子どもを思いやりのある人間に育てる4つのヒント

子どもを思いやりのある人間に育てる4つのヒント
子どもができて親という立場になったとき、少なからず自分の子どもに対して将来こうあってほしい、こう育ってほしいという願いは誰しもが抱くものですよね。さまざまな思いがあるなかで、「思いやりのある人になってほしい」という願いを抱いている方は多いのではないでしょうか。

とはいえ、自分の子どもが友達と喧嘩をしてもめてしまったり、兄弟のおもちゃを奪って泣かせてしまったりと、なかなか思いやりのある子に育てるのは難しいと悩んでしまうときもありますよね。

そこで今回は「子どもを思いやりのある人間に育てる4つのヒント」というテーマで、ヒントを4つお伝えしますので、さっそくできるものから取り入れて、思いやりの気持ちを大切に育んでください。

親が率先して手本を示そう

「子は親の鏡」、「親の背中を見て子は育つ」といった言葉があるように、子どもは親の仕草や行動を真似するものです。手本となるべき親が思いやりに欠ける行動を取っていたら、子どもが思いやりのある人間に育つとは考えにくいですよね。そのため、親が率先して子どもの前で思いやりのある行動を見せるようしましょう。

たとえば、街中で困っている高齢者や身体が不自由な方を手助けしたり、動物や植物を大切にしたりといったように。言葉で言い聞かせるよりも、実際に行動で示した方が効果的です。

また、夫婦の間でつい「ありがとう」や「ごめんね」といった言葉がおろそかになっていたりしませんか。物を粗末に扱って居たりはしないでしょうか。そういった身近なところにも思いやりが表れる場面はたくさんあります。子育てで忙しく、気持ちに余裕を持つことが難しいときもあるかもしれませんが、なるべく思いやりと感謝の気持ちを大切にして日々を過ごしてみましょう。

 

子供と一緒に考えよう

思いやりの気持ちと一言でいっても、どのようなものが思いやりの気持ちにあたるのか言葉で言い表すことはなかなか難しいですよね。同じく、子どもからしても言葉で説明されたところできっときちんとした理解はできないでしょう。そのため、両親が子どもに対して教えてあげる必要があります。

具体的には子どもが自分自身の行動を見つめなおすことができるような、客観的な声掛けをしてみましょう。たとえば、「あのときどんな気持ちになったかな?」「どうして手を差し伸べてあげられなかったのかな?」といった具合に。

また、他人の気持ちを想像させることも効果的です。「あの子はどんな気持ちになったと思う?」など、疑問を呈してみましょう。このようなやりとりを自然に繰り返すことで、子どもに相手の気持ちを考えさせるよい機会になりますよ。

 

遊びを通して思いやりを学ぼう

絵本やごっこ遊びといった遊びも、子どもが思いやりを学ぶために効果的です。子どもは遊ぶことが大好きなだけでなく、遊びから大きな影響を受けて育ちます。

悪く言えば、幼いことから攻撃的・暴力的な遊びばかりをして過ごしてしまうと、成長していく過程でも攻撃性が高い子に育ってしまう恐れがあります。そのため、思いやりのある遊び方を取り入れることで、子どもの性格も温厚で優しいものになるでしょう。

絵本の読み聞かせをする中で、子どもは登場人物に自身を重ね合わせ感情移入しやすいことから、主要な登場人物から受ける影響は言うまでもありません。

そのため、手助けを必要とするシーンが含まれている絵本など他者を思いやる場面が含まれている絵本を取り入れてみましょう。読み聞かせをしながら、「このときどうしたらいいかな?」などと問題提起をすることも有効です。

 

褒めるときはきちんと言葉で伝えよう

人から褒められて嫌な気持ちになる人なんていませんよね。誰だって褒められたらうれしいと感じますし、それは子どもだって同じ。子どもは誰かから褒められることで自分がしたことは良い事なのだと学びます。子どもが他人に対して優しい行動をとったとき、それがどんなに些細なことであってもきちんと言葉にして褒めるようにしてみましょう。

たとえば、友達と遊びたいおもちゃが被ってしまったとき、そのおもちゃを友達に譲ったとしたらそれは相手を思いやっていることになりますよね。

子どもは大人が思っている以上に正直でまっすぐです。良い事も悪い事もすぐに吸収していきますので、きちんとその場その場で適切な声がけを心掛けていきましょう。

 

さて今回は子どもを思いやりのある人間に育てるためのヒントをお伝えしてきました。とはいえ、育児は思い通りにいかないのもまた事実。育児書通りに進む育児なんてきっとないですよね。

「思いやりがあって優しい子に育てる!」とあまりに意気込んでしまうと、下手をしたら親の方が先に疲れてしまうかもしれません。また、焦って教えても子どもにうまく伝わらないでしょう。急ぎ過ぎず、長い目で子どもと向き合ってみてください。頭の片隅で思いやり・優しさを意識するだけでも随分違うものですよ。

この記事が子育てで悩んでいるあなたの一助になっていたら幸いです。ときに子供に寄り添い、時には良い手本を示しながら、子育てを楽しんでくださいね。

まとめ

子どもを思いやりのある人間に育てるには

・親が率先して手本を示そう
・子供と一緒に考えよう
・遊びを通して思いやりを学ぼう
・褒めるときはきちんと言葉で伝えよう

タロットカードでわかるあなたに待ち受ける“運命日“

「エレメントタロット」では、あなたが選んだカードをもとに、あなたに訪れる運命の日をズバリお教えします。

スピリチュアル鑑定師が初回無料であなたの未来を読み解き、迷うことなく幸せな未来をだけを掴めるように導いてくれます。

まずは、気になるカードを選んでみて下さい!

連記事