苦難は正しく乗り越えよう。失恋の悲しみから立ち直る7つの正当法

苦難は正しく乗り越えよう。失恋の悲しみから立ち直る7つの正当法

人間が受けるストレスにおいて、実は、失恋というのは死別等と並んで重い部類に入ります。たかが別れただけと侮るなかれ、ひどい時には身体にまで影響を及ぼし、結果うつ病や心臓発作、心臓発作のような症状等が引き起こされることすらあるのです。

本来ならばそれほどまでにキツイ精神状態になってもおかしくない状況だというのに、やみくもに前向きになろうとしたって余計に心身ともにダメージを受けるだけ。立ち直り方にも順序があります。

苦しい気持ちは痛いほどわかりますが、どうぞ一つ深呼吸をしてください。一緒に、あなたが今どの心理段階にいるのかを追いながら、その段階にあわせてゆっくりと傷ついた心を癒していきましょう。

 

苦難は正しく乗り越えよう。
失恋の悲しみから立ち直る7つの正当法

 



 

茫然自失、現実を認めたくない、認められない。


心が防衛反応を起こし、感覚を麻痺させることで心身のダメージを軽減させようとする段階です。しかし、『失った恋はもう戻らない』という現実が覆ることはありません。嘘だ、何かの間違いだという気持ちとこれは現実だという気持ちがせめぎあうことになります。

おそらく心に余裕はないでしょうが、もしあったとしても今は無理やり前向きになるべきではありません。ならなくてよいのです。誰かれかまわず話しをして痛手を和らげたいと焦るかもしれませんが、相手がただ黙って話をきいてくれるようなタイプでないならば、それもやめておきましょう。

雑音を受け、心の傷口が余計に広がることになりかねません。しばらくはこの苦しみが続くと理解してください。やるべきことだけはとにかくやって、あとは早く寝てしまうか、眠れなくても布団に入ってしまいましょう。一人なら、涙が勝手にあふれたって取り繕う必要はありません。

 

感情不制御。なんで?どうしてこうなってしまったの?


やがて現実を現実として受け入れられるようになると、今度はいろんな感情が吹き出してきてパニックに陥る段階に入ります。怒り、悲しみ、切なさ、苦しさ。なんで?どうして?こんなときは、無理に感情に蓋をしないでください。

ここで無理やり感情をしまいこんでしまうと、反動で抑うつ状態に陥ったり、押さえつけられ行き場のなくなった感情の矛先が自分や他人に向かったりします。自分に向かえば自分を傷つけ、他人に向かえば他人に攻撃しかねません。

どうぞ怒りたいときは怒ってください。悲しいならば泣いてください。感じたままに、素直になってよいのです。ただし、絶対に他人にも自分にも、危害を加えてはいけません。

辛くてどうしようもないときに、ただ話を聞いてくれるような友人がいるならば頼りましょう。静かに寄り添ってもらうだけで、少しだけ気持ちを落ち着かせることができる場合もあります。

 

もうあなたは戻らない。もうなにも、やる気が起きない。


混乱していた感情が落ち着いてくると、今度は後悔や罪悪感が生まれてくる段階となります。「あの時ああしていればよかった」「こうしてあげればよかった」「あれが悪かったのかもしれない」人間には原因があると安心するという性質があります。

いったい何が悪くてこうなったのかがわからない場合、自分自身のせいにして安心を得ようとするのです。こういった負の感情もできれば感じたくないものですから、ついつい目を逸らし蓋をしたくなります。

ですが、ここでも感情をきちんと吐き出すことが大切になります。とはいえまずは、あまり自分や相手を責めすぎないでくださいね。決定的な原因はあれど、その前にいろんな要素が重なって起こりえたことなのです。

そのうえで、あれがこれがと思い当たることがあるのなら、それを『反省点』へと変換していきましょう。ああすればよかった、と思うのなら、次にそれを活かしましょう。こんなに苦しくなるほど、真剣になった恋ができたのです。昇華してあげなくてはもったいないですよ。

 

以前に比べたら、ほんのちょっとだけ、落ち着いてきた……かもしれない。


時間も手伝って、少しずつ少しずつ、心は落ち着きを取り戻してきます。しかし、今までと違って、今度はぽっかりと穴が開いたような気持ちを抱えがちになる段階でもあるのです。

表面上は立ち直ったように見えても、内面では諦め、無気力、現実逃避、言いようのない孤独感等にさいなまれている時期でもあります。こんなときに周囲から「もう大丈夫でしょ」「新しい恋を見つけなよ」と言われても辛いですよね。

悪気はないとわかっているから余計に、本当は立ち直れていない自分が置いてきぼりにされるような気分になったりもするでしょう。……正直、気にしないなんて、無理です。辛いものは辛いのです。悲しいものは悲しいし、そこで無理やり立ち直ろうとしなくて良いのです。

落ち込んでいるあなたの感情は、間違ってなんかいません。だから、苦しいなら今はまだ、目いっぱい落ち込んでいても大丈夫。それでも必ず、薄皮が少しずつ傷口を覆って治っていく様に、あなたが心の底から笑えるようになる日はちゃんときます。だから、大丈夫ですよ。

