瞑想のやり方を学ぼう!緊張から楽に脱出できる7つの極意

瞑想のやり方を学ぼう!緊張から楽に脱出できる7つの極意

瞑想は難しいと思われるでしょうが、そんなことはありません。ただただ、無になることが瞑想です。お寺の座禅も同様です。いまやIT先進国のインドでは子供のヨガをやることで成績アップに繋げています。

瞑想をすることによって、心身のリラックス効果が得られ、頭の隙間がうんと出来るのです。頭の隙間が出来るということは心が広くなったり、多方面からのものの見方ができたり、ひらめきが増えたり、悩み事がどうでもよくなったり、と広い心が手に入ります。

固定観念、捉われからも開放されるのです。身体にもメリットがあります。心と身体の緊張をほぐすと夜もぐっすり眠れるようになります。ストレスが原因となる病気も減ることでしょう。是非、こんないいことづくめの瞑想の安全なやり方を知りお試しください。

 

瞑想のやり方を学ぼう!
緊張から楽に脱出できる7つの極意

 



 

瞑想を知ろう


瞑想とは元祖ヨガといえます。いろいろな柔軟でアクロバティックなポーズがヨガだと思われがちですが、最後にいきつく奥義が瞑想です。いろんな師によりヨガは広められて現在では多くのやり方に分派しているのです。

ヨガの聖者の究極の修行は瞑想なのです。瞑想とはいろいろな質があり浅いものから深いものまで、時間もやり方もさまざまです。ただ、サイキックを求めると方向も違い危険ですので、結界を張って行うやり方が安全です。

その危険とは自分の魂が身体から抜けている間に肉体を他の邪霊に入り込まれる場合があるということです。自信の無い方はしっかりした師の指導の下で行いましょう。

 

環境を整えよう


何より集中しなければ意味がありません。瞑想中に気もそぞろになったり、物事を考えたりする環境ではうまくありません。静かなところで、電話やテレビなどの雑音をシャットアウトしましょう。

時間は気も空気も汚れていない早朝がよいとされています。音楽はヒーリングの軽く聞着流せるようなもので、瞑想用として最近は多くの種類があるようです。

 

服装を選ぼう


きつい服は長くすわっているには窮屈で集中が出来ません。ゆったりした身体を締め付けないものがよいでしょう。本当は何も身にまとわないのがよいのですが、事情はそうはいきませんので、きつい下着などははずし、くつろげる服装で、暑さや寒さを感じないようにしましょう。

 

身体を整えよう


瞑想では長いもので二時間以上も座るやり方もあります。集中しなければ瞑想の意味が無いので、最初は自分の座っていられる長さから始めます。いきなり座ると足や腰、身体が痛くなってきて集中できません。

座っていられる柔軟な身体を作るには、ヨガでいうところの柔軟体操である経絡ヨガで身体を整えます。経絡のとおりを良くして、関節に溜まった老廃物を流し、身体を柔軟にします。

これで全身の血流を抑止身体をほぐすと身体の緊張が取れて脳にも血流が行き渡り瞑想の環境が整います。あの難しいヨガのポーズが難なくできる人は身体や関節が柔らかく長時間座っていても苦にならないのです。

 

腹式呼吸で丹田を意識しよう


なぜ、腹式呼吸?と思われるかもしれません。腹式呼吸にはいろんなメリットがあります。まず。空気を吸い込んで丹田まで落とすことにより空気の通る道筋を感じて心が穏やかに落ち着いてくることです。次に、丹田を意識しますので、とても集中しやすくなれる準備ができてきます。

そして、プラーナ(空気中にある生命エネルギー)をうんと取り込み丹田に送りこむことで心と身体が生きる希望に満ちあふれ考え方もポジティブになります。腹式呼吸を落ち着くまで行ってから自然呼吸にして瞑想に入っていきます。

 

準備が出来たら座ろう


静かな場所で、ゆったりした服をまとい、身体を柔らかくしたら座りましょう。座り方は蓮華座(れんげざ)がポピュラーですが、足首、股関節、ヒザ関節、太ももの筋肉が硬いと蓮華座は難しいです。

無理に座るととても痛くて集中ができない上に、筋(スジ)など痛めますので痛いと感じる姿勢は絶対にやめましょう。自然に楽なあぐらの形で座ってみましょう。

座るためには経絡ヨガの回数を重ね体を柔らかくすれば苦にならなくなるでしょう。そして、お尻の下に低い座布団やクッションを置き、少し前傾姿勢になれば楽に長く座れると思います。

 

瞑想に入ろう


目を閉じて腹式呼吸をして丹田を意識します。両手は手の平を上に向けひざの上に置きます。お尻の穴は軽く閉めます。そのときお尻の穴が地面にしっかりついているイメージを必ずします。

なぜなら、自分の魂が瞑想中に離れて肉体から抜けて浮遊すると他の霊に身体に入り込まれるから非常に危険なためです。必ず大地(地面)と繋がっていましょう。

次にイメージです。無になることを意識します。考えがいろいろ浮かんでくるでしょう。日常の気になることや雑念。それは横にどんどん置きましょう。丹田を意識して腹式呼吸をして落ち着いてきたら自然呼吸にします。

これで雑念をどんどん横においていき無の状態を作ることがベストな瞑想のやり方です。なにか、思いやひらめきが浮かぶかもしれません。それはポジティブな声です。それがハイヤーセルフの声です。瞑想のメリットはここにもあります。

ただし、基本は無で、これを聞こうと期待するとどんどん違う方向に行ってしまいますから期待しないで聞こえたらラッキーとすることが正しいやり方です。ここを目指して瞑想をすれば緊張が取れることは間違いありません。

 

いかがでしたか。

瞑想のやり方は難しくはありません。ただ長く座っていられる静かな環境、ゆったりした身体を締め付けない服装と緊張をほぐした体が瞑想にすんなり入り込める環境となります。

身体は柔らかくしていなければ座るのが苦痛となりますので経絡ヨガで関節や筋肉をほぐしていきましょう。座り方はあぐらがよいでしょう。腹式呼吸で丹田にプラーナを取り込み酸素を送ってあげて集中を開始します。

落ち着いたら自然呼吸で、頭の中を無にもっていきます。ひらめきや良い声が聞こえたり、言葉が思い浮かぶことがありますが、ハイヤーセルフの声です。

それは、期待していると良い瞑想が出来なくて違う方向に進んでしまうので、聞こえたらラッキーぐらいにとどめ、無になることを目指しましょう。それが心身のリラックスできる瞑想のやり方です。

 

まとめ

瞑想のやり方を学ぼう!緊張から楽に脱出できる7つの極意

・ 瞑想を知ろう
・ 環境を整えよう
・ 服装を選ぼう
・ 身体を整えよう
・ 腹式呼吸で丹田を意識しよう
・ 準備が出来たら座ろう
・ 瞑想に入ろう

2017年  アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『運命数診断』では、スピリチュアル鑑定師未来を知るための運命数を導き出し、あなたの未来を的確にアドバイスすると話題の星占術です。個別に作成してくれる1000文字を超える細かいメッセージであなたの運命を正しい道へと導いてくれます^^

運命を知りたい・変えたい方は≪期間限定0円≫なので是非お試しください!

仕切り線