好きじゃない人と結婚しても幸せになれる5つのワケ


幸せな結婚をするために知っておくべき事の大切なヒントが「好きじゃない人と結婚する」スタイルの中に隠れていると知ったら興味を持ちますよね。実際に結婚生活が始まった時、お見合いや紹介にて、いわゆる「好きじゃない人と結婚する」人の方が、恋愛結婚する人より具体的にイメージ出来ている事が多いもの。

好きじゃない人との結婚を選ぶ人は、自分の理想の結婚とは何か、自分にとって幸せとはどんな事なのかというイメージを結婚前からしっかりと持ち、理想の結婚の形というゴールを目指して、自分と相手の幸せをきちんと大切に日々を生活する事が出来るのです

好きじゃない人と結婚して幸せになれるワケを理解する事は、幸せな結婚をしたいと思っている人への大切なヒントになります。そこで今回は好きじゃない人と結婚しても幸せになれるにワケついてお伝えします

 

好きじゃない人と結婚しても

幸せになれる5つのワケ

 

「結婚」=「スタート」の基本を大切に出来る

本当に好きな人と熱烈な恋愛をして結婚してみたけれど上手くいかなかった、というケースを良く耳にしますが、この場合の上手くいかなかった大きな原因は「結婚」=「ゴール」になってしまっていたということ

好きじゃない人と結婚する場合には、そもそも1番のトラブルに繋がりやすい「結婚」=「ゴール」という図式がありません。むしろ、結婚から始まる新しい関係に意識が向いているため、結婚前から「結婚するという事は……」という覚悟や、こうでありたいという希望も持っている事が多いのです

 

精神的に安定して「理想の結婚の形」を大切に出来る

好きじゃない人と結婚する事で「この人と結婚出来ればまずはそれで良し」という「結婚」=「ゴール」になってしまわない事で、結婚によって自然に変わる事、意識して変えたい事、努力して叶えたい事等、自分が思い描く「理想の結婚」をしっかり持ち続けやすくなります

日々続いていく結婚生活の中で、理想の結婚というゴールを見つめながら、見失う事なく毎日を過ごす事が出来ます。ここで1つ大切な事は、理想の結婚は自分と相手の思いや行動で作り上げるものと理解する事

独りよがりになったり、一人でなんとかしようと空回りしたりせずに、相手と話し合い協力しながら、二人で理想の結婚を作り上げていく姿勢でいる事です。「好き」という気持ちが先行してしまう感情的になっている状態では、小さな事でも衝突したり、すぐに裏切られたように感じたり、トラブルも起こりやすくなリます。

好きじゃない人と結婚した場合には、少し冷静に結婚生活を眺めやすくなる点も大きなメリットになっているのです。二人で相談して決めた目的地への地図を常に確認しながら、目的地へ向かう車のハンドルをそれぞれお互いに自分自身で握り、交代しながら一緒に運転出来る、人生を上手にドライブしている状態は、精神的にも安定し二人で生きていくためにとても理想的な関係を築く事に繫がるのです。

 

自分軸の「幸せ」をきちんと選択出来る

好きじゃない人と結婚するという選択は、感情的な高まりのゴールとして結婚するのではなく、結婚する事が自分にとっての幸せに繋がるという確信を持って結婚に踏み切ります

一般的に言われる「結婚」や「幸せ」のイメージに流される事なく、自分の信じる幸せをきちんと理解して納得しているからこそ、好きじゃない人と結婚するという選択をして、結婚後も相手と自分の思い描く幸せを掴む努力が出来るのです

自分自身を無意識に犠牲にしたり、おろそかにしてしまうと、いつか「自分の幸せ」が顔をのぞかせ始めてきた時に一気に大きな反動が起こって夫婦のトラブルになり、結果的に自分も相手も幸せになる事が出来ません

好きじゃない人との結婚では、結婚を決める時に「自分の幸せ」に向き合っているので、結婚後にもぶれる事なく自然に相手と自分自身の幸せを大切にする事が出来るのです。まずは、自分自身が一人で得られる「幸せ」とはどんな事なのか、その上で結婚する事で得られる「幸せ」はどんな事かを知っている事が何よりも大切なポイント。

 

