自分の性格を受け入れれば、人間関係がうまくいく7つの理由

自分の性格を受け入れれば、人間関係がうまくいく7つの理由
自分の性格のここが嫌い!という人は、多いのではないでしょうか。完璧な人は世の中にはいませんが、ついつい私たちは完璧さを他人にも自分にも求めてしまいます。それが原因で、喧嘩になることもしばしば。思い通りに動いてくれない他人にイライラもするし、うまく自分の考えていることを伝えられない自分にもイライラ。他人は変えられなくて、自分しか変えられない。でも一体どうすれば、人間関係はうまくいくの?そんな風に悩むというのは、いわば人類の歴史にも一致します。逆に言えば、この部分がクリアになればどれだけ私たちの生活はラクで楽しいものになるでしょう。目に見えないものだからこそ、自分の性格は捉えづらいものです。

今日は、人間関係がうまくいくコツが自分の性格を受け入れるということの理由を紹介します。

自分の性格を受け入れれば、
人間関係がうまくいく7つの理由



 

人間関係は自分の鏡であることを知れる


昔から、自分の周囲にある世界は自分の内面を映し出した鏡だと言われます。人間関係は、その最たるもの。周りで起きる良いことも悪いことも、自分が生み出したものだということを知りましょう。例えば、職場でイラだつ人がいれば、それはあなたが自分の性格の中で許せないものを持っているということ。

そもそも、どうでもいいことであればあなたはその人に対してイラだちは覚えないはずです。その人は、あなたにとってどんな学びがあるでしょうか?イラだつ場面は、どんな時でしょうか?受け入れがたいことですが、他人の短所はあなたの中にもあります。その人の短所は自分の中にもあり、それが何故自分にとって許せないのかを知る時に過去の自分の怒りなどを溶かすことができます。

 

輝く自分になれる


他人の短所でイラだつ他に、良い部分というのもまた受け入れがたいものです。それはまた、自分の中で受け取りきれていない価値を表しています。もしそんな価値を十分に表現している人を見た時に、嫉妬を覚えるはずです。あなたはもしかしたら、あなたが思っている以上に素晴らしい人物かもしれません。そうして、等身大の自分を受け入れた時に他人をありのまま受け入れることができます。
ポジティブとネガティブ、両方を知ることでありのままを見ることができるのではないでしょうか。等身大の自分で生きる時、あなたは自分の人生を生きることができます。これまで遠慮していた自分の才能を活かせば、周囲のあなたを見る目もぐっと変わるはず。もしかすると、思わぬ人から声をかけられるかもしれません。

 

プレゼンがしやすくなる


自分の性格というのは、いわばあなたのキャラクターです。会社の面接や取引先と会う時など、自分のことを把握していない人が自己アピールすることは難しいでしょう。商品なども大事ですが、何より人はそれをプレゼンする人の本質を見ています。多少他社よりもその商品が劣っていたとしても、プレゼンする人がその商品に惚れ込み愛情をもっていれば人はそれに感化されてしまいます。
そのためにはまず、あなた自身の人生を振り返る必要があります。なぜ自分は、今の性格になったのか?両親から、どのような影響を受けたのか?子どもの頃は、あなたはどんな性格だったのでしょう?まだ両親がご存命の方は、ぜひ訊いてみてください。「え!自分ってそんな性格だったの!?」と驚くかもしれません。

 

協力してもらえるようになる


人は誰でも、自分に弱さを見せてもらえる人に対して安心感を抱くものです。犬は飼い主に対してお腹を見せ、無防備であることを示して服従を表現します。そこまでしろとは言いませんが、普段強がっている人は自分の弱点を敢えて他人に見せるというのは効果的です。「俺って実は、こういうのが苦手なんだよね。良かったら手伝ってくれない?」「私は本当はすごく寂しがりやで…申し訳ないんだけど、今夜話し相手になってくれないかな?」一見わがままにも見えるこの「弱みを見せる」という行為が、人間関係をより深くしていく場面をあなたも見たことがあるかと思います。

気丈に見える人がふと流した涙は、すごく可愛らしく見えるものです。そうしたギャップを見せ合うなかで、人間関係のドラマが形成されていきます。弱さを見せてくれた人に対して、信頼しない人はいません。プライベートでもビジネスでも、協力関係を築く最高のテクニックかも?

