催眠療法を使う前に、よく注意しなければならない危険な罠

催眠療法を使う前に、よく注意しなければならない危険な罠

「催眠療法」という言葉を聞いたことはないでしょうか。催眠療法は、催眠誘導によって意識状態を変容させる、心理療法の一種です。催眠状態では、普段では体験できない心地よさを味わったり、イメージを描きやすくなったり、過去の記憶を想起したりすることができます。

それによって、自我の働きや緊張を緩め、心身を深くリラックスさせる効果があります。また、催眠療法を用いることで、心のより深い部分や、潜在意識により直接的に働きかけることもできます。潜在意識とは、普段表に出てこない意識の部分のことです。

実はこの潜在意識は、私たちの意識の9割の領域を占めているといわれています。私たちの思考や行動は、知らず知らずのうちに潜在意識に大きな影響を受けているのです。

催眠療法では、膨大な記憶の中から、必要な記憶をすくいとって想起したり、普段意識することが難しい心の傷(トラウマ)や条件づけを解放したりすることによって、さまざまな問題を解消することができるのです。そんな催眠療法には、危険な「罠」も存在します。そこで今回は、催眠療法を使う前に、よく注意しなければならない危険な罠についてお伝えします。

 

催眠療法を使う前に、
よく注意しなければならない危険な罠

 



 

悪質なセラピストによる悪用に注意しよう


初歩的なことですが、催眠療法を受ける際には、本当に信用のおけるセラピストかどうかを見極める必要があります。悪質な催眠士によって、催眠状態が目的以外のことに悪用される可能性は十分あります。

たとえば、セラピストを信頼している女性クライアントを誘惑するために催眠状態が悪用される…等のケースがあります。ほとんどのセラピストが、催眠誘導に踏み切る前に、カウンセリングによる心理療法を実施します。

その際に疑問点・不安についてはきちんと確認をしながら、相手が本当に信用に足るセラピストなのか、知識・経験は十分なのかを見極める必要があるでしょう。

 

記憶捏造に注意しよう


催眠状態の手法の1つとして、「退行催眠」と呼ばれるものがあります。退行催眠とは、催眠状態で過去の記憶をさかのぼり、その中から現在の症状や問題の原因となっている記憶を探るものです。

苦痛となっている記憶を探り当て、言語化できれば症状は消失するとされ、古くはフロイトなども用いた手法でした。しかし、現在では問題点も指摘されています。

仮に退行催眠で過去の記憶を探り出し、言語化できたとしても、それが事実かどうかを確認することはできません。退行催眠では「過去に原因がある」ことが大前提になっています。

クライアント・セラピストの双方が症状を何とか解決したいと望むあまり、実際にはありもしない過去の記憶を捏造してしまう…というケースが発生しているのです。その危険性については、クライアント側もよく認識しておく必要があります。

 

催眠療法に適した精神状態かどうか、事前に面談を受けよう


催眠療法に適していない精神状態の人が催眠誘導を受けると、危険が生じるおそれがあります。ここでいう「催眠療法に適していない人」とは、たとえば、抑圧された感情のエネルギーが非常に強い人、現実的・客観的認識力が弱い人、統合失調症の人、潜在的な精神病を抱えている人などです。

こういった場合、潜在意識にアクセスすることで、むしろ症状を悪化させてしまい、収拾がつかなくなる場合があります。そうした危険を避けるために、きちんとしたセラピストであれば催眠療法の前に確認の面談を行うはずです。

心配なことがあれば事前に申し出ることが大切です。自身の精神的な問題を解決するために、催眠療法がベストの選択肢なのか、よく見極めるようにしましょう。

 

体調・コンディションを整えてセラピーを受けよう


睡眠不足や過労状態にあると、せっかく催眠療法を受けてもただの睡眠になってしまいがちです。ある程度体調面のコンディションを整えてセラピーを受けるようにしましょう。

催眠療法では、一歩間違えれば、直面したくない過去の心の傷に直面したり、それによってパニック状態に陥ったりすることもあります。万全の、とはいわないまでも、良好なコンディションで臨むことは重要です。また、お酒やドラッグの影響が残っている場合には、催眠療法を受けることはできません。

 

依存しないように注意しよう


最後に、催眠療法に限らず、どんなセラピーにも通じる注意点をお伝えします。それは「依存」です。あまり長期にわたってセラピーが続くと、クライアントがセラピストに対して依存状態になってしまう危険が増します。

「あなたとのセラピーなしには生きられない」というような状態です。中には収入源を確保するために、意図的に依存状態を作り上げるような悪質なセラピストも存在します。

しかし、催眠療法を含め、心療療法やセラピーを受ける目標は、「セラピーを受けなくても元気に生きていく」ことのはずです。この最終目標を常に忘れないことが大切です。

 

いかがでしょうか。

催眠療法は、潜在意識の領域にかなり近接するため、深くこころを変化させる体験が起きやすい、非常にパワフルな手法といえます。しかしそれだけに多くの危険性をはらんでいるのです。

テレビ等でたまに見かける「催眠術」のイメージが強く、「催眠士に操られて、したくないことをさせられるのでは…」「催眠状態に入ったまま抜け出せなくなってしまうのでは…」といった不安が浮かんでくる人もいるかもしれません。

しかし、催眠療法は超能力ではありませんし、実際にはそのようなことは起こりません。むしろ「療法」というように、精神(特に潜在意識)に働きかける治療・セラピーの一種であることを理解する必要があります。

精神の深い部分に働きかける治療だからこそ、危険な側面もあるということです。大切なことは、催眠療法のパワフルな効果に過度に期待・依存せず、今の自分の問題を解決するために最も必要な、そしてベストなセラピーを選択することです。

きちんとしたセラピストであれば、催眠療法に入る前に面談やカウンセリングを行い、パニックやトラウマを生じさせそうな傾向があると思えば催眠療法を行わない等の対応を取ってくれるはずです。事前に危険性についてよく認識し、話し合って納得してから治療を受けるようにしましょう。

 

まとめ

催眠療法を使う前に、よく注意しなければならない危険な罠

・ 悪質なセラピストによる悪用に注意しよう
・ 記憶捏造に注意しよう
・ 催眠療法に適した精神状態かどうか、事前に面談を受けよう
・ 体調・コンディションを整えてセラピーを受けよう
・ 依存しないように注意しよう

2017年  アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『運命数診断』では、スピリチュアル鑑定師未来を知るための運命数を導き出し、あなたの未来を的確にアドバイスすると話題の星占術です。個別に作成してくれる1000文字を超える細かいメッセージであなたの運命を正しい道へと導いてくれます^^

運命を知りたい・変えたい方は≪期間限定0円≫なので是非お試しください!

仕切り線