相手も自分自身も思いやる、腹六分の付き合いが出来る

好きじゃない人と結婚する前提条件として、二人の気持ちや決意があって結婚があると考えているため、自分と同じように相手にも、結婚に対する思いや決意があると自然に考える事が出来ます。

好きじゃない人と結婚を決めた場合は、結婚する事で幸せになれるという思いで結婚に至るため、自分にとって結婚にメリットがあるように、相手にとってもまた結婚によって何かメリットがなければならないとも考えます

お互いに得たいと思う物事を得られる事で、結婚生活も上手く続いていくという事を意識して自分と相手を見つめる事が出来るのです。どんなに親しい仲でも、たとえ家族でも、適度な距離感を持って礼儀をわきまえて付き合うべきですが、それは結婚した夫婦も同じです。

元々は他人だった二人が相手を尊重して気持ち良く生活していきたいのなら、腹六分で付き合う事がとても大切です。好きじゃない人と結婚を決めた場合には、感情的なトラブルもなく上手に腹六分で相手との快適な距離感を保つ事が出来、結婚生活にはとても理想的な二人でいられるのです。

 

自立した一人の人間として「深い愛」を手に入れる事が出来る

好きじゃない人と結婚した場合には、二人の関係は「結婚」=「スタート」で始まる理想的な関係でいる事が出来ます。まずは、自分自身にとっての理想の結婚の形とは何か、自分にとって幸せとはどんな事かというイメージがあった上で、自分にとっての理想的な相手を見つける事が出来、自分と一緒にいる事で相手も幸せであり続けるには何が必要なのかを考える事も出来るようになります。

自分の中に自分基準の芯のある考え方や姿勢を持つ事はとても重要。好きじゃない人と結婚すると、夫婦という関係の前に自立した一人の人間として、思いやりと共感の「深い人間愛」をより手に入れやすくなります。

主流である恋愛結婚は、すぐに切り替える事が出来ず「情熱的な愛」のまま結婚生活が始まる事が多いのですが、実際に結婚生活に必要なのは相手を思いやる「深い人間愛」

「深い人間愛」を育めるような信頼関係の中で生活していれば、結婚後に「情熱的な愛」を少しずつ自然に手に入れていく事は難しい事ではありません。歳を重ねながら、じっくり相手を知り、どんどん深く相手を愛する事の出来る結婚はとても素敵な結婚です

 

いかがでしたでしょうか。好きじゃない人と結婚しても幸せになれるワケは、好きじゃない人との結婚についてのイメージが一新してしまうほど納得出来る事ばかりです。どんな人でも、好きじゃない人と結婚する事を考えてみるとたくさんのヒントをもらう事が出来ます。

結婚をゴールではなくスタートに出来るかどうか、自分にとって結婚はどんな事なのか、幸せとはどんな事なのか等、実はとても大切な自分の考え方の基準を良く知る事が出来るのです

「好きじゃない人」=「結婚してもいいなと思う嫌いではない人」との結婚が「幸せ」への入り口だったり、結婚しない事が幸せなのかも知れないと思えたり、様々な気付きがあります。

本や雑誌に書いてある結婚や幸せの基準や、友達や周りの人の基準に囚われる事なく、自分一人の正直な気持ちと向き合う時間を持って自分を知る事が出来れば、どんな結婚を選んだとしても、今よりずっと魅力的な自分になれるはず

まとめ

好きじゃない人と結婚しても幸せになれるワケ

・「結婚」=「スタート」の基本を大切に出来る
・精神的に安定して「理想の結婚の形」を大切に出来る
・自分軸の「幸せ」をきちんと選択出来る
・相手も自分自身も思いやる、腹六分の付き合いが出来る
・自立した一人の人間として「深い愛」を手に入れる事が出来る

あなたが不幸なのは、運気のせいかもしれません。

運気を良い方向に戻す運命の日があるって知ってましたか? 運命の日を知っているといないとでは人生に大きな変化が生じてしまうのです。

『マナ・タロット』では、神秘の力が宿るタロットであなたの運命日を鑑定して、最も幸せになる方法を分かりやすくアドバイスしてくれます。しかも、今なら、初回無料鑑定してもらえるんです。

より良い幸せに導かれたい方はコチラ


連記事