人に嫌われる理由と、嫌われた時に行ってほしい14の事

人に嫌われる理由と、嫌われた時に行ってほしい事
職場や学校で人と関わっている中で、ちょっとした会話や挨拶をしたときに「しまった、今の一言であの人に嫌われるかも…」と思って不安になることがありますよね。無意識にやっている癖や言葉遣いが、もしかしたら誰かの事を不快にしてしまっているかもしれません。

人に嫌われる原因は色々ありますが、仕事仲間や友人とせっかく築いてきた信頼や絆を、ちょっとしたことで台無しにしてしまうのはもったいないものです。

そこで今回は人に嫌われてしまう理由と、嫌われた時に行ってほしい事についてお話しします。

人に嫌われるのを避けて円滑に事を進めたいという方は、同じようなことをやってしまったことがないか、普段の自分の行動も振り返りながらご覧ください。

嫌われたと思った時に振り返ってみると良い行動や行為とは

嫌われたと思った時に振り返ってみると良い行動や行為とは
ではまずはじめに、「嫌われた」と思った時に振り返ってみてほしいあなた自身の言動や行動についておはなしします。もし思い当たる項目があるようなら意識して直していきましょう。

自己中心的な言動は人に嫌われる原因のひとつです

人に嫌われる原因のひとつが、自己中心的な言動です。

例えば会話の中で、「私が~で…」とか「そういえば私、この間…」と、自分ばかりを主語にして話していたり、チームで一つの仕事を行う時に、周りの人の様子を見ずに進めてしまうことなど。

職場も学校も、みんながひとつの団体に所属しているので、周りの人のことを気にかけようとする協調性が大切です。

また、会話においても、自分ばかりが話すのではなく、相手に質問をするか、相手に意見を言ってもらうよう促す言葉をかけていきましょう。

 

ネガティブな考え方も人に嫌われる原因のひとるです。

ネガティブ思考も、人に嫌われる原因としてよく挙げられます。

例えば仕事を任されたときに、「えー…私なんかに任せないでくださいよ~」と言ってしまったり、「他の人に頼んだほうがいいんじゃないでしょうか…私は仕事が遅いから…」と自信のない反応をしてしまうのも、あまりよくありません。

あなたにとっては謙遜の表現をしているつもりでも、相手はやる気がないように捉えてしまいます。

ネガティブでいると、マイナスのオーラがあなたを包み、何となく近寄りにくい雰囲気を醸し出してしまいますので、気を付けましょう。

 

ある程度の一般常識やマナーがなっていない事も嫌われる原因になります

上司や先輩に対して正しい敬語が使えていなかったり、挨拶をされても目を合わせないといった態度も人に嫌われる原因となります。

特に会社や仕事関係ではフレンドリーな性格で話しやすい相手だとしても、友達と話す時のようなテンションで関わるのではなく、目上の人にはしっかりと正しい敬語で話すことが大切です。

ランチタイムや会食、飲み会の時の食事のマナーも実はけっこう見られていますので、気を付けましょう。

 

つながりを極端に避ける人は周りから嫌われてしまいます

一人でいたい人は、「そっとしておいてほしい」と考える方も多いと思いですよね。

ただ、あまりにも仲間のことを手伝おうとしなかったり、何でもかんでも自分の力だけでやってしまうのもあまり良くありません。

変に気を遣ったり遠慮してつながりを避けてしまうよりは、先輩に質問をしたり、分からないことを相談したほうが、「この人に信頼されているな」と感じてもらえますので、ぜひ実践してください。

 

物の扱いが雑な人も気をつけましょう

物の扱いが雑なことも、人に嫌われる原因です。

例えば書類や物を渡す時には、片手ではなく両手で渡すようにしましょう。

イライラした時に物にあたるのもよくありません。ドアを強く閉めたり、音を立てて物を置くのも、周りの人を威圧し、不快感を与えるので気を付けましょう。

 

約束を守らない人は周りから嫌われてしまします

待ち合わせの時間に遅れたり、仕事や宿題の期限を守らないといった態度も人に嫌われる点のひとつです。

期限を守るために計画をしっかりと立てることが大切です。あなたの信頼にもかかわることですので、決められたルールや約束は、必ず守りましょう。

 

