占いをマスターする
・師匠や信頼出来る占い師(仲間)を持つ
・タロット占いの仕事を始める

タロットカードでわかるあなたに待ち受ける“運命日“

「エレメントタロット」では、あなたが選んだカードをもとに、あなたに訪れる運命の日をズバリお教えします。

スピリチュアル鑑定師が初回無料であなたの未来を読み解き、迷うことなく幸せな未来をだけを掴めるように導いてくれます。

まずは、気になるカードを選んでみて下さい!

連記事