 

元気になってきました。笑えるようになりました。でも本当は、まだ、辛い。


だんだん日常に戻ってきたとはいえ、思い出に直結するような場所に行く、曲を聴く、物を見かける、といったふとしたきっかけでフラッシュバックが起こるかもしれません。今までの段階が行きつ戻りつして心が乱されることもあるかもしれませんね。

ですが、やがて『前向きな諦め』と言われる段階が訪れます。「そろそろ私も前を向かなくちゃ」「よし、頑張ろう」と思える時期が来るのです。泣きたくなるような、心がちくりとするような、そんな気持ちになるときもあるでしょう。

もしその思い出が、幸せなものであるならば、どうぞその痛みを大切にしてください。しかし、思い出したくもないような苦しい、辛い思い出ならば、まだまだ心を守る必要があります。

そういった刺激を受けるものをできるだけ回避する等、自分なりの防衛を施してください。声を大にして伝えたいのは、けしてあなたが弱いわけではありません。それだけは覚えておいてくださいね。

 

忘れなきゃ。前を向かなきゃ。少しずつ、少しずつ。


ここまで来たら、あとは再生の段階を迎えるのみです。あれほど辛かった思い出が、少しずつ笑い話に変えられる時も来ることでしょう。あの時はこうだったから、次は同じ間違いはしない、と、前を向くこともできるようになっているかもしれませんし、友達とも、普通に話題にしているかもしれませんね。

苦しい時期を乗り越えて、一つの恋をきちんと昇華できたあなたは、より魅力的になっているはずです。それでも、また新たな問題に直面することもあるでしょう。そうやっていくつもの経験を重ねて、人は強さや、良い意味でのしたたかさ、その人なりの輝きを身につけていくのです。

でも1つ。忘れなきゃと思って、無理に忘れようとする必要はありません。大好きな人も、憎い人も、いつかちゃんと思い出に変えることができる日がくると断言します。ですから、焦らなくても大丈夫ですよ。

 

さぁ、先へ進みましょう!


不思議なもので、あれほど辛かった記憶も「あの時あんなことがあったよな」と話せるようになったり「あれがあったから今の自分がある」と感謝できるようになります。きちんと現実を受け止め昇華することで、人はまた前を向いて歩けるようになるのです。

もちろん、段階を経てここまでくるにはどれだけ時間がかかるかわかりません。どのくらい過ぎたから心が癒える、なんていうこともありません。また、段階どおりにいかないこともあれば、あちこちに飛ぶ場合だってあります。すべては人それぞれですが、時間も手伝って、必ず立ち直れる日は来るのです。

それから、新たに素敵な人と出会えるかもしれないし、仕事や学業に専念しているかもしれない。あなたは幸せになってよいのです。あなたは何をしているときに、心が満たされますか?そんなことをちょっと考えながら、次を考えるのも良いかもしれませんね。

 

いかがでしたか?

生きていくうえで、強がることは確かに大切です。やるべき本分は、いついかなるときも、プライベートがどうであろうとこなさねばなりません。しかし、しっかりと頑張ったあとは、自分の心をいたわってあげても良いのではないでしょうか。

何か目に見えるものがある方がよければ、アロマやキャンドルに頼ってもいいですし、お気に入りの場所に行くのも良いですね。そうやって、自分自身を癒し、感情を解放する時間を作ってあげましょう。それがまた、先へと進む力になります。そして、辛い恋を乗り越えた自分を褒めてあげてくださいね。

振り返って、もしも「いい人と巡りあえたな」と思うことができる恋だったら、その人を愛し、その人に愛されたことを誇りに思いましょう。もしも、思い出したくないほど辛い恋だったら、それはそれで、あなたにとっては必要な「学びの恋愛」だったと言えます。

次は幸せになるために、得た教訓を活かしましょう。人生に無駄はありません。糧にできるかできないかはあなた次第。どうぞ、あなた自身を大切にしてくださいね。

 

まとめ

苦難は正しく乗り越えよう。失恋の悲しみから立ち直る7つの正当法

・茫然自失、現実を認めたくない、認められない。
・感情不制御。なんで?どうしてこうなってしまったの?
・もうあなたは戻らない。もうなにも、やる気が起きない。
・以前に比べたら、ほんのちょっとだけ、落ち着いてきた……かもしれない。
・元気になってきました。笑えるようになりました。でも本当は、まだ、辛い。
・忘れなきゃ。前を向かなきゃ。少しずつ、少しずつ。
・さぁ、先へ進みましょう!

2017年  アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『運命数診断』では、スピリチュアル鑑定師未来を知るための運命数を導き出し、あなたの未来を的確にアドバイスすると話題の星占術です。個別に作成してくれる1000文字を超える細かいメッセージであなたの運命を正しい道へと導いてくれます^^

運命を知りたい・変えたい方は≪期間限定0円≫なので是非お試しください!

仕切り線