清潔感がない事も人に嫌われる原因になります

見た目の印象ももちろん大切で、清潔感がないと人に嫌われるので気を付けましょう。

自分では気づきにくい点もありますので、髪形や服装などをこまめにチェックする癖を習慣づけることが大切です。

 

人に嫌われた時に行ってほしい3つの行為

人に嫌われた時に行ってほしい行為のイメージ
では次は嫌われたと感じた時に、あなたに行ってみてほしい事についてお話しします。

完璧主義と被害妄想は一旦禁止にしてください

人に嫌われるのが怖い理由のひとつとして、あなたが完璧主義である可能性があります。

完璧主義の人は、完璧を求める為、周りの人からは「真面目」と思われる事もありますが、その反面で失敗を恐れていたり、自分のやっている活動を否定される事を嫌う傾向です。

その為、人に嫌われる事が怖いと思っている人は、周りの人が自分をどう思っているのかを特に気にしています。

例えば、周りの人が自分の事を見ながらコソコソと会話をしているだけで、「あの人、私の悪口言ってない…?」と気にしてしまったり、「○○さん、本当はあなたの意見に反対だったけど、みんなに合わせて賛成しちゃったんだって~」といった、事実かどうか分からない噂に、惑わされそうになる事もあるかもしれません。

人に嫌われる事を恐れている人は、「どうせ私の事なんて大して良く思っていないんでしょ」とか、「あの人は私の悪口ばかり言っていたから、関わったとしても、どうせ嫌な事を陰で言われるんだろうな…」といったネガティブ思考や被害妄想をやめましょう。

相手が自分をどう思っているかは、相手にしか分からない事です。

被害妄想をしても、さらに周りの人が怖くなるだけですし、相手が自分をどう思っているのかという事実を知らないままで、わざわざ自分で自分を傷つけてしまう事になってしまいます。

 

無理に心を押し殺すのは一旦やめにしましょう。

人に嫌われる事が怖いと感じている人の中には、自分の意見をはっきり言えない人が多いです。

それはなぜかと言うと、周りの人に嫌われたくないという思いから、自分の気持ちよりも、周りの人の気持ちを優先してしまうからなのです。

人に嫌われるのが怖い人は、「人間は、誰とでも仲良くなれる訳ではない」という事を、忘れずにいてください。

同じ団体に所属しているからといって、みんながみんな同じ考えを持っているとは限りません。賛成派も反対派もいてこそ、皆で考え、話し合い、一番良い解決を探しているのです。

多数派の意見に賛同してしまったり、何でもかんでも仕事を引き受けてしまうと、その瞬間は周りの人に感謝されるかもしれませんが、周りの人に合わせすぎて、あなたらしさがどんどん失われてしまうだけでなく、あなたの成長にも悪影響を及ぼしてしまいます。

個性が無い人は、いわゆる、「ふつうのひと」になってしまいます。自分の思った事があるのであれば、そのまま伝えると、あなたがどんな時に賛成で、どんな時に反対なのかが、周りの人に伝わり、それがあなたの個性となります。

その事によって嫌そうな顔をする人も、もちろん出てくるかもしれませんが、「私はこうなんだ、こう思っているんだ」という意思があるのであれば、その事を伝えた方が、心のもどかしさもなくなり、あなた自身もスッキリするはずです。

 

自分にとって本当に必要な人間関係を再確認してみましょう

自分が誰かに嫌われているかもと思ったら、本当にその人と仲良くしたいのかを考えてみましょう。

先ほどお伝えした通り、全ての人と仲良くなる事はできませんし、無理に全員と関わる必要もないのです。

「人に嫌われるのが怖い」と思う時には、現時点で築いている人間関係が、自分にとって本当に必要な人間関係なのかを考えると良いでしょう。

なんとなく上辺だけで付き合っていたり、社交辞令で無理やり築いている人間関係においては、あなたらしさが発揮できない事もあるでしょう。

あなたの事を心から理解し、受け入れてくれる人と、深いつながりを持った方が、あなた自身が苦しまなくて済みます。

 

自分が嫌いになる前に知ってほしい、本当は嫌われても良い4つの理由

自分が嫌いになる前に知ってほしい、本当は嫌われても良い理由のイメージ
ではここからは、人間関係のストレスから自分の事を嫌いになってしまう前に知っておいてほしい事についてお話しします。

