心理学の資格が生かせる5つの職業とは?

心理学の資格が生かせる5つの職業とは?
心理学の資格の活かし方を知っている方は案外少ないですよね。心理学の資格と言ってもその資格の種類は多種多様で、国家資格から民間資格まで様々です。そしてその持たれている資格によって活かせる場所も変わってきます。

昨今ではストレス社会と言われる世の中に突入し、鬱などの精神病を抱えられている方が増えてきています。そんな時代には、心理学の資格を持った方のニーズは少しずつではありますが増えてきているのが現状です。

今何かしらの心理学の資格をお持ちの方やこれから心理学の資格を取ろうとしている方は、それがどのように活かせるかをきちんと理解されているでしょうか。心理学の資格に少しでも興味があるなら、知っておいて損はないですよ!

そこで今回は、心理学の資格が活かせる5つの職業についてお伝えします。

 

心理学の資格が活かせる
5つの職業とは?

 

スクールカウンセラー

心理学の資格が活かせる職業の一つとして、スクールカウンセラーがあります。スクールカウンセラーとは学校特有の問題(いじめや不登校など)に対してカウンセリングを行う職業です。また業務内容はそれだけに限らず、それらの予防活動も含まれます。

スクールカウンセラーは英語表記でSchool Counselorと表記し、その頭文字をとってSCと呼ばれることもあります。資格としては、「臨床心理士」の資格を持っている方がなれるものでスクールカウンセラーという資格は存在しません。

将来有望な児童や学生でありながら、学校特有の問題で悩んでいる彼らにとってスクールカウンセラーは欠かせない職業と言えるでしょう。

 

企業内カウンセラー

企業内カウンセラーも心理学の資格が活かせる職業の一つです。スクールカウンセラーの活躍の場が学校であるならば、企業内カウンセラーの活躍の場は民間企業です。働く場所によって名称も変わってきます。

企業内カウンセラーは、その職場で働く人たちのメンタル面のケアに従事します。やはり企業といえども、仕事に対しての不安や悩み・職場の人間関係で悩まれている方は往々にしておられます。

そんな悩みを持たれている方の悩みに耳を傾け、その方の悩みに寄り添ってあげられるやりがいのある仕事です。こちらも「臨床心理士」のという心理学の資格を持たれている方がなられる場合が多いです。

 

心理カウンセラー(医療分野)

心理カウンセラーと一括りにされがちですが、働く場所や業務内容は多岐に渡ります。この医療分野の心理カウンセラーは、子供からお年寄りまで主に病気に関する悩みに対しヒアリング・カウンセリングをする職業です。

この職業は、カウンセリングの知識のみならず、医療や病気に対しての理解も深める必要があるのでより高度な知識を伴わなければなりません。時には、医師や看護師と連携して対応することもあります。

職場は大きい病院から地域のメンタルクリニックなど様々で、勤務形態も異なってきます。最近では日本精神神経科診療所協会に加盟しているクリニックは、心理カウンセラーが常勤しているところも多いようです。

 

心理カウンセラー(司法分野)

心理カウンセラーには司法分野もあります。こちらは、家庭・少年事件で大きな心の傷を負ってしまった人に対して社会復帰や更生支援を図るのが業務内容の主たるものとなります。この職業の採用は公務員としての採用がほとんどです。

働く場所としては、家庭裁判所、少年鑑別所、少年院、刑務所などがあります。このような場所でのカウンセリングを必要とする方々は、事件背景が複雑なものが多くそこをしっかり理解してカウンセリングする能力が求められます。

司法分野での心理カウンセラーとなりますので、こちらも医療分野のカウンセラー同様、専門的な知識も必要になることを覚えておきましょう。

 

心理カウンセラー(研究分野)

研究分野の心理カウンセラーの仕事内容は、大学生たちの単位取得や就職活動の悩みに対してカウンセリングするものです。スクールカウンセラーは小中高がメインとなりますが、大学はそれらとはまた別の悩みが生じること周知の通りです。

小中高を主とするスクールカウンセラーや民間企業を主とする企業内カウンセラーとは違う、大学生特有の悩みをカウンセリングしなければならないため研究分野の心理カウンセラーも大変大切な職業です。

もちろん、精神的な悩みも一緒にカウンセリングしてほしいという学生だっています。そんな学生の観点からすれば、わざわざ病院にいくよりも自分の大学のカウンセラーの方が足を運びやすいので研究分野の心理カウンセラーを置く大学も増えてきています。

 

いかかでしたか。心理学の資格が活かせる職業を挙げさせていただきました。心理に関する資格と職業が混合しがちですが、あらかた「臨床心理士」や「認定臨床心理療法士」などの資格が必要なところ多い傾向にあります。

働く場所によって名称は異なりますが、心理学の資格を生かす職業の最終的な目的としては、悩んでおられる方にヒアリング・カウンセリングを行い、彼らをより良い方向へ導くということは同じです。

相手に寄り添ってさらにその上でカウンセリングをしなければならないという大変なお仕事ではありますが、その分他の職業では感じることのできないやりがいも十分に感じられるものだと言えるでしょう。心理学の資格取得を目指すなら、ぜひ頑張ってください!

まとめ

心理学の資格を生かせる職業は

・スクールカウンセラー
・企業内カウンセラー
・心理カウンセラー(医療分野)
・心理カウンセラー(司法分野)
・心理カウンセラー(研究分野)

あなたが不幸なのは、運気のせいかもしれません。

運気を良い方向に戻す運命の日があるって知ってましたか? 運命の日を知っているといないとでは人生に大きな変化が生じてしまうのです。

『マナ・タロット』では、神秘の力が宿るタロットであなたの運命日を鑑定して、最も幸せになる方法を分かりやすくアドバイスしてくれます。しかも、今なら、初回無料鑑定してもらえるんです。

より良い幸せに導かれたい方はコチラ


連記事