 

お互いのスペースを取れるようになる


自分の好き嫌いや強み、弱さが分かれば人間関係の幅は自然と広がります。受け入れられる器が広がるわけですから、自然と付き合う人も増えていきます。そうなると、もちろん「この人だけはダメ!」と思う人もでてくるでしょう。ですが、それでも良いわけです。自分と相手の価値観の相違は、どうしても起きてしまいます。「ダメと思うことがダメ!」というのは思い込みですので、すっぱりと捨ててしまいましょう。
自分は自分。相手は相手。互いの立ち位置を尊重することで、お互いの安全な空間を持つことができます。いわば、地球というひとつの家の中でプライベートな部屋をそれぞれ持つようなものです。どうしても分かり合えない人が出てきた時、「それでもいいんだ!」と思えることが悩みを減らすコツです。

 

力が入らなくなる


項目のタイトルだけを見えると「!?」という感じですが(笑)、これは重要なことです。自分ができることとできないこと、許せることとまだ許せないことの範囲が分かればあまり人間関係に対して力むことも少なくなります。そうすると、ありのままの自分を相手に対して出せるようになり相手もあまりあなたに対して力むことがなくなります。そもそも、「良く見せよう」とか「なんとか仲良くしないと」という思いがあるから本来のあなたの魅力は今まで伝わりづらかったわけです。
ですが、気取らない人の前では誰もが「ああ、自分も飾らなくていいんだ!」とリラックスしてくれるもの。緊張状態にはないので、もめることもありません。何かあっても、「まあ、いいか」と思えるようになります。人間関係で悩むという発想自体が、抜けてくるわけです。

 

誰もが愛し合っていることを知れる


「あの人が嫌!」「あいつのせいでこうなった!」「私は一生懸命やったのに!」自分の人生に対して、責任を持てるようになるとトラブルが起きた時にこうした思いを抱くことはなくなります。「今度はもっとこうしよう」「優しく伝えれば良かったなぁ」「なんだ勘違いだったのか」改善案が見つかったり、お互いが納得する第3の案が見つかったりします。そうした時に、自分の長所・短所を等身大で見られるようになったあなたはこれまで喧嘩をしていた相手が、本当はあなたのことを大好きだったというのを感じるでしょう。そもそも私たちは、本当に無関心な相手に対して感情は抱きません。相手に対してニーズがあったり、関心があるから感情を抱くわけです。

であれば、どんなにあなたの性格が原因で関係がこじれたとしても最後は仲直りできる可能性もあるわけです。素直に「あなたのことが好きだから…」と伝えることができればハッピーエンドが待っています。そんな風に、誰もが誰かに取って大切な人であることを知れればこの世界の風景がまた違って見える筈です。安心して、あなたの性格における長所や短所をさらけ出すことができます。安心して、喧嘩だってできます。喧嘩をしないことが、本当に良い人間関係でしょうか?ここまで読んでくださったあなたであれば、きっと違う考えを持ったことでしょう。喧嘩をしても大丈夫、と思える人間関係こそが本当に豊かな人間関係かもしれませんね。

 

いかがでしたか?

人生の中で、人間関係はつきものです。どうせ避けることができないのであれば、それを楽しむためのコツは今身につけておいて損はありません。そのためには、鏡に写るあなたの性格を受け入れることが最大のコツになります。豊かでドラマに富んだ人間関係が、あなたの人生を彩った時そこにはこれまで想像もしなかった世界が広がっているかもしれませんね!

 

まとめ

自分の性格を受け入れれば、人間関係がうまくいく7つの理由

・人間関係は自分の鏡であることを知れる
・輝く自分になれる
・プレゼンがしやすくなる
・協力してもらえるようになる
・お互いのスペースを取れるようになる
・力が入らなくなる
・誰もが愛し合っていることを知れる

2017年  アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『運命数診断』では、スピリチュアル鑑定師未来を知るための運命数を導き出し、あなたの未来を的確にアドバイスすると話題の星占術です。個別に作成してくれる1000文字を超える細かいメッセージであなたの運命を正しい道へと導いてくれます^^

運命を知りたい・変えたい方は≪期間限定0円≫なので是非お試しください!

仕切り線