人に嫌われる事によって、自分の人生に集中できるようになる

多くの人は「人にどう思われるのかな…」「嫌われたらどうしよう」など、他人の目を気にして生きています。すると自分軸で生きられなくなってしまい、「人にどう思われるか」と気にしている「他人軸」で生きていることになってしまいます。

言い方を変えれば、嫌われる勇気をもつだけで、自分の人生に集中でき、他人に振り回されることが無くなります。

他人に怯えて生きていても、自分にとってのメリットは何もありませんよね。嫌われる勇気をもつことで自分の人生に集中して、物事を自分軸で判断できますし、自分の人生に責任をもって生きられるようになります。

ですので「嫌われても構わないか」と心を軽くして、他人は他人、自分は自分と分離して考えることも時には大切です。

人は自分が思っているより、人のことを必要以上には気にしていないものなので、自分の人生に集中して生きてみましょう。

 

人に嫌われる事によって、ありのままの自分でいられるようになる

どんなに人の目を気にして生きていても、必ず誰かからは嫌われることはあります。

つまり、誰にも嫌われずに生きることなんてできないのですから、同じ嫌われるのであれば、ありのままの自分でいて嫌われたほうが気持ちも楽になりますよね。

嫌われる勇気をもつと、ありのままの自分でいられるようになり、他人の目を気にせずにしっかりと自分をもてるようになります。すると自分のことが好きになり、他人からの評価を気にしなくなるので、自信がつき始めます。

この状態になると自尊心をおびやかされることもないので、自分の欠点も含めて自分のことを受け入れらるようになり、良い意味で「長所を伸ばしていこう」と考えるようになります。

ですので、時には誰に嫌われてれも良いと、自分の気持ちや感じたことを大切にして自分の判断で行動してみましょう。

 

人に嫌われる事によって、対人関係に対して悩まなくなる

嫌われたって構わないと覚悟を決めると、きちんと自分の考えを伝えられるようになりますよね。すると相手に合わせて我慢をすることもなくなり、苦手な人とは関わらないようにする事もできるようになります。

このように、嫌われる勇気をもつと、対人関係には悩まなくなり、他人と自分を分けて考えられるようになったり、人付き合いが気が楽になっていきます。

自分の主張や意見を相手に合わせずハッキリ言うことによって、時には嫌われてしまう事があるかもしれませんが、それは同時に自分のことを好きになってくれる人もいるということを覚えておきましょう。

こんな風にお互いが本音で話し合える友人が増えれば、無理に相手に合わせることもなく、気に病まなくて済むので、きっと今より良い状態になれますよね

良い意味で人は人、自分は自分と切り離して考えることできるようになると、対人関係が円滑になり、悩むことが少なくなりますよ。

 

人に嫌われても、人生を楽しく生きる事はできる

他人の目を気にせずに生きると何をするにも心置きなく楽しめるようになり、気分が落ち込むことも、きっと少なくなっていくはずです。

そう、人に嫌われる勇気をもつと、自分の人生を自分らしく、そして楽しく生きられるようになるのです。

気分が軽く楽しいときは、なんでもうまくいきますし思考もプラスに向かっていくものですよね。そして楽しそうにしていれば、楽しいことがどんどん身に起こり自分の身の回りにも楽しい人生を送っている人が集まってくるようになります。

 

さて、人に嫌われてしまう理由や、人に嫌われるのが怖くなくなる為の考え方をお伝えしました。お話しした通り、人に嫌われるのが怖いと感じると、周りの人の評価や噂を気にしすぎて、ネガティブ思考や完璧主義になってしまったり、被害妄想をしてしまう可能性があります。

しかし、あなただけでなく、どんな人も、誰とでも仲良くなれるとは限りません。

ですので、あなたの周りの人も、実はあなたと同じように人間関係に困っていたり、強気に見えても実は怖がりで、周りに気を遣っている可能性があるかもしれませんよね。

大切な事は、あなた自身が、本当に必要な人間関係を大切にする事です。本当の自分をさらけ出す事は、周りの人の為だけではなく、個性を出すという意味で、自分で自分を幸せにしてあげる為でもあるのです。

あなたの好きな人は本当に運命の人?

98%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!

あなたのが選んだ誕生月などの情報をもとに導き出される。『月読み誕生日占い』が大好評です!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も 自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かも、いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定中≫

『今後の運勢』知りたい方!今だけ『無料鑑定』を体験下さい!


連記事

コメントをお書きください

タイトルとURLをコピーしました